FC2ブログ

Saint Chameleon/ Mockingbird

Saint Chameleon/ Mockingbird
2018年 オーストラリア
『さびれた味わいがくせになるオリエンタル・ロック』

 トリオ編成のロック・バンド、セイント・カメレオンのデビュー作をご紹介。
61co0aDGxUL__SX355_.jpg

 今回は公式hp及びフェイスブックでしか、情報収集が出来ませんでした。

 2000年代後半、後に中心人物となるルーカス・クストスがストリート・ライブを開始。2010年、もう一人の中心人物であるルカ・スルゼールとルーカスがオーストラリア、グラッツの街で出会う。ジャズ、ブルース、ロック等多岐にわたる音楽を好んでいた両者は意気投合して、音楽活動を二人で開始することになる。音楽都市であるグラッツにはたくさんの音楽家が集まって来る。エミリアーノ・サンパイオ(トロンボーン)、カエタン・カメンジャセビッチ(ベース)、フランチェスコ・ドニネッリ(バイオリン)、ティロー・シヴァーズ(ピアノ)、デイビッド・ドレスラー(ドラム)といった面々を加え、5か国の国籍を持つメンバー達による7人組グループとなった。これが2015年のこと。

 というプロフィールが載っているのですが、肝心のルカとルーカスの二人の担当楽器が掛かれておらず。恐らくギター&ヴォーカルと鍵盤奏者だとは思うのですが。5か国の国籍の内訳なども欲しかったところですが記載は無し。ディスコグラフィーも不明ですが、過去音源が見つかることからセカンド・アルバムだと思います。

 トム・ウェイツ、マディ・ウォーターズ、ベイルート(ワールド要素のある米ロック・バンド)をフェイバリットに挙げています。

 リラックスしたブルース、フォーク要素はトム・ウェイツ、オリエンタルな雰囲気の跳ねるパーカッション、ゆったりしたリズムなどワールド要素はベイルートという感じ。多国籍グループらしいごった煮サウンドです。落ち着いた低音のヴォーカル、ジャジー且つオリエンタルな演奏がとてもカラフルなアンサンブル共に魅力的。トム・ウェイツからの影響を感じさせる、場末のバー的な、気安い雰囲気もグッド。

Mockingbird - Saint Chameleon
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ オーストラリアロックポップス

村八分/くたびれて

村八分/くたびれて
1971年 日本
『おどろおどろしい日本語ロック』

 1971年のデモをまとめて1991年にリリースされたもの。その最新リマスター盤が2018年に登場しました。外道同様、村八分もスルーしていた自分は、再びこの機会に購入した次第です。正直に言います。英米の60~70年代の黄金期のロックを体験した後、それらをなぞった日本語ロックンロールを聴いても刺激が無いのでは、と少ない小遣いをやりくりしていた高校時代には思っていたのです。
120d3dc29122e529528b.jpg

 村八分はローリング・ストーンズ、それも中期辺りに影響を受けているようです。分かりやすいところでは「あやつり人形」はイントロから「悪魔を憐れむ歌」を彷彿とさせる仕上がり。ただし、すっとぼけた歌い方で繰り出されるユーモアを含んだ歌詞、暗くアンダーグラウンドな雰囲気はストーンズとは異なるものがあり、聴き応え十分。またタイトル・ナンバー「くたびれて」は日本らしい侘しさを感じさせる素晴らしいバラードです。サイケデリック文化(色々)に浸って作られた日本語ロック、その凄みを感じることが出来ました。

あっ!! from 『村八分 / くたびれて (2018 remaster)』
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ロック

Lake Street Dive/Free Yourself Up

Lake Street Dive/Free Yourself Up
2018年 アメリカ
『鍵盤奏者が加わり、落ち着いたポップさを身に付けた新作』

 ローリング・ストーンズやフェイセス、ハンブルパイなど、ソウルやファンクに影響を受けた英ロック・グループ。レイク・ストリート・ダイヴはそれら英ロック・グループに影響を受けているソウルフルなロック/ポップ・グループです。前作、前々作とレビューしていますが、今回はメジャー第二弾となります。
41Jb085nWGL__SS500.jpg

 今回のアルバムより鍵盤奏者がメンバーに加わったとのこと。これまでのセッション・プレイヤーが参加していたのですが、より比重が高まり、グルーヴが増しています。落ち着いたシャッフル・ナンバー「Shame, Shame, Shame」バラード「I Can Change」ビート・ロック「Dude」と3~5曲目の流れでも顕著なように、引き出しの広い楽曲群による緩急の付いた構成も、鍵盤奏者が加わった成果でしょう。力押しが前作までほどでは無い分、ポップで聴きやすい仕上がり。女性ヴォーカル、レイチェルもパワフルさよりも表情に気を配った表現に比重を置いている印象で、カチッとまとまったバンド・アンサンブルを含めて、ベテランらしい円熟の魅力を放っています。昨年、初来日をいつの間にか果たしていたそうなのですが、残念ながら見逃してしまいました。今度こそ行ってみたい。

Lake Street Dive - "Hang On" [Live Performance]
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロックポップス

Tomorrow's Gift/Goodbye Future

Tomorrow's Gift/Goodbye Future
1973年 ドイツ
『ドイツのサイケど真ん中』

 ドイツのごった煮プログレッシヴ・ロック・グループ、トゥモロウズ・ギフト。誰も覚えていないと思うのですが、以前ファースト・アルバムを紹介したことがあります。一昨年の記事ですね。そこで「ちなみにセカンドもあるのですが、どんな内容だったか覚えていないので・・・お察しください。」などとバッサリ切っていたセカンド・アルバムを再び入手。「確かつまらない内容だった気がするが、大好きなトゥモロウズ・ギフトだけにもう一度確かめてみよう。」と思い立った次第です。今回の記事はややマニアックになりますので、前作のレビューを読んで頂けると分かりやすいと思います。
PGL-9429.jpg

 このセカンド、まず大幅な変更点として前作のメンバーが二人しか残っていません。残ったベースとキーボードが新しいドラムを加入させて、バンドを続行させたという訳です。前作でベタ褒めしていた看板女性シンガーもいません!この時点で戦意喪失気味ですが、一応聴いてみましょう。

 フリー・ジャズ気味のサイケ、プログレサウンドで、なるほど前作からの連続性も感じられます。プロデューサーに独サイケのキーパーソンである、コニー・プランクが参加していることもあり、サウンド・コラージュがたっぷり施されたカオスな音楽となっています。ピンク・フロイドやフランク・ザッパからの影響を多大に受けたグループが多かった、この時期のドイツ。そのサンプル事例として本作も挙げられるであろう内容。本作単体をイカれたサイケ音楽と評価出来るかな、とも思うのですが、如何せんファーストの鮮烈なイメージがあるので、やっぱり沈んでしかるべきでしょう。『Goodbye Future』というタイトル通りの結果になりました。

Der Geier Fliegt Vorbei
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ドイツロック

外道/外道LIVE

外道/外道LIVE
1991年(1976年録音) 日本
『伝統を守った王道』

 邦楽の廉価盤企画「ニッポンの名作1000」にて再発された1枚。自分はこれまで、暴走族のカリスマ的なイメージから外道のことを敬遠しており、今まで積極的に聴こうと思いませんでした。今回は廉価再発ということで、これまで聴けなかった外道に初めて挑戦してみようと思います。
515MI0OHHVL__SX355_.jpg

 1973年に活動を開始したトリオ編成のロック・グループ、外道。2枚のアルバム(ファーストはライブ盤)を残して1976年に解散したとのこと。本作はそんな短い活動期間の中より、1974年と1975年のライブ音源と1976年の解散ライブを収録しています。

 ツェッペリンやエクスペリエンスを彷彿とさせるブルース・ロック。全く奇をてらっておらずストレートなブルース・ロック、ハード・ロック、ロックンロールが並んでいます。粘っこくブルージーなギターが素晴らしい。歌詞もシンプルですが日本語を乗せるということが挑戦だった時代なのだと思います。既に60年代のブルース・ハード・ロック・ムーヴメントは過去となっていた、この時代に於いて、このようなエネルギーに満ち溢れたライブが見ることが出来たなら、人気が出るのは納得。鳥居、着物にメイクなど視覚的なインパクトがあったら、もっと驚いていたことでしょう。
関連するタグ 日本ロック