スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

ALICE COOPER/MUSCLE OF LOVE

ALICE COOPER/MUSCLE OF LOVE
1973年 アメリカ
『キメ曲こそ無いがさすが全盛期』
このアルバムはアリス・クーパーの7枚目のアルバムで、バンド名義での最終作です。

アリス・クーパーを後追いで聴いてきた自分ですが、このアルバムだけは縁が無く今回初めて聴きました。3枚目のアルバム『Love It To Death』から6枚目『Billion Dollar Babies』までを聴いたら、次は8枚目の『Welcome To My Nightmare』へと飛ばしてしまったという具合。自分がアリス・クーパーを集めていた90年代の地方のショップでは『MUSCLE OF LOVE』だけが品揃えされておらず、音楽誌でも情報を仕入れることが出来なかったという状況から、「地味なアルバムなのだろう。」と思っていました。
R-1220173-1324803586_jpeg.jpg

 今回も特殊ジャケですが、前作前々作と比べると地味な印象。自分は紙ジャケで購入しましたが、アナログだと輸入用ダンボールを模したこのジャケも映えるのかもしれません。これも前2枚から続いてきたことですが、明確なテーマ、コンセプトが無くなりました。また、バンド最終作ということを暗示するかのように、ブラス隊のヴォリュームが上がっているのも特徴。結果、演劇調の芝居がかった個性がより毒々しく放たれています。ライザ・ミネリ、ロニー・スペクター、ポインター・シスターズがゲストとして参加。これらのメンツを見ても方向性の狙い(ロック・バンドとは異なるショーを目指しているという)が感じ取れます。楽曲の出来は全盛期のものだけに素晴らしい。今回初めて気が付きましたが、1曲目「Big Apple Dreamin’(Hippo)」のリフは、イギリスのグラム・ロック・バンド、ナザレスが「Hair Of The Dog」(1975年)に引用しているようです。派手なキラーチューンはありません。予想通り、地味なアルバムではありましたが良作だと思います。

動画はありません。厳密にはあったのですが日本では検閲が掛けられていて見られないようです。んーー、日本国内でのyoutubeの管理が厳しくなっている気がします。それでいて音源はすぐ廃盤にして管理不足(利益出ないから仕方ないけれども)。ちょっとケチかな。
スポンサーサイト
関連するタグ アメリカHR/HMロック

古川豪/羅針盤で星占いはできない

古川豪/羅針盤で星占いはできない
1973年 日本
『トラッドは古くならない』

 現在でもユニオンやタワー・レコードなどで行われている、独自のCD再発企画。2003年、アマゾンが企画したURC再発リクエスト企画もそういった独自再発企画の一つだったのでしょう。ファン投票で選ばれただけあるマニアックなラインナップが揃っていたのですが、オムニバス盤が多めの構成。その中に本作や五つの赤い風船の『五つの赤い風船’75』『ボクは広野に一人居る』中川イサト『1970年』といった作品が混ざっていました。自分がこの存在を知ったのは売り切れてプレミアが付いた後だったので、かなり悔しかったです。URCの再発はグリーンウッドが頑張ってくれており(もう終わりが見えてきたっぽい?)、五つの赤い風船も再発されましたが・・・・・・上記のアルバムは一度再発されたということでオミットされています。残念ながら再発時に入手できなかったので、コツコツと納得できる中古を探索していた訳ですが、この度本作を手に入れることが出来ました。(後は『ボクは広野に一人居る』だけであります。)

 京都を拠点に活動するフォーク・シンガー、古川豪のデビュー作。ちなみに本作の前に自主盤があり。初めて聴いてみるといくつかあるセックスソングの印象が強烈ですが、死についての哲学的な歌、京都の暮らしの歌も収録されています。バンジョー、ダルシマーも操るギター弾き語りで、一部ではフィドルも参加。既にセカンドのレビューでも触れていますが、アイルランド民謡のカバーが1曲収録されている他、アメリカ民謡の影響を強く受けた楽曲が多いです。セックスソングでの愛嬌を含めて、全編でトラッドソングらしい泥臭い反骨精神が貫かれています。1973年のURC、ここにありという風情。ファーストはギタリストの弾き語りをベースにしており、セカンドはアレンジが凝っています。どちらも素晴らしい。

※ これを書いた後で、10月頃に紙ジャケで本作がcd化されることを知りました。
まぁそういうものですよねー。

トカトントン/古川豪
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本フォーク

ALICE COOPER/BILLION DOLLAR BABIES

ALICE COOPER/BILLION DOLLAR BABIES
1973年 アメリカ
『ドノヴァンとのデュエットが貴重』
 
 2011年にリマスターされたアリス・クーパーのカタログ。これを日本盤で揃えようと思うと、紙ジャケ盤かタワーから限定で再発された廉価盤か、選ぶことになります。アリス・クーパーの紙ジャケは仕掛けが凝っていて楽しいのですが、如何せん高いのが悩みどころ。税込み3200円にプレミアが付いて3900円くらいが相場になっています。しかしタワーの廉価再発も見逃してしまったので、こちらで集めるしかない状況。ワーナーの「FOREVER YOUNG」シリーズにラインナップされる日を待つという手が一番賢明なのかもしれません。

 前回は『Eighteen』のレビューを書きました。今回は『School’s Out』を飛ばして『BILLION DOLLAR BABIES』について書こうと思います。本作は移籍後4枚目のアルバム。ブラスやストリングスが煽る派手なアレンジは演劇調で、アリス・クーパーの個性が確立されています。マーク・ボラン、キース・ムーンが参加しているとのことで、鋭いギター、太いドラムなど、うねるロック・サウンドにはブリティッシュ・ロックの影響が感じられ、彼らの後押しがあったのでしょう。例えば「Unfinished Sweet」はクィーンを彷彿とさせます。
Alice_Cooper_-_Billion_Dollar_Babies.jpg

 ハイライトはドノヴァンとのデュエットが聴けるタイトル曲。アリス・クーパーと渡り合う怪人振りを披露しているドノヴァンが素晴らしい。この曲を含め、作曲面ではポップ且つ無駄が無く派手な曲が並んでおり、完璧な出来。さすが名盤です。リマスターの効果も絶大で、ハッキリクッキリ聴こえます。初期にCD化されたタイトル群が如何にダメな音質だったか改めて思い知りました。

Elected
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロック

THERAPY/ONE NIGHT STAND

THERAPY/ONE NIGHT STAND
1973年 イギリス
『英フォークをコレクションしているマニア向けのアルバム』

 本日は1970年より活動を開始したフォーク・グループ、セラピーのセカンド・アルバムをご紹介。前作のレビューはこちら。前回のアルバムではプロデューサーにコリン・コールドウェルが付いていたり、12の星座をテーマとしたコンセプト・アルバムだったり、と話題満載でした。しかし本作はメンバーが一人抜けデュオ体制となり、加えてレーベルもドロップ。自主制作盤です。そしてA面がカバー曲、B面がトラッド曲というオリジナル曲無しという構成。地味すぎる・・・・・・更に自分に対して小西勝氏の解説文の一節「オリジナル曲を切り捨てたのはちょっと残念」の文字が精神ダメージを与えてきます。
therapy-one-night-stand-mini-lp-cd.jpg

 デュオとなった彼らですが、ゲストでリズム隊が参加しています。A面はジョニ・ミッチェル「Carey」「Big Yellow Taxi」、メラニー「Brand New Key」、ジャズ・スタンダード「Twelfth Street Rag」、ダンカン・ブラウン「Journey」、ビートルズ「Honey Pie」、イアン&シルヴィア「Someday Soon」というラインナップ。自主盤とは言え、適度な緊張感のある演奏で、音質も申し分ありません。女性ヴォーカルの凛々しい歌声も細やかなピッキングを披露するギターも素晴らしい。トラッド・サイドでの優しい演奏も心地よいです。素朴なフォーク・グループ作品という趣。英フォークをコレクションしているマニア向けのアルバムです。

動画はありません
関連するタグ イギリスフォーク

BRONCO/SMOKING MIXTURE

BRONCO/SMOKING MIXTURE
1973年 イギリス
『ジェス・ローデンが居ないブロンコ』

 ジム・モリスンが居ないドアーズ、デヴィッド・ボウイが居ないスパイダース・フロム・マーズ、イアン・ハンターが居ないモット、ブリティッス・ライオンズ・・・・・・そしてジェス・ローデンが居ないブロンコ。

 ブリティッシュ・ソウル・シンガー、ジェス・ローデンが中心となって結成されたブロンコ。カントリーを英国流に料理した2枚のアルバムをリリースしたものの、そこで中心人物であったジェス・ローデンは脱退。その後にアルバムを1枚リリースしていたものの、長い間CD化されず、聴くことが出来ませんでした。そもそも待っていた訳でもないというのが正直なところで、誠に申し訳ございません。
PT8041CD_CU.jpg
たばこの缶を模したジャケット・デザインは素晴らしい。

 音楽性は慎ましやかなカントリーロック。ヴォーカルの線が細いと感じるのは、やはりジェス・ローデンの残像がよぎるせいでしょう。ただパブロックのようなリラックスした演奏は魅力的。またクリフォードTワードがゲスト・ヴォーカルや作曲として4曲でクレジットされています。これは地味になりがちな本作にささやかなハイライトでしょう。

Attraction
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。