FC2ブログ

DON SHIRLEY/THE MUSIC OF DON SHIRLEY

DON SHIRLEY/THE MUSIC OF DON SHIRLEY
1950年代録音/2006年発表 アメリカ
『ショパンは入っていないが』

 映画『グリーンブック』で主役として描かれたジャズ・ピアニスト、ドン・シャーリーのベスト・アルバム。
41_XkzyEvXL__SY355_.jpg

 ボヘミアン・ラプソディーを抑えてアカデミー賞作品賞を取った音楽映画、ということで自分も観に行きました。割と空いていましたが、いい映画でした。また機会があったら映画の感想は書きます。さて映画ではドン・シャーリー(役の人による)の演奏シーンが当然ながらフューチャーされているのですが、クラシックからの影響が大きいジャズ・ピアニストという個性が十分に伝わっては来なかった印象でした。サントラ、あるいはイメージ・アルバム的なものもリリースされているグリーン・ブックですが、ここはドン・シャーリーの音楽をたっぷり聴くべくCDでリリースされているアルバムを探します。ところが多くの作品が入手困難であり、且つプレミアが付いている状態。映画の影響でしょう。そんな中、ベスト盤である本作(タイトルはGOLDEN CLASSICSというもので登録されています)だけは安価で入手可能となっていました。ちなみにAMAZONで現在、1569円、1~2カ月で入荷となっており、自分も注文から1カ月程度して届きました。

 アメリカの再発レーベルとして有名なコレクタブルによる編集。2006年にリリースされており、恐らく映画発表後、再発したものと思われます。映画で印象的だったターコイズグリーンのキャデラックをジャケットにフューチャーしているのは、グッジョブ。ただし解説などは一切付いておらず、ジャケットのペラ紙1枚だけという仕様はいただけません。せめて収録曲のクレジットは欲しかった所。

 ドン・シャーリーは作曲もしましたが、アルバム発表ではピアニストの活動に基軸を置いており、収録曲のほとんどがカバーという構成です。ブルース、ジャズ、ポップスと幅広いレパートリーを取り上げています。尚、クラシック音楽の作曲には、積極的に携わっており交響曲も書いているとのこと。

 先に書いたようにクラシックからの影響が大きいジャズ・ピアニスト、という個性を存分に楽しめるという点で満足な一枚。多くはドラムレスであり、ピアノと弦楽器を中心とした、穏やかで美しいジャズを聴くことが出来ます。イージーリスニング的で癒される聴き心地である一方、ピリピリとした緊張感も同居している辺りがポイント。正直なところ、映画が無ければ、発見できなかったミュージシャンでした。逆に言えば、映画でドン・シャーリーを知ったなら(配信でもいいので)彼の音楽を楽しんで損はありません。

※映画では、ショパンのエチュードOP. 25 第11番「木枯らし」を演奏しているところが素晴らしいのですが、本作にもサントラにも入っておりません。自分が調べた限り、オリジナル・アルバムに収録されていることも確認できなかったので、当時演奏はしていてもレコーディングはしなかったのかもしれません。また見つけたら追記します。

Don shirley - Stand by me
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカジャズ

RICOTTI & ALBUQUERQUE/FIRST WIND

RICOTTI & ALBUQUERQUE/FIRST WIND
1971年 イギリス
『ヴィブラフォンがヴォーカルと張り合う異色シンガーソングライター作』

 英ジャズ・シーンを代表するヴィブラフォン奏者、フランク・リコッティの代表作として記憶していた本作。永らく聴くことが出来ていなかったのですが、この度、めでたくビッグピンクよりCD化されました。
R2663175.jpg

 マイケル・アルバカーキなるミュージシャンとのデュオ作となっています。マイケルは本作発表後、ロイ・ウッドの後任としてELOに加入するとのこと。

 リコッティがヴィブラフォン、アルト・サックス、パーカッション、アルバカーキがギター、ヴォーカルをそれぞれ担当。当時、英ジャズ・シーンで活躍していた面々がベース、ドラム、ピアノでそれぞれバックを務めています。過半数の楽曲をアルバカーキが手掛けており、残りをジェイムズ・テイラーやラヴィン・スプーンフルなどのカバー曲で埋めている構成。

 ジャジーなシンガーソングライター作とは一線を画す、ジャズ・ロック度の高さが特徴。1971年という、ロックを模索していた時代ならではの新鮮な音楽性が楽しめます。ジャズ・ロック的なインプロヴィゼーションが長く続くのはもちろんのこと、ヴォーカルとヴィブラフォンが交互に主役を取る構成が多い為、清々しくも静謐な雰囲気に包まれているのが魅力となっています。

 ビッグピンクからの再発盤は重箱の隅をつつくようなレア盤が多い反面、衝撃を受けるものはあまりないのが実情なのですが、本作は英ロック・ファンにおすすめしたい佳作となっています。

Don't You Believe Me
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスジャズプログレSSW

Attila Zoller/ The Horizond Behyond

Attila Zoller/ The Horizond Behyond
1965年 ハンガリー
『初期フリージャズの名盤』
R-3156575-1453042596-8501_jpeg.jpg

 ハンガリーを代表するギタリスト、アッティラ・ゾラーによる初のリーダー作。
ATTILA ZOLLER(g)
DON FRIEDMAN(p)
BARRE PHILLIPS(b)
DANIEL HUMAIR(ds)
ドラムの方のみ、知らないのですが、なかなかの豪華メンバー。ジャズとは思えないサイケ度の高いジャケなのですが、内容は硬派。1965年のヨーロッパ・ジャズとしては、かなり進んだフリー度の高いジャズをやっています。速弾きの応酬はもちろんのこと、静寂パートと熱いインプロヴィゼーションの切り替わりが素晴らしい。フレーズのアクは強いものの、メロディアスな部分も残っており、生粋のフリー・ジャズよりは幾分聴きやすいです。

Attila Zoller - The Horizon Beyond (1965)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ハンガリージャズ

GoGo Penguin/A.Humdrum.Star

GoGo Penguin/A.Humdrum.Star
2018年  イギリス
『ビートが強調されつつもピリピリする緊張感は健在』

 ゴーゴー・ペンギンの4枚目。いつも通り2年空けての新作となります。

 マンチェスター出身のジャズ・トリオであり、アンビエント、ポスト・ロック、アンビエント、現代音楽、ジャズ・ピアノ、ゴシックなど様々な要素を融合させた音楽をやっています。セカンド、サードも当ブログで紹介しています。
61dnB5MYexL__SL1200_.jpg

 サード『Man Made Object』の時点で傾向はあったのですが、作風がポップな方向へ振り切っている印象。ビートが強調されている曲もいくつかあり、一部、まるでヴァンゲリスのような趣。精密なドラム、うねるベース、さめざめと泣くようなピアノという三人のアンサンブルの関係は今作でも健在です。相変わらず、音の粒立ちがくっきりしているのもポイント。ちょっと普通になってしまったかな、ロック寄り過ぎないか、と最初は思いました。しかしながら、アルバム全体に緊張感が満ちており、楽曲同士が繋がっていくストーリー性もあり、聴き応えは十分です。

GoGo Penguin - Window (Official Video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスジャズ

Grady Tate/After the Long Drive Home

Grady Tate/After the Long Drive Home
1970年 アメリカ
『ジャズ・ヴォーカルかソウルか、は置いておいて』
 
 昨年に当たる2017年10月に亡くなられたジャズ・ドラマーにしてヴォーカリストでもあるグラディ・テイト。自分は全く聴いたことが無かった、と思っていたら何故かジャズのGのところから『After the Long Drive Home』の紙ジャケを発見。あれ?いつだ。いつ買ったのだろうか。ともあれ、この機会にじっくり聴いてみよう。
R-2303733-1433202476-7707_jpeg.jpg

 グラディ・テイトは1932年ノースカロライナ州ダーナム生まれ。1963年にニューヨークへと移住。ヴァーヴ・レーベルでのジミー・スミスやウェス・モンゴメリのアルバムなど、多くの作品にドラマーとして参加しました。1960年代後半のジャズは、オルガン・ジャズやフュージョン、ソウル・ジャズなど洗練の時代を迎えていた時代。グラディ・テイトはグルーヴを保つことに集中する職人気質のスタイルで、多くのジャズ・プレイヤーから支持されていたとのこと。特にクインシー・ジョーンズの諸作品での演奏によって彼の名前は知れ渡りました。元々、ジャズ・ドラマーとして活動していた彼ですが、名歌手ペギー・リーのセッションに参加した際、彼女より特に勧められてヴォーカルを録音。これをきっかけとして、ジャズ・ドラマー兼ヴォーカリストとして活動することになります。

 『After the Long Drive Home』はソロ2作目に当たるアルバム。ハロルド・ホィーラーがプロデュース(アレンジと指揮)を担当しています。冒頭、ハロルド・ホィーラーによる牧歌的なオーケストラのテーマが入り、意表を突くスタート。2曲目(タイトル曲)からは、渋く辛口のディープ・ソウルなヴォーカルが炸裂。流麗なエレピ、ストリングスも相まって、王道ソウルにしか聴こえない音楽性。そんな中、軽やかに跳ね、グルーヴするドラムとベースだけは確かにジャズ。ヴァン・マッコイやランディ・ニューマンの楽曲を取り上げており、都会的なソウル・ジャズが楽しめるアルバムです。

After The Long Drive Home
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカジャズソウル