佐藤奈々子/Sweet Swingin'

佐藤奈々子/Sweet Swingin'
1977年 日本
『ジャケ通りの甘さ』

 女性SSW、佐藤奈々子。作曲パートナーとして佐野元春、アレンジにジャズ・ギタリストの横内章次を迎えて制作されたセカンド・アルバム。
97224763.jpg

 気怠いヴォーカルと優雅なジャズ・アレンジの組み合わせは相性がいいです。ゴールデン・ポップス風のノスタルジックなファーストと比べるとセクシーな大人っぽさが強調されています。上品でおしゃれなアレンジのたまものでしょう。

 実は10代の頃にこのアルバムを持っていたのですが、ファーストに比べて地味に感じて一度手放しています。今回、久しぶりに聴いてみると、なるほど、このだるーい感じではメタル大好きな当時の自分は受け付けなかっただろうな、と感じました。休日の掃除中にこれを掛けていたら、「チープ・ダンス」のところでいつもの部屋が素敵に見えて来ました。

ミューズの恋人

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップスSSW

森田童子/ A BOY ボーイ

森田童子/ A BOY ボーイ
1977年 日本
『オーケストラでセンチメンタルを盛り上げろ』

 森田童子の3枚目です。てっきり最高傑作はファーストだと思っていたのですが、再発時の紹介文によるとサードが最高傑作とされているようです。編曲家は複数人起用。ジャックス、五つの赤い風船、吐痙唾舐汰伽藍沙箱、六文銭などで知られる木田高介が4曲、演歌も手掛ける若草恵が3曲担当している他、男はつらいよシリーズの音楽も担当したクラシック畑の青山勇と、元六文銭のギタリストでもある石川鷹彦が1曲ずつで編曲しています。森田童子が注目を集めていたからこその勝負を掛けた豪華メンバーなのでしょう。オーケストラ・アレンジが多く採用されていますが、セッション・メンバーのクレジットは一切ありません。
80215008.jpg

 フォーク畑の木田高介担当の楽曲は消え入りそうな歌唱とアコギこそが森田童子の作品の肝である、というシンプルな方針が貫かれています。オーケストラ・アレンジはギターと歌を邪魔していません。また石川鷹彦担当の「君と淋しい風になる」も同傾向ですが、終盤に情熱的なエレキギターのソロが入っています。

 もう一方の若草恵担当曲は、オーケストラ・アレンジの主張が激しく、ドラマティックな仕上がり。打楽器が轟く様は圧巻です。その為、「セルロイドの少女」の中盤から終盤に掛けての部分など、一部で森田童子が置いてきぼりになっている部分もあり。また、ヴォーカルの発声が不明瞭な箇所も少々あります。ただし森田童子の感傷を最大限に表現する方法としてバッチリ噛み合っていることも確か。グイグイ引き込まれます。

 青山勇が担当した「終曲のために 第3番 「友への手紙」」は、オーケストラをバックに従えての朗読でした。

 オーケストラ・アレンジで森田童子のセンチメンタルを最大限引き出そうとしたアルバムだと思います。最高傑作と言われるのも納得の濃密さがあります。しかしながら重いです。

君と淋しい風になる
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本フォーク

西岡恭蔵/南米旅行

西岡恭蔵/南米旅行
1977年 日本
『いつかは自分もご褒美旅行を。』
 
 これまで西岡恭蔵のアルバムは初期3枚ばかり聴いていました。それというのも、本作のCDが長い間廃盤であった為、以降のアルバムまで聴き進める気持ちになれなかったのです。この度、廉価盤(1500円)で再発されました。ありがたい!
41HQNW34SHL.jpg

 タイトル通り、旅行での思い出を元に制作されたアルバム。というわけで、スローなブルース、ソウル、ラグタイムをトロトロにリラックスした演奏と歌でやっています。

 録音はロサンゼルス。バックはソー・バッド・レビューが務めています。その他にもスティールパンとコンゴにロバート・グリニッジ(アレンジも担当)を始め、トランペット、フルートといった楽器をゲスト・プレイヤーが担当。

 初期にあった暗い陰はどこへやら、ひたすらのんびりした平和な歌が並んでいます。多くの曲で西岡恭蔵の妻であるKUROが作詞していますが、さすが夫婦というべきか、違和感が全くありません。西岡恭蔵の歌は風呂で歌っている鼻歌のような、くたーっとした感じがたまりません。演奏もトロピカル。中でもセッション・プレイヤーによるスティールパン、フルート、コンゴの効果は絶大です。

 ライナーには矢沢永吉への作詞提供による印税収入によって実現した旅行、という経緯が記されていますが、初期の作品との空気感のギャップがとてもリアルで・・・あー、うらやましい、という気分になります。

Gypsy Song
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本SSW

LIBBY TITUS/LIBBY TITUS

LIBBY TITUS/LIBBY TITUS
1977年 アメリカ
『ゴージャスな歌声に魅了されます。』
e0042361_0351977.jpg

 引き続き、ソニーの「ナイス・プライス・リターンズ」シリーズよりご紹介。このアルバムを選んだのは、このジャケットに見覚えがあったのとポール・サイモン、フィル・ラモーン、ジェイムス・テイラーなどの豪華な参加メンバーに惹かれてのこと。リビー・タイタスについては全く知りませんが、本作には小倉エージ氏による詳細な解説が付いているので、プロフィールはそれを参考にして書いてみようと思います。

 リビー・タイタスはアメリカのSSW。60年代から歌い始め、1968年にアルバム・デビューを果たします。ここでは自作曲は含まれていませんでした。以後コーラスなどでセッションに参加することや、自作曲を提供することで様々なミュージシャンとの交流を育みます。そして1977年。自身のオリジナル曲を含むセカンド作を発表します。

 メインのプロデュースはフィル・ラモーンが担当。カーリー・サイモンとポール・サイモンも数曲でプロデュースしています。作曲クレジットでは約半数にリビー自身の名が入っている他、カーリー・サイモンが3曲(+共作1)、ポール・サイモンが1曲提供するなど、他人の提供曲も多く含んでいます。ザ・バンドやスタッフのメンバーを含む豪華なセッション・プレイヤーが集結して制作されており、先に挙げたジェイムス・テイラーはバック・コーラスでの参加でした。

 演奏はムーディーでジャズっぽく、ヴォーカルを引き立てています。艶やかな歌声が素晴らしく、2枚しかアルバムを出していないことが残念に思えるほど。ジャケットから伝わるゴージャスなイメージそのままです。涼しくなってきた夜に、このアルバムを聴けば心地よく寛ぐことが出来そう。

CAN THIS BE MY LOVE AFFAIR'

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSWポップス

LAURA NYRO/SEASON OF LIGHTS

LAURA NYRO/SEASON OF LIGHTS
1977年 アメリカ
『穏やかモードのローラ・ニーロ』

 今回の「AOR CITY 1000」シリーズのレビューはローラ・ニーロのライブ盤。私は1曲でも多く知らない曲を聴こう、という方針があるのでついついライブ盤は後回しにしてしまいます。結果、本作のような有名なアルバムもまだ聴いておりませんでした。
51Q_e-DMPUL.jpg

 本作は1976年にリリースされた『Smile』のツアーからの音源を収録したライブ・アルバム。当初は10曲入りでしたが、後にコンプリート盤として(16曲入りを経て)18曲入りでリリースされています。廉価盤でもこの曲数で聴けるので得した気分になれます。

 ジャズ・フュージョン路線の『Smile』のツアーだけに、ニューヨーク周辺のジャズ・プレイヤーが集められており、洗練された優しい演奏が楽しめます。

 ローラ・ニーロのアルバムでは、全てのことを投げ出して音楽と対峙する覚悟を求められたりします。目まぐるしい転調と鬼気迫る歌唱を軽い気持ちでは聴けないのです。しかし、このアルバムはとても敷居が低く、聴きやすい。なるほど、AORシティに選ばれているのも納得であります。彼女のヴォーカルは伸び伸びとしていて晴れやか。

 いつも額に青筋を立てていそうな初期作ばかりでなく、こういうリラックスしたローラ・ニーロもいいな、と思いました。『Smile』ももう一度聴いてみないと。

The Morning News
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSW