Mickey Baker/The Blues And Me

Mickey Baker/The Blues And Me 
1974年 アメリカ
『違いが分からない男のブルース・レビュー24』

 今回、取り上げるブルース・マンはミッキー・ベイカー。
ミッキー・ベイカーは1925年、ケンタッキー州ルイビルにて生まれました。
1936年に孤児院に入れられた彼は頻繁に脱走。
セントルイス、ニューヨーク、シカゴ、ピッツバーグなど、
各地の施設に送られては脱走を繰り返していたそうです。
ニューヨークで食器洗いの仕事を見つけた後は、一時落ち着いていました。
しかし、やがてビリヤードで稼ぐことに憧れ、仕事を辞めてしまいます。
19歳の頃、チャーリー・パーカーに感銘を受けたミッキーはトランペット奏者になるため、
いやトランペットを購入する為、皿洗いの仕事に復帰。
14ドル貯めることは出来たものの、それだけではトランペットは買えず、妥協してギターを購入することに。
その後、彼はニューヨークの音楽学校に入学。
しかし授業について行けずドロップアウト。
自宅学習もうまく行かないミッキーが頼ったのはストリート・ミュージシャン。
彼らの指導により、ジャズ・ギタリストとしての腕を磨きました。
24歳(1949年)になったミッキーは、いくつかの仕事を掛け持ちしながら、
自身のジャズ・コンボで音楽活動を続けていました。
ジャズ・コンボの活動を更に充実させるため、カリフォルニアに移ったミッキー。
しかし観衆は全く彼のジャズに興味を示してはくれません。
途方にくれていたある日、たまたま観ていたピー・ウィー・クレイトンのライブ。
そこで彼の白いエルドラド(キャデラック)と、バンドの為の大きなバスを見て衝撃を受けたのです。
1976-cadillac-eldorado-1.jpg

「ジャズなんてやっていたら、のたれ死んでしまう。これからはブルースだ。」みたいな感じでしょうか。
再び働いてお金を貯め、ピー・ウィー・クレイトンの研究をした後に、
彼のいない土地で稼ぐべくミッキーはニューヨークに戻ったのでした。
(修行して独立するラーメン職人みたいですね)
東に戻った後のベイカーはサヴォイやキング、アトランティック
といったレーベルでのセッション・プレイヤーとして数々のレコーディングに参加。
ドリフターズやレイ・チャールズ、ルース・ブラウン、ビッグ・ジョン・ターナー、
ルイ・ジョーダンという面々のセッションに携わり、一流セッション・プレイヤーとして地位を固めます。
そして1956年に恋人とのデュオ、ミッキー&シルヴィアを結成。
ヒット曲「Love Is Strange」を生み出します。
その後、ベイカーはフランスへ移住。
そちらではフランソワ・アルディやシルヴィ・バルタンのセッションに参加していたそうですが、
次第に音信も途絶えてしまったとのこと。
Mickey-Baker1-300x300.png

 個人でのリリースは少ない彼ですが、本作はその少ないアルバムの一つ。
フランス移住後の74年に、来仏してきたブルース・プレイヤー達と共演したアルバムだそうです。
歌入りのルーズなブルースをやっています。
初期の頃のような豪快な速弾きこそないものの、ダイナミックなフレージングで聴き応え十分。
フランスではシャンソンのバック・ミュージシャンで稼いでいただけに、
楽しそうに演奏している姿が目に浮かぶようです。
それにしても生い立ちを書いているだけでも、面白い人生でした。

Mickey Baker - Kansas City
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカ違いが分からない男のブルース・レビュー

HIGHWAY/HIGHWAY

HIGHWAY/HIGHWAY
1974年 イギリス
『フェイセスの地味な曲に通じる、っていうのは褒め言葉』
 一時期、遠ざかっていた英ロックのマイナー作品のコレクション。
最近、再び情熱に火が付き、(それでもお小遣いは少ないので)コツコツと買い集めています。
現在、この辺りにスポットを当ててくれている再発レーベルと言えば、やはりビッグ・ピンク。
(ヴィヴィッド配給)お世話になっております。
hqdefault.jpg

 今回、ご紹介するのはハイウェイというロック・グループ。
1974年に2枚のアルバムを残して解散しており、こちらはファースト・アルバムです。
一部ガイド本で名前を知っており、帯の「イギリスのアメリカ」という文句に惹かれて購入。

 フランキー・ミラーの『FULL HOUSE』にギタリストとして参加した、
レイ・ミーンネットが在籍していたグループとライナーには記述されています。
うーむ、そのアルバムは持っていますが、ギタリストにまで注意を払っておりませんでした。
また本作にはコチーズのメンバーが二人参加しているのもポイント。
セッション・プレイヤーとして名高いスティール・ギターの名手B.J.コールはともかくとして、
ミック・グラハムも一緒に参加するのは珍しい。

 コチーズ、フランキー・ミラーという名前を並べたうえで聴くと、かなり爽やかな印象。
掠れたヴォーカル、穏やかに転がるピアノ、わななくギターなどによって、
ブルース・ロックを奏でています。
スワンプからの影響はそこかしこに見られるものの、あまり埃っぽくはありません。
澄んだピアノの音色と力を抜いたヴォーカルがポイントなのでしょう。
フェイセスの地味な曲(失礼)に通じるうらぶれた感じがたまりません。

 レイ・ミーンネットのギターはメロウなメロディーをなぞっており、
ブルージーで哀愁味を漂わせています。

Silver City
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

JIMMY WEBB/LAND’S END

JIMMY WEBB/LAND’S END
1974年 アメリカ
『ロンドン・レコーディングで哀愁を強調』

 ジミー・ウェッブのアルバムはまだ数枚しか集められていないので、廉価盤はありがたい。
新名盤探検隊に感謝。
以前「P.F.Slone」絡みで記事を書いたと思いますが、彼を取り上げるのはこれで二度目となります。
(今、何気なくP.F.Sloneと検索したら1ページ目にウチのブログが載っていた。そのミラクルがうれしい!)

 本作はロンドン・レコーディングとなっており、英ロック・ファンとしてはうれしい限り。
プロデュースは本人の他に、ロビン・ケーブルという方が名を連ねています。
どうやらエルトン・ジョンのエンジニアを務めていた人物のようです。
他、ナイジェル・オルソン(ドラムス)などエルトン・ジョン人脈が多く参加。
他、フィリップ・グッドハンド・テイト、リンゴ・スター、B.J.コールといった渋いメンツが名を連ねています。
個人的にはB.J.コールのペダル・スティールがあれば外れ無し、
というタチなので参加がうれしいところ。
その他、参加ミュージシャンにはアメリカ勢もいます。
カナダからはジョニ・ミッチェルがコーラスで参加しているのが豪華。
51WsPa8yK-L.jpg

 牧歌的で哀愁味があるメロディーは、やはり素晴らしい。
エルトン・ジョン人脈ということで、しっとりとしたストリングスに、
豊かなコーラスが加わったふくよかなサウンド・プロダクションが印象的。
イギリス勢のメンツは、カントリー、ソウルへの造詣が深く、
黒さやラフさを出しながらフォーキーな原曲の味わいを損なわない、
柔らかいバンド・アンサンブルを実現しています。
ロックンロール、カントリー、バラードなどバラエティー豊かな構成は相変わらずで、
統一感こそイマイチですが、大いに楽しめました。

Land's End/Asleep On The Wind

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSW

S.BALACHANDER/MUSIC OF THE VEENA I

S.BALACHANDER/MUSIC OF THE VEENA I
1974年 インド
『延々と呻くヴィーナの音色にうつらうつら』

 コツコツと集めているワールド音楽の音源集。
今回は南インド音楽のラーガ・マラハリをチョイスしました。
ブリティッシュ・ロックではラーガを取り入れたアレンジが多く使われているので、
やはり一度は腰を据えて聴いておかなければなりません。

 本作は南インドに伝わるヒンズー教の瞑想音楽、
ラーガ・マラハリを扱ったアルバム。
演奏しているのはバーラチャンダー。
元々、南インドの音楽では声楽が主役となり、
代表的な古典楽器であるヴィーナも脇役に過ぎなかったそうです。
しかしその流れに逆らい、
技巧を磨きヴィーナの持つ魅力を生かした幻想的な音楽を生み出したのがバーラチャンダー。
伝統を守りながら、進化させた偉人です。
彼は親日家でもあり、1989年に亡くなるまで、いくつかの録音を日本で残しています。
本作もそんな一枚で青山のスタジオで録音されています。
Veena.png

 ヴィーナの音をきちんと聴くのはこれが初めてかもしれません。
やはりシタールと比べてしまいます。
北インドのシタールにはミステリアスな味わいがありましたが、ヴィーナはずっと朴訥とした印象。
付属の解説にもありますが三味線を彷彿とさせる厳粛且つ慎ましやかな音で、
日本人には馴染みやすいかもしれません。

 バーラチャンダーの白熱したエモーショナルな演奏は素晴らしい。
一音一音ミョーンと伸びるヴィーナが延々と響き渡る硬派な内容。
序奏を含めた50分越えのインストゥルメンタルなだけに、気楽には聴けません。
心を開け放って音楽に身を委ねるのが良いのでしょう。

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ インド民族音楽

MARIA MULDAUR/WAITRESS IN A DONUT SHOP

MARIA MULDAUR/WAITRESS IN A DONUT SHOP
1974年 アメリカ
『ジャジーでまったりいい気分』

 これまで聴く機会が無かった、マリア・マルダーのセカンドを新名盤探検隊で購入。
別にここで書かないでもいいことなのですが、
帯の英語表記(正)MARIA MULDAURのところがRUMARIA MULDAURになっていることに気が付きました。
誤植ですよ、とそっと報告しておきましょう。
いいの、いいの、これくらい。
ただ気づいてしまったよ、ということで書いてしまいました。ごめんなさい。

 マリア・マルダーのプロフィールは少々込み入っています。
グリニッジ・ヴィレッジ出身の女性シンガー。
1960年代当時、自由奔放なライフスタイルを持つボヘミアンが集う都市と知られた土地で、
様々な芸術に触れて育ったそうです。
高校卒業後に音楽活動を開始。
オールド・タイム・ミュージック、フォークと関心を映しながら、
21歳(1964年)にはイーヴン・ダズン・ジャグ・バンドに参加します。
バンドはレコード発売を経て解散。
続いてジム・クウェスキン・ジャグ・バンドへ参加(1964年)。6年(1970年まで)の活動の後バンドは解散し、
活動を通じて結婚した夫ジェフとのデュオ、ジェフ&マリアとして2枚のアルバムを発表。
そして離婚(1972年)。
以降、1973年のファーストを皮切りにソロ・シンガーとして活動を始めることになります。
本作はファーストと並ぶ代表作として知られる、セカンド・アルバムです(リリース時31歳)。
MI0003515934.jpg

 ファーストと同じく、オールド・タイム・ミュージックをテーマにしていますが、
こちらはスウィング・ジャズを支えた名プレーヤーを多く起用しており、
1920年代を想起させるジャジーな仕上がりが特徴です。
何気なく、英フォークの首領、ジョー・ボイドが(1stに続いて)プロデュース。

甘く艶っぽい歌声は唯一無二な魅力があり。
また、ジャグ・バンドでの経験が生かされているのか、
ジャズ系、ウッドストック系、双方のプレーヤーのバンド・アンサンブルは調和が取れており、
派手なソロはありませんが酒場音楽さながらの気安い魅力がたまりません。
ジャズ・スタンダード、ソウル、ウッドストック系と幅広いレパートリーを揃えた選曲も申し分なし。
「真夜中のオアシス」だけで終わりにしたらもったいない。セカンドもおすすめです。

Sweetheart
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカポップス新名盤探検隊