Lowell Fulson/Reconsider Baby: The Complete Checker Singles 1954-1962

Lowell Fulson/Reconsider Baby: The Complete Checker Singles 1954-1962
1950年代 アメリカ
『違いが分からない男のブルース・レビュー25』

 2016年6月以来のブルース記事、ついに復活。本日はロウエル・フルソンを取り上げます。

●経歴
 1921年、オクラホマ州タルサ生まれ。10代の頃からタップ・ダンサーとして活動しており、音楽に理解のある家庭で育ったとのこと。尚、この頃にはテキサス・ブルース・スタイルのバンドに参加していました。成人した1940年代にカルフォルニアへ移住。これを機にブルース・シンガーとしての活動を開始します。彼は時代毎に音楽性を変えています。まず初期(45年~50年頃)は地元カルフォルニア周辺のレーベル(複数)での伝統的なテキサス・ブルース。続いて中期(50年~64年)にはチェッカー・レーベルに移籍。ピアノ、サックスを加えたバンドを結成し、スロー・テンポのブルースを指向しています。ここでは自身のルーツであるゴスペルの要素が加わっているのも特徴。同じく中期の後編としてメジャー・レーベル、ケントに移籍していた時代があります。(64年~)ロックンロール誕生期にあたる、この時期ではビートを強調したブルース・ナンバーでヒットを生んでいます。以後も地道な活動を続けており、1980年には来日公演も実現しています。1999年にカリフォルニア州ロングビーチにてなくなったとのこと。戦後モダン・ブルースの歴史を作った一人です。尚、B.B.キングに影響を与えたブルースマンとしても知られており、B.B.キングは「眠れる巨人」と称していたそうです。

lowellfulson.jpg
50年代のロウエル・フルソンと言えば、この写真で決まりだ!笑顔が決まっています。

●チェッカー・レーベルでのロウエル・フルソン
先に書いたように、この頃の彼は弾き語りからピアノ、サックスを加えたバンドへと表現方法を変えています。ピアノはロイド・グレン、アルト・サックスはアール・ブラウンが担当。ソウル、ゴスペルの要素も多く含んだスロー・ブルースが中心です。歌、ギター共に派手さはありません。バンドとしてのサウンドを重視しており、あまり前に出ないのも特徴。ただし、生活感の滲み出る泥臭くもソウルフルな歌唱、ロープ・ギターと自称するザクザクとうねるギター、ともにインパクト十分。ここぞという時の存在感は十分です。曲は技巧で聴かせるというよりはムードを重視しており、ポップなものが多い印象。ゴージャスな雰囲気満点のねっとりとしたサックスと、穏やかに跳ねるピアノも、素晴らしい。

Reconsider Baby
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカブルース違いが分からない男のブルース・レビュー

BARTOK:CONCERTO FOR ORCHESTRA & MUISC FOR STRINGS,PARCUSSION AND CELESTA etc./FRITZ REINER:CHICAGO SYMPHONY ORCHESTRA

BARTOK:CONCERTO FOR ORCHESTRA & MUISC FOR STRINGS,PARCUSSION AND CELESTA etc./FRITZ REINER:CHICAGO SYMPHONY ORCHESTRA
1955&1958年 アメリカ
『失った故郷を思う曲』
 久しぶりのクラシックCDレビュー。今日はバルトークを学ぼうと思います。以下、解説などを参考に書いたものです。

●バルトーク・ベーラについて
1881年生まれ。ハンガリーで育った彼ですが、1940年にアメリカへ亡命しています。そのきっかけは1931年のこと。イタリアの指揮者、トスカニーニはボローニャでファシスト党賛歌の演奏を拒否して、暴徒から殴打される事件が起こりました。トスカニーニはこれにより国外追放。トスカニーニに触発されたバルトークは、ドイツでの演奏を拒否するなど反ナチスの思想を行動で示しました。結果としてヨーロッパでは生きづらくなり、身の安全も確保できなくなった彼は母の死を機としてアメリカへ亡命したのでありました。亡命先のアメリカでは音楽活動が思うようにいかず、ライフワークであった民族音楽の研究により没頭するように。しかし同じベルギー出身の指揮者フリッツ・ライナーが支援したことにより復活。1944年には民族音楽の研究をクラシックへと転化させた「管弦楽のための協奏曲」という傑作を生みだしたのでした。バルトークはその翌年、1945年に亡くなっています。ナチズムに勇気をもって抵抗した結果、自身の故郷を追われ、作曲家としての評価も失ってしまったバルトークですが、最後に作曲家として活躍することが出来て良かった。

●アルバムについて
先述したハンガリーのライナーが指揮したアルバム。彼は指揮棒を最小限の動きで細かく振るベスト・ポケット・ビート〈チョッキのポケット式のビート〉というスタイルで知られています。抑揚のメリハリ、爆発力が特徴。録音当時となる1950年代半ばは、彼にとって世界的な名声を得ていた全盛期。バルトークの名演として知られるアルバムです。
71E3BJEfG3L__SL1500_.jpg

管弦楽のための協奏曲
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカクラシック

ニカの夢について。

 okmusic掲載「ミュージック・ソムリエが選ぶ、こんな時に聴きたい曲」。
今週のテーマは『願い事をする時に、聴くとご利益がありそうな曲』でした。
わたしはウェス・モンゴメリーの「Nica’s Dream」を選曲。
元記事はこちら
 ここでは字数の関係で載せられなかった補足情報などをまとめておきたいと思います。
以下、記事を読んだうえでご覧ください。
楽しい音楽生活の一助となれば。
pannonica-21.jpg


1 「Nica’s Dream」について。

 本文でも書いた通り、ホレス・シルバーが作曲しており、
オリジナルはアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズによるもの。
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカジャズ

Barbecue Bob/ Rough Guide to Barbecue Bob

Barbecue Bob/ Rough Guide to Barbecue Bob
1920年代 アメリカ
『違いが分からない男のブルース・レビュー21』 

 かなりブランクを空けてしまいましたが、久しぶりのブルース・レビューをお楽しみいただければと思います。

 1920年代、アトランタのブルースをブラインド・ウィリー・マクテルと共に支えていた人物。
それが本日の主役、バーベキュー・ボブです。
バーベキュー・ボブは気ままに放浪暮らしを続けた自由人で、
自動車の修理工やシェフといった仕事に付きながら、お客さんの前で歌う、という生き方をしていたそうです。
12弦ギターはテキサスを訪れた際、レッド・ベリーより教えを受けたことによる影響とのこと。

 バーベキュー・ボブはアトランタのブルース・シーンを物色していたコロンビアによって発見され、
1920年代後半に60曲ほどの録音を残したそうです。
そして1930年、最後のレコーディングの数か月後に死去。まだ29歳という若さでした。
fc2blog_201507090138513ba.jpg

 師匠にあたるレッド・ベリーと比べると、バーベキュー・ボブには毒がありません。
より愛敬を振りまいた親しみやすいラグタイム・ナンバーを得意としています。
振り絞るような豪快な歌声と、ボトルネックを用いたスライド奏法が彼の個性。
戦前ブルースの並み居る技巧派ギタリストたちに飲まれて、
あまり語られることのないブルースマンですが、
ブルースに軽やかなポップさを持ち込んだ彼の功績は大きいです。

 ちなみに彼の代表作として、
エリック・クラプトンがカバーした「マザーレス・チャイル・ブルース」という曲があります。
クラプトンがカバーして、何度目かの再発見のきっかけになったということですね。

 本作はバーベキュー・ボブがコロンビアに残した楽曲群から選りすぐったベスト盤です。

Spider and the Fly
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカ違いが分からない男のブルース・レビューブルース

The Six/The Six

The Six/The Six
1955年 アメリカ
『6人組だからシックス』

 ウルトラヴァイヴからリリースされているベツレヘム復刻シリーズの1枚。
何も知らなければソフト・マシーンのアルバムと勘違いしてしまいそう。
毎度ながらベツレヘムのジャケは、ノスタルジックな色使いがたまりません。
6人組だからシックス。
six.jpg


 以下、ライナーから抜粋したプロフィール。
1954年にボストンで結成されたグループ。
サックス奏者ボブ・ウィルバーの発案による
「ディキシーランド・ジャズとモダン・ジャズの融合」をテーマとして掲げていました。
先にベツレヘムでレコードとして発売されたルビー・ブラフ『ホリディ・イン・ブラフ』に於いて、
彼はアレンジを担当。
その手腕を認められてグループはベツレヘムに移籍。
本作がセカンド・アルバムになるとのこと。

パーソナルは以下。
ジョニー・グレイセル(tp)
ソニー・トゥルーイット(tb)
ボブ・ウィルバー(cl,ss)
ボブ・ハマー(p)
ビル・ブリット(b)
エディー・ファイフェ(ds)

相変わらずベツレヘムの演奏者はマイナーで自分には馴染みが無いのですが、
ライナーによると、トゥルーイットはマイルスのアルバムへの参加経験があり、
ハマーはチャールズ・ミンガスのバンドに短期間在籍していたそうです。

 アルバムの内容ですが、ディキシーランド・ジャズを土台にしているだけに、
活気のある朗らかな演奏が印象的。
管楽隊とピアノの絡みは爽やかで洗練されています。
即興演奏部分にはモダン・ジャズの流儀が生かされており、融合というテーマにも納得がいきます。
幼少からディキシーランド・ジャズに親しみ、
モダン・ジャズを研究したというボブ・ウィルバーならではの、ほのぼのとした味わい。
刺激はありませんが、小休止に流れるジャズとしては上々のアルバムだと思います。

"SWING THAT MUSIC": BOB WILBER at BIRDLAND (September 1, 2010)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカジャズ