羅生門/インディアン、死よりも赤を選ぶ

羅生門/インディアン、死よりも赤を選ぶ
1972年 日本
『クニ河内、ミッキー・カーチス参加』

 クニ河内が作曲で参加しているという理由で購入しました。羅生門は元々、ハプニングス・フォーの前身であるサンライズというグループを母体としたグループだったらしいのですが、本作をリリースしていた頃にはバンドとしての実体のないプロジェクトのような状態だったようです。中心にいたのは作曲として関わったクニ河内、ミッキー・カーチスとヴォーカル、ギターを担当したフロントマン、ポール湯川の3人。
61eh8THqnqL__SL500_SX355_.jpg

 タイトルにインディアンとあるようにアメリカの先住民族をコンセプトとした歌詞が印象的です。クニ河内、ミッキー・カーチス共にブリティッシュ・ロックからの影響を強く受けた作曲家であり、1972年という時代を反映してかユーライア・ヒープなどを彷彿とさせる英ハード・ロックっぽい曲も多く収録。一方で3曲収録されたヴォーカルのポール湯川による楽曲はゴールデン・ポップス調ながら、調和が取れています。

 哀愁を称えた男くさいヴォーカルは魅力十分。ストリングスやホーンを交えたアレンジはややロマンティック過剰で時代を感じさせますが味と言えなくもないです。クニ河内、ミッキー・カーチス参加という部分に、期待をして聴いたとして、それを裏切らない充実の内容。

動画はありません。
関連するタグ 日本ロック

ALICE COOPER/WELCOME TO MY NIGHTMARE

ALICE COOPER/WELCOME TO MY NIGHTMARE
1975年 アメリカ
『悪夢に没入できなくなった僕ちゃん』

 アリス・クーパーというバンドが解散し、アリス・クーパーがソロ名義として発表した初めてのアルバム。ですが、ひっくるめて通算8枚目と数えられています。近年は本作の再現ツアーや続編を発表するなど、再評価が著しいアルバムです。
61g-zjYOTmL__SY438_.jpg

 ただ今、私は、紙ジャケを後追いで購入してアリス・クーパーを再コレクションしている最中。これまで輸入盤しか所有していなかったこともあり、詳細な和久井さんによる解説がとても為になっております。本作ではボブ・エズリンがルー・リードのライブ盤で参加していたバック・バンドを引き連れて、本作を録音したことが書かれていました。そうだったのか!しかもルー・リードのライブ盤(『Rock 'n' Roll Animal』『Lou Reed Live』)の素晴らしさにも触れており、自分はまだ聴いたことが無いので・・・・・・これは聴かねば。

 シアトリカルなロックという基本はそのままに、よりポップになった音楽性。作曲面では新たにバック・バンドのメンバーとして加わったディック・ワグナーが参加しています。解説にもありますが、彼は「悪夢へようこそ」「ブラック・ウィドー」「血を流す女」など、ハイライト・ナンバーに貢献している素晴らしいソングライター。結果として、本作は「スティーヴンの見た悪夢」をテーマとしたコンセプト・アルバムながら、小難しさは一切無く、従来のシアトリカルな魅力はそのままに楽しく聴ける内容となっています。
 
 最初に聴いた中学の頃は、この物語に没頭したものです。今、聴き返してみると懐かしい気持ちと共に、本気で没入できない(面白がってしまう)自分に寂しさを感じてしまいました。

曲は探せず。最近、youtubeの規制が厳しくなりましたね。

関連するタグ アメリカHR/HMロック

Chris Thile & Brad Mehldau/Chris Thile & Brad Mehldau

Chris Thile & Brad Mehldau/Chris Thile & Brad Mehldau
2017年 アメリカ
『ジャズだけどジャズで敬遠されたらもったいないってアルバムがある』

 ジャケットに惹かれ、1分ほど試聴した後に購入したアルバムです。ピアノとマンドリンの打ち付けるような演奏に情緒豊かな男性ヴォーカルが乗る、というスタイルで、ジャンルはジャズとなっていました。
91mhaz8STwL__SL1500_.jpg
雰囲気がいいジャケ、としか言えないのですが好きなジャケです。

 ブラッド・メルドーはフロリダ州出身。1970年生まれの47歳。95年にデビュー作を発表して以来、現在まで19枚のアルバムを発表しているジャズ・ピアニストです。フリー・ジャズを交えた叙情的なメロディー展開が魅力。近年は様々なジャンルのミュージシャンとの共演作を発表しており、本作のその流れに乗っています。ジャズのみならず、クラシックやロックにも興味を持っており、しばしばジャンルを横断している点もポイント。

 クリス・シーリはプログレッシヴ・カントリーのグループとして知られるパンチ・ブラザーズのマンドリン奏者。そういえば、パンチ・ブラザーズの最新作はここでレビューしていたような・・・していましたね

 二人は共にノンサッチというレーベルに在籍しており、その縁でデュオを組んだのでしょう。

 ジャンルはジャズとなっていますが、メロディーはポップで優しいものが多く、とても聴きやすいです。収録曲はオリジナルとカバーが半々という構成。ディランの「Don't Think Twice, It's All Right」やビリー・ホリデイの「I Cover the Water Front」を取り上げています。マンドリン、ピアノ、ヴォーカルというシンプルな構成ながら、寂しいフォーク・ナンバからダイナミックで幻想的な、まるで初期ジェネシスのようなプログレ・ナンバーまで、表情豊かな楽曲群で楽しませてくれます。

 一粒一粒の音がくっきりしていてとても綺麗なピアノ。ブラッド・メルドーという存在を知ることが出来て良かったです。クリス・シーリの在籍するパンチ・ブラザーズの旧作共々、色々集めてみようかな。

 輸入盤で買ったのですが、日本盤が出ているらしくそちらではボートラも入っている模様。買い直そうと思います。

Chris Thile and Brad Mehldau - Don't Think Twice It's Alright (Dylan Cover)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカジャズフォークロック

MR.BIG/Defying Gravity

MR.BIG/Defying Gravity
2017年 アメリカ
『黄金期は原点では無かった。』

 今調べてみると自分のMR.BIG歴は『ACTUAL SIZE』までで終わっていました。一度の解散を挟んだものの、オリジナル・メンバーで再結成。通算8枚目のアルバムです。
718IlKkjkQL__SX355_.jpg

 プロデューサーには黄金時代を支えていたケヴィン・エルソンを起用。またパット・トーピーがパーキンソン病を患っている為、ドラムの録音にもサポートが付いています。

 「原点回帰」という煽りを前面に出している本作。アコースティックなバラードや躍動感とポップなメロディーが合わさったロック・チューンが収録されており、その意図は十分伝わります。元々、フリーの「MR.BIG」という曲名から取られたバンド名を冠しているだけに、ヘヴィなリフを主軸としたブルース・ロックがいくつか収録されているのがポイント。これがポップな楽曲よりも主張が激しい為、全体的には地味で渋い印象を受けてしまう結果に。『LEAN INTO IT』制作スタッフが再び集結、などと書かれているのでついつい比べてしまうのですが、華やかさ、曲のクオリティで足りていないと思います。とびきりポップなキラーチューンや有無を言わさぬ勢いが無いので仕方ありません。

 ただ比べることを止めれば、どっしりとしたグルーヴ感が楽しめるブルース・ロック作として十分な出来だと思います。変わらぬソウルフルな喉を披露しているヴォーカルを初め、
年相応の落ち着きを見せる各メンバーそれぞれの演奏は相変わらず素晴らしい。
『LEAN INTO IT』制作スタッフ云々を抜きにして、もう一度原点回帰というキーワードで連想すると、
ファーストってこういう地味で渋いアルバムだったかもしれない、などと思いました。

Defying Gravity
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロック

Peter Perrett/How the West Was Won

Peter Perrett/How the West Was Won
2017年 イギリス
『ルー・リードに憧れて。うつむき加減ロック』

 どこかで聴いたような、ニヒルで頑固そうな独り言ヴォーカル。これは、そう、ルー・リードのような、と思っていたら、ピーター・ペレットさんの新譜でした。お久しぶりです。

1970年代後半、3枚のアルバムを残して解散したパンク/ニューウェイヴ・グループ、The Only Ones。そのヴォーカルがピーター・ペレットです。ボブ・ディラン、ルー・リードに影響を受けたグループでした。2006年に再結成していますが、結局音源はリリースされることが無いまま、中心人物であるピーター・ペレットのソロ・デビューとなったようです。
887829085681_T2_Image.jpg

 冒頭で書いた通り、ボブ・ディランというよりはルー・リードもしくはヴェルヴェット・アンダーグラウンドの影響が表面に出ています。特に表題曲「How the West Was Won」はそのまんまと言っても過言ではない。ナイス。ヴォーカル・パフォーマンスはもちろんのこと、ディストーションたっぷり、ノイジーでサイケデリックなギター・ソロを中心とした、鬱屈としたバンド・アンサンブルも素晴らしい。
往年のファンはもちろんのこと、イギリスのシリアスなロックが聴きたいならば是非におすすめしたい一枚です。

How The West Was Won
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロックSSW