古川豪/羅針盤で星占いはできない

古川豪/羅針盤で星占いはできない
1973年 日本
『トラッドは古くならない』

 現在でもユニオンやタワー・レコードなどで行われている、独自のCD再発企画。2003年、アマゾンが企画したURC再発リクエスト企画もそういった独自再発企画の一つだったのでしょう。ファン投票で選ばれただけあるマニアックなラインナップが揃っていたのですが、オムニバス盤が多めの構成。その中に本作や五つの赤い風船の『五つの赤い風船’75』『ボクは広野に一人居る』中川イサト『1970年』といった作品が混ざっていました。自分がこの存在を知ったのは売り切れてプレミアが付いた後だったので、かなり悔しかったです。URCの再発はグリーンウッドが頑張ってくれており(もう終わりが見えてきたっぽい?)、五つの赤い風船も再発されましたが・・・・・・上記のアルバムは一度再発されたということでオミットされています。残念ながら再発時に入手できなかったので、コツコツと納得できる中古を探索していた訳ですが、この度本作を手に入れることが出来ました。(後は『ボクは広野に一人居る』だけであります。)

 京都を拠点に活動するフォーク・シンガー、古川豪のデビュー作。ちなみに本作の前に自主盤があり。初めて聴いてみるといくつかあるセックスソングの印象が強烈ですが、死についての哲学的な歌、京都の暮らしの歌も収録されています。バンジョー、ダルシマーも操るギター弾き語りで、一部ではフィドルも参加。既にセカンドのレビューでも触れていますが、アイルランド民謡のカバーが1曲収録されている他、アメリカ民謡の影響を強く受けた楽曲が多いです。セックスソングでの愛嬌を含めて、全編でトラッドソングらしい泥臭い反骨精神が貫かれています。1973年のURC、ここにありという風情。ファーストはギタリストの弾き語りをベースにしており、セカンドはアレンジが凝っています。どちらも素晴らしい。

※ これを書いた後で、10月頃に紙ジャケで本作がcd化されることを知りました。
まぁそういうものですよねー。

トカトントン/古川豪
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本フォーク

星野みちる/ My Favorite Songs

星野みちる/ My Favorite Songs
2016年 日本
『明るく朗らかなアレンジがされたカバーアルバム』

 星野みちるの新作はカバー・アルバム。これまでプロデューサー、はせはじむの計画、綿密な設計図に沿って4年間、歌手活動のキャリアを積んできた彼女。今回のカバー・アルバムでも選曲の決定権をある程度(半分くらい)プロデューサーに委ねています。信頼関係が築かれているのでしょう。EPO、矢野顕子、松田聖子、杏里、山下達郎、イックバル、松尾清憲と硬軟入り乱れる選曲。
1007153510.jpg

 ハキハキとして清々しい歌唱には堂々たる自信も含まれており素晴らしい。多くの曲で大胆なアレンジが施されているのが特徴。モータウン・ビートを入れつつロック度を上げた「恋するフォーチュンクッキー feat. ザ・スクーターズ」や朗らかなミドル・テンポへと変貌した「ずっと一緒さ」など、多くの曲で明るく朗らかなイメージへと変貌しています。イックバルは日本のシティポップに憧れているインドネシアのグループとして話題ですが、はせはじむの日本語詞が付けられていることで、全く違和感が無くアルバムの中で同化。

収録曲のミュージシャンの中で比較するならEPOや杏里のアルバムのような、すっきりした聴き心地でした。
関連するタグ 日本ポップス

森田童子/夜想曲

森田童子/夜想曲
1982年 日本
『停滞もまた彼女らしい』

 5枚目のアルバム。前作から引き続いての千代正行と、今回新しく参加した比呂公一が編曲を半分ずつ分け合っています。比呂公一については『果樹園』というアルバムで知っていましたが、映画音楽や特撮ヒーローの音楽(ミラーマンなど)に携わっていた方だったようです。
51o7D3366wL__SL500_SX355_.jpg

 情緒を強調したような作風は前作から繋がるもの。ピアノが主役の曲が多くなり、寂しい美しさが印象に残ります。前作で自身の活動に区切りを付けたはずですが、歌われる内容は依然として孤独の寂しさや思い出について。音楽性としては停滞しているとも取れますが、元々後ろ向きな歌なのでまったく問題はありません。

麗子像
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本フォーク

マジペパ/テル・ディスコ

マジペパ/テル・ディスコ
2017年 日本
『キラキラしたポップスで、オリエンタル要素もあり』

 NONA REEVESの西寺郷太と口ロロの村田シゲによる新しいバンド、という情報を聞きつけ、予約した1枚です。ただ、そういう認識でいたからか、16歳のフロント・ガール、吉田凛音の魅力を前面に押し出した音楽性に面食らってしまい、馴染むのに時間が掛かりました。
VSCD3190.jpg

 吉田凛音はアイドル畑出身のシンガー。ソロ活動開始後からプロデュースで参加していた西寺郷太が吉田凛音のバンドとしてメンバーを集め、マジペパと命名された。というのが経緯のようです。7人編成。

そんな経緯も知らず、帯裏の「マジペパは2020年代の『フリートウッド・マック』目指すで」の文字を発見した自分は、「これは80年代のフリートウッド・マックみたいにキラキラしたポップスで、オリエンタル要素もあり、みたいなことかな。」とか楽しみにしていました。

マジペパを聴き込んで馴染んだ今、確かにオリエンタル要素があるキラキラ・ポップだな、と感じています。プログラミングを多用した近未来的なサウンドは正に2020年代という感じであり、西寺郷太と村田シゲの合体の成果を感じることが出来ます。吉田凛音の表情豊かで溌剌とした歌唱も魅力的。また作詞は西寺郷太が全曲担当しているものの、曲はメンバーを中心に複数人で作っています。結果、バラエティーに富んだ内容になっていることはもちろん、クオリティーも素晴らしいことに驚きました。特にギターの山形氏はメインでI HATE MONDAYSというバンドをやっているとのことなので、チェックしなければ。

備長炭
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップス

森田童子/ラスト・ワルツ

森田童子/ラスト・ワルツ
1980年 日本
『洗練されつつも彼女自身のやりたいことを突き詰めたアルバム』

 4枚目のアルバム。千代正行編曲。不勉強で知りませんでしたが、石川さゆりや中森明菜、竹内まりやなど女性歌手を中心としたセッション・ギタリストとして活躍している凄い方です。アコースティック・ギターを得意としていますが、編曲はストリングスがフューチャーされたドラマティックなものとなっています。前作のライブ盤からの流れとして「讃美歌」のような楽曲もいくつか収録されているのもポイント。
UPCY7158.jpg

 震えて不安定なヴォーカルが魅力だった森田童子ですが、このアルバムから少しずつ歌声が安定していきます。寂しさは相変わらず纏っています。また前述した「讃美歌」のような楽曲、例えば「グリーン大佐答えて下さい」では、学校の唱歌のようなソプラノ・ボイスを披露。Ipodなどを使って、シャッフルでこの曲が流れてきたら最初は森田童子の曲と分からないかも、というくらい、これまでと異なる歌い方をしています。

 『ラスト・ワルツ』というタイトルからは、彼女の生きた世界への区切りとして制作されたことが伺えます。これまでの集大成を感じさせる楽曲が多く、それぞれの楽曲にある物語をストリングスが盛り立てています。洗練されつつも彼女自身のやりたいことを突き詰めたアルバムだと思います。

みんな夢でありました
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本フォーク