FC2ブログ

Natsu Summer/Hello, future day

Natsu Summer/Hello, future day
2017年 日本
シティポップ・レゲエには無限の可能性が!?』

 Natsu Summerのファースト・アルバム。デビュー作であるEPの時と同様、リリース時に紹介できず、真冬でのレビューとなってしまいました。ごめんなさい。

 シティポップ・レゲエというジャンルを掲げて、クニモンド瀧口のプロデュースの元、活動しているシンガーです。
T2zYD0_a_400x400.jpg

 前作まではシティポップ・レゲエという括りの中でバリエーションに挑戦していたと思うのですが、本作ではエレクトロ要素を上げて純然たるシティ・ポップな楽曲が多くなっています。夏らしい爽やかさに溢れた楽曲群は素晴らしい出来。さすがクニモンド瀧口のお仕事、夏らしさ満点で洗練されたキーボード捌きにはワクワクさせられます。爽やかでキラキラしたNatsu Summerのヴォーカルも健在。レゲエ・ナンバーでなくなったことで、シティ・ポップ・ファンど真ん中の魅力的なアルバムに仕上がっています。

 ただ何かが引っ掛かる。これが3枚目、4枚目辺りならば、諸手を挙げて絶賛するところなのですが、ファースト・アルバムです。シティポップ・レゲエの看板はまだ強調すべき時期だったと思うのです。クニモンド氏のプロデューサーとしての活躍は目覚ましいので、弊害として彼のプロデューサーの色で染まった作品がいくつかあると個性が埋没してしまいます。ズバリ一十三十一にかなり近いサウンドになってしまったような・・・・・・。例えばレゲエの古典をシティポップ・レゲエのスタイルでカバーするとか、どうでしょうか。

 最後に一所懸命フォローするわけではありませんが音楽は素晴らしい。吹雪にも負けないキラキラ感。Natsu Summerという名前のイメージにはピッタリのアルバムに仕上がっています。

ナツ・サマー/恋のタイミング
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップス

Gasoline Stars/Good Looks, Bad Behaviour

Gasoline Stars/Good Looks, Bad Behaviour
2014年 スウェーデン
『落ち着かないポップ・ロックンロールが満載』

 スウェーデン、ヨーテボリ出身のグラム・ハード・ロック・グループ、ガソリン・スターズのファースト・アルバム。これは自分のCD棚から出したものなのですが、いつのタイミング、切っ掛けで買ったのか、さっぱり思い出せないです。

 ヨーテボリ地方のヴェストラ・イェータランド県。スウェーデンで2番目に人口が多いという都会で活動しているグループ。2012年から活動を開始し、当初はギタリストが居たものの脱退。更にドラムが交代するなど、メンバーは未だ流動的な模様。現在はギターレス(!)の3人編成ですが、本作はメンバー・チェンジが起こる前に録音された4人編成時代のものです。
71eOjcIx22L__SX355_.jpg
ジャケからして懐かしい雰囲気を醸し出しています。

 北欧ロックンロール・ムーヴメントの中心地、スウェーデンから新しい世代のグループが登場。メロディアスなグループが多いお
国柄だとしても、度を過ぎている感がありロックンロールの野蛮さを凌駕するポップさが特徴です。能天気なコーラス・パートや80年代を彷彿とさせる高音のギター・ソロ、畳みかけるヴォーカル・メロディーなど、落ち着かないポップ・ロックンロールが満載。曲を聴き進めるうちにキラキラした魅力にハマっていきました。

 ネット上では音信不通状態となっており、今後のことは不透明な状況ですがハノイ・ロックスなどが好きな方にはお勧めのアルバムです。

Gasoline Stars - Hit It Like You Mean It (Lyric Video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM

Maxayn/Reloaded: Complete Recordings 1972-1974

Maxayn/Reloaded: Complete Recordings 1972-1974
2017年(1972年~1974年録音)アメリカ
『スライっぽさ満載の熱いソウルが楽しめる』

 昨年再発された、アメリカのソウル・グループ、マクサンのアルバム集。カプリコーン・レーベルからリリースされた3枚のアルバムが収録されています。
5013929086432.jpg

 表題の通り、1972年から1974年に掛けて活動していた4人組。キーボード奏者兼プロデューサーとして、フランク・ザッパやザ・フー、グラント・グリーンなどとジャンルを超えて交流、活躍していたアンドレ・ルイスが中心となり、結成。フロントに据えた女性ヴォーカル、マクサンは彼の妻です。

 力強いシャウトが印象的なマクサンがバンドを牽引。小刻みに打ち付けるリズム・セクションと、キンキンと跳ねるキーボードによる、熱っぽいバンド演奏は、マクサンのヴォーカル・スタイルと相まってスライの影がチラつく印象。オリジナル曲の他、カバーもいくつか収録されており中でもストーンズ・ナンバーは面白かったです。ゴスペル要素を強めて静と動の対比をくっきりさせた「You Can't Always Get What You Want」、モッサリとした重量感を強調した「Gimme Shelter」どちらも聴き応え十分。
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウル

Samantha Leon/Samantha Leon

Samantha Leon/Samantha Leon
2017年 アメリカ
『今更紹介したい2017年度のEP』

 ニューヨークの新人SSW、サマンサ・レオンのデビューEPをご紹介。

 まだ情SAMANTHALEON_COVER.jpg
報が少ないのですが、ニューヨーク生まれ、ニューヨーク育ちとのこと。Amos Lee, Fleetwood Mac, Sarah McLachlan, Alanis Morissette, Corinne Bailey Rae, Mariah Carey, and Adeleといった音楽を聴いて来たそうです。このデビューEPを発表して以降、アメリカをツアー中です。

 フォーキーなアコースティック・ソウルをやっています。自由奔放な節回しと、爽やかで深みのある歌声。伸び伸びとしたファルセット・ヴォーカル。初期のリンダ・ルイスを彷彿とさせる瑞々しい魅力があります。乾いた打音で弾むパーカッション、細やかな指使いのアコースティック・ギターを始め、演奏陣も充実。

 楽曲、パフォーマンス共に高水準でデビューEPとは思えない内容なのですが、日本はもちろん、本国アメリカでもノーマークの模様。今、聴くべき新人です。EPですが7曲入っています。

Samantha Leon - Bright Yellow Shoes (Official Music Video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSWソウル

Jacqueline Govaert/Lighthearted Years

Jacqueline Govaert/Lighthearted Years
2017年 オランダ
『ロック度の高さからバンド時代の名残を感じさせる』

 2000年代に活躍したロック・バンド、ケルシプのリーダー、ジャクリーン・ゴバートのサード・アルバム。

 1982年生まれ、36歳。カーツスフーフェル出身。幼少の頃からピアノを嗜み、12歳で作曲を始めたとのこと。高校時代より、ケルシプとして活動を開始。ケルシプは2009年に解散するまで、6枚のアルバムをリリースするなど、人気グループとなりました。バンドではヴォーカル兼ピアノを担当、中心人物として活躍しました。2009年のバンド解散を期に、自作自演歌手として再スタートをすることになります。
71ZcPYl0A4L__SY355_.jpg

 ピアノ弾き語りを中心としてリズム隊、オーケストラを加えた重厚な編成。オランダのミュージシャンらしく、はっきりとしたメロディーが特徴です。多彩なキーボードによる透明感、華麗なオーケストラ・アレンジがサウンドを彩っています。ハキハキとして活力漲る歌声はさすがロック・ヴォーカリストと感じさせるもの。ピアノ弾き語りというイメージとは裏腹なパワフルな内容が新鮮でした。

Lighthearted Years
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ オランダポップス