Imperial State Electric/All Through The Night

Imperial State Electric/All Through The Night
2016年 スウェーデン
『枯れ具合が最高』
imperialstateelectricallthroughcd.jpg

 ハイ・ペースでリリースを続けているインペリアル・ステイト・エレクトリック。本作で5枚目となります。インペリアル・ステイト・エレクトリックについては3RDリリース時の記事をご覧ください。(4枚目は出ていることに気が付いていませんでした。これから聴きます。)

 ロックンロールのルーツを探究するのが彼らのアイデンティティー。これまでもカントリー要素が強い曲はありましたが、今作ではもはやロックンロールには収まらない、本格カントリー・ロックも収録しており、一皮むけた感じがします。女性コーラスの華やかさ、スライド・ギターの哀愁、ホンキートンク調のピアノ、ダンディなヴォーカル、と彼らの魅力が満載。ファスト・チューンでの疾走感、キャッチーなサビのメロディーも健在で、渋味を増しつつもエネルギッシュな魅力は失っていません。
ob_5f7108_ise-2016-color1-photo-johan-bergmark.jpg

Break it down
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM

Dust/ Soulburst

Dust/ Soulburst
2016年 スウェーデン
『デイヴィッド・カヴァデールがAC/DCに加入したら、みたいなやつ』

 久しぶりのHR/HM新譜になります。このバンドはかっこいい。AC/DCのようなブギーをやるかと思えば、ラッシュや70年代スコーピオンズのようなドラマ性を持ち合わせている。加えて、ヴォーカルがデヴィッド・カヴァーデルのような強靭な喉で、ブルージーなパフォーマンスを披露。70年代のイカツイハード・ロックが好きならば、外さないアルバムでしょう。

 ダストはスウェーデン、ストックホルムを拠点に活動しているグループ。2014年にファーストを発表しており、本作は2枚目。アティテュード・レコードというマイナー・レーベルに所属している4人組です。音楽性は先に挙げた通り、70年代に影響を受けた、温故知新ハードロックをやっています。
dust1.jpg

 浮き出ている血管が音の向こうから見えそうなハイトーン・シャウト、重々しいギター・リフとリズム隊による、ミドル・テンポ曲が中心。マノウォーにも匹敵しそうな暑苦しさで、3曲ほどで胃がもたれてしまう破壊力です。おかず多めのドラム、一糸乱れぬリフ使いのギターなど、一級のテクニックによるバンド・アンサンブル。強力なヴォーカル。そして、ミドル・テンポ曲を続けても、飽きさせない引き出しの多さ。(もたれてしまうって書いてますけれども)曲はどれもパワー・メタル系としての水準に達した佳曲ばかり。

 課題は各楽曲ごとに影響を受けたバンドが透けてしまうことでしょうか。オリジナリティの確立にはまだ至っておりません。しかしながら、若々しいエネルギーは伝わってきますし、これまで引き合いに出したバンドが好きなら、ニンマリしてしまうこと間違いなし。これからの活躍に期待。来日する日を心待ちにしております。

Waiting for you
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM

BLUES PILLS/Lady In Gold

BLUES PILLS/Lady In Gold
2016年 スウェーデン
『まだまだこれからだ』

 70年代ハード・ロックを継承する音楽性で、注目を集めたブルーズ・ピルズの新作が到着。こういった音楽性のグループを指して「古ロック」と書いてあるのをBurrn!で読みました。うーむ、分かりやすい。そういう呼称が出るくらい色々なグループが出現しているということでしょう。当ブログでもいくつか取り上げていますが、これは楽しくなってきました。
 エリン・ラーソンの歌声は相変わらず強力無比。ヴォーカル、演奏共によりパワフルになっており、特にオープニングからの2曲ではギター・リフを強調しているのでAC/DCを彷彿とさせました。大会場でのパフォーマンス経験を積んだ成果か、スタジアム・ロックを演奏する大物のような風格が漂っています。
BluesPills2016-e1461317629242.jpg

 ただ楽曲に関しては不満もあり。特に前半、大味なブルーズ・ナンバーが多めであるのが気になるところ。余韻やハッタリを大事にして曲が冗長になってしまう罠にハマっているように見えます。一方で後半にはブルーズ、ソウルの泥臭いグルーヴをグネグネと感じさせながら盛り上がる曲が控えており、特に「Bad Talkers」から「You Gotta Try」への流れは最高。こっちをオープニングにした方が良かったのではないか、と感じました。まだ10回ほどしか聴いていませんが、レビューで楽曲への苦言を呈したファーストの方が総合的に楽曲の出来は良かったです。
 こういった古ロックはどうしても雰囲気優先で入ってしまいがち。まして彼らブルーズ・ピルズの佇まいと来たら最高なのですから・・・・・・次こそは私のような口うるさい頑固爺をだまらせるアルバムを作っていただきたい。このアルバムも悪くはありません。それでも、彼らの真価はもっと凄まじいはずだと信じています。
I Felt A Change
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM

Honeymoon Disease/The Transcendence

Honeymoon Disease/The Transcendence
2016年 スウェーデン
『フロントの女性2人がかっこいい北欧HR期待の星』

 本日は北欧ハード・ロックンロールの雄、ハネムーン・ディシーズをご紹介。
彼らはスウェーデン、イエテボリ出身の4人組グループ。
本作はデビュー作となります。

 音楽性は伝統的な北欧ハード・ロックンロールでヘラコプターズ等に連なるスタイルです。
疾走するギター・リフ、キンキンと跳ねる鍵盤、激しくロールするリズム隊、
そして高揚感溢れるキャッチーなメロディーを歌い上げるクリアーな高音ヴォーカル。
王道です。

彼らは70年代のハード・ロック、
特にディープ・パープルやゴールデン・イヤリングから多大な影響を受けているとのこと。

hmd-003.jpg
スウェーデン・カラーに身を包むメンバー。この写真、抜群にかっこいい!

 まずジェナのヴォーカルが素晴らしい。
ハキハキと良く通る歌声はハイトーン且つパワフル。
海外メディアのレビューにはハートのアン・ウィルソンを例えとして挙げていましたが、
自分はラッシュのゲディ・リーを思い出しました。

 演奏面ではメロディアス且つブルージーなソロ(アシッド、二人目の女性メンバー)
を披露するギターが際立っています。

二人を中心として
(前述した通りの)伝統的なハード・ロック・サウンドを生み出しています。
付け加えるならば
洗練されたギター・リフ重視のスタイルはNWOBHM辺りを彷彿とさせるところもあり。
硬派な様でいて、キャッチーなサビをここぞとばかりに入れる曲構成は、非常に北欧的。
またタイトで引き締まったバンド・アンサンブルながら、
女性のバック・コーラスを導入していたりとアレンジにも気を使っています。

HONEYMOON DISEASE - Higher (Official Video) | Napalm Records
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM

Royal Republic/Weekend Man

Royal Republic/Weekend Man
2016年2月 スウェーデン
『とことんキャッチーな北欧ロックンロール・バンド』

 跳ねるビートとシャウトするヴォーカルが気持ちいい。
シンプル且つキャッチーな、ロックンロール・サウンドが楽しめるアルバムです。

 ロイヤル・リパブリックはスウェーデン、マルメを拠点に活動するハード・ロック・バンド。
4人編成。結成は2007年でこれまで3枚のアルバムを発表しています。

今なお盛んな北欧ロックンロール・シーンより、デビューして来たグループ。
それだけに、エッジの効いたハード・ロック・サウンドで、
伝統に則った英ビートを鳴らしているのが音楽性の特徴。
今回のアルバムまでに、世界規模で支持を得ており、僕は完全に出遅れたみたいです。
royal-republic.jpg

 けれん味たっぷりのヴォーカルは、ロック・スター然としていてかっこいい。
疾走するビートを打ち付けるリズム隊、うねるようなリフを次々に被せるギター。
バンド・アンサンブルはヘヴィ且つダイナミックです。
メリハリを付けて細かく入れ替わる左右チャンネル、エコーなど、
スタジオでの編集にかなり力を入れているのも印象的。
少し臨場感は損なわれますが、ハッタリが効いていてワクワクさせるサウンドに仕上がっています。

 前述の通り、英ビート(キンクスなど)をお手本にしていますが、
それだけでなく古き良き映画音楽やスラッシュ・メタル、パンクなど様々な要素を吸収。
中でも所々で登場する北欧トラッド風のメロディーは、楽曲の魅力を高めています。
素朴でほのぼのとする味わいはもちろんのこと、
曲調がギア・チェンジするつなぎ目の役割も果たしており、曲作りの巧さに感心しきり。


「When I See You Dance With Another」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HMロック