racoustik/ざわめく木々の音楽

racoustik/ざわめく木々の音楽
2012年 日本
『内省的なブラジル音楽風』

 2004年から2005年くらいに掛けて活動していたTwellveというポップ・グループ。男女二人の作曲者を擁して、カラフルでジャジーなシティ・ポップが魅力的でした。ピアノやギターなど演奏も洗練されており「これはいいグループが出て来たな。」とワクワクしていたのですが、ファースト・アルバムのリリース後は音信不通に。本作はTwellveの作曲担当であった阿部仁のプロジェクト、racoustikのセカンドとなります。
268x0w.jpg

 名前から察せられる通り、弾き語りをベースとしたアコースティックな音楽集。レコーディング・メンバーにはシーナアキコ(key)やTwellveのメンバーであった石井清貫(g)が名を連ねています。スティールパンが参加する曲もあり。前グループからの連続性を感じさせつつ、よりプライベートな肩の力を抜いた感じが伝わります。キーボードによる隙間の埋め方、コーラスの付け方が洗練されていて素晴らしい。ブラジル音楽への傾倒が印象的でグルーヴィ。そんな中、エレキギターが入ると突然埃っぽくなるのが面白い。ヴォーカルは少し煮え切らない感じがあるのですが、相変わらずいい曲を書いてくれています。Twellveの時の期待を上回るような、素敵な音楽を期待。

racoustik/音階と雨@青山CAY120730

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本SSWポップス

アニス&ラカンカ/Aniss and Lacanca with the Chill Hearts

アニス&ラカンカ/Aniss and Lacanca with the Chill Hearts
2012年 日本
『幻想的でのどかなポップ・ミュージック』

 見汐麻衣のソロ作を購入した際、存在を知ったデュオ作。『広大なファーム広がるニュージャージーからやってきた、仲良し姉妹デュオ!16歳の妹アニスと18歳の妹ラカンカから突然の贈り物』(公式より)というお話のもと、見汐麻衣とmmmの二人が制作したアルバムです。フォーク、エレクトロ、サイケと音楽性に共通項が多い二人なので、相性は良さそう。

 録音・ミックス・マスタリングをWATER WATER CAMELの田辺玄が担当。バック・ミュージシャンには山本達久(drums, percussion)、千葉広樹(electric bass, double bass, percussion) 、坂口光央(rhodes, piano)の三人。1曲のみゲストとして宇波拓(electric guitar)が参加しています。英語詞4曲日本語詞5曲の計9曲。
48797509.jpg

 全曲がアニス&ラカンカ名義になっていますが、埋火、mmmソロ、双方からの連続性が感じられる、幻想的でのどかなポップ・ミュージックが楽しめます。二人の緩いコーラス、掛け声、意図的に籠った録音などでトロントロンな聴き心地。一方で演奏面は達人を起用しているだけに引き締まっていて、楽曲後半に突如熱いセッション・タイムが挟み込まれるなど、レイラのような展開が楽しめる楽曲もあり。

アニス&ラカンカのテーマ - Aniss&Lacanca's Theme
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップスSSW

Graham Gouldman/Animalympics

Graham Gouldman/Animalympics
1980年 イギリス
『ディスコ・ブームに乗っかってもメロディーのおいしさは不変』

 10ccのメンバーとして活躍したグレアム・グールドマン。60年代にはブリティッシュ・ビートの4番手以降のグループ、例えばホリーズやハーマンズ・ハーミッツなどに楽曲を提供していた作曲家としても知られています。そんな彼のソロ作と言えば1968年の『Graham Gouldman Thing』が有名ですが、今回はセカンドに当たる1980年作『Animalympics』をご紹介。このアルバムは聴いたことが無かったので。
https___images_genius_com_5d52714bee99d3d0351aac6f44f17b9f_864x864x1.jpg

 コミカル且つディスコティックな1曲目に面食らって、ちょっと調べてみたところ、どうやら10cc活動休止中(エリックの交通事故による)に引き受けたアニメ映画のサントラ仕事だったようです。ビーチボーイズをディスコ化した「Underwater Fantasy」でハッとして、グールドマンお得意の甘いバラード「Away From It All」を聴くころには、あれ、これ結構いいのでは、と手のひらを返していました。シンセドラムがぴきゅんぴきゅんしていたり、時代を感じさせる音ではありますが、グレアム・グールドマンのポップセンスは不変。大満足です。

Love's Not For Me
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスポップス

Sarah Lesch/Da Draussen

Sarah Lesch/Da Draussen
2017年 ドイツ
『巻き舌たっぷり、実にドイツ人らしい歌いぶり』

 ハード・ロックの世界では一大勢力であるドイツ勢。しかしドイツのポップス、それも女性歌手となると、今日ではほとんど話題となっていない気がする。やっぱりドイツ語がネックなのだろうか。なのだろうなぁ。あの巻き舌での「イッヒ!」の雄々しさたるや。胸キュンは出来かねるイメージがある。どうやら、僕もそう思っていたようだ。今日、紹介するドイツの女性歌手、サラ・レッシュ。彼女の場合はどうだろう。巻き舌たっぷり、実にドイツ人らしい歌いぶり。ドイツ人だからこれでいいのだ。
268x0wbbb.jpg



 1986年アルデンブルグにて生まれ、現在はライプチヒにて音楽活動をしているシンガーソングライター、サラ・レッシュ。息子の為に新約聖書に曲を付けた歌を作ったことが切っ掛けとなり、学校の教師からミュージシャンへの転身を果たしたそうです。2012年にデビュー作、2015年にセカンドを発表しており、本作はサード・アルバムとなります。

 ピアノ弾き語りをベースにした楽曲にバンド・アレンジを施した録音。ドイツ民謡、ゴスペル、カントリー、ブルースなどが入り混じった音楽性はなかなかのアクの強さ。加えて彼女のヴォーカルは演劇のような豊かな表現力を発揮しており、テンションの高い内容となっています。もちろん終始、巻き舌で唸っているわけではなく、爽やかなファルセットや朗らかな歌声もたっぷり入っており、くるくる変わる表情が楽しい。引き込まれます。

Sarah Lesch - Da Draussen
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ドイツポップス

Nona Reeves/ MISSION

Nona Reeves/ MISSION
2017年 日本
『早い新作を遅く紹介』

 ワーナー復帰第一弾アルバムとのこと。1年半ほどのインターバルを経ただけで新作が届くことには驚きます。凄い。ジャケの色合い、イラストからも原点回帰な雰囲気が漂っている印象を受けました。
61DzZRkgFoL__SX355_.jpg

 シンセやプログラミングを駆使した音の重ね方が相変わらず緻密です。聴くたびに新しい音に気が付いたり、快感を得るポイントが変わります。また、ゲストを迎えての新鮮さの演出はいつも通り。多様性の演出と共に、グループの刺激となっているのでしょう。

 リズム寄りだった前作『BLACKBERRY JAM』から引き継いでビートが強力。曽我部恵一参加曲である『未知なるファンク』を始め、グルーヴィーな曲が多いです。ヴォーカルのテンションは高く、まるで岡村靖幸のように聴こえる瞬間があり。ただし甘さやポップなメロディーが健在なので、楽曲は親しみやすいものばかり。演奏はビシバシ、キビキビとしていて気持ちいい。肉感的という印象です。抜群にキャッチーな音楽なはずですが、アクが強い。 

NONA REEVES 『Sweet Survivor』
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップスソウル