見汐麻衣/うそつきミシオ

見汐麻衣/うそつきミシオ
2017年 日本
『揺らめきが心地よく聴いていることを忘れる』

 埋火というバンドが好きで、それが解散してからは中心人物である見汐麻衣が結成したマナーズをチェック。しかしながらその後、音沙汰が無く、久しぶりに届いたのがこのソロ・アルバム。

 彼女自身の歌とメロディーは、日本の童謡や唱歌に由来する親しみやすさ、懐かしさを持っています。特に少し掠れる高音は寂しさが強調されて印象的。ジャズ、プログレの影響を感じさせる楽曲はこちらの予想を裏切るような凝った展開のものが多く、前述の親しみやすさと対比を成しています。結果、振り回されながらグイグイと引き込まれていく不思議な魅力を持った音楽として、これまで楽しんできました。

 マナーズの特徴であったジャズ要素はそのまま、ジャズ・ヴォーカルの方へと音楽性を滑らせたような印象のアルバムです。エコーなどのサイケデリックなアレンジが無い為、ともすれば埋まってしまいがちであった彼女の歌声がすっきりと聴こえるのが気持ちいい。主にシンセサイザーから醸し出される浮遊感、気怠さは健在です。

 一方で生音によるバンド・サウンドが強調されていて、グルーヴ感が増しているのがポイント。ソウル、ジャズ、サイケが一体となっていよいよ混沌としているはずですが、聞き心地は軽やか。ブイブイ唸るベースにカッティングギターが入り、キラキラしたキーボードが踊る、みたいなAORナンバーが多く収録されているのに関わらず、相変わらず不安定で引っ掛かりを持っているところが凄い。
意表を突く曲展開を控えめにして、ダークなムードを大切にしています。

聴きはじめるときは集中していながら、いつの間にか、浸っていて終わった時に我に返るような音楽。思えばこれまで彼女がやってきた音楽もそういうものだった気がします。

81DvGSA0gDL__SX355_.jpg
夜が迫る街に溶け込んでいく、みたいなジャケも音楽性を表していると思います。


はなしをしよう
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップス

鳴海寛/僕は詩つくり

鳴海寛/僕は詩つくり
2017年(1975~1978) 日本
『爽やかで儚いポップ・ミュージック』

 自分は東北新幹線というデュオのメンバーとしてしか、鳴海寛というミュージシャンのことを知りませんでした。今回、彼のソロ音源をまとめたアルバムが出ることを知り、興味を持ったのは、東北新幹線の唯一のアルバムを何度も聴いていたからです。今回、アルバムの解説を読むことで東北新幹線解散後、frascoというグループで活動してアルバム3枚をリリースしていることや、山下達郎のライブ・ツアーに参加していたことを知りました。残念ながら2015年に鳴海氏は亡くなられたとのこと。しかし生前に許可を得ていた70年代の発掘音源である本作はめでたくリリースされました。
61Ow9MA2LXL__SX355_.jpg

 ボサノヴァやゴールデン・ポップスの流れを汲む、爽やかで儚いポップ・ミュージックをやっています。丁寧に一語一語発せられるファルセットのヴォーカル、たおやかな女性コーラス、キラキラしたキーボードなど、AORの影響を感じさせる洗練されたアレンジの合奏が素晴らしい。尚、4曲目ではギターに水谷公生が参加。

 発掘音源だけに一部の録音状態はラフです。

 今回発掘された楽曲の完成度は素晴らしく、改めてファンになってしまいました。これは関連音源を集めなければ!

2017年6月28日発売 鳴海寛NEW ALBUM『僕は詩つくり』より
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本SSWポップス

YMCK/FAMILY SWING

YMCK/FAMILY SWING
2017年 日本
『手を変え品を変え6枚目』

 周期的に猛烈に聴きたくなる時期があるYMCK。その周期に入ったので最新作をご紹介いたします。6枚目のアルバム。
family_swing.jpg

 ジャズをテーマとしており、また二組の宝石泥棒同士による宝物争奪戦というストーリーを組み込んだコンセプト・アルバムになっています。8ビット・ミュージックから想起するイメージでは、制約が多くアイデアが広がりそうにないと考えてしまいます。しかし、今回も新しい切り口で新鮮味を出してくるのはさすが先駆者だと思います。

 ジャジーになった音楽性で、8ビットなのに、というべきか『FAMILY DANCING』辺りから増してきているグルーヴ感が本作でも健在で素晴らしい。元々、ジャズへの愛情があるからこそ。なのでしょうがブラス隊などを加えずともビッグバンド調のメロディーを多用してジャズの雰囲気を出しているのは職人気質を感じさせます。

 ささやくような女性ヴォーカルの歌声は相変わらず魅力的。今回は歌詞がストーリーになっているので、語り部としての役割も大きいのですが電子音が飛び交う中でも、一つ一つの単語が聴き取りやすくバッチリ、ストーリーが把握できました。

 ただ歌詞が冗長で説明的になり過ぎている箇所があるのが、気になりました。抑揚を抑えたヴォーカルなので、こういう時にとて
も「説明してくれている感」が出てしまっています。
この辺は、絵本のようなブックレットを眺めながら聴く分には問題になりません。

 全体的には密度の濃いピコピコ音のシャワーを浴びることが出来て満足です。

YMCK / 輝きよわたしの手に from FAMILY SWING
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップス

柳田ヒロ/Milk Time

柳田ヒロ/Milk Time
1970年 日本
『ロマン溢れる、日本ロック誕生期のインスト作』

 このアルバムはまずジャケですね。デザインは木村道弘氏が担当。柳田ヒロが本作の前に参加していたフード・ブレインのジャケも担当しており、そちらでは象がモチーフとなっています。やはりセットで揃えたくなる!内容も連続性を感じさせるものとなっています。
41NnLeelljL.jpg

 当時、一流のキーボード・プレイヤーであった柳田ヒロがリーダーとして初めて録音したアルバムです。他のメンバーにはギター水谷公生、ヴァイオリン玉木宏樹、ドラム角田ヒロ、ベース石川恵樹、フルート中谷望という布陣。豪華であります。フード・ブレインと同様にインプロヴィゼーション重視のセッション・ナンバーが続く内容でありますが、メロディー重視の姿勢が伺える点や、ブリティッシュ・プログレからの影響を感じさせる叙情味が特徴。

 初ソロ作ならではということなのか、 フリー・ジャズの影響も強いインプロヴィゼーション祭りナンバーと、ほのぼの曲が混在しており、その落差が激しいのは気になる所。日本のロック誕生期だからこその熱気が感じられるのは確かです。

youtube動画無し。
関連するタグ 日本ロック

さよならポニーテール/夢見る惑星

さよならポニーテール/夢見る惑星
2017年 日本
『きっと試行錯誤中』
 
ネット上での音楽創作を中心に活動しているグループ、さよならポニーテールの4枚目のアルバム。大貫妙子やユーミンの影響をメルヘン増量且つ、ファンシーさを強調させたうえで再構築したような音楽性を持っているグループです。ただ作曲担当だけでも4人のメンバーが携わっていることもあり、音楽性の統一は大変な模様。近年はエレクトロ要素やロック要素もじわじわと増え始めており、特に前作はバラエティー豊かな内容でした。ジャケットがイラストで無くなっている、と思ったら担当していた方がグループを脱退したとのこと。
 
本作ではシンセサイザーの比重が高く、全体的にテクノポップ度がアップしている印象。4人の作曲担当の個性はそれぞれ奔放に発揮されているので、ロックとフォークが同居しているようなオムニバス作品のような状態になっています。アルバムとしてのまとまりが感じられず、グループとしての音楽性の筋も通っていないような印象を持ってしまいました。   
71Jvp6gZSNL__SX355_.jpg

 女性ヴォーカルの素朴な魅力は健在です。演奏部分はシンセの多用により、近未来感を強調させる意図があるとは思うのですが、手作り感が損なわれてしまっているのが残念。さよならポニーテールの女性ヴォーカルは、薄幸でデリケートな存在感なのでアレンジで盛り過ぎると埋没してしまうなぁ、と感じるところもあり。

 ユーミンの「卒業写真」を彷彿とさせる「さよなら夏の少年」など、繰り返して聴きたい曲もあるので、また次回にも期待したいです。

放課後てれぽ〜と
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本SSWポップス