MARIA MULDAUR/WAITRESS IN A DONUT SHOP

MARIA MULDAUR/WAITRESS IN A DONUT SHOP
1974年 アメリカ
『ジャジーでまったりいい気分』

 これまで聴く機会が無かった、マリア・マルダーのセカンドを新名盤探検隊で購入。
別にここで書かないでもいいことなのですが、
帯の英語表記(正)MARIA MULDAURのところがRUMARIA MULDAURになっていることに気が付きました。
誤植ですよ、とそっと報告しておきましょう。
いいの、いいの、これくらい。
ただ気づいてしまったよ、ということで書いてしまいました。ごめんなさい。

 マリア・マルダーのプロフィールは少々込み入っています。
グリニッジ・ヴィレッジ出身の女性シンガー。
1960年代当時、自由奔放なライフスタイルを持つボヘミアンが集う都市と知られた土地で、
様々な芸術に触れて育ったそうです。
高校卒業後に音楽活動を開始。
オールド・タイム・ミュージック、フォークと関心を映しながら、
21歳(1964年)にはイーヴン・ダズン・ジャグ・バンドに参加します。
バンドはレコード発売を経て解散。
続いてジム・クウェスキン・ジャグ・バンドへ参加(1964年)。6年(1970年まで)の活動の後バンドは解散し、
活動を通じて結婚した夫ジェフとのデュオ、ジェフ&マリアとして2枚のアルバムを発表。
そして離婚(1972年)。
以降、1973年のファーストを皮切りにソロ・シンガーとして活動を始めることになります。
本作はファーストと並ぶ代表作として知られる、セカンド・アルバムです(リリース時31歳)。
MI0003515934.jpg

 ファーストと同じく、オールド・タイム・ミュージックをテーマにしていますが、
こちらはスウィング・ジャズを支えた名プレーヤーを多く起用しており、
1920年代を想起させるジャジーな仕上がりが特徴です。
何気なく、英フォークの首領、ジョー・ボイドが(1stに続いて)プロデュース。

甘く艶っぽい歌声は唯一無二な魅力があり。
また、ジャグ・バンドでの経験が生かされているのか、
ジャズ系、ウッドストック系、双方のプレーヤーのバンド・アンサンブルは調和が取れており、
派手なソロはありませんが酒場音楽さながらの気安い魅力がたまりません。
ジャズ・スタンダード、ソウル、ウッドストック系と幅広いレパートリーを揃えた選曲も申し分なし。
「真夜中のオアシス」だけで終わりにしたらもったいない。セカンドもおすすめです。

Sweetheart
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカポップス新名盤探検隊

Steve Ferguson/Steve Ferguson

Steve Ferguson/Steve Ferguson
1973年 アメリカ
『「アサイラムのシンガーソングライター作」
という看板に恥じない力作』

 

 アサイラム唯一の黒人ミュージシャン、というコピーで
知る人ぞ知るピアノ弾き語りのシンガー・ソングライター、
スティーヴ・ファーガスン。
黒人のシンガーソングライター?
それってスティヴィー・ワンダーやマーヴィン・ゲイみたいなことなのだろうか?
まんまと(由緒正しい)キャッチコピーに乗っかって購入してみました。

 本作は彼の唯一作。
黒っぽさはほとんど残しておらず、
ソウルフルなシンガーソングライター作といった風情の音楽性。
ニュー・ソウルの流れを感じさせつつ、アサイラム(LA)という白人中心の音楽環境で作られた
というプロセスが反映された音楽性が楽しめるアルバムです。

ちなみに彼はソングライターとしての活躍も有名で
カーペンターズやカーラ・ボノフなどに曲を提供していたようです。

さて、本作の主な参加メンバーは以下。

エド・グリーン(Drums) モータウン畑。
ウィルトン・フェルダー(Bass)本業のサックスのジャズ・プレイヤー。
デヴィッド・T・ウォーカー(E.Gt)ソウル、ジャズ、日本の歌謡曲。世界的セッション・プレイヤー。
クライディ・キング(BackgroundVocal)ストーンズ、ハンブル・パイのコーラスも務めた。
ブルー・ミッチェル(Trumpet) 代表作『Blue Mood's』。
バディ・チルダース(Trumpet)
ディック・ハイド(Trombone)『幻想の摩天楼』にも参加。
ジョージ・ボハノン(Trombone)モータウン畑。
アーニー・ワッツ(Saxophone/AltFlute/Oboe)フュージョン系。

ジャズ・プレイヤーも加わったブラック・フィーリングが濃いメンツで制作。
リラックスした歌声とピアノに、上品なストリングスとブラスという組み合わせ。
感情豊かな歌心溢れる楽曲が並んでおり、
そのスタイルは初期ビリー・ジョエル、ランディ・ニューマンを彷彿とさせます。
傷心を癒すアコースティックな質感のメロウ・ナンバーを中心に、
ファンキーなミドル・ミューン、ポップ・ナンバーなどバラエティ豊かな構成です。
演奏面では本人によるピアノの他では、やはりデヴィッド・T・ウォーカーのギターが素晴らしい。
控えめながらメロウ・グルーヴを醸し出す柔らかい音色が印象的です。
柔和なサウンドを支えているリズム隊もポイント。
後半に配された連続するファンク・ナンバーでは
タイトなところも見せています。
シンガーソングライター作と考えると、後半に若干失速(主に曲の質に於いて)が見られるのが
残念ではありますが「アサイラムのシンガーソングライター作」という看板に恥じない力作でしょう。

「Chasing The Shadow Of Relief」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSW新名盤探検隊

PARKER MCGEE/Parker McGee

PARKER MCGEE/Parker McGee
1976年 アメリカ
『AOR期屈指のメロディー・メイカーによる唯一作』

 5月度にリリースされた新名盤探検隊の人気ナンバー1が本作。
帯曰く「大ヒット『秋風の恋』を始め、多彩なヒットメーカーとして知られる」・・・・・・
ごめんなさい、知らなかったです。
原題「I'd Really Love to See You Tonight 」でこの曲みたいです。
初めて聴きましたが、
日本人好みの爽やかさと哀愁味を併せ持った美しいメロディーの曲ですね。
カントリーのルーツが見えているのがポイントでしょう。
本作はそんなシンガーソングライター、パーカー・マッギーによる唯一作。

 プロデューサーはカイル・レーニングで先週レビューした
ウィルソン・ブラザーズのアルバムも実は彼によるもの。
セッション・プレイヤーを多く起用しているものの、
ピアノ弾き語りによる彼の歌声を主役にしたフォーキーな作風です。

 ジェントリーな歌声がなぞる、カントリー・ルーツの素朴な開放感と、
AOR由来の洗練されたセンスが混ざった美しいメロディーがとにかく素晴らしい。
なるほど、多彩なヒットメーカーとして知られるだけのことはある質の高さに脱帽。
自身によるピアノ、まろやかなリズム隊、
爽やかなストリングス・アレンジによるアンサンブルが、幻想的に仕上げています。

「I Just Can't Say No To You 」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSW新名盤探検隊

Tony Joe White/Tony Joe

Tony Joe White/Tony Joe
1970年 アメリカ
『暑苦しい歌声には、男らしさが詰まっています』

   去年最新リマスターでリリースされたトニー・ジョー・ホワイトの70年作。
これも新・名盤探検隊のラインナップでした。

 ルイジアナ出身。スワンプ・ロックを代表するシンガー、トニー・ジョー・ホワイト。
本作は通算3作目にあたります。
 
 聴いているだけで、蒸し蒸しとしてくる暑苦しい歌声には、
男らしい頼もしさが詰まっています。
バンド編成と弾き語りが混在しており、
ファンク、ゴスペル、シャッフルと様々な楽曲を聴かせてくれます。
プロデュースにはビリー・スワンが携わっており、
彼のバックアップによりマッスル・ショールズのセッション・プレイヤーが多数参加。
オルガンがうねり、血沸き肉踊るグルーヴを生み出しています。
B面には4曲のカバーを配置。
オーティス・レディングの「Hard to Handle」、
ドニー・フリッツ=スプーナー・オルダムの「My Friend」、
ジュニア・ウォーカー&ザ・オールスターズがヒットさせた「What Does It Take」、
ジョン・リー・フッカーの「Boom Boom」というラインナップ。
どの曲ももれなく粘っこいアレンジがされており、ムサかっこいい仕上がりです。

「Groupy Girl」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSW新名盤探検隊

BROWNING BRYANT/Browning Bryant

BROWNING BRYANT/Browning Bryant
1974年 アメリカ
『16歳の天才シンガー・ソングライターってのは盛りすぎ。』

 新名盤探検隊シリーズについては、
取り上げるたびに賛辞を送ってきたが
常連の皆様もさすがにそろそろ辟易してきただろうとお察しします。
今後は、文末に特別に設置した
「新名盤探検隊レビュー済みリスト」へのリンクと、
ワーナー公式リンクを貼るに留めたいと思います。
自分としてはワーナーだけを贔屓をしているつもりはありません。
そこそこ内容の良い新鮮なタイトルを、
1200円程度でシリーズ化して出してくれれば、
もれなく前のめりになることでしょう。

 さて今回は「16歳、早熟の天才」というキーワードだけで
購入したシンガーソングライター作。
ぶっちゃけて言うと、「16歳に人生を諭されてみたい」という
欲求を持って買ったのですが、その点に関しては物足りませんでした。

 まず主役のブロウニング・ブライアントですが、
子供時代にアイドル歌手として60年代から活動。
しかし第二次成長期と共に活動を中止。
復活したのが本作というわけです。(通算3枚目)。

 プロデュースはアラン・トゥーサンが努めており、バックにはミーターズを従えています。
まさしくニューオリンズ名盤の法則にピタリとハマる陣容で制作。
全11曲中8曲をアラン・トゥーサンが作曲を担当。
こ、これは。
そうです、ブライアントは3曲しか作っていません。
うーむ。しかしまだ3曲は残っています。そちらで願望を満たさなければ。

 内容ですが、まず演奏が素晴らしい。
アラン・トゥーサンが目を掛けたニューオリンズを中心とした
セッション・プレイヤーがこぞって参加しています。
開放感あふれるファンキーなアンサンブルを全編で形成。
もちろん、ミーターズによる骨太なリズムは要となっています。

 そして主役の歌声ですが、爽やかでソウルフル。
16歳ということを考えると凄いと思います。
彼の歌声もあり、アラン・トゥーサンによるファンキーな楽曲群にも
甘さが加わっています。

さて。
3曲の自作曲はカントリー、ブルース風ナンバーとなっており、
歌詞は疲れた男の愚痴といった内容。

例えば
『ひとりじゃできない。友達のところへ行きたいんだ』(「HOME」)
・・・・・・

仕事に疲れてもう投げ出して友達と遊びたーいって感じでしょうか。


「何故に16歳の愚痴を聴かねばならん!」
といいたいところですが、
「アイドルって疲れるんだな、よしよし」
と溢れる父性で受け止めました。

「Liverpool Fool 」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSW新名盤探検隊