OPUS AVANTRA/INTROSPEZIONE

OPUS AVANTRA/INTROSPEZIONE
1974年 イタリア
『久しぶりに聴いても芸術的』

 イタリアン・ロックを代表する名盤の一つ。ただあまりにも芸術的な為、馴染めず手放してしまう。それでもジャケの美しさ、存在感に引き寄せられて再び購入。そんなことをどうやら繰り返して4回目。紙ジャケSHM-CDになったオパス・アヴァントラが再び我が家にやってきた。
opus_avantra.jpg

 「ある夜、僕はドネラ・デル・モナコに会った~(中略)この夢を見たのは4年、あるいは5年前のことだった。」で始まる本作のライナーはいつ読んでも凄い。へぇ、ドネラさんに会ってインタビューでもしたのかな・・・と思いきや夢でしたー!という流れはもちろん、夢の話から始めるという度胸。ドネラ・デル・モナコが夢に出てくるという愛情。山崎尚洋さんは凄い人だ。僕は大好きなジミー・ペイジの夢もピーター・ガブリエルの夢も見たことが無い。

 本作はヴォーカル、ドネラ・デル・モナコとキーボード、アルフレッド・ディソッコによるユニット、オパス・アヴァントラのファースト・アルバム。クラシック、現代音楽、演劇の要素を混ぜ合わせたプログレッシヴ・ロックをやっている。芝居がかったドネラ・デル・モナコのヴォーカルは表情が豊かで怖い。かきむしられるピアノやヴァイオリンも加わり、曲が進むにつれ狂乱の度合いは増していく。しかしながら、牧歌的で優雅なメロディーを持ったヴォーカル・ナンバーがひょっと挟まれたりして、こちらの気持ちをグラグラと揺さぶってくる。イタリアらしい過剰さがてんこ盛り、久しぶりに聴いても芸術的だった。もう手放さないと思う。思う?

Ah! Douleur
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イタリアプログレ

Little Tybee/Little Tybee

Little Tybee/Little Tybee
2016年 アメリカ
『スーパーテクニカルなのにほのぼの系』

 ソフトな裏声の男性ヴォーカルの心地よさとは裏腹に、バックでは複雑なタッピングを披露する8弦ギター、フィドル、グロッケンなどが乱舞。ハイレベルなテクニックを交錯させたインプロヴィゼーションがビシバシと披露されているにもかかわらず、緊張感は無し。晴れ晴れと爽やかな聴き心地が不思議で癖になります。

 リトル・タイビーはアトランタを拠点に活動しているグループ。メンバーは以下の通り。

• Brock Scott - Vocals, Piano, Acoustic Guitar
• Ryan Donald - Electric Bass, Double Bass
• Pat Brooks - Drums, Percussion
• Josh Martin - Eight-String Electric Guitar
• Nirvana Kelly - Violin, Viola
• Chris Case - Keyboards
03-og.jpg

 2008年に結成されており、3枚のアルバムをリリースしており、本作は4作目となります。自身の音楽を「エクスペリメンタルなプログレッシヴ・フォーク」と表現している彼ら。
メンバーは6人ですが、アルバム毎に管楽器やペダル・スティールなど多彩な楽器のゲスト・プレイヤーが参加しています。
a0861533862_10.jpg

 一糸乱れぬインプロヴィゼーションは凄いですが、複雑なことをしていると感じさせないさりげなさがもっと凄い。アコースティックな編成なのでフォークと言われればそうかな、とも思えますがどちらかと言えばプログレ寄りのサウンドです。ロマンティックなメロディーが多用されており、イーソスなど70年代米プログレを愛聴している方へもお勧めできそう。

Languid
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカプログレ

TOMMOROW’S GIFT/ TOMMOROW’S GIFT

TOMMOROW’S GIFT/ TOMMOROW’S GIFT
1970年 ドイツ
『ジャーマン・ハードの知られざる名作』

 今から15年くらい前のこと。私は70年代ブリティッシュ・ロックの名作は全て聴き終えてしまった、と嘆いていた。実際はまだ聴いたことのないアルバムが沢山あったのだけれども。次はどうしよう、という時にMSIがリリースしてくれたのがジャーマン・ハード・ロックの名作群。その頃、ドイツのセカンド・バトルというレーベルが70年代のドイツ産ハード・ロックを大量に再発してくれており、それをMSIが解説を付けて発売していたのだ。暗くドロドロとしたサイケデリック且つブルージーなジャーマン・ハードの魅力にハマり、それらMSIのカタログは制覇。「もっとだ、もっとジャーマン・ハードをくれ!」という欲求により、今度はMSIがチョイスしなかったセカンド・バトルのカタログにも目を付けることに。当然、残念なアルバムも多かったもののその中でお宝もあった訳です。それがトゥモローズ・ギフト。今日、ご紹介するアルバムです。
tomorrows.jpg

 トゥモローズ・ギフトはオルガン&メロトロン、フルート、女性ヴォーカルを含むドイツのハード・ロック・グループ。2管登場(一部楽曲のみ)して絡み合うフルート、リフを延々と紡いでいく70年代ハードの流れを踏襲したソリッドなギター、ドタバタと暴れるドラム、煙たいオルガン、シリアスな女性ヴォーカルによる白熱のバンド・アンサンブルがかっこいい。3分以下の短い曲と8分以上の長い曲が混在しており、目玉はやはり長尺曲。楽曲というよりも、各パートがせめぎ合うインプロヴィゼーション中心の内容ながら、高いテンションで一気に聴かせます。

 長らく入手困難だった本作ですが、2016年に遂に再度のCD化が実現。ロング・ヘアーよりボートラ追加でリリースされています。おすすめ。ちなみにセカンドもあるのですが、どんな内容だったか覚えていないので・・・お察しください。

Riddle In A Swamp
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ドイツHR/HMプログレ

I POOH/OPERA PRIMA

I POOH/OPERA PRIMA
1972年 イタリア
『元ビート・グループのラブ・デビュー』

 イ・プーも廉価盤化で再購入したものの一つ。今回はあまり聴いていなかったメジャー・デビュー作を取り上げます。

 1966年にビート・グループとして登場して以来、現在も活動している国民的グループ。日本ではプログレッシヴな音楽性を持った70年代の作品群が人気であり、本作はその最初の作品となります。
tumblr_m3j78iz26O1qd7b7bo1_500.jpg

彼らの特徴であるメンバー全員がヴォーカルを担当することと、オーケストラとの共演は本作から導入されています。とは言え、次作以降のドラマティックの粋を極めたアレンジと比べれば、まだ素朴さが残っています。イタリア特有のドタバタとしたドラムを始めとしたバンド演奏は鋭さがありますし、ヴォーカルは得意とするメンバー全員のリレー方式はまだ控えめで、ほとんどの曲がソロで歌われています。

 甘美なメロディーでしっとりと歌い上げるラブ・ソング。それを盛り上げる華麗なオーケストラ・アレンジ。久しぶりに聴きましたが、王道ラブ・ソング集という趣がありストレートな姿勢に好感が持てます。まぁ若干もたれる感じもしますが、たまにはこういうのもいいでしょう。

 さてyoutube動画の時間です。巷ではシングル・カットされた2曲「Pensiero」「Tanta Voglia Di Lei」が人気で、これは確かに素晴らしい曲たち。しかしここは敢えて他の曲にスポットを当ててみたいと思います。

Il Primo E L’ultimo Uomo
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イタリアプログレ

OSANNA/Milano Calibro 9

OSANNA/Milano Calibro 9
1972年 イタリア
『極上の現実逃避』

 廉価盤化の波はプログレにまで押し寄せています。『Progressive Rock SHM-CD Collection』として、2015年に1300円で数々の名盤が再発されていました。ラインナップは何度も再発されているものばかりだったので、目新しさこそ無いものの高音質盤でのこの価格は、新規のファンにはうれしいはず。また自分の様に金欠の際、ついついプレミアがついた紙ジャケを売ってしまい、それっきりになっていた、あまりよろしくないファンにとってもありがたい。オザンナ、やっと買い戻せた。
ossanna.png


 レビューが山ほどあるオザンナの名作だけに、解説はサラッと書くだけにしておきます。70年代のイタリアを代表するグループの一つ、オザンナが72年に発表したセカンド・アルバム。同年に公開された映画『ミラノ・カリプロ9』のサントラとして、映画音楽家ルイス・エンリケス・バカロフと組んで制作されています。またオーケストラとの共演曲があることもポイント。禍々しいヘヴィネスが魅力の彼らの作品群の中では、異色のドラマティックさを持ったアルバムです。

 冒頭2曲はルイス・エンリケス・バカロフによる作・編曲がされたナンバー。オーケストラとの共演なのですが、不穏なバンド・アンサンブルとオーケストラとの混ざり合わないぶつかり合いがスリリング。オザンナは躁鬱が極端に繰り返されるのが持ち味ですが、その個性がより強調されたクセになる2曲です。ドロドロのギター・ソロも素晴らしい。その後に続く7楽章構成のヴァリエーションは、オザンナ本来の持ち味を生かした、ヘヴィ・ロックなインプロヴィゼーション。映画に使われたものでは無いのですが、サントラらしく映像をイメージさせる幻想的な音楽となっています。

Canzona
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イタリアプログレ