スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

Judas Jump/Scorch

Judas Jump/Scorch
1970年 イギリス
『絶妙にビートルズをかすっている』

 70年代にリリースされたブリティッシュ・ロックの作品もあらかたCD化が済んでしまった21世紀の今日この頃。もう重箱の隅をつつくようなマニアック作しか残されていない、という状況の中で、そういったタイトルばかり(いや、王道の名盤も混ざっていますが)を再発してくれるBIG PINK。このレーベルのおかげで、英国ロック・マニアの好奇心は満たされるのであります。

 今回取り上げるのはジューダス・ジャンプ。実は2015年に再発されていたものの(2009年にもブートっぽい再発盤あり)、B級感漂う、金粉まみれなジャケに臆してこれまで手が出ませんでした。
J-Jump.jpg

 まずは小西勝氏の解説に目を通します。若き日のピーター・フランプトンが在籍していたことで知られるザ・ハードの残党メンバー達が組んだグループ、ということは知っていましたが、ここではその主要メンバーであるアンディ・ボウンを始めとする各メンバーの詳細な経歴が載っていました。オーディエンスにも繋がっていたグループだったようです。もちろん本作が唯一のアルバムです。尚、大手であるパーロフォンからリリースされてことで知られています。

 サイケ・ポップ通過後でプログレ勉強中、というサウンドで雑然としていてアンダーグラウンドな内容です。ブロッサム・トゥーズに通じるサイケデリック・ポップ。オルガン、フルート、ブラスを交えたハード・ロックなバンド・アンサンブルで、演奏は素晴らしい。この時期の英国ロックらしい捻くれた曲展開が楽しめます。B級と割り切れば結構イケます。

Rockin' Chair

続きを読む(動画があるよ) »
スポンサーサイト
関連するタグ イギリスロック

TOMMOROW’S GIFT/ TOMMOROW’S GIFT

TOMMOROW’S GIFT/ TOMMOROW’S GIFT
1970年 ドイツ
『ジャーマン・ハードの知られざる名作』

 今から15年くらい前のこと。私は70年代ブリティッシュ・ロックの名作は全て聴き終えてしまった、と嘆いていた。実際はまだ聴いたことのないアルバムが沢山あったのだけれども。次はどうしよう、という時にMSIがリリースしてくれたのがジャーマン・ハード・ロックの名作群。その頃、ドイツのセカンド・バトルというレーベルが70年代のドイツ産ハード・ロックを大量に再発してくれており、それをMSIが解説を付けて発売していたのだ。暗くドロドロとしたサイケデリック且つブルージーなジャーマン・ハードの魅力にハマり、それらMSIのカタログは制覇。「もっとだ、もっとジャーマン・ハードをくれ!」という欲求により、今度はMSIがチョイスしなかったセカンド・バトルのカタログにも目を付けることに。当然、残念なアルバムも多かったもののその中でお宝もあった訳です。それがトゥモローズ・ギフト。今日、ご紹介するアルバムです。
tomorrows.jpg

 トゥモローズ・ギフトはオルガン&メロトロン、フルート、女性ヴォーカルを含むドイツのハード・ロック・グループ。2管登場(一部楽曲のみ)して絡み合うフルート、リフを延々と紡いでいく70年代ハードの流れを踏襲したソリッドなギター、ドタバタと暴れるドラム、煙たいオルガン、シリアスな女性ヴォーカルによる白熱のバンド・アンサンブルがかっこいい。3分以下の短い曲と8分以上の長い曲が混在しており、目玉はやはり長尺曲。楽曲というよりも、各パートがせめぎ合うインプロヴィゼーション中心の内容ながら、高いテンションで一気に聴かせます。

 長らく入手困難だった本作ですが、2016年に遂に再度のCD化が実現。ロング・ヘアーよりボートラ追加でリリースされています。おすすめ。ちなみにセカンドもあるのですが、どんな内容だったか覚えていないので・・・お察しください。

Riddle In A Swamp
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ドイツHR/HMプログレ

ACCOLADE/ACCOLADE

ACCOLADE/ACCOLADE
1970年 イギリス
『幽玄な英ビートの如し』

 英国を代表する叙情派フォーク系のギタリスト、ゴードン・ギルトラップ。ちょっとネットで調べてみましたが、どうやら日本での知名度は低いようです。バート・ヤンシュに影響を受けて70年代に活躍したゴードン・ギルトラップのギターは、繊細にして華麗。ちょうどいい塩梅で入るストリングス・アレンジの素晴らしさと合わせて、そのクラシカルなギターは独自の存在感を放っています。

 そんなゴードン・ギルトラップの初期仕事の一つが、このアコレード。いつかCD化した暁には、と思っていたらビッグピンクより再発されました。ありがたい。
ACCOLADE.jpg

 ロンドンのストリート・バスカー(大道芸人)、ドン・パートリッジとゴードン・ギルトラップが中心となって結成されたフォーク・グループです。一足早くCD化されていたセカンド(以前購入したのですが、現在は売却済み)ではゴードン・ギルトラップは脱退していたため、二人が組んでいるのを楽しめるのは本作のみ。

 フルート奏者が在籍しており、ゴードン・ギルトラップのアコギとの絡みが絶妙。英ビートのグループがやりそうなポップ・ソングを泥臭く、ミステリアスに演奏しています。ハッタリをかますヴォーカルの立ち振る舞いも楽しく、イギリスらしいフォーク・ポップが楽しめるアルバム。

「Nature Boy」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスフォークポップス

HENRY LOWTHER BAND/CHILD SONG

HENRY LOWTHER BAND/CHILD SONG
1970年 イギリス
『なるほど、チャイルド・ソングと納得できる平和なジャズ・ロック』

 1970年代、英プログレなどと交流が盛んだった英ジャズ・シーン。
そんな歴史もあり、英ロック・ファンな自分も一時期のめり込みました。
ただし、いかんせんCD化されていないタイトルも多く、
いくつかはとても聴きたいがお高いレコードには手が出せない、と諦めていました。
本作もそんな中の一枚だったのですが、
何故か突然、日本盤で紙ジャケCD化されることに。早速、入手した次第です。
(実際には数年前に輸入盤でCD化されています。)

 ヘンリー・ロウサーはグラハム・コリアーやボブ・ダウンズ、
ニール・アドレイにマイク・ウエストブルックなど、
イギリスを代表するジャズ・ミュージシャン達のグループにことごとく参加していた一流のトランペット奏者。
またキーフ・ハートレイ・バンドにも参加するなど、ブルース・ロック・シーンでも活躍しています。
そんな彼が唯一発表しているアルバムが本作。
lowther.jpg
ジャケ良し!

 アルバム全6曲をヘンリー・ロウサーが作曲。
2管、ピアノ、ベース、ドラムスという構成です。
フリー・ジャズの影響を感じさせるジャズ・ロック作となっており、
イギリスならではのクールな質感を存分に楽しむことが出来ます。
また、ヘンリー・ロウサーはトランペットだけでなく、
ヴァイオリンやフリューゲルホーンも演奏しており、エレピやヴァイオリンによる爽やかな音色が、
のどかな雰囲気を醸し出しているのがポイント。
なるほど、チャイルド・ソング。と納得してしまうこと、請け合いです。

Puppet Song
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスジャズ

藤原秀子/私のブルース

藤原秀子/私のブルース
1970年 日本
『これもアシッド・ジャズなのかな』

 長い間、廃盤状態になっていた藤原秀子のアルバムが遂に再発されました。
ということで、遂に我が家にも到着。
藤原秀子は五つの赤い風船のメンバーで紅一点の、女性ヴォーカリストでした。
彼女のダンディーな(という表現しか浮かばない)歌唱が
五つの赤い風船の強烈な個性に一役買っていたことは間違いありません。
本作はそんな彼女がグループ在籍中の70年に発表したアルバムとなります。

 廃盤だったとは言え、3800円くらいの若干のプレミア価格を出せば手に入った本作。
何故、購入を躊躇していたかと言えば、
タイトルにある『私のブルース』というキーワードから連想される渋い作風への懸念が原因でした。
実際聴いてみると、確かに五つの赤い風船という本体に比べれば、
スタンダードなジャズ・ヴォーカル寄りのスタイルが中心になっているため、
地味な印象は否めませんでした。
しかしながら、昭和レトロな雰囲気も含めて、迫力のある低音ヴォーカルが楽しめるアルバムで満足です。
加えて五つの赤い風船とは異なるドロドロ・サイケな要素が素晴らしい。

 ほとんどの楽曲を自身が担当しており、先述したジャズ・ヴォーカルの方向性が、
彼女のルーツであることが分かります。
アレンジにはジャックスの木田高介と、五つの赤い風船から東祥高が参加。
特にアルバムの半数のトラックに参加している木田高介のアレンジは、
ヴァイヴやオルガンを積極的に取り入れた、フュージョン~サイケ要素が強いもの。
結果、アルバムは真っ当なジャズ・ヴォーカルには終わらない、
アンダーグラウンドな雰囲気を纏った不思議な魅力を放っています。
彼の功績は大。
「ジャックス~溶け出したガラス箱」の流れとも重なる、酩酊感覚が楽しめます。

 今回の再発では7曲のボーナストラックが追加されています。
中でも目玉は「時の流れを」「青い鳥」の2曲。
貴重な未発表曲です。
藤原秀子をメインに据えたライブ音源のようですが、
どちらの曲も五つの赤い風船の延長線上にあるシリアスなフォーク・ソングという趣。
アルバムの流れとは別路線でしたが、この発掘音源はうれしいです。
(今日の動画は見つかりませんでした。)

 ダルダルに疲れ切った夜に聴くと、泥のように眠りにつけそう。
そういうアルバムだと思います。
関連するタグ 日本フォークジャズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。