FC2ブログ

森田童子/狼少年

森田童子/狼少年
1983年 日本
『80年代風にはなれない素材』

 森田童子の再発盤レビューもラスト1枚。2018年4月に森田童子は亡くなられました。音楽活動を休止して久しかったですが、CD再発の企画にOKを出してくれたおかげで、作品が再び流通に乗ることになりました。ありがとうございます。

 6枚目の最終作。
51wjreHmtkL__SY355_.jpg
 
 
 1曲目、いきなりのタンゴに戸惑う。キラキラのシンセサイザーによるダンス・ミュージックが、1983年という時代を思い出せます。森田童子による儚い歌声は相変わらずなだけに、ポップな楽曲とのミスマッチが際立っている印象。編曲は石川鷹彦が担当。『マザースカイ』以来の起用となります。シンセサイザー重視はもちろん、ストリングスもふんだんに取り入れており、クッキリ、キラキラとした80年代アレンジ(テクノポップ、ディスコサウンドにも近い)に仕上がっています。一部トーキングボックスも使用しており、SF映画のような趣に。「当時の最先端だった」と擁護するしかない状況で、古臭さは否めないアレンジとなっています。歌詞は相変わらずの世界観ながら、曲とのミスマッチは歴然で、歌がサウンドから浮いている印象。従来の作風に近い、シンプルなアレンジの「球根栽培の唄」辺りがハイライト。

球根栽培の唄
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本SSW

Eric Stewart/Frooty Rooties

Eric Stewart/Frooty Rooties
1982年 イギリス
『聴き漏らしがちな10cc関連作』

 10ccのメンバー、エリック・スチュワートのソロ2枚目。10ccの状況としては、ゴドレイ&クレームの二人が1976年に脱退。グレアム・グールドマンとエリックを中心とした6人組グループとして生まれ変わった10cc。しかしながら数年でデュオ編成に戻ることに。そんな中、81年に『Ten Out of 10』をリリース。その翌年に本作は発表されています。

 参加メンバーには6人編成時代の10ccメンバーが揃い踏み。ゲストも加わっていないことから、ほぼ10ccのアルバムといっていい
状況で制作されています。
 ffrooty_roo30f8326f2aacb160eb77a6.jpg

Aメロが「Come Together」にそっくりなポップなロックンロール「Never Say 'I Told You So'」。このようなポール・マッカートニーからの影響(パロディかな)も伺えるナンバーがいくつか収録されています。高品質な英ポップが並んだアルバムで、エリックの優れた楽曲群を楽しむことが出来ます。

 初期10ccのようなスケールの大きさは望めないものの、小粒な佳作が目白押し。これも後期10ccらしい味わいと言えるので、本作が未CD化であることは残念なところです。

Doris The Florist
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスポップス

Graham Gouldman/Animalympics

Graham Gouldman/Animalympics
1980年 イギリス
『ディスコ・ブームに乗っかってもメロディーのおいしさは不変』

 10ccのメンバーとして活躍したグレアム・グールドマン。60年代にはブリティッシュ・ビートの4番手以降のグループ、例えばホリーズやハーマンズ・ハーミッツなどに楽曲を提供していた作曲家としても知られています。そんな彼のソロ作と言えば1968年の『Graham Gouldman Thing』が有名ですが、今回はセカンドに当たる1980年作『Animalympics』をご紹介。このアルバムは聴いたことが無かったので。
https___images_genius_com_5d52714bee99d3d0351aac6f44f17b9f_864x864x1.jpg

 コミカル且つディスコティックな1曲目に面食らって、ちょっと調べてみたところ、どうやら10cc活動休止中(エリックの交通事故による)に引き受けたアニメ映画のサントラ仕事だったようです。ビーチボーイズをディスコ化した「Underwater Fantasy」でハッとして、グールドマンお得意の甘いバラード「Away From It All」を聴くころには、あれ、これ結構いいのでは、と手のひらを返していました。シンセドラムがぴきゅんぴきゅんしていたり、時代を感じさせる音ではありますが、グレアム・グールドマンのポップセンスは不変。大満足です。

Love's Not For Me
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスポップス

りりィ/南十字星

りりィ/南十字星
1980年 日本
『ドスを含んだ歌声がAORサウンドからはみ出るところも素敵』

 1970年代半ばからのポップス路線のりりィ作品。その終盤に当たるEMIでの最終作です。中古盤店でつまんだ『りりシズム』に、思いのほかハマっていたところ。そこに初CD化という報を受けては聴かずにはいられません。

 大部分の楽曲を国吉良一が担当している他、木田高介も2曲で参加。尚、本作は発売直前に亡くなった木田高介に捧げられています。
UPCY-7347.jpg

 AOR度は更に高くなっています。スタジオ・ミュージシャンによる円熟の演奏による爽やかなアンサンブルが存分にフューチャーされており、バンドのアルバムのような趣があり。
なるほど、ライトメロウのシリーズで再発されることにも納得。所々、歌謡曲チックなストリングス・アレンジの曲があるな、と思っていたらやっぱり木田高介さんの曲でした。

 女の子向けアニメの主題歌をりりィが歌ったかのような、『風のランナー』はインパクト抜群。どっしりしたヴォーカル・パートから洗練されたシンセサイザー・ソロへと流れるところが気持ちいいです。

 この他にも70年代中期~後期に於けるりりィのアルバムがCD化されているそうなので、これを機に集めてみようと思います。生み出す雰囲気が好きだったのですが、この時期のアルバムを聴くといい曲を書くソングライターだったのだな、と再認識しました。
関連するタグ 日本ポップスSSW

実川俊晴/ポップ・ソングス 1979-2016

実川俊晴/ポップ・ソングス 1979-2016
2017年(1979~2016) 日本
『幻にしておくのがもったいない』

 マギー・メイのアンソロジーに続く、実川俊晴アーカイヴ・コレクション第2弾。前作のレビューで『「はじめてのチュウ」の作者』というタタキで興味を持ったと書きましたが、その意味からするとGS時代の前作よりも今回のアルバムが本命でした。
CRCD5137-38.jpg

 幻のポップ・クリエーターと帯で称されているので、てっきり作曲家一本槍だと思っていたのですが、きちんとソロ・アルバムもリリースしておりました。今回のアンソロジーでは、唯一のソロ作及びシングルをまとめたディスク1と、未発表を中心とした80年代以降の音源をまとめたディスク2という構成になっています。

 解説を読むとビージーズ、パイロットから影響を強く受けたとありますが、その通りの甘く爽やかなポップ・ミュージックが堪能できます。ドラマティックな英米折衷のメロディーと曲展開、そして若干声量は足りないけれども、とろけるようなファルセット・ヴォーカルが素晴らしい。ディスク1はアルバム音源を中心にした統一感があります。ディスク2はそれに比べると音質を含めてバラバラですが、70分オーバーでレア音源を収録してくれており大満足です。

 詳細な解説もありがたい。

実川俊晴 ポップ・ソングス 1979-2016 TOSHIHARU JITSUKAWA POP SONGS 1979-2016
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本SSWポップス