Hey! Hello!/Hey! Hello! Too!

Hey! Hello!/Hey! Hello! Too!
2016年 イギリス
『分かりやすいパンク・ポップが並んだ佳作』

 1990年代後半、わたしはワイルドハーツというグループにズッポリとハマっていました。キャッチーさとヘヴィーさを両立させたハイテンションな音楽の洪水を浴びて、浴びて浴びて・・・・・・。しかし金属音を強調したヘヴィー路線に舵を切って以降、ジワジワと心が離れてしまい今では新譜が出たらyoutubeでチェックするくらいの付き合いとなっています。 このヘイ・ハローもワイルドハーツのリーダー、ジンジャーによる新しいグループの一つ。
HeyHelloTooCover.jpg

 あまり期待していなかったのですが、グラム・ロックのような煌びやかさにグイグイと惹きつけられました。

 ヘイ!ハロー!は2012年から活動開始。メンバー・チェンジをしているようで現在は日本人二人を含む4人組の日米英混合国籍グループとして活動しています。今回のアルバムでは各曲で異なるヴォーカルを迎えているようで、特に女性ヴォーカルの活躍が目立っているのもポイントです。

21066847639_ec1d7c7fd9_n.jpg

 ザクザクのギター・リフと躍動感のあるキャッチーなメロディーを軸とした、分かりやすいパンク・ポップが並んでいます。分厚い多重録音コーラスと、ノイジーな音響の組み合わせは健在。ジンジャーの個性である唐突な楽曲展開は抑えられており、素直に気持ちよく楽しめます。専任の女性ヴォーカルは、概ね力強く快活な歌声を披露しており、素晴らしい。日本人メンバーが居ることもあり、数曲では日本語詞で収録してくれています。これは新鮮です。

 バーニー・トーメのグループ、トーメ(Torme)の曲をカバーするというロック・マニア振りを披露してくれているのもポイント。音圧が高いうえにテンションも一定なので、ちょっと中盤ダレてしまうところもありますが、近年のジンジャー作品では佳作だと思います。

Automatic Love
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロックHR/HM

Orango/The Mules Of Nana

Orango/The Mules Of Nana
2017年 ノルウェー
『こんな北欧ロックンロールがあってもいい』

 一時期、隆盛を誇っていた(1990年代後半から2000年代前半まで)北欧ロックンロール系グループはルーツの一つにパンクがあり、疾走感のあるバンド・サウンドが特徴でした。そして2017年、再びロックンロール愛を叫ぶグループがノルウェーから登場。埃っぽくブルージー。レイドバックしていて土臭さ満点。ルーツはレイナード・スキナードとZZトップという新しい(?)北欧ロックンロール・バンドです。
a2224624630_10.jpg

 ノルウェーのオスロを拠点に活動するオランゴ(オラウータンのこと)は2004年に結成されました。4人編成のグループです。学生時代より地元のフェスや学園祭などを精力的に回ることにより、知名度を獲得。ノルウェーで最もハイエナジーなロックンロールを演奏するバンドとして知られているとのこと。2010年にアルバム・デビューを果たしており、本作で6枚目となります。

 フェイスブックのリスペクト欄にはレイナード・スキナード、ZZトップのみならず、マウンテンやCSN&Y、ツェッペリン、フリートウッド・マック(ただしピーター・グリーン期)といった硬派なメンツが並んでいます。
0008662350_10.jpg

 実際、彼らの音楽はレイドバックなハード・ロック・サウンドが特徴。隙間を空けたゆったりとした空気感、ずっしりとしたヘヴィネスは本場ゆずり。しかもCSN&Y(ピリピリしている方のCSN)やマウンテン譲りと思われる叙情的なコーラス・パートもあり、アメリカのストーナー勢が陥りがちな一本調子な展開とは無縁。全編、飽きずに聴きとおせました。演奏もさすが6枚目のアルバムだけのことはあり、達者。本家アメリカン・ハードなみの迫力を味わえます。

Give Me A Hundred
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ノルウェーHR/HM

TOMMOROW’S GIFT/ TOMMOROW’S GIFT

TOMMOROW’S GIFT/ TOMMOROW’S GIFT
1970年 ドイツ
『ジャーマン・ハードの知られざる名作』

 今から15年くらい前のこと。私は70年代ブリティッシュ・ロックの名作は全て聴き終えてしまった、と嘆いていた。実際はまだ聴いたことのないアルバムが沢山あったのだけれども。次はどうしよう、という時にMSIがリリースしてくれたのがジャーマン・ハード・ロックの名作群。その頃、ドイツのセカンド・バトルというレーベルが70年代のドイツ産ハード・ロックを大量に再発してくれており、それをMSIが解説を付けて発売していたのだ。暗くドロドロとしたサイケデリック且つブルージーなジャーマン・ハードの魅力にハマり、それらMSIのカタログは制覇。「もっとだ、もっとジャーマン・ハードをくれ!」という欲求により、今度はMSIがチョイスしなかったセカンド・バトルのカタログにも目を付けることに。当然、残念なアルバムも多かったもののその中でお宝もあった訳です。それがトゥモローズ・ギフト。今日、ご紹介するアルバムです。
tomorrows.jpg

 トゥモローズ・ギフトはオルガン&メロトロン、フルート、女性ヴォーカルを含むドイツのハード・ロック・グループ。2管登場(一部楽曲のみ)して絡み合うフルート、リフを延々と紡いでいく70年代ハードの流れを踏襲したソリッドなギター、ドタバタと暴れるドラム、煙たいオルガン、シリアスな女性ヴォーカルによる白熱のバンド・アンサンブルがかっこいい。3分以下の短い曲と8分以上の長い曲が混在しており、目玉はやはり長尺曲。楽曲というよりも、各パートがせめぎ合うインプロヴィゼーション中心の内容ながら、高いテンションで一気に聴かせます。

 長らく入手困難だった本作ですが、2016年に遂に再度のCD化が実現。ロング・ヘアーよりボートラ追加でリリースされています。おすすめ。ちなみにセカンドもあるのですが、どんな内容だったか覚えていないので・・・お察しください。

Riddle In A Swamp
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ドイツHR/HMプログレ

Dust/ Soulburst

Dust/ Soulburst
2016年 スウェーデン
『デイヴィッド・カヴァデールがAC/DCに加入したら、みたいなやつ』

 久しぶりのHR/HM新譜になります。このバンドはかっこいい。AC/DCのようなブギーをやるかと思えば、ラッシュや70年代スコーピオンズのようなドラマ性を持ち合わせている。加えて、ヴォーカルがデヴィッド・カヴァーデルのような強靭な喉で、ブルージーなパフォーマンスを披露。70年代のイカツイハード・ロックが好きならば、外さないアルバムでしょう。

 ダストはスウェーデン、ストックホルムを拠点に活動しているグループ。2014年にファーストを発表しており、本作は2枚目。アティテュード・レコードというマイナー・レーベルに所属している4人組です。音楽性は先に挙げた通り、70年代に影響を受けた、温故知新ハードロックをやっています。
dust1.jpg

 浮き出ている血管が音の向こうから見えそうなハイトーン・シャウト、重々しいギター・リフとリズム隊による、ミドル・テンポ曲が中心。マノウォーにも匹敵しそうな暑苦しさで、3曲ほどで胃がもたれてしまう破壊力です。おかず多めのドラム、一糸乱れぬリフ使いのギターなど、一級のテクニックによるバンド・アンサンブル。強力なヴォーカル。そして、ミドル・テンポ曲を続けても、飽きさせない引き出しの多さ。(もたれてしまうって書いてますけれども)曲はどれもパワー・メタル系としての水準に達した佳曲ばかり。

 課題は各楽曲ごとに影響を受けたバンドが透けてしまうことでしょうか。オリジナリティの確立にはまだ至っておりません。しかしながら、若々しいエネルギーは伝わってきますし、これまで引き合いに出したバンドが好きなら、ニンマリしてしまうこと間違いなし。これからの活躍に期待。来日する日を心待ちにしております。

Waiting for you
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM

BUDGIE/Never Turn Your Back On A Friend

BUDGIE/Never Turn Your Back On A Friend
1973年 イギリス
『やっとバッジーが紙ジャケ化』

 70年代に於ける、イギリスのB級ハード・ロック勢の中でも、突出した人気を誇るバッジー。
その理由はご存知の通り、メタリカが代表曲「Breadfan」をカバーした為。
僕もメタリカ経由で彼らを知りました。
今回、なんと彼らの作品の紙ジャケ化が実現。
当然、全タイトル制覇、と行きたい所ですが、
来月(7月)に森田童子の紙ジャケリリースが控えているだけに、ここはセーブしなければ。
ということで、ロジャー・ディーンがカバーを担当している
『Never Turn Your Back On A Friend』だけを購入しました。
BUDGIE-Never-Turn-Your-Back-On-A-Friend-LP.jpg

 マスクを被った鳥と戦う仮面ライダーの怪人っぽいキャラクターを描いたジャケは、
紙ジャケで眺めるとワクワクします。
いい!
このジャケで邦題が『友情』という訳の分からなさも素晴らしい。

 本作はサード・アルバム。
ガン、ブラック・サバスの流れを受け継いだ、リフ重視の疾走感溢れるギターと、
吐き捨てるような早口ヴォーカルという二つの個性が完成しつつあるアルバムです。
その魅力が詰まったオープニング・ナンバー「Breadfan」は正に代表曲。
緩急のメリハリが効いた、ダイナミックな構成が光っています。
正直なところ、本作を久しぶりに聴いたため、
この曲と「Baby Please Don’t Go」くらいしか記憶になかった自分。
改めて聴き直してみるとハード・ロック曲以外にも、
暗いミドル・ナンバーがあり、そちらでもじめじめした陰鬱なサウンドで異なる個性を発揮しています。
彼らの弱点は声量が標準に届いていないヴォーカルですが、
英アンダーグラウンドらしいハッタリが籠ったパフォーマンスには、愛嬌があります。

「Breadfan」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスHR/HM