FC2ブログ

Joe Cocker/Live At Woodstock

Joe Cocker/Live At Woodstock
1969年録音(2007年発表) イギリス
『ロック史上屈指のライブ盤』

 最近、有名なウッドストックのドキュメント映画をDVDで購入。3回目くらいだろうか、もう一度鑑賞し直しました。今までよりも早送りしていないことで、自分も年齢を重ねて幅広い音楽を楽しめるようになったな、という感慨があり。そんな中、一際目を惹いたのがジョー・コッカー&グリース・バンドのパフォーマンス。あの長編ドキュメントをぼやーっと眺めていた僕をシャキッとさせたのですから、会場ではもっと凄かったのでしょう。もしかして、と検索したらこのライブ盤が発売されていることを知りました。ロック・ファンには有名な発掘音源みたいです。
51qyt_7R3QL__SY355_.jpg

 ウッドストックの記録音源、映像では1曲「With A Little Help From My Friends」(ビートルズのカバー)だけしか聴くことが出来ませんでしたが、こちらでは全11曲を通して聴くことが出来ます。もっともジョー・コッカーが登場する前にグリース・バンドのみで演奏していた部分があり、それはカットされているとのこと。

 収録曲内訳は、まずジョー・コッカーのオリジナルが2曲(「Something’s Coming On」「Something To Say」)。残りはカバーでボブ・ディラン3曲(「Dear Landlord」「Just Like A Woman」「I Shall Be Released」)、ソウル・シーンのソングライター・チームASHFORD、SIMPSON & ARMSTEADによるレイ・チャールズ楽曲2曲(「Let’s Go Get Stoned」「I Don’t Need No Doctor」)、ハニー・バス「Do I Still Figure In Your Life」、トラフィック「Feelin’ Alright」、ホセ・フェリシアーノの持ち歌「Hitchcock Railway」、ビートルズ「With A Little Help From My Friends」という構成。

 「Do I Still Figure In Your Life」をこの時点で選曲しているのは凄い。

 ここが見せ場と冒頭から声を絞り出すじょー・コッカー、荒々しく泥臭い演奏で熱狂を生み出すグリース・バンドの組み合わせは、スタジオ盤とは比べ物にならない素晴らしさ。倦怠感が漂うジミ・ヘンのウッドストックも素晴らしいが、やはりクライマックスはここでしょう。
Joe Cocker - I don't need no doctor (Live at Woodstock 1969)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスブルースSSW

MANFRED MANN/RADIO DAYS VOL 2 THE MIKE D’ABO ERA LIVE AT THE BBC 66-69

MANFRED MANN/RADIO DAYS VOL 2 THE MIKE D’ABO ERA LIVE AT THE BBC 66-69
1960年代 イギリス
『マイク・ダボの未発表曲もあり』

 マンフレッド・マンのキャリアを年代毎にまとめたBBC発掘音源シリーズの一つ。他に初期モッズ時代、チャプタースリー時代、アースバンド時代でそれぞれリリースされています。直輸入盤仕様ながら日本語の解説付きでリリースしてくれています。各楽曲の詳細なクレジットが記されており、よりアルバムが楽しめるので、ユニオンから出ている直輸入盤帯ライナー仕様が推奨です。ありがとう!

 2枚組3500円税別という金額は妥当ながら、さすがにまとめ買いは出来なかったので、まずは作曲陣が充実していたマイク・ダボ在籍期のアルバムをチョイスしました。
1007877672.jpg

 オリジナル・アルバムには未収録のカバーや未発表曲が多く、収録されており、聴き応えのある内容。ハイライトとしてはまず「Handbags And Gladrags」のマンフレッド・マン・ヴァージョン。ソロの音源よりも泥臭いところがポイントです。更にマイク・ダボの未発表曲として1曲だけですが「Sentimental Sunday」を収録。後のソロ作に通じるメロウなピアノ・バラードです。ピアノ弾き語り楽曲なのでバンドの音源というよりは完全にソロ音源ですが、これは必聴の素晴らしさ。他、マイク・ダボ楽曲のマンフレッド・マン名義録音がいくつかあり。また、もう一人のメイン作曲担当であるマイク・ハグの未発表曲は「So Long」「Clair」と2曲収録。アンニュイなサイケデリック・ポップ「Clair」は名曲と紹介されていますが、確かに素晴らしい出来栄え。

BBCものにありがちな「DJうるさい問題」はあるものの(インタビューもあり)、ファンの好奇心を大いに満足させてくれるアルバムです。

Manfred Mann - Handbags And Gladrags (with Mike d` Abo)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

J.S.バッハ 管弦楽組曲第2・3番 ブランデンブルク協奏曲第5番 リヒター指揮 ミュンヘン・バッハ管弦楽団

J.S.バッハ 管弦楽組曲第2・3番 ブランデンブルク協奏曲第5番
リヒター指揮 ミュンヘン・バッハ管弦楽団
1960年代 ドイツ
『バッハはおめでたい』

 バッハの管弦楽組曲を聴こう、ということで名演と名高い本作を選択しました。素晴らしい内容が保証されているのにも関わらず、1000円という低価格がうれしい。
UCCG-5031_xXj_extralarge_jpg.png

 通常、作曲家や指揮者についての紹介記事を交えますが、今回はバッハ、リヒター共にお馴染みの大物と言えるので省略致します。管弦楽組曲第2・3番の感想について書いていきたいと思います。

●管弦楽組曲第2番
全7曲の構成。フルートのソロパート、及びチェンバロの導入が特色とのこと。弦楽合奏による壮麗なメロディーと、フルート独奏によるほのぼのとした優しいメロディーの対比が鮮やかです。華やかさと軽やかさが同居するスタイルはバッハの王道と言えるものでしょう。結婚式の待合室にいるかのような錯覚に陥る、エレガントさ。年末の大掃除の際には、この曲をBGMにしようか。

●管弦楽組曲第3番
 ピアノ・アレンジで生まれ変わった「G線上のアリア」の原型である第2曲「エア」を含んでいる有名組曲。トランペット3菅、ティンパニなど、第2番と比べると分厚いオーケストラが楽しめます。正直に言うと、第2番を聴き終えた後、第3番の序曲でドカンと派手にやられた時には、「俺は今お腹いっぱいだ!」と胃もたれを実感していました。バッハの序曲は派手さが命だから、仕方ありません。それを救ったのはやはり第2曲「エア」の美しい弦楽合奏の調べ。先ほどは、本作を年末の大掃除のBGMに、などと申しましたが、この曲が流れて来た時には中断して、冷蔵庫から羊羹を出して来るビジョンが浮かびました。この曲以降は、軽やかな楽曲が最終の5曲目まで続きます。

管弦楽組曲第2番 リヒター指揮 1961年
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ドイツクラシック

ピエール・モントゥー指揮/ フランク:交響曲二短調&ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ

ピエール・モントゥー指揮/ フランク:交響曲二短調&ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ
1959年&1961年録音 フランス
『フランス音楽の父はベルギー育ち』

1.セザール・フランクについて
1822年生まれ。ベルギー出身の作曲家、オルガン奏者。ピアノの名手であった父に教えを受け、やがて1837年パリ音楽院へ留学。音楽院は中退に終わるが、ピアニスト兼音楽教師として生計を立てる。1858年には聖クロチルド教会のオルガン奏者となり、後進の指導(ドビュッシーなど)に当たった。フランクはベルギー出身であった為、フランス音楽史のルーツとは異なるドイツ・ロマン派(バッハなど)からの影響を受けた音楽を生み出していた。その為、彼の音楽は死後まで評価されることが無かった。
 フランスへの憧れを持って移住したものの、ルーツの違いから差別され馴染むことが出来なかったフランク。晩年にはフランス人へ帰化(留学時にも帰化手続きをしたが成人までの時限付きのものだった)したとのこと。
27179-1_original.jpg

2.交響曲ニ短調について
 フランクの唯一の交響曲。晩年に当たる教会オルガン奏者時代に書いたもの。パリ音楽院の教授になっていた彼は、病気の為、音楽家を引退し療養していた弟子にこの曲を捧げた。3楽章から成っており、3つの主題が幾度も繰り返し登場する循環形式と呼ばれる構造を持っている。わずかな転調を次々に行うことによって、盛り上がっていくところがポイント。

3.本作について
 1907年にデビューしたフランス指揮者モントゥーの晩年(1964年没)の演奏。重厚なこの曲を、強弱のメリハリを付けて指揮しています。微妙な変化をしつつ繰り返されるフレーズにより、クライマックスまで登りつめていく構成を存分に楽しむことが出来ました。

※同時に収録されているストラヴィンスキー:ペトルーシュカについては、割愛します。

147103__440_440_0.jpg
SICC-1862 定価1000+税 安い! 2015年発売ですがまだ在庫あるようです。



Franck - Symphony in d minor - Chicago / Monteux
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ フランスクラシック

Attila Zoller/ The Horizond Behyond

Attila Zoller/ The Horizond Behyond
1965年 ハンガリー
『初期フリージャズの名盤』
R-3156575-1453042596-8501_jpeg.jpg

 ハンガリーを代表するギタリスト、アッティラ・ゾラーによる初のリーダー作。
ATTILA ZOLLER(g)
DON FRIEDMAN(p)
BARRE PHILLIPS(b)
DANIEL HUMAIR(ds)
ドラムの方のみ、知らないのですが、なかなかの豪華メンバー。ジャズとは思えないサイケ度の高いジャケなのですが、内容は硬派。1965年のヨーロッパ・ジャズとしては、かなり進んだフリー度の高いジャズをやっています。速弾きの応酬はもちろんのこと、静寂パートと熱いインプロヴィゼーションの切り替わりが素晴らしい。フレーズのアクは強いものの、メロディアスな部分も残っており、生粋のフリー・ジャズよりは幾分聴きやすいです。

Attila Zoller - The Horizon Beyond (1965)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ハンガリージャズ