NIGEL OLSSON’S DRUM ORCHESTRA AND CHORUS

NIGEL OLSSON’S DRUM ORCHESTRA AND CHORUS
1971年 イギリス
『エルトン・ジョンを支えた面々が集合』

 このアルバム、気になっていました。エルトン・ジョンのバンドでドラム奏者として活躍していたナイジェル・オルソンがリリースしたリーダー名義のファースト・アルバムです。
nigelo.jpg

 随分長いバンド名だな、とは思っていましたがこれは小西勝氏の解説によるとジョー・コッカーの「マッド・ドッグズ&イングリッシュ・メン」から影響されてのものだそうです。レオン・ラッセルを中心としたLAスワンプ・ムーヴメントに呼応して作られた作品の一つとのこと。いつもながら小西勝氏の解説はためになります。ありがたい。

 バンドは5人編成。プロコルハルムにも在籍したことで有名なギタリスト、ミック・グラブハム、スティール・ギター職人BJコールの他、エルトン・ジョンのバックを支えたベーシストのディー・マーレイ、ギターのカレブ・クレイに、主役のドラム及びヴォーカルを務めるナイジェル・オルソンというメンツ。他、ドリス・トロイ、リザ・ストライクなどのバック・ヴォーカルが4人参加しています。BJコールやドリス・トロイ、リザ・ストライクというスーパー・セッションマン、及びウーマンにまた会えてうれしい限り。

 LAスワンプへの憧憬、という音楽性ではありますが、ジョー・コッカーの「マッド・ドッグズ&イングリッシュ・メン」と比べてもかなりソフト。やはり元エルトン・ジョン・バンドの3人が集まっているだけに、穏やかなポップ・テイストが各楽曲に反映されています。

 レオン・ラッセル『Hummingbird』ランディ・カリフォルニア『Nature’s Way』など4曲のカバーと6曲のオリジナルで構成。ハイライトはカバー曲という印象ですが、オリジナルの出来も悪くないです。オルソンが満を持して一人で作曲したレヴォリューションno9的な曼荼羅インスト『Wierdhouse』は完全にコンセプトをぶち壊している問題作。初めは駄目だな、と思っていたのですがこれは悪くないサイケ・ナンバーかも。
 
 セッション・プレイヤーとしても活躍しているメンツが揃っているだけに、演奏は安定しています。特に一発録音と思しき、『Hummingbird』『I can’t Go home again』での粘っこいブルージーなアンサンブルは聴きもの。最後になりましたが、ナイジェル・オルソンのヴォーカルは渋い低音でなかなか良いです。

Nigel Olsson's Drum Orchestra And Chorus (WITH Kathi MacDonald) - I Can't Go Home Again
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

JUSTIN HEATHCLIFF/ JUSTIN HEATHCLIFF

JUSTIN HEATHCLIFF/ JUSTIN HEATHCLIFF
1971年 日本
『執念を感じるべし』

 和楽器を用いた独自の和洋折衷音楽に取り組んだパイオニア、喜多嶋修と、日本のロック黎明期を支えたエンジニア、吉野金次がタッグを組んだプロジェクト、ジャスティン・ヒースクリフの唯一作。

 解説によると多重録音の拘りから「米国の一人マッカートニー」と呼ばれるエミット・ローズから触発されたのが切っ掛けで、「ビートルズのスタジオ・ワークを日本で再現する」というコンセプトにより制作されているアルバムです。
hqdefault.jpg

 全編英詞による研究成果をまとめた録音というべきもので、後期ビートルズの手法を再現しています。当時は画期的だったことも頷けるところ。あまりオリジナリティーが感じられないのは事情が事情なだけに仕方ない部分です。本家よりもファズ・ギターが前面に出ているなど、微妙な質感の違いを楽しむのが吉でしょう。何よりも徹底した拘りには執念、妄執が感じられ、圧倒されます。
関連するタグ 日本ロックポップス

STEELEYE SPAN/Please To See the King

STEELEYE SPAN/Please To See the King
1971年 イギリス
『「生真面目さ」が伝わってくるエレクトリック・トラッド』

 以前、英キャッスル・レーベルからリマスター盤が再発されていたのですが、本作のみ買い逃してしまっていました。初CD化の盤は音質が激悪だったのでずっと探していたのですが、あってもプレミア価格でげんなり。しかし遂に初期3タイトルがリマスター再発されることになりました。ありがとう!
cover_5535151232016_r.jpg

 フェアポート・コンヴェンション、ペンタングルと並ぶ3大フォーク・ロック・グループの一角、スティーライ・スパン。英トラッドを探求すべくフェアポート・コンヴェンションから脱退したアシュレイ・ハッチングスを中心として、1970年に結成されました。初期にはトラッド色の強い硬派なグループでしたが、やがて時代と共にポップ化。硬軟ともに柔軟に対応するグループという印象もあります。本作は硬派な時期にあたるセカンド・アルバムです。

 本作より英フォークを代表するギタリストであったマーティン・カーシィと、フィドル奏者ピーター・ナイトが加入。またドラムレスで録音されています。

 「生真面目さ」が伝わってくるエレクトリック・トラッドの数々は、荘厳ではあるもののとっつきにくい雰囲気がプンプン。朗々と歌い上げるマディ・プライアの歌声やリズミカルなフィドル、厳かなギター等によるアンサンブルからは緊張感がビシバシと伝わり、背筋が伸びてしまいます。英トラッドの凄みをそのままエレクトリック化している強力なアルバム。

Lovely on the Water
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスフォーク

Heads Hands & Feet/ Heads Hands & Feet

Heads Hands & Feet/ Heads Hands & Feet
1971年 イギリス
『沼に片足を』

 マッスル・ショールズ・スタジオ誕生から2年を経た1971年。イギリスにもじわじわと浸透してきたスワンプ・サウンド、その洗礼を受けたミュージシャン達。彼らが生み出すことになるブリティッシュ・スワンプの作品群、その最初期にあたるグループがヘッズ・ハンズ&フィートです。

 今日、エリック・クラプトンのツアー・ギタリストとしても知られるアルバート・リー、チャス&デイヴとして活躍することになるチャス・ホッジズなど、当時から腕利きのセッション・プレイヤーとして知られていたメンバー達が結成したグループ、ヘッズ・ハンズ&フィート。そのデビュー作です。
001e85f9_medium.jpg

 先に書いたように彼らはスワンプからの影響を色濃く反映した音楽性を持っていますが、前身グループではサイケ・ポップをやっていたりと基本的に流行に敏感であり、一山当てたいという野心が分かりやすいグループです。本作でもブルース、R&Bというスワンプ要素だけでなく、フォーク、カントリー、ジャズ・ロックなどの要素が混在。まさにファーストらしい取っ散らかり具合ですが、アメリカ南部へのリスペクトという筋は通っています。歌唱、演奏共に申し分なく、アメリカ憧憬の奥から侘しさが滲み出るイギリス出身グループならではの音楽が楽しめるアルバム。

 永らく、音質の悪いシー・フォー・マイルズ盤で我慢して来た本作ですが、2016年にSHM-CDにて再発されています。

Country Boy
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

DAVE KELLY/DAVE KELLY

DAVE KELLY/DAVE KELLY
1971年 イギリス
『枯れたブルース・ギターと渋いヴォーカルが炸裂』

 ザ・ブルース・バンドのリーダーであり、ジョン・ダマー・ブルース・バンドのギタリストとして活躍していたデイヴ・ケリーがジョン・ダマー・ブルース・バンド脱退後に発表したセカンド・ソロ。前作のレビューはこちら
32166703.jpg

 セッション・メンバーにはジョアン・ケリー、セッション集団ランプルスティルトスキン、そしてピーター・グリーンが変名で参加しているとのこと。その他、デイヴ・ケリーのブルース仲間と、ジャズ系プレイヤーも参加しています。

 相変わらず当時24歳とは思えない、枯れたブルース・ギターと渋いヴォーカルが炸裂しています。今回のソロ作はバンド録音がされており、前作よりも聴きやすい印象。ロックがカラフルで多様化していた1971年という時代を反映して、ブルース・ロックのみならずフォーク・ロック、ファンクにも挑戦しており、バラエティー豊かな楽曲群となっています。色々と手を出しているとは言え、どれも後追いで聴いてみると伝統的なものばかり。セッション・プレイヤー達の時にシリアス、時に熱狂的な演奏もあり、ジョン・ダマー・ブルース・バンドから続けて聴いても違和感なく楽しめるアルバムだと思います。「朝日のあたる家」のようなハードボイルドなブルース「The Fields Of Night」ではピアノが幻想的に舞っており印象的。このような細やかなアレンジも聴きどころ。

Green Winter
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスブルースロック