FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

『パイロット目線のシーンをアトラクションとして楽しめれば』

『パイロット目線のシーンをアトラクションとして楽しめれば』
「ファーストマン」2018年 アメリカ
320.jpg

 「月に着陸する、って結末が分かっているのに見る意味あるの?」と、前回登場した同僚は言うのです。「何を言っているのだ!それを面白くするのがチャゼル監督だよ。」と返したわけですが、さて結果は。

 ストーリーは史実をなぞる形で進行されている為、驚きはありません。娘を亡くした悲しみを背負って、宇宙飛行士として任務に取り組み、やがて月に着陸。誇張はせず淡々としているので地味な内容です。しかしながらGを感じると錯覚するほど、迫力のある宇宙船内の映像は凄い。パイロットの目線で写されるので、物語にのめり込めます。仕事に打ち込み、自分を追い詰めていく姿は同監督作品「セッション」に通じる、緊迫感を観衆に強いる。その上で、同僚のパイロットの事故死が丁寧に描かれる2時間越えの作品だった為、深夜の残業明けで朝イチ鑑賞をした自分は体力が足りなかったのか、後半の一部で力尽きて寝てしまいました。尚、彼の作品では重要な要素であった劇中音楽ですが、今回は控えめな印象。轟音が主役ですし。ボブ・ディランの「くよくよするなよ」が印象的だったくらいかな。

 今回行った映画館では4DXでの上映も行っていました。鑑賞前は「怪獣映画でもアクションでも無いし」と、その効果に疑問を持っていたのですが、今となっては宇宙船の迫力を存分に味わうには4DXが適しているのではないか、という気がしています。
 
「セッション」「ラ・ラ・ランド」で体験した高揚感は無し。先述の同僚には薦められない。期待値を下回ったけれども、チャゼル監督らしさは感じられた。休日なのに、この疲労感はどういうことだ。などと言いつつ、次回作はまた見たいです。

評価:☆☆ 眠気に負けた
上映時間内睡眠時間:5分
スポンサーサイト
関連するタグ 映画感想

「アリー スター誕生」

『僕はジャクソン・メインを応援するぞ』

 唐突ながら、今日から映画の感想も書いてみます。いままでもいくつか書いているのですが、これからはローテーションに組み込むという形で。最近、ツタヤ・プレミアムに入会して、映画を貪るように観る日々が続いています。そうすると、書きたくなった。という訳です。尚、俳優、構図などの知識は全くありません。致命的なネタバレは避けて書くように心掛けます。

「アリー スター誕生」 2018年  アメリカ
ast.jpg

 同僚に薦められて鑑賞。彼曰く「ボヘミアン・ラプソディー」よりもこちらの方が良かった、とのこと。幾度目かのリメイク作とのことで、あらすじは知らずに鑑賞しました。タイトル通りの話だろうと思っていたら、概ねその通りでした。

 レディー・ガガが主演。自分は「Born This Way」等のイケイケなイメージを偏見として抱いていたので、美人だな!と驚きました。ガガ演じるアリーは鼻が大きすぎるのがコンプレックスだとのことですが、全くピンと来ません。後半になるにつれ、化粧が濃くなるのは残念。

 アリーの成功物語であることは先述した通り。ただアリーはやっぱりレディー・ガガなので「さすがレディー・ガガは凄い。歌がうまいね!」という感動なのですね。正直に言うと、イケイケなマドンナの後継者として認識していて、あまり彼女の音楽を真剣に聴いてこなかったので、自分の偏見がまた一つ無くなったことに感謝しています。ありがとう。ですが、レディー・ガガのスターとしてのオーラが凄まじいばかりに「アリー スター誕生」と言われましても、もやっとする部分があり。

 一方で成功をサポートする夫役、ジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)は初登場からアルコール中毒気味です。既に成功を手にしている身でありながら、「落ちぶれるのが俺の役回りだぜ」と言わんばかりに、ダメ人間振りを発揮。素晴らしい。コントラストがはっきりしていて、分かりやすかったです。ただ落ちぶれる過程での心の動きとかは、描かれていないので、こちらの想像力でカバーする必要があり。最初はガガ様の映画だと思っていたのですが、これは彼が主役の映画でしょう。感情移入して観ることが出来ました。ダメ人間は最高だ。

 テンポは悪い。中盤、眠くなりました。

 作中の楽曲は、レディー・ガガも制作に関わったとのことでメイン・テーマ「シャロウ」をはじめ、素晴らしい曲がいくつかあり。サントラを買うべきレベル。ブラッドリー・クーパーの歌もナイス。総じてシンプルな楽曲が自分は気に入りました。カントリー、ブルースをルーツにした曲が多め。

 アリーが成功への道を登っていく過程で、音楽性もダンサフルなものへと変化していくのですが、(レディー・ガガのイメージに近いけれども、アレンジが流行に流されている感じがするな)と思っていたら、ジャクソン・メインが間髪入れずにそのことを指摘してくれていて。そこはうれしかったです。アル中のダメ人間の発言なので、取り合ってもらえなかったのは悲しい。

 作中の年代について。オールマン・ブラザースの曲を採用する、アリーがイエスのTシャツを着ている、部屋のポスターが『つづれおり』など、70年代初期をイメージしているのかな、と思いました。見終わった後、「昔話だよなぁ」という寂しさが残った映画。

評価:☆☆☆ 面白い
時間を確認した回数:1回
関連するタグ 映画感想

映画感想『セッション』

映画感想
セッション
2014年 アメリカ
『休日は映画で現実逃避だ→
現実より厳しいパワハラ映画だった』


 地元に映画館が出来たのは去年のこと。
長らく映画館が無かったので喜んだのだけれども、見たい映画がやっておらず、ずっと行けずに居ました。
最近、ひょんなことから
「毎月1日は割引が適用され、1100円で映画が見ることが出来る」という情報をキャッチ。
これはお得だ。
ここ数か月ライブ鑑賞も日取りが合わず、娯楽に飢えていたので見たい映画も決めずに行ってみました。

 そこで選んだ映画がこれ。
地味目のポスターと、タイトル、そしてジャズ・ドラマーが師匠と出会い・・・・・・
というあらすじの最初の数文字で決めてしまいました。→公式HP
あんまり内容を知ってしまうと映画はつまらないですからね。
まぁ「セッション」というくらいだから、
その師匠と衝突しながらも通じ合い、インプロヴィゼーションもばっちり。
そしてバンドとして成功、大団円みたいな内容なんじゃないかと。(大外れ)

 最初の上映時間(10:30)ということもあり、
「セッション」が上映する7番シアターは閑散としている・・・・・・というよりも誰もいませんでした。
おかげで、ど真ん中のナイス・ポジションの席をゲット出来ました。
昨日、近所の小学校では運動会があったためか、本日は月曜日にも関わらず、
子供連れのお客さんが多いようで、「クレヨンしんちゃん」や「ドラゴンボール」、
あるいは「シンデレラ」辺りが人気だった模様。
すわ貸切か、と思いきや上映時間までには自分を含めお客さんは6人程に増えました。

 映画の内容は、ジャズ・ドラマーとして身を立てることを志す若者が、
音楽学校で過激な指導で知られる教師と出会い、その熱血指導を受けるというもの。

 とにかくそのシゴキがキツイ。
差別用語を駆使した言葉の暴力で屈辱を与え、主人公の若者を追い詰める様は観客の精神を確実に削ります。
自分も前日、上司から愛ある(あるよね?)ほどほどのシゴキを受けていましたのでグサグサ来ました。
早く来い!早く和解シーンを!と中盤までは思っていたのですが、
途中からはさっさとコイツ(教師)を殺してくれ!という思いへと変わるくらいに。

 その思いは報われ、ラストでカタルシスを得ることは出来たのですが、如何せん救済が遅すぎた。
正直、ボロボロな気持ちになってスタッフの方の「おつかれさまでしたー」が
とても身に染みたくらいの状況でした。

 この映画は都会では去年から公開されていたようなので、見た人も多いでしょうか?
そう思いつつ
この記事で興味を持たれた方の為にあまり内容には触れないでおきます。
そのうえでいくつか感想を書いておきます。

①セッションというタイトルから連想するようなバンド感の交信は全く感じられません。
あるのは恐怖政治のみ。「パワハラ音楽教師」みたいなタイトルだったら分かりやすかったかも。

②主人公が惚れる映画館の彼女がかわいかった。

③テーマは「いい音楽を生み出すにはこれくらいの狂気が必要なのだよ」みたいなことだと思うのですが、
さすがにそこは共感しかねる所。

ただ歯ぎしりしながら存分に楽しんだことは確かなので、
是非皆様にも見てもらいたいと思います。
上司に怒られた次の日に観ることはお勧めしません。
カップルで見るのもオススメしません。自分の回では
中盤でカップルが席を立ちました。
(ハッハッハッ・・・・・・ではなくて、そうなるということです。)

映画館はきれいで良かったと思います。
また気になる映画が出来たら行こうかな。
関連するタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。