FC2ブログ

Grady Tate/After the Long Drive Home

Grady Tate/After the Long Drive Home
1970年 アメリカ
『ジャズ・ヴォーカルかソウルか、は置いておいて』
 
 昨年に当たる2017年10月に亡くなられたジャズ・ドラマーにしてヴォーカリストでもあるグラディ・テイト。自分は全く聴いたことが無かった、と思っていたら何故かジャズのGのところから『After the Long Drive Home』の紙ジャケを発見。あれ?いつだ。いつ買ったのだろうか。ともあれ、この機会にじっくり聴いてみよう。
R-2303733-1433202476-7707_jpeg.jpg

 グラディ・テイトは1932年ノースカロライナ州ダーナム生まれ。1963年にニューヨークへと移住。ヴァーヴ・レーベルでのジミー・スミスやウェス・モンゴメリのアルバムなど、多くの作品にドラマーとして参加しました。1960年代後半のジャズは、オルガン・ジャズやフュージョン、ソウル・ジャズなど洗練の時代を迎えていた時代。グラディ・テイトはグルーヴを保つことに集中する職人気質のスタイルで、多くのジャズ・プレイヤーから支持されていたとのこと。特にクインシー・ジョーンズの諸作品での演奏によって彼の名前は知れ渡りました。元々、ジャズ・ドラマーとして活動していた彼ですが、名歌手ペギー・リーのセッションに参加した際、彼女より特に勧められてヴォーカルを録音。これをきっかけとして、ジャズ・ドラマー兼ヴォーカリストとして活動することになります。

 『After the Long Drive Home』はソロ2作目に当たるアルバム。ハロルド・ホィーラーがプロデュース(アレンジと指揮)を担当しています。冒頭、ハロルド・ホィーラーによる牧歌的なオーケストラのテーマが入り、意表を突くスタート。2曲目(タイトル曲)からは、渋く辛口のディープ・ソウルなヴォーカルが炸裂。流麗なエレピ、ストリングスも相まって、王道ソウルにしか聴こえない音楽性。そんな中、軽やかに跳ね、グルーヴするドラムとベースだけは確かにジャズ。ヴァン・マッコイやランディ・ニューマンの楽曲を取り上げており、都会的なソウル・ジャズが楽しめるアルバムです。

After The Long Drive Home
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカジャズソウル

柳田ヒロ/Milk Time

柳田ヒロ/Milk Time
1970年 日本
『ロマン溢れる、日本ロック誕生期のインスト作』

 このアルバムはまずジャケですね。デザインは木村道弘氏が担当。柳田ヒロが本作の前に参加していたフード・ブレインのジャケも担当しており、そちらでは象がモチーフとなっています。やはりセットで揃えたくなる!内容も連続性を感じさせるものとなっています。
41NnLeelljL.jpg

 当時、一流のキーボード・プレイヤーであった柳田ヒロがリーダーとして初めて録音したアルバムです。他のメンバーにはギター水谷公生、ヴァイオリン玉木宏樹、ドラム角田ヒロ、ベース石川恵樹、フルート中谷望という布陣。豪華であります。フード・ブレインと同様にインプロヴィゼーション重視のセッション・ナンバーが続く内容でありますが、メロディー重視の姿勢が伺える点や、ブリティッシュ・プログレからの影響を感じさせる叙情味が特徴。

 初ソロ作ならではということなのか、 フリー・ジャズの影響も強いインプロヴィゼーション祭りナンバーと、ほのぼの曲が混在しており、その落差が激しいのは気になる所。日本のロック誕生期だからこその熱気が感じられるのは確かです。

youtube動画無し。
関連するタグ 日本ロック

Judas Jump/Scorch

Judas Jump/Scorch
1970年 イギリス
『絶妙にビートルズをかすっている』

 70年代にリリースされたブリティッシュ・ロックの作品もあらかたCD化が済んでしまった21世紀の今日この頃。もう重箱の隅をつつくようなマニアック作しか残されていない、という状況の中で、そういったタイトルばかり(いや、王道の名盤も混ざっていますが)を再発してくれるBIG PINK。このレーベルのおかげで、英国ロック・マニアの好奇心は満たされるのであります。

 今回取り上げるのはジューダス・ジャンプ。実は2015年に再発されていたものの(2009年にもブートっぽい再発盤あり)、B級感漂う、金粉まみれなジャケに臆してこれまで手が出ませんでした。
J-Jump.jpg

 まずは小西勝氏の解説に目を通します。若き日のピーター・フランプトンが在籍していたことで知られるザ・ハードの残党メンバー達が組んだグループ、ということは知っていましたが、ここではその主要メンバーであるアンディ・ボウンを始めとする各メンバーの詳細な経歴が載っていました。オーディエンスにも繋がっていたグループだったようです。もちろん本作が唯一のアルバムです。尚、大手であるパーロフォンからリリースされてことで知られています。

 サイケ・ポップ通過後でプログレ勉強中、というサウンドで雑然としていてアンダーグラウンドな内容です。ブロッサム・トゥーズに通じるサイケデリック・ポップ。オルガン、フルート、ブラスを交えたハード・ロックなバンド・アンサンブルで、演奏は素晴らしい。この時期の英国ロックらしい捻くれた曲展開が楽しめます。B級と割り切れば結構イケます。

Rockin' Chair

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

TOMMOROW’S GIFT/ TOMMOROW’S GIFT

TOMORROW’S GIFT/ TOMORROW’S GIFT
1970年 ドイツ
『ジャーマン・ハードの知られざる名作』

 今から15年くらい前のこと。私は70年代ブリティッシュ・ロックの名作は全て聴き終えてしまった、と嘆いていた。実際はまだ聴いたことのないアルバムが沢山あったのだけれども。次はどうしよう、という時にMSIがリリースしてくれたのがジャーマン・ハード・ロックの名作群。その頃、ドイツのセカンド・バトルというレーベルが70年代のドイツ産ハード・ロックを大量に再発してくれており、それをMSIが解説を付けて発売していたのだ。暗くドロドロとしたサイケデリック且つブルージーなジャーマン・ハードの魅力にハマり、それらMSIのカタログは制覇。「もっとだ、もっとジャーマン・ハードをくれ!」という欲求により、今度はMSIがチョイスしなかったセカンド・バトルのカタログにも目を付けることに。当然、残念なアルバムも多かったもののその中でお宝もあった訳です。それがトゥモローズ・ギフト。今日、ご紹介するアルバムです。
tomorrows.jpg

 トゥモローズ・ギフトはオルガン&メロトロン、フルート、女性ヴォーカルを含むドイツのハード・ロック・グループ。2管登場(一部楽曲のみ)して絡み合うフルート、リフを延々と紡いでいく70年代ハードの流れを踏襲したソリッドなギター、ドタバタと暴れるドラム、煙たいオルガン、シリアスな女性ヴォーカルによる白熱のバンド・アンサンブルがかっこいい。3分以下の短い曲と8分以上の長い曲が混在しており、目玉はやはり長尺曲。楽曲というよりも、各パートがせめぎ合うインプロヴィゼーション中心の内容ながら、高いテンションで一気に聴かせます。

 長らく入手困難だった本作ですが、2016年に遂に再度のCD化が実現。ロング・ヘアーよりボートラ追加でリリースされています。おすすめ。ちなみにセカンドもあるのですが、どんな内容だったか覚えていないので・・・お察しください。

Riddle In A Swamp
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ドイツHR/HMプログレ

ACCOLADE/ACCOLADE

ACCOLADE/ACCOLADE
1970年 イギリス
『幽玄な英ビートの如し』

 英国を代表する叙情派フォーク系のギタリスト、ゴードン・ギルトラップ。ちょっとネットで調べてみましたが、どうやら日本での知名度は低いようです。バート・ヤンシュに影響を受けて70年代に活躍したゴードン・ギルトラップのギターは、繊細にして華麗。ちょうどいい塩梅で入るストリングス・アレンジの素晴らしさと合わせて、そのクラシカルなギターは独自の存在感を放っています。

 そんなゴードン・ギルトラップの初期仕事の一つが、このアコレード。いつかCD化した暁には、と思っていたらビッグピンクより再発されました。ありがたい。
ACCOLADE.jpg

 ロンドンのストリート・バスカー(大道芸人)、ドン・パートリッジとゴードン・ギルトラップが中心となって結成されたフォーク・グループです。一足早くCD化されていたセカンド(以前購入したのですが、現在は売却済み)ではゴードン・ギルトラップは脱退していたため、二人が組んでいるのを楽しめるのは本作のみ。

 フルート奏者が在籍しており、ゴードン・ギルトラップのアコギとの絡みが絶妙。英ビートのグループがやりそうなポップ・ソングを泥臭く、ミステリアスに演奏しています。ハッタリをかますヴォーカルの立ち振る舞いも楽しく、イギリスらしいフォーク・ポップが楽しめるアルバム。

「Nature Boy」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスフォークポップス