FC2ブログ

Olden Yolk/Olden Yolk

Olden Yolk/Olden Yolk
2018年 アメリカ
『激しさを秘めたサイケ・フォーク』

 男女二人によるフォーク・デュオのデビュー作。
a2914267243_10.jpg

 メンバーはシェーン・バトラー、ケイティー・シャファーの二人。二人とも、ボストンを拠点で活動しているサイケデリック・インディー・ロック・バンド Quiltのメンバーです。シェーンは作曲を担当、ケイティーはマルチの楽器奏者という役割分担。

 Quiltの幻想的でダルーなサイケデリック・ムードはそのまま持ち込まれており、且つアコースティックなサウンドを強調した内容。男女どちらもヴォーカルはヴォリュームを抑え目にしており、儚げでメルヘンチックな風情を醸し出しています。ネオアコ的とも形容できる。穏やかなパートでは70年代っぽさも顔を出していますが、全体的にはオルタナ以降のダークなガレージ感が支配。マルチの奏者が居るのですが、デュオなので、演奏は少し淡々としているのが残念なポイント。ただ、緩急の切り替え、メリハリの付け方がうまく、且つ楽曲間の繋がりがスムーズなので、集中を切らさず一気に聴き通せるところは素晴らしい。曲の出来は良く、さすがベテランの手腕と感じました。2月にリリースされており、ずっと心に引っ掛かっていたのですが紹介できてよかったです。

Olden Yolk - Vital Sign [Official Video]
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカフォークロック

V.A./文藝ミュージシャンの勃興

V.A./文藝ミュージシャンの勃興
2002年 日本
『勤労感謝の日に聴きたい歌』

 文藝ミュージシャンって何だろう、ということがこのCDで分かるかというと、それはさっぱり分かりません。原朋信、田辺マモルが監修に加わっており、その周辺の人脈が採用されている感じの人選です。帯にあるような「美人に貢がせ、原稿破る」文士に憧れて、という訳でもなさそう。ただ、生活が感じられる内向的な音楽という部分では統一感があり、心地よく聴くことが出来るコンピレーションです。尚、文藝ミュージシャンということで、参加した面々には数ページが与えられており、短編小説やエッセイなどを読むことが出来ます。おそらくかつての文士が編纂していたという同人誌をリスペクトして仕上げたものなのでしょう。楽しい読み物になっています。
PSCR-6088.jpg

 実はマーガレットズロースの未発表曲「三度の飯より」が入っていたので購入したCDでした。収録曲17曲のうちには、その他にもいくつかの貴重な曲が含まれています。アンダーグラウンドなミュージシャンが多いので、そのファン向けという意味で、ですが。

 一番のお気に入りになったのは、ニーネの「俺も4トンに乗るぜ」。物流の仕事に就いて、4トントラックで家族を支える男の歌のような体裁ですが、その実、4トントラックで大きな荷物を運ぶがごとく、自分の音楽で皆を楽しませてやるぞ!という泥臭い青さが炸裂した素晴らしい歌となっています。勤労感謝の日に聴きたい歌。そういえば、来週末にニーネのライブに行きます。

動画はありませんでした。

関連するタグ 日本フォークロック

Stables/Reverie

Stables/Reverie
2018年 イギリス
『youtube動画大盛の巻』

オルタナティヴ・フォーク・ポップと自身の音楽を表現する二人組のデュオ、ステイブルズによるセカンド・アルバムです。

 2009年より活動しているフォーク・グループ、Keston Cobblers Club。彼らはロンドン、ブロムリー地区ケストンを拠点にしています。その中心メンバーであるロウ兄弟の片割れ、マシュー・ロウとダニエル・トレンホルメが組んで2016年よりステイブルズとして活動している、というのがバンド結成の由来となります。サイモンとガーファンクル、フリートウッド・マックという二つのグループを影響元としてフェイスブックに載せており、目指すフォーク・ポップのルーツを何となく察することが出来ます。
0012292909_10.jpg

 二人はアコギ、パーカッションもしくはピアノまたはシンセをそれぞれ担当しており、曲によってはフィドルを足しています。上品でほのぼのとしたメロディーは上記のルーツが反映された爽やかな聴き心地。朗々として落ち着いた歌声も素晴らしい。オルタナティヴたる由縁である、シンセサイザーやプログラミングによるエレクトロなさざ波も楽曲を盛り立てる演出として上手く作用しています。
R-11172290-1511689402-4613_jpeg.jpg

Stables - Reverie (Official Music Video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスフォーク

DAVEY & MORRIS/ DAVEY & MORRIS

DAVEY & MORRIS/ DAVEY & MORRIS
1973年 イギリス
『トロトロに溶かされる、これがトニー・フーパー・プロデュース作の威力だ!』

 ヨーク・レーベルからリリースされたトニー・フーパー・プロデュースによる、男女デュオ作。エコーやストリングス、コーラスを駆使した夢見心地なフォーク・サウンドを生み出すトニー・フーパー・プロデュース作品がまた一つ、復刻されました。

 デュオ名義ですが、ストローブスの面々が参加しているバンド録音となっています。トニー・フーパー自身がストローブスの中心人物だったため、橋渡し役となったのでしょう。チェロやオルガンはもちろん、曲によってはメロトロン、バンジョー、ブズーキも入る多彩な編成が楽しめます。

 幽玄な調べの古楽器、格調高いストリングス・アレンジが代わる代わる登場する幻想的なサウンドは、トニー・フーパー作品ならではの味わい。
RY170803BP01.jpg

 爽やかさと憂いを同居させた優しい歌声も魅力的。楽曲では中盤に挟まれているビートリッシュなポップ・ナンバー「Window」「Who Stole My Land」辺りが素晴らしい。総じて主張が控えめな牧歌的なフォークであり、トニー・フーパーのプロデュース・ワークにマウント・ポジションを取られている感じがヒシヒシと伝わってしまう出来栄え。期待通りの音楽性に満足です。

Who Stole My Land
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスフォーク

Ray Materick/Sidestreets

Ray Materick/Sidestreets
1972年 カナダ
『うつむき加減の散歩ジャケ、そのままの内容』

 カナダ人SSWとして知られる、レイ・マテリックのソロ・デビュー作。2009年にBIGPINKよりCD化されておりました。トニー・コジネク、ブルース・コバーン等々ときて、やっとレイ・マテリックを聴くときが来た、という感じです。

 レイ・マテリックはオントリオ州出身。生年は調べることが出来ませんでした。神父の息子として生まれたため、1940~50年代に掛けて、教会音楽のダンス・バンドにて吹奏楽を嗜んでいたとのこと。シンガーソングライターとしては、本作を皮切りに70年代に4枚のアルバムを発表しており、その後も息の長い活動をしています。現在はピース・オン・アースというトリオ編成のフォーク・グループで活動中。ご健在です。
23760a5b.jpg

 さて、本作について。概ね、バンド演奏で録音されています。カナダのSSWらしい、というべきなのか、内省的なバラードが素晴らしい。厳しい冬を耐え抜くような辛抱強さをアコギの旋律と、歌声から感じることが出来ます。時折、挟み込まれるアップテンポでの激情迸るヴォーカルは鮮烈で、いいアクセントとなっています。教会音楽由来であろう、ゴスペルのような高揚感のあるコーラス、清々しいピアノも特徴。地味だけれども、うつむき加減の散歩ジャケにピンと来たなら、一度聴いてみてください。

Goodbye
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ カナダSSWフォーク