Jessica Gabrielle/Crazy

Jessica Gabrielle/Crazy
2017年 フランス
『タイトル曲は今年を代表する名曲』

 エイミー・ワイングラスとジョス・ストーンを足して割ったような、と現地のメディアから形容される新人ソウルSSW。スマートで涼やかなソウル・ミュージックはヨーロッパならではのものです。ハキハキとしたパワフルな歌唱は表情豊か。影のあるメロディーが印象的な楽曲群にはローラ・ニーロやキャロル・キング、リンダ・ルイスなど、ポップスからの影響も感じさせます。
414QZa63rNL__SS500.jpg

 フランス系アメリカ人、ジェシカ・ガブリエルはコロラド州で生まれ、現在はフランスのパリに移住しています。活動開始時期については不明ながら、2012年にはデンバーの歌唱コンテストの最終候補まで残った経歴があり。アルバム・デビュー前から幾多の歌唱コンクールに応募しているものの、残念ながらファイナリスト止まりだったようです。本作はコツコツと書き溜めていた自分の楽曲をまとめたファースト・アルバム。
jessica_gabrielle_crazy_2017a.jpg

 既に書きましたが、ソウルというよりはソウルフルなポップスという印象。ピアノ弾き語りに、適時ストリングス、バンドを足した編成で録音されています。後ほど紹介しますが、表題曲「Crazy」の出来が圧倒的。他の曲も悪くはないのですが霞んでしまいます。ただデビュー作にして、素晴らしい曲を作ることが出来たのは僥倖。これからの活躍が期待される新人SSWです。

CRAZY

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ フランスSSWポップス

Spitzer/Loose Cannons

Spitzer/Loose Cannons
2017年 フランス
『バグルスとクラフトワークを合体させたような』

 バグルスとクラフトワークを合体させたような、親しみやすくレトロな電子音楽デュオをご紹介。

 フェイスブックは見つけたものの、フランス出身であることと兄弟であることくらいしか素性が明かされておりません。結成時期、拠点都市、ディスコグラフィーなど全て不明。リリースの痕跡が無いので恐らくデビュー作と思われます。
61ChUU5015L__SR600,315_PIWhiteStrip,BottomLeft,0,35_SCLZZZZZZZ_
公式ページでは、蛾が口から出てくる動画がジャケットとして紹介されています。
アルバム・ジャケットの絵を動かしてネット上で公開する時代が来ました。
動くべきかどうかはともかくとして、この絵ではあまりそそられませんでした。

 ヴォーカル曲とインストが混在しています。冒頭、クラフトワークを引き合いに出していますが、ロボットボイスではありません。語りかけるような落ち着いた歌声。AC/DCのアンガス・ヤングのようなギターリフをシンセサイザーで演じており、他にもトロッグスの「Wild Thing」調の曲があったりと、荒々しい70年代ロックのモチーフをスマートな電子音楽へ変換しているのが特徴です。感情を抑えたヴォーカルとシンセ、電子音だけでありながら、キャッチーなメロディーが散りばめられているので親しみやすさは抜群。

Spitzer live in the living room.  Monkey (Talkie)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ フランスエレクトロ

Clea Vincent/Retiens mon desir

Clea Vincent/Retiens mon desir
2016年 フランス
『生音を大事にしたシンセサイザー使い』

 先日、ダニを紹介したばかりですが、再びフランスのミュージシャンをご紹介。2014年にEP2枚をリリースしており、既にフレンチ・ポップ・マニアからは注目を浴びていたクレア・ヴィンセントが満を持してデビュー作を発表しました。

 クレア・ヴィンセントはパリを拠点に活動するクリエイター。ジャズ・ピアニストとしても活躍しているとのこと。

 フランスらしい、エレクトロ要素満載のミニマルでポップなダンス・チューンを指向している彼女。特に90年代以降のフランス産エレクトロ・ポップスからの影響を受けている模様です。今回のアルバムでは作曲メンバーとしてタヒチ80のラファエル・レジェを迎えていることもポイント。
clea_vincent_cover-1_1140x484.jpg

 フレンチ・エレクトロには欠かせない煌びやかなシンセサイザーはオンオフのメリハリが効いており、ピアノやコーラス、サックスなど生音の味わいを電子音が消さないよう配慮が行き届いています。ジャズに通じているだけに、フュージョン、AORのような洗練された雰囲気をところどころで醸し出しており、それも個性となっています。加えて爽やかですっきりと通る歌声も素晴らしい。

 個性を出すのが難しいジャンルなので、最近は自分もあまり取り上げなかったのですが、本作の出来は素晴らしかった。
a0844091756_10.jpg

Achète le moi
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ フランスポップスエレクトロ

Dani - La nuit ne dure pas

Dani - La nuit ne dure pas
2016年 フランス
『ニューヨークにはニコが居た。ロンドンにはマリアンヌ・フェイスフルが居た。パリにはダニが居る。』

という、ハッタリ満点のタタキに釣られてみました。

 本作はパリを拠点にシャンソン歌手として活動しているダニのデビュー作です。
年齢不詳ですがアルバム・ジャケットから察するに20代でしょう・・・・・・と思ったら、ご老人のようです。
彼女は60年代の英米仏ポップスのみならず、
映画、写真といった文化全体からから多大な影響を受けたとのこと。
当時の思い出、世界観に入り込むあまり、
シャンソン歌手としてデビューしてしまったという人物のようです。
フランス語によるフェイスブックと公式ページ以外には、
情報が得られず、分かったのはこのくらいです。
La-Nuit-Ne-Dure-Pas-Digisleeve.jpg
※上のジャケットはダニの若い頃の写真と思われます。かっこいい!

 ストリングスを交えた、優雅で退廃的なフレンチ・ポップスをやっており、
控えめながらシャンソンの要素も残っています。
男性的とも言えるハスキー・ボイスが特徴的で、
ニコとマリアンヌ・フェイスフルを引き合いに出すのも納得の声質。
心落ち着かせる素晴らしい歌声です。

 弾き語りのアコースティック曲からデジタル・ビートが入ったエレクトロまで
幅広いサウンド・アレンジがされており、バラエティー豊かな内容。
ベルリン時代のデヴィッド・ボウイにも通じる、デカダンスなムードで統一されているので、
個性が取っ散らかっている印象はありません。
60年代に没頭しているダニが現代のポップスとして生み出した楽曲群には、
懐古趣味になり切らない・・・・・・60年代がそのまま続いているかのような新鮮さが備わっています。

 まだまだ情報が少ないダニという歌手。存在感は十分です。
ニコ、マリアンヌ・フェイスフルを引き出すにふさわしい物語を生み出すことが出来るのか、
などと考えましたが、このアルバム・デビューまでの変遷が既に物語なのかもしれません。

Etoiles et revers
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ フランスポップス

Ladybug and the Wolf/Mammatus

Ladybug and the Wolf/Mammatus
2016年 フランス
『あのモコモコしたのが乳房雲さ!』

 「てんとう虫と狼」というバンド名、「乳房雲」というアルバム名、共に印象に残るいい名前だと思います。

 レディバグ・アンド・ウルフはフランス、サン=テティエンヌ出身の男女デュオ。ディープ・フォーク・ロックを標榜している彼らは、2013年にデビューして以来2枚のEPを発表しており、今回のアルバムがデビュー作となります。
a0025366319_10.jpg

 ディープ・フォーク・ロックからてっきりサイケデリック、アシッドの方向を想像していましたが、エレクトロ、チルアウトの方向へのディープでした。

 女性ヴォーカル(レディ・バグ)がリードを取っています。儚げながら凛とした歌声が素晴らしい。ウルフはバッキング及びピアノ、アコギ、ヴァイオリンなどで伴奏を務めています。二人のシンプルなパフォーマンスの隙間に電子音が入り、より幻想的なサウンドに仕上げているのが特徴です。70年代英フォークから影響を受けている(フォーク・ロックを標榜しているのですからフェアポート・コンベンションなどでしょう)とのことで、牧歌的で爽やかなメロディーが散りばめられています。また、ゴシックなムードが強調されている曲がいくつかあり、ダークな世界観を演出。なるほどディープ・フォークと納得させられます。トラディショナルに拘るよりも、ポップでキャッチーなアレンジを心掛けているので、親しみやすい内容。ちなみに歌詞は英語詞です。
photoLAWO.jpg

Have a bite on me
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ フランスフォーク