ビンジョウバカネ/ビンジョウバカネ

ビンジョウバカネ/ビンジョウバカネ
2003年 日本
『素人くささも味わい』

 変拍子が大好きなポップ・グループ、ビンジョウバカネが残したファースト・アルバムをご紹介。グループについてはセカンドでのレビューもご参照ください。
81aJo8heIIL__SX355_.jpg

8曲目にドアーズ「Light My Fire」のカバーがあり、それ以外はオリジナルで構成されています。永野亮、中川久史、森ゆに、の3人全員でヴォーカル、ギター、パーカッション、コーラスを分け合っているアットホームなフォーク・アンサンブルが楽しめる編成。

 彼らは3人で楽曲を持ち寄っているという認識でしたが、このファーストでは永野亮と中川久史の楽曲だけで構成されています。後にAPOGEEやソロでも活躍する永野亮はともかく、ビンジョウバカネ解散後、音楽界から消息を絶ってしまった中川久史という方の印象は薄かったです。ただファーストでの楽曲を聴く限り、ビートルズからの影響が強い、ファンタジックなポップ・ナンバーを書いており、これは永野亮へのソロ作の作風とも重なっています。恐らく影響を与えたのでしょう。これだけの素晴らしい曲を書くことが出来るのですから、いつか復活して頂きたいものです。

 ハーモニーが飛び交い、変拍子を多用するポップス、フォーク・ナンバーが並んでおり、のどかな山間の田舎町のような風情のアルバム。素人くささをビシバシと感じさせてくれるのも味わい。
関連するタグ 日本ポップスフォーク

杉野清隆/メロウ

杉野清隆/メロウ
2008年 日本
『これがメロウか』

 メロウ、と言われると叙情や哀愁、穏やかな音楽を連想してしまうのですが、本来は豊潤な、甘美な、という意味の形容詞なのですね。先のイメージはメロウな夕焼けが似合う音楽、というところから連想されたものなのでしょう。とにかく分かりやすいタイトルです。
61x_AXjm4AL__SY355_.jpg

 金沢を拠点に活動している杉野清隆によるセカンド・ミニ・アルバム。メロウというイメージそのままのメロディーは、ルーツにカントリーを持っているのが特徴。大サビのCメロまでドラマティックに盛り上げる凝った作曲が素晴らしい。そしてギターは、一音を伸ばして揺らす。更にダンディな歌声。たまに無償に聴きたくなるアルバムです。

馬/杉野清隆 in メロメロポッチ
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本SSWフォーク

ビンジョウバカネ/Afters

ビンジョウバカネ/Afters
2005年 日本
『名曲をポコポコに』

 後にAPOGEEなどで活躍する永野亮とソロのSSWとして活動している森ゆにが在籍していたことで知られるグループ、ビンジョウバカネ。ミニアルバム2枚のみで解散してしまった彼ら。本作は2枚目のミニアルバムです。

 ビンジョウバカネは作曲とヴォーカルを分け合うスタイルを特徴としているトリオ編成のグループでした。アコギやピアノなどアコースティック重視のバンド・アンサンブル、そして凝ったコーラス・ワークと変拍子。この辺りが彼らならではの特徴でしょう。ヘンテコでポップな曲を書いてやろう、という気概を感じました。
7186vT61JdL__SY355_.jpg

 このアルバムは5曲がカバー、3曲がオリジナルという構成。アコギでオルタナっぽい感じの「イパネマの娘」、アコギでネオアコ調「Anarchy In The UK」と「Lithium」など、カバー曲は原曲よりもかなりリラックスした感じに仕上げられています。森ゆにのヴォーカルはソロ転向後の方がうまいかな、とは感じますが爽やかで素晴らしい。ポコポコとした演奏もいい雰囲気です。オリジナル曲は3人それぞれが持ち寄っています。後の世界観が完成している森ゆに、永野亮の曲も良いが、ここでは中川氏のカントリーバラード「悲しき原風景」が新鮮でした。

動画がありませんでした。
関連するタグ 日本ポップス

She’s Pippi/ She’s Pippi

She’s Pippi/ She’s Pippi
2003年 日本
『切っ掛けが思い出せない』
 もう10年以上前にミディ・クリエイティヴからリリースされていたJPOPのCD。
これを何故欲しいと思っていたのか。
確か、好きなミュージシャンが彼女達の音源をカバーしていたのを聴いて、メモしていたのだと思う。
そしてウォント・リストに残ること、1年以上。
今、そのきっかけとなるカバーがどんなものだったのか、
思い出せないまま縁あってCDは手に入った。
うーん、誰がカバーしたのだっけ。
51+vU6gwY6L__SL500_SX355_.jpg

 発売当時の宣伝文によると、京都出身のサイケデリック・トイ・ポップ・バンドとのこと。
4人編成。
1998年に結成され、本作を残して活動を休止している模様。
全15曲の中にはオリジナルの他、シド・バレットとトッド・ラングレンのカバーが含まれています。
トッド・ラングレンの有名曲「I Saw The Light」はともかく、
シド・バレットはなかなかカバーするバンドが現れないので新鮮。

 聴いてみての感想。
ピッピというポップな名前に油断していました。
シド・バレットをカバーするのも納得のドロドロなサイケ・ポップをやっています。
掻き鳴らすギターはシタールっぽい。
ポコポコのパーカッションを始めとするずっしりと響くリズム隊、
呪術的なムードを高めるシンセサイザーも加わり、雰囲気満点。
クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウンを彷彿とさせる、
熱気ムンムンのサイケデリック・サウンドがある一方で、
浮遊するホワホワしたヴォーカルの脱力した魅力を前面に出したビートリッシュなポップ・ナンバーもあり。
バラエティに富んだ楽曲群で飽きずに一気に聴けました。

 2曲のカバーはともに日本語詞が付けられており、完成度が高いです。
シド・バレットの「Late Night」はオリジナルに比べると、
随分レゲエチックでのどかになっていますが、これはこれでドリーミー。

 60年代サイケポップと比べるとブッ飛んだ感性という点が見当たりません。
しかしながら2000年代の邦楽というフィルターを通したマイルドなサイケデリック・ポップ、
これも素晴らしい味わいでありました。
切っ掛けが思い出せないのが心残りですが、出会いに感謝。

I Saw The Light / She's Pippi
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ロック

The Hellacopters/ Rock & Roll Is Dead

The Hellacopters/ Rock & Roll Is Dead
2005年 スウェーデン
『地味であることを肯定』

 以前、取り上げたヘラコプターズのアルバムを再び。
本作は6枚目のフル・アルバムで「Head Off」の前、つまりラストひとつ前に当たる作品です。
実はこのアルバム、当時はあまり馴染まず、一度手放しており最近再び入手した次第。
ラスト・アルバムがカバーだったので、
本作はオリジナル曲が聴ける最後のアルバムということになります。

 タイトルにもあるように「絶命種のロックンロールの勃興」をテーマとしており、
初期のパンキッシュな疾走感などは抑えられています。
またレイナード・スキナードなどを彷彿とさせる
アメリカ南部のスワンプ・テイストも加わっているのがポイントで、
全体から漂うレイドバック感が印象的。
特にゴスペルチックな女性コーラスをフューチューしたミドル・ナンバーなどに、
その傾向は顕著。

 アンサンブルはベテランのロック・バンドらしく骨太なもの。
初期の頃の粗いパフォーマンスはどこへやら、タイトで引き締まった演奏が素晴らしい。
従来は激しいアタックのキーボードが特徴でしたが、
本作では多くの曲で抑えられておりブルージーなギターが演奏を主導しています。

 リアルタイムで彼らの音楽を聴いていた当時は、
どんどん枯れていく音楽性と本作のタイトルとで、「年寄り臭くなってしまったな。」
という気持ちを抱いてしまったわけですが、改めて聴いてみると、
この年寄り臭さが心地よくなっていました。
ただし、ロックンロールというテーマのためか、
手癖のままに「ヘラコプターズならではのよくあるフレーズと展開」
が使いまわされているという欠点は改めて実感。

 初回盤にはDVDが付いています。
ライブDVDではなく、ツアー・ドキュメンタリー及び録音風景という内容。
ライブ・パフォーマンスの爆発力に定評がある彼らなのですが、
演奏される姿は断片的に挿入されるだけ。
これはちょっと歯がゆい特典でしょう。
個人的には所有しているブートのライブビデオが伸びてしまっているので、
きちんとしたライブDVDをオフィシャルでリリースしてほしいと思っています。

「Everything's On T.V.」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HMヘラコプターズ