FC2ブログ

Florence + The Machine/ High As Hope

Florence + The Machine/ High As Hope
2018年 イギリス
『凄みで黙らせる音楽』

 2009年から活動しているロック・グループ、フローレンス・アンド・ザ・マシーン。なかなか音楽性を言葉で説明するのが難しい個性的なグループだと思います。本作での彼らは、ケイト・ブッシュのような自然の大らかさを含む神秘性と、ピンク・フロイドのような宇宙的サイケ・サウンド、クィーンのドラマ性を融合させたような音楽と書いておきます。これまでに3枚のアルバムを発表しており、これで4枚目。
91dEm7sCA_L__SY355_.jpg

 主役であるフローレンス・ウェルチの歌唱は、瑞々しい高音を力強く発声しており、相変わらず強力です。キーボード、シンセサイザーの洪水がサウンドの肝となっています。全10曲それぞれが4分台程度でまとめられているのに関わらず、フローレンスの圧力なのか、緩急の激しい構成ゆえなのか、とにかくスケールの大きさを感じさせられます。圧倒される密度の濃さから、只者でない貫禄が伝わってくるわけですが、聴きやすいと言えないのも正直な所。ポップさが後退しているのが要因でしょう。ただしスタジオ音源の迫力で圧倒する力量は本物。キャッチーではない為、日本受けはしなさそうですが、ライブを見てみたくなります。

Florence + The Machine – Hunger
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

ミッキー・カーティスと侍/侍

ミッキー・カーティスと侍/侍
1971年 日本
『プログレ日本代表として』

 プログレッシヴ・ロック黎明期であった1970年代初頭に活躍していたグループ、侍のアルバム。本作はイギリスではデビュー作として、日本ではセカンドとして、リリースが前後しています。ユニバーサルが1000円で廉価再発してくれたので(ニッポンの名作シリーズ)ファーストと共に2枚セットで購入しました。
UPCY9740.jpg

 日英混合のメンバーによるオルガン、フルート、琴を交えた泥臭さが残るアンサンブル。全編英詞。英ブルース・ハード・ロックの影響を多分に残しつつ、ピンク・フロイドやキング・クリムゾンを彷彿とさせるドラマテイッックな叙情を加えたサウンドが特徴です。時間が経過した現在の耳で聴くと、オーソドックスな英プロフレの模倣という感想になりますが、数年遅れていた当時の日本のシーンを考えると、野心的なアルバムだったのでしょう。英プログレ以上にカッチリした構成や、「Boy With a Gun」の冒頭のような日本的な旋律に、イギリスに乗り込んだ日本代表の印を感じることが出来ます。

 セカンド作『河童』も合わせて紹介します。イギリスから帰国した1971年に録音された本作。前作の時点で大作が多い7曲という構成でしたが、こちらは全5曲とより傾向が顕著になっています。ヴォーカル・パートも少なくなってインプロヴィゼーションがより強化されて、聴き応え十分。沖縄音階を取り入れた楽曲「誰だった」では日本語詞を採用しています。ただし歌というよりも語り。この曲に限らず、侍はミッキー・カーティスのヴォーカルが非力な為、ネックとなっています。日本での録音であるにも関わらず、英アンダーグラウンドの空気感が充満しているのが印象的。またファーストよりもヘヴィ・ロック化しているのもポイントです。個性という部分ではもう一つ足りないですが、英プログレの標準レベルに達している佳作。

VISION OF TOMORROW
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ロック

The Interrupters/Fight the Good Fight

The Interrupters/Fight the Good Fight
2018年 アメリカ
『ストレートなスカ・パンク』

 カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動するスカ・パンク・グループ、インタラプターズのサード・アルバム。これまでのアルバム同様、今回もRANCIDのティム・アームストロングがプロデュースを担当しています。

 女性ヴォーカル、エイミー・インタラプターをフロントに据えた4人組。2011年に結成して以来、メンバー不動で活動を続けており、2010年代のスカ・パンク・グループを代表する存在となっています。
71xVXNIPQ6L__SX355_.jpg

 レゲエのリズムを取り入れた、キャッチーでノリの良いパンク・サウンドはRANCIDの流れを汲んだもの。折り重なるコーラス、乾いたドラムが印象的なアンサンブルは、切れ味が鋭く、無条件でテンションを上げてくれます。エイミーのダミ声ヴォーカルがカッコよく、アップ・テンポの楽曲にハマっているのもポイント。2分台の楽曲が大半を占めており、一気に駆け抜けるような構成も気持ちいい。

Title Holder
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロック

Olden Yolk/Olden Yolk

Olden Yolk/Olden Yolk
2018年 アメリカ
『激しさを秘めたサイケ・フォーク』

 男女二人によるフォーク・デュオのデビュー作。
a2914267243_10.jpg

 メンバーはシェーン・バトラー、ケイティー・シャファーの二人。二人とも、ボストンを拠点で活動しているサイケデリック・インディー・ロック・バンド Quiltのメンバーです。シェーンは作曲を担当、ケイティーはマルチの楽器奏者という役割分担。

 Quiltの幻想的でダルーなサイケデリック・ムードはそのまま持ち込まれており、且つアコースティックなサウンドを強調した内容。男女どちらもヴォーカルはヴォリュームを抑え目にしており、儚げでメルヘンチックな風情を醸し出しています。ネオアコ的とも形容できる。穏やかなパートでは70年代っぽさも顔を出していますが、全体的にはオルタナ以降のダークなガレージ感が支配。マルチの奏者が居るのですが、デュオなので、演奏は少し淡々としているのが残念なポイント。ただ、緩急の切り替え、メリハリの付け方がうまく、且つ楽曲間の繋がりがスムーズなので、集中を切らさず一気に聴き通せるところは素晴らしい。曲の出来は良く、さすがベテランの手腕と感じました。2月にリリースされており、ずっと心に引っ掛かっていたのですが紹介できてよかったです。

Olden Yolk - Vital Sign [Official Video]
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカフォークロック

V.A./文藝ミュージシャンの勃興

V.A./文藝ミュージシャンの勃興
2002年 日本
『勤労感謝の日に聴きたい歌』

 文藝ミュージシャンって何だろう、ということがこのCDで分かるかというと、それはさっぱり分かりません。原朋信、田辺マモルが監修に加わっており、その周辺の人脈が採用されている感じの人選です。帯にあるような「美人に貢がせ、原稿破る」文士に憧れて、という訳でもなさそう。ただ、生活が感じられる内向的な音楽という部分では統一感があり、心地よく聴くことが出来るコンピレーションです。尚、文藝ミュージシャンということで、参加した面々には数ページが与えられており、短編小説やエッセイなどを読むことが出来ます。おそらくかつての文士が編纂していたという同人誌をリスペクトして仕上げたものなのでしょう。楽しい読み物になっています。
PSCR-6088.jpg

 実はマーガレットズロースの未発表曲「三度の飯より」が入っていたので購入したCDでした。収録曲17曲のうちには、その他にもいくつかの貴重な曲が含まれています。アンダーグラウンドなミュージシャンが多いので、そのファン向けという意味で、ですが。

 一番のお気に入りになったのは、ニーネの「俺も4トンに乗るぜ」。物流の仕事に就いて、4トントラックで家族を支える男の歌のような体裁ですが、その実、4トントラックで大きな荷物を運ぶがごとく、自分の音楽で皆を楽しませてやるぞ!という泥臭い青さが炸裂した素晴らしい歌となっています。勤労感謝の日に聴きたい歌。そういえば、来週末にニーネのライブに行きます。

動画はありませんでした。

関連するタグ 日本フォークロック