Eric Bibb/Migration Blues

Eric Bibb/Migration Blues
2017年 スウェーデン
『暗闇に寄り添うアコースティック・ブルース』

 1951年生まれの現在65歳となったエリック・ビブ。彼の新作が素晴らしい出来だったのでご紹介。

 エリック・ビブはニューヨークで生まれ育ち、後にスウェーデンへ移住。70年代からブルースマンとして活動を開始します。フォーク・シンガーの父を持っていたエリック・ビブは、様々な音楽の影響を受けており、その中でもタジ・マハールのことを最も敬愛しているとのこと。連名を含めると既に30枚以上ものアルバムをリリースしているベテラン・ブルース・シンガーです。90年代後半から活動をますます活発化させており、わたしはこの辺りから聴き始めました。前作2014年作『Blues People』以来、3年振りの新作です。カナダのブルース・シンガーのマイケル・ジェローム・ブラウンやフランスのハーモニカ奏者、JJミルトゥがゲストとして参加しています。
BIBB_MigrationBlues_livret.jpg

 静謐なアコースティック・ブルースをやっています。戦前ブルースには無い後ろ暗さが宿っており、これはカントリーの根源であるアイリッシュのルーツから来るものだと感じました。ギターはもちろんのこと、優しく震える歌唱が素晴らしい。静かな深夜、寝る前に耳を傾けるのがおすすめ。

Eric Bibb interview and acoustic session - Migration Blues
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンブルース

Troubled Horse/Revolution On Repeat

Troubled Horse/Revolution On Repeat
2017年 スウェーデン
『誇張気味な所も素晴らしいヴィンテージHR作』

 マシンガンの応酬のようなツイン・ギターと、けれんみたっぷりにシャウトするヴォーカル、うねるリズム隊。70年代のハード・ロックを彷彿とさせる、荒々しく埃っぽいバンド・アンサンブルが素晴らしい。
troubled-horse-revolution-on-repeat-300x300.jpg

 トラブルド・ホースはスウェーデン、オレブロ出身のヴィンテージ系ハード・ロック・グループ。ウィッチ・クラフト(70年代の機材まで集めてアルバムを録音したことで知られる)のメンバー3人が、よりヴィンテージ色の濃い音楽性を目指して結成したのが、トラブルド・ホース。結成当初はベースが居たのですが、現在のメンバーにはギター二人、ヴォーカル、ドラムの4人しか居ません。2012年にデビュー作を発表しており、本作は2枚目となります。
rar_troubledhorse.jpg

 アルバムにはベース、オルガンも加わっています。全編、男くさいハード・ロックが楽しめる内容。最初に書いたことでほぼ全てですが、加えるならブラック・サバスを彷彿とさせるスローで巻き付くようなギターリフや、ジューダス・プリーストのようなメロディックなツイン・ギターが随所で登場。緩急のメリハリがハッキリした楽曲展開と相まって、ドラマティックな印象を与えます。ライズ・アボブやメタルブレイドと契約しているヴィンテージ・ハード・ロック・グループということで期待していましたが、これは素晴らしいクオリティ。

Hurricane
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM

Bai Bang/Rock of Life

Bai Bang/Rock of Life
2017年 スウェーデン
『ほぼ王道アメリカン・ハード』

 開放的な王道ハード・ロック振りに、てっきりアメリカのグループかと思いましたが、スウェーデンでしたか。1988年から活動している、メロディック・ハードの古参グループとして知られるバイ・バンの新作をご紹介。
20170308_ce2c17.jpg

 4人編成で活動しており、本作は8枚目となります。オリジナル曲の他、ELOのカバー「Telephone Line」を収録。
メロディー、節回しは、デフ・レパードやボン・ジョヴィの影響を感じさせます。
音圧が高いスタジアム・ロック風のバンド・アンサンブルは、個人的には少し聴き疲れするというのが本音。憧れの部分がはっきり露出してしまっている分、個性という点ではもう一つ足りないのも事実。それでも黄金期のハード・ロックへの思い入れがあれば、満足させてくれる貫禄の演奏、歌唱があります。

Only the Best Die Young (Acoustic Version)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM

Art Nation/Liberation

Art Nation/Liberation
2017年 スウェーデン
『ヨーロッパから現れた、強力な新人ハード・ロック・グループ』

 北欧出身らしい爽やかなメロディック・ハードはもちろん、アメリカン・ハードっぽい骨太な王道ハード・ロックも堂々と演奏。ハード・ロックのグループとしては久しぶりの大物の予感がします。

 イエテボリ出身の5人組。宣伝文ではサミー・ヘイガーを例に出されるほどの実力派シンガー、アレクサンダー・ストランデルがオーディションで選ばれたのを期に結成されたようです。2015年にデビュー作『Revolution』を発表しており、本作は2枚目。日本デビューは本作となりますが、既にヨーロッパでは数々の賞にノミネートされており名声を高めています。
81INGHJXuSL__SY355_.jpg

 要はやはりヴォーカル。クリーンな高音を力強く発声する逸材です。このヴォーカルを活かすべく、ドラマティックな楽曲群が用意されており、それぞれハード・ロック・ファンのツボを心得た構成が為されているのがポイント。この辺りはプロデューサー、ジェイコブ・ハーマンやミックス担当者達による助太刀の成果が見えます。余りにも手堅くこなれているので、新人だけで生み出されたものとは思えません。北欧ハードらしく、クラシカルな速弾きを披露するギター、ラウドにうねるリズム隊も素晴らしい。
27012.jpg

 手堅過ぎて新人らしい溌剌さが足りないような気もしますが・・・・・・欠点らしい欠点は見当たらず、この手の音楽が好きなら外さない出来です。ファイアーハウス(1st)とストラトヴァリウスを足して割ったようなナイスなハード・ロック。

Ghost Town
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM

Jim Jidhed/ Push On Through

Jim Jidhed/ Push On Through
2017年 スウェーデン
『あのエイリアンの初代ヴォーカルがそれっぽいアルバムを!』

 珍しく北欧勢が続けて登場。でも順番逆にすれば良かったかな。ごめんなさい、今日はマニアックです。1980年代後半に登場して話題となった北欧ハード・ロック・グループ、エイリアン。その初代ヴォーカルを務めていた男、ジム・ジッドヘッドによる新作ソロ作です。
 
 エイリアンのファーストが発表された1988年(あるいは翌年だったかも)、木更津から新宿まで遠征して輸入盤店でファースト・アルバムを購入して以来、ずーっと聴き続けてきたエイリアン。クッサイなー、ダッサイなー、と思いつつも、その哀愁のメロディーの素晴らしさに「それでも好きだよなー。」とどっぷりハマっていたグループでした。
 
 エイリアン自体は数作で解散したものの、2014年に再結成を果たしているようです。そしてジム・ジッドヘッドですがファースト・アルバムの高評価を経て脱退。以降、ソロとして活動を続けていたとのこと。ただ、リーダーのギタリストが曲を作っており、加えて後任のヴォーカルも素晴らしい技量を持っていたので、これまで気にしたことはありませんでした。そして忘れた頃に偶然耳にしたのが本作という訳です。
 JIMJ.jpg

 1回聴いただけでこれは聞き覚えがあるぞ、と感じました。彼の声はもちろんですが、哀愁たっぷりのメロディアス・ハード・サウンドが郷愁を誘います。ジムは長らくAOR路線で頑張っていたとのことですが、ここに来て突如の原点回帰。さすがに80年代当時よりも枯れた声質ながら哀愁味は健在で魅力的なヴォーカルが堪能できます。楽曲に関してはエイリアンほどの爽やかさは無く、ちょっと暑苦しいところもあり。ですが、クサさ、ダサさ共に申し分ないメロディーが満載で、往年の雰囲気は十分に楽しめます。バンド演奏は速弾きをビシバシ披露するギター(これが暑苦しさの元になっていますが)を中心に、華やかでキレのあるアンサンブルを聴かせてくれます。

If We Call It Love
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM