The Reverend Shawn Amos/Breaks It Down

The Reverend Shawn Amos/Breaks It Down
2018年 アメリカ
『リバーエンドで神父って意味なのか』

 渋いジャケに心惹かれてチェックしたアルバム。

 ジ・リバーエンド・ショーン・アモス、ショーン・アモス神父は現代のブルース・マンの一人。過去のブルースを検証、再解釈することを自身のスタイルとしているようです。神父と名乗るだけにゴスペルに造詣が深く、ソウルやロックの要素も多く取り込んでおり、シ
リアスなブルース音楽とは言えないものの、取っつきやすい音楽性が特徴です。

 ソロ名義ながら数名のギタリストの他、バンド・メンバーを招いて録音。いくつかの曲ではホーンセクションを加えています。
The-Reverend-Shawn-Amos-Breaks-It-Down.jpg

 アルバムは2曲のカバーと5曲のオリジナルで構成されています。1曲目「Moved」は三枚目のツェッペリンがやりそうな、ギター弾き語りによる静謐なスロウ・ブルース。響き渡るハーモニカが印象的です。2曲目「2017」はソウル色の強いロック・ナンバー。絞り出すようなヴォーカルとリズム・セクションによるグルーヴが一体となっています。表情の全く異なる2曲で掴みはオーケー。以降、バラエティーに富んだ構成で、滋養がありそうな、ワクワクするブルース・ロックで楽しませてくれます。

 ブルース・ミュージシャンではあるのですが、アルバート・キング的な雰囲気がする人。カバーの選曲はロック寄りでデヴィッド・ボウイ「The Jean Genie」エルヴィス・コステロ「(What's So Funny 'bout) Peace, Love, And Understanding」というラインナップ。前者はデカダンスな部分を残しながら、骨太なギターラインを強調してハードボイルドなブルース・ナンバーへと変貌させており、後者はキーボード主体のゴスペル・ナンバーへと仕上げています。特に「(What's So Funny 'bout) Peace, Love, And Understanding」はメロディーの美しさが際立っており、素晴らしい。

The Reverend Shawn Amos - 2017 (Official Lyric Video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカブルースロック

Shilpa Ray/ Door Girl

Shilpa Ray/ Door Girl
2017年 アメリカ
『ニューヨークの伝統、繋がる』

 やさぐれた女性ヴォーカルのロックンロール、という取っつきやすさに加えて、レゲエやヒップホップ、ニューウェイヴも取り込んだ多彩なバックグラウンドも持っているミュージシャン。
a3252093012_10.jpg

 シルパ・レイはニューヨーク、ブルックリン出身のSSW。幼少期、教会のゴスペルに触れることが音楽との出会いとなります。また自宅にあったハーモニウム(インドのオルガン)も、長い間彼女の遊び道具であったとのこと。ニック・ケイヴ・&・バッド・シーズの音楽を知ることで、パンク、ロックンロールの世界に魅了されていく彼女は、2004年にパンク・ロック・バンドShilpa Ray and her Happy Hookersを結成。数枚のアルバムを発表しています。バンドは2011年に活動停止となり、ここから新たなバック・バンドを編成してシルパ・レイ自身のソロ活動を開始。2015年にファースト『Last Year's Savage』を発表、本作はそれに続くセカンド・アルバムとなります。尚、彼女は影響を受けたミュージシャンとして、Nick Cave and the Bad Seeds, Warren Ellis, Jon Spencer Blues Explosion, Sharon Van Etten, Man Man, Nicole Atkins, Acid Mothers Templeといったメンツをリストに挙げています。

 古き良きニューヨーク・パンクの流れを汲む音楽性です。暗く寂しいメロディーと衝動的なビートが同居したスタイルは正しく王道。一方で先述したように、レゲエやヒップホップの要素を取り込んだ楽曲もあり、まるでポリスを彷彿とさせる部分もあり。抑揚をつけたヴォーカルは見事。ふくよかな声質。またハーモニウムを随所で活用しているのも特徴で、儚げな残響が美しいです。

Shilpa Ray "Morning Terrors Nights Of Dread
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロックSSW

Jimi Hendrix/Both Sides of the Sky

Jimi Hendrix/Both Sides of the Sky
2018年 イギリス
『そろそろ我に返るときか』

 何だか『First Rays Of The New Rising Sun』がリリースされたことが遠い昔のような、と思っていたら1997年のことでした。再びリリースされたジミ・ヘンドリックスの発掘音源集第5弾の登場です。

 これら未発表音源集は、それぞれテーマが設けられていたような気がするのですが、棚に収めてしばらく聴いていないでいると忘れています。今一度、自分の為に復習しておきます。
1.First Rays Of The New Rising Sun(1997) バンド・オブ・ジプシーズ解散(1970年1月)~ジミ死去(同年9月)までのセッションで残されたアイデアを中心にまとめられたアルバム。次回作になるはずだった構成に近いとされています。
2. South Saturn Delta(1997) 1967年~1970年の音源を収録。当時、未発表曲が多数収録されたアルバムとされていました。
3. Valleys of Neptune(2010) 1969年(エクスペリエンス末期)の音源を中心に構成。エクスペリエンスの次のアルバムを作るためのセッションの模様。ですが芳しい成果が得られなかった為、解散したのであるからして内容は薄い。タイトル曲はいい。
4. People, Hell and Angel(2013)1968年~1969年のニューヨーク録音を収録。バンド・オブ・ジプシーズの活動期と重なる時期のものとなります。トリオ編成を基本として、サックス奏者やスティーヴン・スティルスなどを迎えたセッション音源が特徴。

 上記のうち、1、3、4は「4枚目のスタジオ作」という文句がメディアで使われていました。何だか不健全。

 さて今回の第5弾。『Valleys of Neptune』以降のアルバムはアーカイヴ・シリーズと銘打たれており、本作は第三弾となるそうです。ややこしいかな。1968年~1970年の音源を収録。今回もスティーヴン・スティルスとのセッション音源が2曲(「$20 Fine」「Woodstock」)されています。目玉はジョニー・ウィンターとの共演「Things I Used to Do」。ずっしり来るブルースで、ジョニー・ウィンターのスライド・ギターが魅力的。ジミが楽しんでいることが伝わるところもポイントです。前述したスティーヴン・スティルスとのセッション音源も、同様に素晴らしい。他は玉石混淆で石多めな感じです。遺族がしっかりジミの音楽を守る、とのことですが、世に出すつもりのなかったリハーサル・テイクをバンバン出してしまうのは方針に沿うことなのか。結局これまでと同じ道を・・・・・・などと言うのは野暮かな。スタジオ音源としては初、と言われてもテンションがライブテイクと比べると落ちるので感動が薄い。
71xFa6hdSPL__SL1200_.jpg

このラインまで発掘するなら、最初から録音順に並べてリリースしてほしいとも思います。と、書いていて思いついたのですが、これまでリリースされた未発表音源を録音日時順にプレイリストに並べてSpotifyで公開すれば需要がありそう。

Jimi Hendrix - Both Sides of the Sky (2018) – Compilation Music
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

The Cribs/24-7 Rock Star Shit

The Cribs/24-7 Rock Star Shit
2017年 イギリス
『スティーヴ・アルビニ・プロデュース』

 イギリス出身、インディー・ロック・バンド、ザ・クリブスの7作目。

 2004年、ウェークフィールド出身のジャーマン3兄弟で結成されました。既に数回の来日公演を実現しており、イギリスはもとより日本での人気も高いグループです。
cribs.jpg

 自分は本作が初めてのザ・クリブス体験となります。本作はスティーヴ・アルビニによるプロデュース、更に5日間でレコーディングを終えたとの旨が宣伝文にて伝えられています。そのイメージ通りの正攻法なオルタナティヴ・ロックを披露。ほぼ一発録りならではの、臨場感溢れる演奏が楽しめます。掻き毟るようなギターを始めとする、演奏陣の蛮性も文句なし。荒々しいだけでなく、メロディーが甘く爽やかな所も魅力的です。思い入れたっぷりに歌うヴォーカルも素晴らしい。ずば抜けた個性の主張は無いものの、若者のロックらしい熱量をたっぷり楽しむことが出来るアルバムです。

Rainbow Ridge
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

Blastwave/This One Goes To Eleven

Blastwave/This One Goes To Eleven
2017年 フランス
『実はAC/DCフォロワーでした』

 酒焼けした女性ヴォーカルによるロックンロール・バンド。そのキップの良さばかりに耳が行きがちですが、隙間を埋めるがごとき速弾きを見せるギターも素晴らしい。
1511618796_cover.jpg

 ブラストウェーブ(衝撃波)は、2008年にデビューしたグループ。
Mélissa Castillon - Chant, Guitare
Fabien Castillon - Guitare, Choeurs
Cédric Etchenagucia - Basse, Choeurs
Jérémy Lavialle – Batterie
メンバーは以上4名。カスティヨン姓の二人は兄弟姉妹ですが、どちらが年長かは不明です。本作はセカンド・アルバムとなります。
maxresdefault.jpg

 ロックンロールと標榜していますが、音圧は完全にヘヴィ・メタル準拠のもの。分厚いリフが牽引して、リズム隊がスィングする様はAC/DCの如し。メロディーもかなりキャッチーで・・・・・・あれ、ギターは1本ですが意外と(バンド名を含めて)AC/DCフォロワーかもしれません。メロディアスな分ROSE TATTOOに近いかな。

Blastwave - Dream Vs Reality (Music Video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ フランスHR/HMロック