りりィ/南十字星

りりィ/南十字星
1980年 日本
『ドスを含んだ歌声がAORサウンドからはみ出るところも素敵』

 1970年代半ばからのポップス路線のりりィ作品。その終盤に当たるEMIでの最終作です。中古盤店でつまんだ『りりシズム』に、思いのほかハマっていたところ。そこに初CD化という報を受けては聴かずにはいられません。

 大部分の楽曲を国吉良一が担当している他、木田高介も2曲で参加。尚、本作は発売直前に亡くなった木田高介に捧げられています。
UPCY-7347.jpg

 AOR度は更に高くなっています。スタジオ・ミュージシャンによる円熟の演奏による爽やかなアンサンブルが存分にフューチャーされており、バンドのアルバムのような趣があり。
なるほど、ライトメロウのシリーズで再発されることにも納得。所々、歌謡曲チックなストリングス・アレンジの曲があるな、と思っていたらやっぱり木田高介さんの曲でした。

 女の子向けアニメの主題歌をりりィが歌ったかのような、『風のランナー』はインパクト抜群。どっしりしたヴォーカル・パートから洗練されたシンセサイザー・ソロへと流れるところが気持ちいいです。

 この他にも70年代中期~後期に於けるりりィのアルバムがCD化されているそうなので、これを機に集めてみようと思います。生み出す雰囲気が好きだったのですが、この時期のアルバムを聴くといい曲を書くソングライターだったのだな、と再認識しました。
関連するタグ 日本ポップスSSW

実川俊晴/ポップ・ソングス 1979-2016

実川俊晴/ポップ・ソングス 1979-2016
2017年(1979~2016) 日本
『幻にしておくのがもったいない』

 マギー・メイのアンソロジーに続く、実川俊晴アーカイヴ・コレクション第2弾。前作のレビューで『「はじめてのチュウ」の作者』というタタキで興味を持ったと書きましたが、その意味からするとGS時代の前作よりも今回のアルバムが本命でした。
CRCD5137-38.jpg

 幻のポップ・クリエーターと帯で称されているので、てっきり作曲家一本槍だと思っていたのですが、きちんとソロ・アルバムもリリースしておりました。今回のアンソロジーでは、唯一のソロ作及びシングルをまとめたディスク1と、未発表を中心とした80年代以降の音源をまとめたディスク2という構成になっています。

 解説を読むとビージーズ、パイロットから影響を強く受けたとありますが、その通りの甘く爽やかなポップ・ミュージックが堪能できます。ドラマティックな英米折衷のメロディーと曲展開、そして若干声量は足りないけれども、とろけるようなファルセット・ヴォーカルが素晴らしい。ディスク1はアルバム音源を中心にした統一感があります。ディスク2はそれに比べると音質を含めてバラバラですが、70分オーバーでレア音源を収録してくれており大満足です。

 詳細な解説もありがたい。

実川俊晴 ポップ・ソングス 1979-2016 TOSHIHARU JITSUKAWA POP SONGS 1979-2016
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本SSWポップス

森田童子/夜想曲

森田童子/夜想曲
1982年 日本
『停滞もまた彼女らしい』

 5枚目のアルバム。前作から引き続いての千代正行と、今回新しく参加した比呂公一が編曲を半分ずつ分け合っています。比呂公一については『果樹園』というアルバムで知っていましたが、映画音楽や特撮ヒーローの音楽(ミラーマンなど)に携わっていた方だったようです。
51o7D3366wL__SL500_SX355_.jpg

 情緒を強調したような作風は前作から繋がるもの。ピアノが主役の曲が多くなり、寂しい美しさが印象に残ります。前作で自身の活動に区切りを付けたはずですが、歌われる内容は依然として孤独の寂しさや思い出について。音楽性としては停滞しているとも取れますが、元々後ろ向きな歌なのでまったく問題はありません。

麗子像
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本フォーク

森田童子/ラスト・ワルツ

森田童子/ラスト・ワルツ
1980年 日本
『洗練されつつも彼女自身のやりたいことを突き詰めたアルバム』

 4枚目のアルバム。千代正行編曲。不勉強で知りませんでしたが、石川さゆりや中森明菜、竹内まりやなど女性歌手を中心としたセッション・ギタリストとして活躍している凄い方です。アコースティック・ギターを得意としていますが、編曲はストリングスがフューチャーされたドラマティックなものとなっています。前作のライブ盤からの流れとして「讃美歌」のような楽曲もいくつか収録されているのもポイント。
UPCY7158.jpg

 震えて不安定なヴォーカルが魅力だった森田童子ですが、このアルバムから少しずつ歌声が安定していきます。寂しさは相変わらず纏っています。また前述した「讃美歌」のような楽曲、例えば「グリーン大佐答えて下さい」では、学校の唱歌のようなソプラノ・ボイスを披露。Ipodなどを使って、シャッフルでこの曲が流れてきたら最初は森田童子の曲と分からないかも、というくらい、これまでと異なる歌い方をしています。

 『ラスト・ワルツ』というタイトルからは、彼女の生きた世界への区切りとして制作されたことが伺えます。これまでの集大成を感じさせる楽曲が多く、それぞれの楽曲にある物語をストリングスが盛り立てています。洗練されつつも彼女自身のやりたいことを突き詰めたアルバムだと思います。

みんな夢でありました
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本フォーク

135/MIZ-INCO.

135/MIZ-INCO.
1988年 日本
『結局何故みじんこ?』
61P_vd7WZnL.jpg

 アジア音楽と歌謡曲の融合を極めたセカンド・アルバム。オリエンタル度が一番高く、その上、歌詞のアクロバティックさも凄まじいです。また林有三が編曲として全曲で参加しているのもポイントで、統一感もアップしています。今回のリマスター再発で5枚を購入しているものの、タイムリーで聴いたのはこのセカンドまででした。

 改めて聴いてみるとシンセサイザーを過剰に入れた80年代ならではのアレンジに古さを感じます。ただ、曲はいい。歌詞に関しては韻を踏むことに拘るあまり意味不明になってしまう、というやり過ぎな所が目につきます。そういう曲はSF的な設定が入ったものが多く、訳の分からないところを楽しむのが乙なのでしょう。実際楽しいです。10曲目「回想の窓」は

回想の窓
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップスロック