NIGEL OLSSON’S DRUM ORCHESTRA AND CHORUS

NIGEL OLSSON’S DRUM ORCHESTRA AND CHORUS
1971年 イギリス
『エルトン・ジョンを支えた面々が集合』

 このアルバム、気になっていました。エルトン・ジョンのバンドでドラム奏者として活躍していたナイジェル・オルソンがリリースしたリーダー名義のファースト・アルバムです。
nigelo.jpg

 随分長いバンド名だな、とは思っていましたがこれは小西勝氏の解説によるとジョー・コッカーの「マッド・ドッグズ&イングリッシュ・メン」から影響されてのものだそうです。レオン・ラッセルを中心としたLAスワンプ・ムーヴメントに呼応して作られた作品の一つとのこと。いつもながら小西勝氏の解説はためになります。ありがたい。

 バンドは5人編成。プロコルハルムにも在籍したことで有名なギタリスト、ミック・グラブハム、スティール・ギター職人BJコールの他、エルトン・ジョンのバックを支えたベーシストのディー・マーレイ、ギターのカレブ・クレイに、主役のドラム及びヴォーカルを務めるナイジェル・オルソンというメンツ。他、ドリス・トロイ、リザ・ストライクなどのバック・ヴォーカルが4人参加しています。BJコールやドリス・トロイ、リザ・ストライクというスーパー・セッションマン、及びウーマンにまた会えてうれしい限り。

 LAスワンプへの憧憬、という音楽性ではありますが、ジョー・コッカーの「マッド・ドッグズ&イングリッシュ・メン」と比べてもかなりソフト。やはり元エルトン・ジョン・バンドの3人が集まっているだけに、穏やかなポップ・テイストが各楽曲に反映されています。

 レオン・ラッセル『Hummingbird』ランディ・カリフォルニア『Nature’s Way』など4曲のカバーと6曲のオリジナルで構成。ハイライトはカバー曲という印象ですが、オリジナルの出来も悪くないです。オルソンが満を持して一人で作曲したレヴォリューションno9的な曼荼羅インスト『Wierdhouse』は完全にコンセプトをぶち壊している問題作。初めは駄目だな、と思っていたのですがこれは悪くないサイケ・ナンバーかも。
 
 セッション・プレイヤーとしても活躍しているメンツが揃っているだけに、演奏は安定しています。特に一発録音と思しき、『Hummingbird』『I can’t Go home again』での粘っこいブルージーなアンサンブルは聴きもの。最後になりましたが、ナイジェル・オルソンのヴォーカルは渋い低音でなかなか良いです。

Nigel Olsson's Drum Orchestra And Chorus (WITH Kathi MacDonald) - I Can't Go Home Again
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

伴よしかず/青春彷徨

伴よしかず/青春彷徨
1976年 日本
『純朴な人柄が窺い知れる』

 名古屋で人気だったという八事裏山フォーク・オーケストラの後期メンバーであった、伴よしかずがリリースした唯一作。「URC最後の蔵出し」シリーズから再発されたものです。

 オーケストラやバンドによるアレンジが豪華で洗練されているのが特徴。URCのイメージとは異なりますが、時代は1976年なのですから当たり前のことなのかもしれません。オーケストラにより、日々の暮らしに根付いた歌詞の情緒が強調されており、歌謡曲に近い印象を受けました。
41v5lig6MgL.jpg

 優しく柔和な歌声は素晴らしい。歌詞世界も優しい目線が基本であり、寂しい雰囲気をまとっています。同じURCで例えるなら、西岡恭蔵に近い味わいがあり。

 今回CD化に伴い、発掘されたボーナス・トラック「北勢線」は地方のローカル路線をテーマとした曲。50年代のアメリカ、ゴールデンポップスを下敷きにしており、アルバムとは違った和気あいあいとした楽しい曲でした。

※音源は無し。
関連するタグ 日本フォーク

Bobby Patterson/It's Just a Matter of Time

Bobby Patterson/It's Just a Matter of Time
1972年 アメリカ
『ソウル系のブルース・ロック・バンドと同列で楽しむことも出来る』

 インディ・ソウル・レーベルの走りであったジュエル・レーベルの傘下、ポーラからリリースされたアルバム。

 ボビー・パターソンはニューソウル以後に現れたシンガーソングライター・スタイルのソウル・ミュージシャンの一人。プロデューサーとしても活躍していたとのことです。
R-2587420-1365852170-8311_jpeg.jpg

 ジャンプ・ナンバー、ファンク、メロウなバラードと比重が偏らないバラエティーに富んだ構成。さすがプロデューサー経験者というところ。上品なエレピやホーン、締まったリズム・セクションを中心としたバンド・サウンド、共に素晴らしい。そしてボビー・パターソンの歌唱が特に凄い。肺活量の凄さを感じさせるシャウトやパワフルな声量はもちろんのこと、各楽曲を歌い分ける情感豊かな表現力が見事で、これが各楽曲に彩りを与えているポイントになっているのでしょう。

 前述した通り、引き締まったリズム隊がもたらすグルーヴ感もポイント。ローリング・ストーンズなど、ソウル系のブルース・ロック・バンドと同列で楽しむことも出来るはず。60年代の空気感を引き摺っているセンスが生かされているのだと思います。エキサイティングなソウル・アルバム。

This Whole Funky World Is A Ghetto
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウル

りりィ/りりシズム

りりィ/りりシズム
1977年 日本
『りりィが日向に出て来た』

 昨年亡くなられた、りりィ。何枚かアルバムを集めていたのですが、これは見かけたことがありませんでした。中古CDにて発見して購入しました。
 317ECEREK1L.jpg

女性SSW黎明期から活躍していた彼女。1976年には資生堂のイメージソング「オレンジ村から春へ」がヒット。本作はその翌年にリリースされています。

 1974年から数年間、関わっていた資生堂のイメージソング制作に於いては、従来の暗いフォーク・ソングとは異なる明るいポップスを指向しており、本作もその流れを汲んだアルバムとなっています。ポップでファンキーな面が強調されている印象。アレンジには佐藤博、演奏陣には鈴木茂、上原裕、小原礼などが参加しています。
アメリカ西海岸憧憬が顕著な、ティン・パン・アレー周辺のセッション・プレイヤーが集結することで、どっしりとしたグルーヴが強調されることになりました。かすれ声によるうらぶれた感情を露わにした歌唱は健在ながら、洗練されたトロピカルな演奏で中和されている印象。これは功罪入り混じっていると感じましたが、本作ならではの特徴と捉えれば新鮮に楽しむことが出来ます。明らかに「オレンジ村から春へ」を発展させたと感じられる「春子」を筆頭に、明るいポップ・ナンバーが素晴らしい出来。
関連するタグ 日本SSWフォークポップス

AFTER THE FIRE/Signs Of Change

AFTER THE FIRE/Signs Of Change
1978年 イギリス
『ジェネシス・フォロワーの良作』

 このアルバムのことは、マーキーのブリティッシュ・ロック集成に載っていたことで知りました。ただ1977年制作ということもあり(リリースは翌年とのこと)後回しにしていたのですが、最近中古盤店で見かけて購入しました。

 80年代にはニューウェイヴ系のグループとして知られるアフター・ザ・ファイヤーのデビュー作。本作のみプログレッシヴ・ロックをやっているとのことです。
MI0003351643.jpg

 まずヴォーカルのピーター・ガブリエルになりきった歌唱パフォーマンスが印象的。加えてドラマティックな旋律を奏でるキーボードと、目まぐるしく変化するリズム(はっきり言ってフラフラ)が飛び込んできて、「これはジェネシス・フォロワーだな。」と開始数分で判断できました。ファースト・アルバムということで、オリジナリティーの確立よりは自分たちのやりたいことを優先している印象。展開にバタバタとした性急なところが感じられる点はあるものの、ポップでドラマティックな楽曲群は聴き応えがあります。70年代後半にして、ジメジメした70年代プログレを聴けるという意味では貴重。

Now That I've Found
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック