FC2ブログ

Gallery/The Wind That Shakes The Barley

Gallery/The Wind That Shakes The Barley
1973年 イギリス
『麦畑など久しく見ていない』

 男女ヴォーカルを擁し、ダルシマー、フィドル、マンドリン、ギターなどのメンバーで構成された英トラッド・グループの唯一作。オリジナルはフォーク系マイナー・レーベルのミダスよりリリースされており、レア盤として人気が高いです。2002年にはジャケをルネッサンス風のものと差し替えてCD(KISSING SPELL)が再発。2014年にオリジナルのジャケで再びCD(GUERSSEN)が復刻されています。ただし、双方ともオフィシャルな再発では無いのが残念なところ。
cover_3108252014_r.jpg

 麦の穂をゆらす風、というタイトル通り穏やかなトラッド・ナンバーが並んでいます。フォーク・ロック・ムーヴメント真っただ中でリリースされており、確かな技量を持つメンバー達による、緊迫感のある演奏が楽しめる内容。暗く寂しげな雰囲気が全体を包んでいるのも英フォークならではの魅力です。「Dowie Dens Of Yarrow」「The Baron Of Brackley」「Let No Man Steal Your Thyme」など英トラッド好きにはお馴染みのナンバーを多く収録しているところもポイント。

Queen of He

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスフォーク

「GLENCOE/The Spirit of GLENCOE」

『地味目な英パブロック作』
「GLENCOE/The Spirit of GLENCOE」1973年 イギリス

 明日書こう、明日書こう、と思っている間に、思っていることすら忘れてしまう。そんな感じでほったらかしておりましたブログ。ごめんなさい。今日は書きます。
cover_Glencoe73.jpg

 今日、取り上げるのはBIGPINKからリリースされたグレンコーのセカンド・アルバム。イーグルスへの憧れが伺える、埃っぽいカントリー・ロックとソウルの融合が軸となる音楽性で、パブ・ロックに括られているようです。そこに加えてELOなどを想起させるストリング主体の幻想的なブリティッシュ・ポップ色が、彼らの特色。プロデューサーとしてベン・シドランが参加。本セカンドはその個性がより際立っている印象です。
 1973年作とは思えない洗練されたサウンド。その一方で、楽曲をこねくり回してしまう、この時代の英国バンドの性はしっかりと発揮されています。
CD化が遅れていたのも分かる地味さ加減はいかんともしがたい、という内容ではあり。その中でも、バラード・ナンバー2曲や一部ロックンロール・ナンバーではフェイセズのような軽妙さが感じられるのが魅力。

Glencoe-the spirit of Glencoe-Friends Of Mine & Roll On Bliss
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

HUMBLE PIE/RUMBLIN’ HUMBLIN’ WILLIN’

HUMBLE PIE/RUMBLIN’ HUMBLIN’ WILLIN’
イギリス
『ハンブルパイ・ファンは、これを観て一緒にイライラしよう!』

 復活第一回目の記事は、英国のソウルフルなブルース・ロック・バンド、ハンブルパイのブートDVDです。いきなりのブートレグ。ちなみに今、ブートレグと検索したら米津玄師のアルバムがヒットしました。
 
 去年、年末の大掃除の際、押し入れの奥から発掘されたヘラコプターズのブートVHS。「見たい!」しかし再生出来ない。検索。チーン。「おおっ、今はDVDになっているのか!」→沼に再突入と相成りました。

 音楽映画を見ていると思うのです。好きなミュージシャンの映像くらい、持っていたいな、と。そして何度かに分けて購入して来た内の1枚が本作となります。

humblepie-rumblin.jpg

 ハンブルパイの映像作品というだけで、ファンにとっては垂涎のアイテム。内容の内訳はTHUNDERBOX TOURのロンドンでのライブ(1974年)が4曲(+インタビュー1枠)、1969年のビートクラブが2曲、LAフォーラムでの1974年のライブが2曲、1987年のトロントでのスティーヴ・マリオットのライブが4曲となっています。58分です。全編プロショットでの収録。

 正直、ブートレグという点を加味してもひどいクオリティの内容です。映像、音質共に伸びきったテープ起こしレベルで、初回視聴時はファンの期待を打ち砕くことでしょう。

 クオリティに関しては2~3回繰り返して視聴することで慣れます。「貴重なハンブルパイの映像がこんなのしか残っていないなんて」などと悔やんでも仕方がないのです。慣れてみると、 泥臭さが頂点に達した時期であるTHUNDERBOX TOURのライブは素晴らしい内容。スティーヴ・マリオットのソウルフルなMC、ブルージーなインプロヴィゼーションがバッチリと楽しめます。
もう一つの目玉である1974年、LAフォーラムの映像。こちらはTHUNDERBOX TOURよりも(比較すると、だけれども)鮮明な画像がうれしいポイント。しかしながら音質はペラペラです。「I Don’t Need No Doctor」「Honky Tonk Women」というハイライト2曲が聴けるのならば贅沢は言うまい。こんな音質でも、全身全霊のパフォーマンスであることはビシバシと伝わってくる。凄いバンドだ。ただし「I Don’t Need No Doctor」が終盤からの収録であることは不満。

 他の部分はそれなり。

ハンブルパイのファンへのお薦め度☆☆☆☆☆ 

Poeira Zine - Humble Pie - "Thunderbox." - Live - Rainbow Theatre, London 6-1974.
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

IVAN LINS/MODO LIVRE

IVAN LINS/MODO LIVRE
1974年 ブラジル
『憂鬱の波へ飛び込め』

 MPBを代表するソングライター、とされているイヴァン・リンス。自分はボサノヴァのことは知っていても、MPBのことは素通りしていました。ブラジルでボサノヴァの要素を受け継ぎつつ、よりポピュラー寄りに進化した70年代の流行歌のことを指すとのこと。実際に調べてみるとこれまでボサノヴァと思って聴いてきたミュージシャン(ジルベルト・ジルなど)もMPBと呼ばれていることに気づきました。ボサノヴァからの派生ジャンルという感じであり、あまりMPBというものの定義を意識しなくてもいいかな、と感じました。今回は未聴のミュージシャンの作品の中から「ポセイドンの憂鬱」という感じのジャケの強烈さに惹かれて、選んだアルバムです。
41F30TPYFFL.jpg

 抑揚を付けながら侘しさを強調した歌声、哀愁たっぷりのメロディーが素晴らしい。また、華麗にしてスペーシーなキーボード・アレンジが特徴的で、洗練された印象を受けます。アレンジはアルトゥール・ヴェロカイが担当。ストリングスやブラス、パーカッションなどが細かく顔を出す緻密な仕事ぶりはさすが。
晴れの日が全く訪れず、登山の計画が何度も中止になっている今日この頃。せっかく取った三連休は全て曇りで明日からは仕事。そんなアンニュイな気分を、イヴァン・リンスの歌声がより強調してくれました。うーむ、ふて寝するか。

Ivan Lins - Tens (Calmaria)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ブラジルボサノヴァ

ROSIE/BETTER LATE THAN NEVER

ROSIE/BETTER LATE THAN NEVER
1976年 アメリカ
『ゴールデンポップスを想起させるコーラスで一味違うAORに』

 AOR CITY1000シリーズより1枚ご紹介。去年の8月にリリースされていた再発盤ですが、最近やっと聴くことが出来ました。(1年寝かせてしまった)シュリンクが掛かったCDが棚にあると「まだお楽しみが残っている。」という気分になるのですが、ほどほどにしないといけません。AOR CITYは最新リマスター盤での廉価再発企画で、1000円+税でAORの名盤をコレクション出来るという素晴らしいもの。ただし予算の関係上、歌詞カードが付かないのは痛いところです。私自身、、AORはまだまだ十分な知識が無い状況なので助かりました。
XAT-1245289578.jpg

 今回のロージーは完全にジャケで選びました。女性3人組かな、と思っていたのですが、左に居る方はデヴィッド・ラズリーという男性でした。彼がシンガーソングライターとして中心的な役割を果たしつつ、更に二人の女性を加えたヴォーカル・トリオがロージーということになります。アレンジャーとして、マイケル・ゼイガー、チャーリー・カレロ、ビー・ウィー・エリスの3人を迎えているとのこと。(すみません、勉強不足につき誰も知りません)収録曲はブッカーT.ジョーンズの曲を1曲カバーしている他は、デヴィッド・ラズリーと女性メンバーによる共作曲で占められています。

 デヴィッド・ラズリーはソウルに影響を受けた作曲家で、本作では1970年代後半ならではのスウィート・ソウル系の楽曲を多く収録しています。デヴィッド・ラズリーのジェントリーな歌声はもちろんのこと、アカペラの経験もあるという彼らトリオの鮮やかなコーラス・ワークが合わさることで、鮮やかさが増幅。ハキハキしたバンド・サウンド、アレンジも洗練されていて文句無し。さすがの名盤です。

LONDON BLUES
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカAOR