スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

ハンバートハンバート/家族行進曲

ハンバートハンバート/家族行進曲
2017年 日本
『眩しい、眩しすぎる。なんだこの光は!』

 長いこと、追いかけて来たグループであるハンバートハンバートの新作。企画盤『FOLK』は除外するとして通算9枚目のアルバムです。

 『むかしぼくはみじめだった』はカントリー路線を追求したアルバムでしたが、その一方で、このグループならではの厳かさ(おごそかさ)が表面に現れていたと思います。対して新作。まず収録曲のタイトルから申しますと、「がんばれ兄ちゃん」「あたたかな手」「ぼくも空へ」「おうちに帰りたい」「ひかり」「台所」等々、アットホーム。数曲以外は文字通りのアットホームな曲が並んでいます。何故だ?何故だ?そこでアルバムのタイトルが『家族行進曲』だからか!と気が付きました。当たり前なのですが、ハンバートハンバートの持つ優しさの部分が前に出る分、厳かさや毒はほぼ無くなっているのは寂しい。パーカッション、ペダルスティール、フィドルなどによる演奏は柔和でほのぼのとしており、リズムは緩やかです。これまでになくポップな音作りがされていると感じました。平和、幸せが歌われており、新しいファンにも受け入れやすそう。
f5948c9174b317.jpg

 ただ個人的には物足りません。もちろん、家族行進曲のテーマと僕の環境が相容れないから、ということはあります。(あります)しかし何より、僕はハンバートハンバートの不遇な環境での忍耐、毒を歌った曲が好きだったことが判明しました。これまでも本作に収録されているようなピースフルな曲はあったのですが、忍耐、毒のテーマと混ぜ合わされて提供されていたのでほのぼの出来たのです。これだけ幸せナンバーが固まって来られると、自分が長男だったことを思い出す「がんばれお兄ちゃん」を筆頭に、色々と精神的にダメージを追ってしまう次第。不遇ソングの名手、佐藤良成のメイン・ヴォーカルは本編にはありません。ボートラ的に置かれている、前作収録曲の「横顔しか知らない」の別バージョンが、自分にとってはオアシス。
 
 わたしには眩しすぎましたが、ハンバートハンバートの親しみやすい魅力が凝縮したアルバムです。自分の家族の場合に置き換えてしまうぐらい、丁寧な描写の歌詞も素晴らしい。

 リハビリにクニ河内の『僕の声が聞こえるかい』でも掛けようかな。

がんばれ兄ちゃん
続きを読む(動画があるよ) »
スポンサーサイト
関連するタグ 日本フォークポップス

石指拓朗/ねむの花咲く その下で

石指拓朗/ねむの花咲く その下で
2017年 日本
『多重録音でも侘しさ満点』

 ちらほらと素晴らしい評判を聞いていたフォーク・シンガー石指拓朗の新作を購入しました。東京を拠点に活動しており本作で2枚目のアルバムとなります。
1007335554.jpg

 カントリー、ブルースの影響が伺える渋いギターに、日常の風景を描写した歌が乗るギター弾き語りによるフォーク。バンジョーやマンドリンといった伴奏も全て自分で担当。多重録音で収録しています。テープ早回しも1曲あり。この辺りは新世代ミュージシャンならでは、ですが現代的要素はそのくらいです。

 歌は力みが無く、軽やか。70年代日本語フォークの面影があり、高田渡や近年CD化された、ひがしのひとしを彷彿とさせます。なるほど、評判通りの素晴らしいフォーク・シンガーだと思いました。1回ライブを見てみたい。

汽車よ
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本フォーク

寺尾紗穂/たよりないもののために

寺尾紗穂/たよりないもののために
2017年 日本
『過渡期終了』

 8thアルバム。今回も1曲目から打ち込みを導入しており、度肝を抜かれました。凝ったアレンジだったけれども古風だった『わたしの好きなわらべうた』からの落差は大きい。2曲目はキャット・スティーヴンス「RubyLove」風リフレインが印象的な、ほのぼのとしたポップ・チューンでした。3曲目は新しい日本の童謡という趣のピアノ弾き語り・・・・・・と全曲紹介はやめておきます。
71Hh0y_B5dL__SY355_.jpg

 打ち込み、チェロやフルート、ヴァイオリンなどによる優雅な伴奏が特徴で、「青い夜のさよなら」からの音楽性を引き継いでいるアルバムです。ただし前2作よりはピアノの存在感を強めている印象。彼女独特の伸びやかな節回しを含め、清々しくきっぱりとした意志を感じる歌声はいつも通り素晴らしい。 

たよりないもののために
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本SSW

浜田真理子/Town Girl Blue

浜田真理子/Town Girl Blue
2017年 日本
『隣に住んでるピアノの先生にも教えないと』

 ジャズ・ヴォーカル、歌謡曲の流れを汲んだ歌手、SSWである浜田真理子の新作。今回は久保田麻琴プロデュースということで、ますます期待が高まります。
85642.jpg

 英語詞、日本語詞の曲が交互に置かれた構成で、インスト1曲、カバー4曲を収録しています。

 前作『But Beautiful』にもあったバンド演奏は本作でもあり。それでもピアノ弾き語りを中心とした構成に戻しています。ピアノの残響の美しさ、清々しい歌声を芯に据えた音作りがプロデュースの方針でしょう。2曲目「You don't know me」でのたそがれたスライド・ギターは久保田麻琴らしいですし、クレジットを見るとアップライト・ベースやアコーディオンなども入っているのですが、さりげない加減のアレンジがされています。自分の音で仕上げるのではなく「自分はこの人のここが好きなのだ!」という所に誘導する手法が見事にハマっている。いいアルバムです。

カバー曲のうち「なにもない Love Song」だけは全く知らずに「なんていい曲を書くのだろう!凄い!」と思ってしまいました。実際は久保田麻琴プロデュースのギタリスト、濱口祐自の作品とのこと。こちらもチェックせねば。

Town Girl Blue (全曲試聴)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本SSW

ぶどう÷グレープ/おやつの隠し場所

ぶどう÷グレープ/おやつの隠し場所
2016年 日本
『集大成だから安定のいつも通り』

 日本のニューウェイヴ、テクノ・ポップ・バンド、ぶどう÷グレープの最新作。前作のレビューはこちら

 インフォによるとデビュー10周年とのこと。自分はサードからファンになりましたが、リリース間隔が短いのでまだ10年しか経っていなかったのか、という印象です。先行して発表されていたシングル曲10曲をリマスタリングして収録しているとのこと。
81_gZfpxTlL__SX355_.jpg

 インフォでは集大成のアルバムと呼ばれており、シングル曲を集めた甲斐のあるバラエティーに富んだ内容です。とは言え、ピコピコ・シンセと個性的なくみんこのヴォーカルの強力な記名性があるので、ぶれは全くありません。大きな驚きこそ無いものの、いつも通り、アヴァンギャルドでポップなぶどう÷グレープが楽しめます。集大成が終わった次のアルバムも楽しみです。

 イギリスでのライブ映像がyoutubeで公開されていたので、チェックしたのですが自然に受け入れられていてすごかったです。
すってんころりん、すってんころりん、の熱唱にほのぼのとしました。

運命のバス
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ロックポップス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。