FC2ブログ

Spiders/Killer Machine

Spiders/Killer Machine
2018年 スウェーデン
『クリップでのカッコよさは抜群』

 WITCHCRAFT~TROUBLED HORSEと、ヴィンテージ・ハード・ロック・グループを渡り歩いてきたギタリスト、ジョン・ホイルズによるハード・ロック・バンド、スパイダーズ。本作はサード・アルバムとなります。
712QkL1PaiL__SL1024_-e1523790757488.jpg

 スウェーデン出身ということで、グラム・ロック要素と暴走ロックンロール要素がミックスされた音楽性です。HellacoptersとBackyard Babiesを足して割ったようなサウンドと言えるでしょう。女性ヴォーカルは程よくワイルド、クリアーな発声でカッコ良し。

 そつなく楽しめるアルバムではあるのですが、もう一歩楽曲にパンチが足りず、あまり印象に残らないところは残念。


Spiders/Dead Or Alive

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM

Gasoline Stars/Good Looks, Bad Behaviour

Gasoline Stars/Good Looks, Bad Behaviour
2014年 スウェーデン
『落ち着かないポップ・ロックンロールが満載』

 スウェーデン、ヨーテボリ出身のグラム・ハード・ロック・グループ、ガソリン・スターズのファースト・アルバム。これは自分のCD棚から出したものなのですが、いつのタイミング、切っ掛けで買ったのか、さっぱり思い出せないです。

 ヨーテボリ地方のヴェストラ・イェータランド県。スウェーデンで2番目に人口が多いという都会で活動しているグループ。2012年から活動を開始し、当初はギタリストが居たものの脱退。更にドラムが交代するなど、メンバーは未だ流動的な模様。現在はギターレス(!)の3人編成ですが、本作はメンバー・チェンジが起こる前に録音された4人編成時代のものです。
71eOjcIx22L__SX355_.jpg
ジャケからして懐かしい雰囲気を醸し出しています。

 北欧ロックンロール・ムーヴメントの中心地、スウェーデンから新しい世代のグループが登場。メロディアスなグループが多いお
国柄だとしても、度を過ぎている感がありロックンロールの野蛮さを凌駕するポップさが特徴です。能天気なコーラス・パートや80年代を彷彿とさせる高音のギター・ソロ、畳みかけるヴォーカル・メロディーなど、落ち着かないポップ・ロックンロールが満載。曲を聴き進めるうちにキラキラした魅力にハマっていきました。

 ネット上では音信不通状態となっており、今後のことは不透明な状況ですがハノイ・ロックスなどが好きな方にはお勧めのアルバムです。

Gasoline Stars - Hit It Like You Mean It (Lyric Video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM

Three Seasons/Things Change

Three Seasons/Things Change
2018年 スウェーデン
『ヴィンテージ・ハード・ロック・バンドは皆、無邪気だなぁ』

 2009年結成。スウェーデンで活動するヴィンテージ・ハード・ロック・バンド、スリー・シーズンの4thアルバム。オリジナル・メンバーであったドラムスが脱退し、新メンバーが加わっての初めてのアルバムとなります。
61mOjRoVuhL__SY355_.jpg

 元々、オリジナル・メンバー3人で活動していたグループですが、アルバムではオルガン奏者をセッション・メンバーとして参加させて録音しています。しかしながら、本作ではトリオ編成での録音をより強化。オルガンはいくつかの楽曲での彩り程度に落ち着いている印象。結果、より泥臭くブルージーな面が強調されているのがポイントでしょう。初期のスティーム・ハマー、あるいはファーストのスプーキー・トゥース辺りを彷彿とさせる渋いハード・ロックをやっています。あか抜けないマイナー調のヴォーカル、バタバタとしたリズム、リフをビョンビョンとかき鳴らすギター。アンダーグラウンド臭たっぷりなアンサンブルには、マニアなら「合格!」と呟いてしまうことでしょう。「『アキレス最後の戦い』みたいなことがやりたい」など具体的な欲求が分かってしまう楽曲も多いのですが、なかなかにドラマティックに仕上がっており、聴き応え十分。テンポの上げ下げのタイミングも絶妙です。

I Don't Need Nothing More
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM

Thundermother/Thundermother

Thundermother/Thundermother
2018年 スウェーデン
『AC/DC愛、少し冷めたか』

 先ほど、ブラック・エーセスのレビューを書いたところで、次がこれとは。スウェーデンのAC/DCフォロワー、サンダーマザーを頑張って紹介したいと思います。

 既に2枚のアルバムを発表しており、スウェーデンのオンナAC/DCとして日本でも支持を得ている、サンダーマザー。本作はギター以外のメンバーを総入れ替えしてのサードとなります。前2枚を聴いていないので、何とも言えないのですが看板である女性ヴォーカルも変えてしまったのですね。
HMHR180124-410.jpg

 スウェーデンのグループらしく、AC/DCフォロワーと言えどもメロディアスで、バラード・ナンバーもあり。というよりも、サードにして方向転換したのか、オーセンティックなハード・ロック・ナンバーがチラホラとある印象。もちろん、ザクザクのリフはありますが、AC/DC度はKIX未満というところ。よりAC/DCに近いナンバーの方が出来が良いこともあり、アデンティティーに迷いが感じられる仕上がりとなっています。朗々とした女性ヴォーカルは魅力十分。

※右上のブログ内検索でAC/DCと入れるとこれまでのAC/DCフォロワー記事が出てくるかもしれません。

Whatever
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM

Siena Root/A Dream of Lasting Peace

Siena Root/A Dream of Lasting Peace
2017年 スウェーデン
『70年代ハード・ロック特有のうねるグルーヴを再現』

 戦闘機をバックにしたグループ・ショットのイラスト。そして1曲目のタイトルが「Secret」。とくれば、君たち、さてはブルー・オイスター・カルト好きでしょう?
006226665_500.jpg

 ストックホルムを拠点として活動するヴィンテージ・ロック・グループ、シエナ・ルート。2004年に結成されたベテランのグループで、オルガン奏者を含む5人編成。これまで5枚のスタジオ・アルバムとライブ盤2枚を発表しています。(その活動履歴を全く知らずに失礼しました!)今回のアルバムは5枚目のアルバムです。
siena-root.jpg

 エモーショナル且つソウルフルなヴォーカル、重いリフ&リズム、オカルティックなメロディー、ダークなオルガン、といった要素を兼ね備えた70年代由来のハード・ロックを演奏しています。あの時代への憧れがこれでもか、と詰まっており、ジャケはブルー・オイスター・カルト風ですが、サウンドはどちらかと言うとサイケ・ブルース風。緩急を付けたドラマティックな展開が素晴らしい楽曲群は正に王道の味わいです。演奏はグルーヴ重視でタメが効いています。それによって70年代ハードに於ける独特のうねるグルーヴを再現。

No Filters

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM