FC2ブログ

空気公団/僕の心に街ができて

空気公団/僕の心に街ができて
2018年 日本
『キャリア総括後の巻き戻し』

 10枚目のアルバム。近年はベスト盤発表に伴う、ベスト選曲ライブ・ツアーを敢行しており、その後に発表された作品ということになります。
61PBMgJ3lCL__SY355_.jpg

 ジャケットは志村貴子によるイラスト。女性らしい雰囲気で何となくいい予感がします。レコーディングはメンバー3人のみで行われたとのこと。

 熱心なファンからのニーズを先のツアーで改めて感じ取ったのかどうか。それは僕には知る由もないのですが、以前の空気公団の音楽性に巻き戻されています。初期ほどインディーズ然とした籠ったサウンドでもない。スウィングするドラムと丁寧に重ねられたキーボードといった達者な演奏は、今の空気公団ならではのもの。それでも淡々としながら(ポストロック要素を内包しつつ)、感傷をたっぷり込めたメロウな楽曲群が揃っており、『夜はそのまなざしの先に流れる』あたりから始まり、前作『ダブル』で高まった実験精神は影を潜めています。個人的には前作の感想で「もっとセンチメンタルを」と見出しに書いていたほどなので、大歓迎な内容となりました。そこかしこにジャジーな要素は残っており、特に中盤のピアノ・インスト「思い出の全て」辺りには、前作までの名残を感じます。しかし唐突な感じはなく、溶け込んでいる印象。素晴らしい。

空気公団 "うつろいゆく街で" (Official Music Video Full Ver.)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップス

Lamp/彼女の時計

Lamp/彼女の時計
2018年 日本
『作曲担当が二人いる豪華さを実感』

 Lampの8枚目。『八月の詩情』を含めると9枚目。ネットで公開されている紹介文によると「小さなバラード集」をテーマとして作り始めたアルバムとのことです。
8188a4HpgwL__SY355_.jpg

 バラード集だからこそ、なのか、ブラジル音楽をルーツとして、儚さを極めた染谷氏担当曲、英米の黄金期のポップス、ロックをルーツとして、美しいメロディーで分かりやすく山場を作る永井氏担当曲、それぞれの個性、味わいが異なっていることが分かり、楽しく聴くことが出来ました。

 繊細に折り重なるコーラス・ワークから「こういう感じがサヴタージなのだろう」と感じさせる(サヴタージを知ったかぶりしない姿勢を大事にしたい)、幽玄とした染谷氏担当曲を後半に多めに配している構成もバッチリ。近年はプログレチックな楽曲にも取り組むなど、凝った楽曲も多く起伏が激しかった彼らの作風。本作でもアレンジ自体は凝っているのですが、穏やかな楽曲が並んでいる分、なだらかな聴き心地。またLampの看板でもある、儚さを湛えた女性ヴォーカルを務める榊原嬢の出番がいつもより少ないのも特徴で、女性に送るバラード集という性格も出ているように思えます。キーボードを幻想的に使うところは、相変わらずプログレチック(Camelなど)で、音楽性に奥行きを生んでいます。榊原嬢の控え目ぶりが再び目立ってきていて、ところどころ歌詞が聞き取れないのは残念。

 次のアルバムでは新しい路線に挑戦しそうな予感。

「Fantasy」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップス

村八分/くたびれて

村八分/くたびれて
1971年 日本
『おどろおどろしい日本語ロック』

 1971年のデモをまとめて1991年にリリースされたもの。その最新リマスター盤が2018年に登場しました。外道同様、村八分もスルーしていた自分は、再びこの機会に購入した次第です。正直に言います。英米の60~70年代の黄金期のロックを体験した後、それらをなぞった日本語ロックンロールを聴いても刺激が無いのでは、と少ない小遣いをやりくりしていた高校時代には思っていたのです。
120d3dc29122e529528b.jpg

 村八分はローリング・ストーンズ、それも中期辺りに影響を受けているようです。分かりやすいところでは「あやつり人形」はイントロから「悪魔を憐れむ歌」を彷彿とさせる仕上がり。ただし、すっとぼけた歌い方で繰り出されるユーモアを含んだ歌詞、暗くアンダーグラウンドな雰囲気はストーンズとは異なるものがあり、聴き応え十分。またタイトル・ナンバー「くたびれて」は日本らしい侘しさを感じさせる素晴らしいバラードです。サイケデリック文化(色々)に浸って作られた日本語ロック、その凄みを感じることが出来ました。

あっ!! from 『村八分 / くたびれて (2018 remaster)』
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ロック

土岐麻子/Safari

土岐麻子/Safari
2018年 日本
『どんよりポップスに衝撃』

 1年ほどの間隔を置いてリリースされた新作。カバーなどを挟まずに素早く発表してくれたことはうれしい驚きです。
719m00xgINL__SY355_.jpg

 前作『PINK』同様プロデュース、全ての作曲を担当したのはトオミヨウ。こう書くと前作の延長線上の作風を想像するところですが、さにあらず。最初、予備知識なしに聴いた直後は「随分変わったな、新作のプロデューサーは誰だろう。」とブックレットをめくって驚きました。

 打ち込み中心のサウンドは前作同様、むしろ個々の楽曲でのセッション・プレイヤーの参加は多くなっており、生音の比重も高くなっているはず。なのですが、デジタル・ビートはより強調されており、もはやデジタル・ポップと呼んで差し支えないという印象です。ビートが沈み込んでいる上、キーボードとヴォーカルが浮き上がって聴こえるようなアレンジの為、率直に言うと地味にも思えます。洗練された雰囲気、軽やかさは前作『PINK』を踏襲しているのですが、煌びやかではなく内省的でダークなイメージが支配している内容。先ほどはデジタル・ポップと呼んでも、と形容しましたが、それよりも、どんよりポップス。曇りの日に聴きたい感じです。

緻密なアレンジは相変わらずで、それぞれの楽曲も(ダウナー気味ながらも)表情豊かです。聴き込むほどに馴染んでいきそうな予感がします。

Black Savanna
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップス

さとうもか/Lukewarm

さとうもか/Lukewarm
2018年 日本
『ユーミンを彷彿とさせるのは歌詞世界』

 モナレコードで発掘された女性SSW。タワー・レコードのレーベルからミニアルバムでデビュー。Pvineからリリースされたファースト・アルバムが本作となります。帯の「新世代のユーミン」というキャッチコピーに惹かれて、試聴し購入しました。

 1994年生まれ、岡山県出身。3歳からピアノを始め、ギター、サックス、合唱、声楽などの音楽に触れて育ったとのこと。音楽科の高校と音楽の短大での勉強を経て、弾き語りの活動を開始しました。ファースト・アルバムのプロデューサーとして、入江陽が参加しています。
4118011519.jpg

 さとうもかによるピアノ、キーボード、ギターによる弾き語りの録音が中心。ドラムが2曲、トークボックスが1曲で参加しています。ただし、入江陽による特徴的な編曲がされており、ふわふわとした幻想的なシンセサイザーがカラフルでメルヘンチックな世界観を演出。尚、入江陽は1曲でゲスト参加しており、デュエットしています。

 乙女チックな比喩満載の歌詞は、なるほどユーミンの世界観に通じる部分があり。ただ音楽性自体はそれほど被っておらず、ピアノはかなりジャジー。また声楽などの経験からなのかオペラのルーツを感じさせます。ウクレレのようにつま弾かれるギターからはボサノヴァ、コーラスの被せ方からはソウルを感じさせますが、プロデューサーが同傾向の入江陽なだけにどこまでが彼女のルーツなのか判別はつきません。丁寧なプロデュースによるポップな楽曲が並んでいるのですが、それぞれ捻りが加えられていて楽しめました。感情の振れ幅が一定なことが気になるものの、気負わない歌声も魅力的です。

さとうもか 「最低な日曜日feat.鶴岡龍(LUVRAW)」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本SSW