森田童子/ラスト・ワルツ

森田童子/ラスト・ワルツ
1980年 日本
『洗練されつつも彼女自身のやりたいことを突き詰めたアルバム』

 4枚目のアルバム。千代正行編曲。不勉強で知りませんでしたが、石川さゆりや中森明菜、竹内まりやなど女性歌手を中心としたセッション・ギタリストとして活躍している凄い方です。アコースティック・ギターを得意としていますが、編曲はストリングスがフューチャーされたドラマティックなものとなっています。前作のライブ盤からの流れとして「讃美歌」のような楽曲もいくつか収録されているのもポイント。
UPCY7158.jpg

 震えて不安定なヴォーカルが魅力だった森田童子ですが、このアルバムから少しずつ歌声が安定していきます。寂しさは相変わらず纏っています。また前述した「讃美歌」のような楽曲、例えば「グリーン大佐答えて下さい」では、学校の唱歌のようなソプラノ・ボイスを披露。Ipodなどを使って、シャッフルでこの曲が流れてきたら最初は森田童子の曲と分からないかも、というくらい、これまでと異なる歌い方をしています。

 『ラスト・ワルツ』というタイトルからは、彼女の生きた世界への区切りとして制作されたことが伺えます。これまでの集大成を感じさせる楽曲が多く、それぞれの楽曲にある物語をストリングスが盛り立てています。洗練されつつも彼女自身のやりたいことを突き詰めたアルバムだと思います。

みんな夢でありました
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本フォーク

135/MIZ-INCO.

135/MIZ-INCO.
1988年 日本
『結局何故みじんこ?』
61P_vd7WZnL.jpg

 アジア音楽と歌謡曲の融合を極めたセカンド・アルバム。オリエンタル度が一番高く、その上、歌詞のアクロバティックさも凄まじいです。また林有三が編曲として全曲で参加しているのもポイントで、統一感もアップしています。今回のリマスター再発で5枚を購入しているものの、タイムリーで聴いたのはこのセカンドまででした。

 改めて聴いてみるとシンセサイザーを過剰に入れた80年代ならではのアレンジに古さを感じます。ただ、曲はいい。歌詞に関しては韻を踏むことに拘るあまり意味不明になってしまう、というやり過ぎな所が目につきます。そういう曲はSF的な設定が入ったものが多く、訳の分からないところを楽しむのが乙なのでしょう。実際楽しいです。10曲目「回想の窓」は

回想の窓
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップスロック

JIMMY WEBB/ANGEL HEART

JIMMY WEBB/ANGEL HEART
『哀愁よりも爽やかさが際立つ1枚』
1982年 アメリカ

 「AOR CITY 1000」シリーズの1枚。今更気が付いたのですが。このシリーズは帯のところに永井博氏のイラストが描かれています。本当に狭いスペースに。うーん、贅沢な使い方だ。

 アメリカを代表するSSWの一人、ジミー・ウェッブが1982年に発表したアルバムです。ジミー・ウェッブのアルバムは何枚か、持っていますが80年代に唯一リリースされたという本作はノーマークでした。やはりどうしても70年代に目が行ってしまうので。。。しかしライナーによると、このアルバムは元々1978年に完成していたものの、1982年までお蔵入りしていたという経緯があるそうです。
220px-Angel_Heart_Album.jpg

 アルバムにはTOTOのメンバー4人を始め、デヴィッド・フォスター、リー・スクラーなど豪華なメンツが参加しています。

 正直に言えば、他のアルバムにあるようなキラー・チューンが無いのでちょっと地味なアルバムだと感じました。しかしながら、開放感のある隙間を取った清々しいサウンド・プロダクションと、ジミー・ウェブの相性はとても良く、AORの名盤と呼ばれるのも納得の出来栄え。キビキビとして整ったバンド・サウンド(70年代後半のTOTOだからね)も、素晴らしい。

「AOR CITY 1000」のおかげで、未聴だったジミー・ウェブの作品もお安く手に入れることが出来た。ありがたい!

ANGEL HEART

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSW

135/135

135/135
1987年 日本
『ひっそりと再発、まだ間に合うぞ』

 高校時代、友人から渡されたカセット・テープ(メタル)を劣化するまで聴き倒したのが135でした。広大な大陸を思わせる、壮大でドラマティックな楽曲。そしてアジアのミステリアスな雰囲気とバブルの空気感を同居させた、唯一無二の歌詞世界。当時はブックオフなどで500円以下のコーナーに置かれるお手軽盤だったのですが、いつの間にか3000円超えのプレミア盤へと変貌。買っておけば良かった、と思っても後悔先に立たず。それから再発を願って20年。忘れかけた今日この頃、ソニーのオーダー・メイド・ファクトリーで再発されていることを知りました。
135.jpg

 音楽ファンのリクエストにより、再発を実現させるプロジェクトがあるとはおぼろげながら知っていましたが、まさか135が引っ掛かるとはうれしい誤算。こういうプロジェクトはありがたいのですが、一方で発売当時の権利がどこにあるのかが分からないことが多いのですよね。今回の場合、原盤はRVCなのですが、これがソニーからリリース出来る状況だとは知りませんでした。この辺りが再発プロジェクトの玄関口(HPの入り口など)で整理されていると分かりやすいと思います。もう少数しかメーカーが生き残っていない訳ですし、いっそのこと窓口を統合してくれればなぁ。話が大幅に逸れました。

 さて再発を知った自分は嬉々として通販サイトへ。そこで5THアルバムまでが再発されていることが分かりました。当然、5枚購入。(ブルースペックCD2でちょっとお高いことに加えて、各個包装な為、送料が5枚分掛かってしまうのがネック)順を追って紹介していこうと思います。

 本日はファースト・アルバムをご紹介。発売当時は気づきませんでしたが、作曲に当時サザンオールスターズのギタリストだった大森隆志(1曲のみ)が、編曲に林有三と矢島賢がそれぞれ参加しているなど、豪華なサポート体制で製作されています。

 改めて考えると、アジアンな音階がオリエンタルでおしゃれ、という風潮になったのはシャーデーが契機だった気がします。シャーデーのデビューが1984年。135の音楽性がとてもアジアチックであることも、シャーデーからの影響があるのかもしれません。アジアン・メロディーを無理やり気味に融合させた歌謡ロックは、今もってインパクト大。やはり聴くならこのアルバムからでしょう。135の魅力は歌詞にもあり、訳が分からない言葉遣いながら、語呂が良くてとても気持ちがいいのです。ファーストの歌詞はセカンドと並んで攻めてていると思います。中毒性が高いです。

我 愛 你
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ロックポップス

須山公美子/夢のはじまり

須山公美子/夢のはじまり
1986年 日本
『子守歌として末永く付き合っていきたいアルバム』
 長期に渡りCDが廃盤となっていた名盤中の名盤が二度目の再発。
ということで、その類の煽り文句にはめっぽう弱いわたくしは衝動買いをしてしまったわけであります。

 須山公美子という方は全く知りませんでした。
神戸出身の女性シンガー。
ピアノ、アコーディオンによってシャンソン、昭和歌謡をテーマとした自作曲やカバーを演奏しており、
現在も現役で活躍されています。

 本作はレコード文化最晩年に、当時の最新技術を駆使して録音されたセカンド・アルバム。
1006929946.jpg

シャンソンや唱歌をルーツにしていることも頷ける、伸びやかで清廉な歌声と
穏やかながら時々、アヴァンギャルドでレコメンっぽさも顔を出すピアノ、アコーディオンの調べの組み合わせ。
このような作品がギラギラ絶好調な1986年にリリースされていたとは知りませんでした。
インディー・レーベルからひっそりとリリースされるのも(残念ながら)納得の音楽性です。
本作には、斎藤ネコや溝口肇など、セッション・プレイヤーとして豪華なメンツが参加しており、
「新しい大陸」など賑やかな伴奏が楽しめる曲もあり。
ノスタルジックでとろけるような世界観が全編で貫かれています。
夜、ひっそりと子守歌として末永く付き合っていきたいアルバム。

「新しい大陸」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップス