スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

Amber Mark/3:33am

Amber Mark/3:33am
2017年 アメリカ
『21世紀型エキゾチックソウル』

 ジャズ、ソウル、エレクトロといったジャンルを融合した新世代R&B。彼女の場合、インド音楽やゴスペル、ラテンの要素が加わっており、民族音楽色が濃いことが特徴です。スペーシーでありながら、とても土着的な聴き心地は新鮮。

 アンバー・マークは宅録型のシンガー・シングライター。マンハッタン在住。ジャマイカとドイツのハーフとして生まれ、現在23歳です。2016年からサウンドクラウド上で制作した音源を公開しており、スポティファイにてチャート上位に浮上。今回のデビューEPリリースへと繋がりました。
1500x1500.jpg

 自身の音楽性をR&Bトライバルと表明しており、民族色の強さを個性としています。太くクリーンな歌声による、爽やかなメロディーが民族色の強いリズムと絡み、カラフルなR&Bサウンドを生み出しています。ヴォーカルの加工、打ち込みも含めて、パソコン上でトラックを繋ぎ合わせたプログラミングが施されており、クリーンで洗練されたサウンドが印象的。鮮やかさは格別なのですが、トライバルを売りにするならばもう少し生々しさを残しておいても良かったかも。シャーデーとケイト・ブッシュを掛け合わせたような楽曲群は素晴らしい出来栄えで、全6曲のEPとしては大満足。次のフル・アルバムにも期待です。

amber-mark-2-1-810x524.jpg
Monsoon (Official Video) ft. Mia Mark

続きを読む(動画があるよ) »
スポンサーサイト
関連するタグ アメリカポップスソウル

ハンバートハンバート/家族行進曲

ハンバートハンバート/家族行進曲
2017年 日本
『眩しい、眩しすぎる。なんだこの光は!』

 長いこと、追いかけて来たグループであるハンバートハンバートの新作。企画盤『FOLK』は除外するとして通算9枚目のアルバムです。

 『むかしぼくはみじめだった』はカントリー路線を追求したアルバムでしたが、その一方で、このグループならではの厳かさ(おごそかさ)が表面に現れていたと思います。対して新作。まず収録曲のタイトルから申しますと、「がんばれ兄ちゃん」「あたたかな手」「ぼくも空へ」「おうちに帰りたい」「ひかり」「台所」等々、アットホーム。数曲以外は文字通りのアットホームな曲が並んでいます。何故だ?何故だ?そこでアルバムのタイトルが『家族行進曲』だからか!と気が付きました。当たり前なのですが、ハンバートハンバートの持つ優しさの部分が前に出る分、厳かさや毒はほぼ無くなっているのは寂しい。パーカッション、ペダルスティール、フィドルなどによる演奏は柔和でほのぼのとしており、リズムは緩やかです。これまでになくポップな音作りがされていると感じました。平和、幸せが歌われており、新しいファンにも受け入れやすそう。
f5948c9174b317.jpg

 ただ個人的には物足りません。もちろん、家族行進曲のテーマと僕の環境が相容れないから、ということはあります。(あります)しかし何より、僕はハンバートハンバートの不遇な環境での忍耐、毒を歌った曲が好きだったことが判明しました。これまでも本作に収録されているようなピースフルな曲はあったのですが、忍耐、毒のテーマと混ぜ合わされて提供されていたのでほのぼの出来たのです。これだけ幸せナンバーが固まって来られると、自分が長男だったことを思い出す「がんばれお兄ちゃん」を筆頭に、色々と精神的にダメージを追ってしまう次第。不遇ソングの名手、佐藤良成のメイン・ヴォーカルは本編にはありません。ボートラ的に置かれている、前作収録曲の「横顔しか知らない」の別バージョンが、自分にとってはオアシス。
 
 わたしには眩しすぎましたが、ハンバートハンバートの親しみやすい魅力が凝縮したアルバムです。自分の家族の場合に置き換えてしまうぐらい、丁寧な描写の歌詞も素晴らしい。

 リハビリにクニ河内の『僕の声が聞こえるかい』でも掛けようかな。

がんばれ兄ちゃん
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本フォークポップス

Pokey LaFarge/Manic Revelations

Pokey LaFarge/Manic Revelations
2017年 アメリカ
『ウキウキ気分にさせてくれる』
 
  自らの音楽ジャンルについて、カントリー、ブルースとアーリー・ジャズを21世紀流で、と記しているポーキー・ラファージ。50年代のキャバレー音楽やパブロックのような市井の人々に囲まれて育まれたような、親しみやすさと軽快さがあります。
pokey-lafarge-manic-revelations.jpg

 ポーキー・ラファージは1983年生まれの33歳、イリノイ州ブルーミントン出身。子供時代に祖父の影響から、バンジョーとギターを始めます。しかし彼の夢はアメリカ文学の作家になることで、スタインベックなどの名作を読みながらアメリカの歴史を学ぶ過程で、ブルース、カントリーに触れることになったそうです。その後、近所のピザ屋で演奏しているブルースマンからの影響で、いよいよアメリカのルーツ音楽への興味に目覚め、バンドを組むことになりました。2006年にバンドを率いてのソロ・キャリアをスタート。現在まで7枚のアルバムを発表。既にアメリカのみならず、世界の音楽ファンからtoe-tapping music(足でリズムを取りたくなっちゃう音楽)と呼ばれ、親しまれているとのこと。本作は8枚目となります。
530217475.jpg

 今回のアルバムではトランペット、ユーフォニアム、チューバ、ピアノ、サックス、ベース、クラリネット、フルート、グロッケンシュピール、エレキギター、ドラム、パーカッション、洗濯板、アップライトベース、ハーモニカなどを使用する、7人編成のバンドを組んで制作しています。穏やかながら心地よい低音が素晴らしいヴォーカルは、古き良きアメリカを想起させるもの。冒頭に記したアメリカン・ルーツ・ミュージックの他に、所々でウエスタンも混じっています。既に8枚のアルバムを出しているだけに、この音楽が芯まで馴染んでいるのが良く分かります。まだ来日したことが無いみたいですが・・・・・・来ないかな。

Riot In The Streets
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSWポップスカントリーブルース

Jessica Gabrielle/Crazy

Jessica Gabrielle/Crazy
2017年 フランス
『タイトル曲は今年を代表する名曲』

 エイミー・ワイングラスとジョス・ストーンを足して割ったような、と現地のメディアから形容される新人ソウルSSW。スマートで涼やかなソウル・ミュージックはヨーロッパならではのものです。ハキハキとしたパワフルな歌唱は表情豊か。影のあるメロディーが印象的な楽曲群にはローラ・ニーロやキャロル・キング、リンダ・ルイスなど、ポップスからの影響も感じさせます。
414QZa63rNL__SS500.jpg

 フランス系アメリカ人、ジェシカ・ガブリエルはコロラド州で生まれ、現在はフランスのパリに移住しています。活動開始時期については不明ながら、2012年にはデンバーの歌唱コンテストの最終候補まで残った経歴があり。アルバム・デビュー前から幾多の歌唱コンクールに応募しているものの、残念ながらファイナリスト止まりだったようです。本作はコツコツと書き溜めていた自分の楽曲をまとめたファースト・アルバム。
jessica_gabrielle_crazy_2017a.jpg

 既に書きましたが、ソウルというよりはソウルフルなポップスという印象。ピアノ弾き語りに、適時ストリングス、バンドを足した編成で録音されています。後ほど紹介しますが、表題曲「Crazy」の出来が圧倒的。他の曲も悪くはないのですが霞んでしまいます。ただデビュー作にして、素晴らしい曲を作ることが出来たのは僥倖。これからの活躍が期待される新人SSWです。

CRAZY

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ フランスSSWポップス

ぶどう÷グレープ/おやつの隠し場所

ぶどう÷グレープ/おやつの隠し場所
2016年 日本
『集大成だから安定のいつも通り』

 日本のニューウェイヴ、テクノ・ポップ・バンド、ぶどう÷グレープの最新作。前作のレビューはこちら

 インフォによるとデビュー10周年とのこと。自分はサードからファンになりましたが、リリース間隔が短いのでまだ10年しか経っていなかったのか、という印象です。先行して発表されていたシングル曲10曲をリマスタリングして収録しているとのこと。
81_gZfpxTlL__SX355_.jpg

 インフォでは集大成のアルバムと呼ばれており、シングル曲を集めた甲斐のあるバラエティーに富んだ内容です。とは言え、ピコピコ・シンセと個性的なくみんこのヴォーカルの強力な記名性があるので、ぶれは全くありません。大きな驚きこそ無いものの、いつも通り、アヴァンギャルドでポップなぶどう÷グレープが楽しめます。集大成が終わった次のアルバムも楽しみです。

 イギリスでのライブ映像がyoutubeで公開されていたので、チェックしたのですが自然に受け入れられていてすごかったです。
すってんころりん、すってんころりん、の熱唱にほのぼのとしました。

運命のバス
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ロックポップス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。