Tony Allen/The Source

Tony Allen/The Source
2017年 アメリカ(ナイジェリア出身)
『レゲエのリズムとロックの熱狂、テクノの没入感。全部入ってジャズ』

 ナイジェリア出身。アフロ・ビート・ドラマーの巨匠、トニー・アレンのブルーノート・デビュー・アルバム。(←宣伝文そのまま)色合い、レタリング共にブルーノートらしいジャケだったので、ついつい聴いてみました。
TonyAllen_TheSource_cover.jpg

 トニー・アレンは元々、ナイジェリアのラジオ局で働いていたそうです。そうした中でアート・ブレイキーの音楽に感銘を受けて、ドラムの演奏を始めることに。60年代にはフェラ・クティのメンバー・オーディションを受け、彼のバックでドラム、パーカッションを担当。アフロビートの感覚を身に付けました。その傍らで、自身のソロ作も多く発表しており、本作はフル・アルバムとして20枚目にあたります。

参加メンバーは以下。
Mathias Allamane(b) Jean Philippe Dary(p) Indy Dibongue(g) Yann Jankielewicz(ss) Nicolas Giraud(tp) Nicolas Giraud(flgh) Jean-Jacques Elangue(ts) Rémi Sciuto(bs) Rémi Sciuto(as, fl) Daniel Zimmerman(tb,tuba) Vincent Taurelle(clavinet) Tony Allen(ds)

テナー・サックスとしてクレジットされているヤン・ジョンキエレヴィックスは、共同プロデューサー的な立場でアルバムの方向性を決めた人物とのこと。また上には記載されていませんが、ゲストとしてブラーのデーモン・アルバーンがキーボードとして参加しています。トニー・アレンはセッション・ドラマーとしても活躍しており、デーモン・アルバーンとも共演しているのでその縁でしょう。その他、多彩な楽器が揃ったビッグバンド編成でのセッションとなっています。

 2017年の初めにはアート・ブレイキーのトリビュート盤も発表しており、且つビッグ・バンドでの演奏ということで、モダン・ジャズ以降の伝統を受け継いだ、アフロ・ビート・ジャズをやっています。ゆったりとしたグルーヴを作り出すトニー・アレンのパーカッションとスペーシーなピアノが鮮烈。ふくよかなサックス群のうねりと合わさって、とても神秘的に響いています。てっきりケニー・ドーハムのようなアフロ・キューバンだろうと思っていたのですが、レゲエのリズムとロックの熱狂、テクノの没入感が加わったジャズとして想像を上回るインパクトがありました。

Tony Allen - Ewajo (Album The Source, 2017)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカジャズ

Thelonious Monk/ Underground

Thelonious Monk/ Underground
1968年 アメリカ
『ジャケとの相乗効果で楽しさ倍増』

 ボブ・ディランの『地下室』と似たジャケットが気になって購入。(調べてみましたが確たる情報は見つからず)セロニアス・モンクは今回で5枚目です。即興と本筋の境界線が見えないような、スリリング且つ美しい旋律を聴かせてくれるピアニスト兼作曲家。
91ezK8hczEL__SL1500_.jpg

本作での参加メンバーは以下。
Thelonious Monk(piano)
Charlie Rouse(tenor sax)
Larry Gales(bass)
Tommy Williams(bass)
Ben Railey(drums)
Jon Hendricks(vocal)

 セロニアス・モンクはこの時、50歳。53歳(1971年)には隠居体制に入ってしまうので、晩年の作品ということになります。収録曲は全7曲で5曲目の『Easy Street』のみスタンダードであり、他の曲は全て自作曲となります。

 この時代のセロニアス・モンクは初めて聴きました。ピアノのスタイルが落ち着いている。いや、音数を抑えて表現しようとしているように思えます。これはこれでやはりかっこいい。自在に閃くアドリブも健在です。また、アンサンブルも、モンクのコロンビア期を支えてきたメンバーが多く参加しているだけにコンビネーションはバッチリです。

 個人的に気に入ったのはまず3曲目「Raise Four」。延々と続くと思われるピアノのリフレインから徐々に崩れてアドリブ・パートへ。最初の無愛想な冷たさから一転、お茶目なセッションへと表情が変わるのが楽しい曲です。そしてラストに置かれた「In Walked Bud」。
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカジャズ

Chris Thile & Brad Mehldau/Chris Thile & Brad Mehldau

Chris Thile & Brad Mehldau/Chris Thile & Brad Mehldau
2017年 アメリカ
『ジャズだけどジャズで敬遠されたらもったいないってアルバムがある』

 ジャケットに惹かれ、1分ほど試聴した後に購入したアルバムです。ピアノとマンドリンの打ち付けるような演奏に情緒豊かな男性ヴォーカルが乗る、というスタイルで、ジャンルはジャズとなっていました。
91mhaz8STwL__SL1500_.jpg
雰囲気がいいジャケ、としか言えないのですが好きなジャケです。

 ブラッド・メルドーはフロリダ州出身。1970年生まれの47歳。95年にデビュー作を発表して以来、現在まで19枚のアルバムを発表しているジャズ・ピアニストです。フリー・ジャズを交えた叙情的なメロディー展開が魅力。近年は様々なジャンルのミュージシャンとの共演作を発表しており、本作のその流れに乗っています。ジャズのみならず、クラシックやロックにも興味を持っており、しばしばジャンルを横断している点もポイント。

 クリス・シーリはプログレッシヴ・カントリーのグループとして知られるパンチ・ブラザーズのマンドリン奏者。そういえば、パンチ・ブラザーズの最新作はここでレビューしていたような・・・していましたね

 二人は共にノンサッチというレーベルに在籍しており、その縁でデュオを組んだのでしょう。

 ジャンルはジャズとなっていますが、メロディーはポップで優しいものが多く、とても聴きやすいです。収録曲はオリジナルとカバーが半々という構成。ディランの「Don't Think Twice, It's All Right」やビリー・ホリデイの「I Cover the Water Front」を取り上げています。マンドリン、ピアノ、ヴォーカルというシンプルな構成ながら、寂しいフォーク・ナンバからダイナミックで幻想的な、まるで初期ジェネシスのようなプログレ・ナンバーまで、表情豊かな楽曲群で楽しませてくれます。

 一粒一粒の音がくっきりしていてとても綺麗なピアノ。ブラッド・メルドーという存在を知ることが出来て良かったです。クリス・シーリの在籍するパンチ・ブラザーズの旧作共々、色々集めてみようかな。

 輸入盤で買ったのですが、日本盤が出ているらしくそちらではボートラも入っている模様。買い直そうと思います。

Chris Thile and Brad Mehldau - Don't Think Twice It's Alright (Dylan Cover)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカジャズフォークロック

Terry Smith/Fallout

Terry Smith/Fallout
1968年 イギリス
『モッズをひきずった英ジャズアルバム』

 近所のブックオフで何気なくピックアップして来たもの。テリー・スミスという名前に聞き覚えがあるような、ないような、と思っていたら70年代に英ジャズ・ロック・グループとして活躍することになるIFのギタリストでした。本作はバンド結成前に録音された純粋なジャズ・アルバムです。彼にとって初のリーダー作でもあり。
2603.jpg

クレジットは以下の通り。

Arranged By – Harry South, Jimmy Deuchar
Bass – Ron Mathewson (tracks: A4, B1, B4, A1, A2, B2)
Drums – Chris Karen* (tracks: A3, B3), Ronnie Stephenson (tracks: A4, B1, B4, A1, A2, B2)
Engineer – David Voyde, Peter Olliff, Roger Wake
Guitar – Terry Smith
Organ – Bob Stuckley (tracks: A3, B3)
Percussion – Denis Lopez* (tracks: A4, B1, B4), Peter Aherne* (tracks: A1, A2, B2)
Piano – Gordon Beck (tracks: A4, B1, B4, A1, A2, B2)
Producer – Scott Walker
Saxophone [Alto], Flute – Ray Warleigh (tracks: A4, B1, B4, A1, A2, B2), Roy Willox (tracks: A1, A2, B2)
Saxophone [Baritone] – Ronnie Ross (tracks: A4, B1, B4)
Saxophone [Tenor], Flute – Bob Efford (tracks: A4, B1, B4, A1, A2, B2)
Trombone – Don Lusher (tracks: A4, B1, B4)
Trumpet – Derek Watkins (tracks: A1, A2, B2), Greg Bowen (tracks: A4, B1, B4), Kenny Wheeler (tracks: A1, A2, A4, B1, B2, B4), Les Condon (tracks: A4, B1, B4), Tony Fisher (2) (tracks: A1, A2, B2)
Vibraphone, Marimba – Jim Lawless (tracks: A1, A2, B2)

ピアノのゴードン・ベック、トランペットのケニー・ホィーラー辺りは聞いたことがあるのですが、他は勉強不足につき良く分かりません。プロデューサーがスコット・ウォーカーってところは意外です。(違う人なのかな?)

 クレジットを見ても分かりますが、半分はビッグバンドでの演奏となっています。残りの曲もオルガンとギターの絡みが中心となったモッズっぽい仕上がり。1968年ということを考えるとソウル風味がノスタルジーな音楽性ですが、グルーヴィな魅力が強調されていて楽しいです。ガーシュインやバートバカラックの曲を取り上げていることからポップス畑を意識しているのが伺えます。演奏は英ジャズらしいカッチリとしてクールな切れ味が感じられるもの。2分で終わってしまうビッグバンドによるアップテンポ「I Love You」の躍動感が素晴らしい。

動画が無かったです。
関連するタグ イギリスジャズ

The Great Harry Hillman/Tilt

The Great Harry Hillman/Tilt
2017年 スイス
『360°回転のクリップが楽しくてついご紹介』

 今回、ご紹介するグループは公式hpにて日本語対応がされていました。その全文が以下になります。

1904年オリンピックで金メダル3つを得たハードル名選手ハリー•ヒルマン、105年後その名を冠し、スイス系バンド「ザ グレート ハリー•ヒルマン」結成。最新アルバム „TILT“ を携え初来日する。全欧制覇を経て極めたキャッチーで個性的なサウンドが3つのアルバム、„Livingston“ (2013) と „Veer off course“ (2015) そして „TILT“ (2017 Cuneiform Recordsより) にギュッと詰まっている。メンバー4人がオリジナル曲を慈しみ細かに織り合わせては、自由自在に編み直す。まさに今のジャズであり、不敵なハリーもさぞ喜んでいることだろう。
(引用ここまで)
a3559878820_10.jpg

5月に来日していたとのことです。グループの音楽性を「キャッチーで個性的なサウンド」と表現している彼らですが、かなりアヴァンギャルドなフリージャズをやっています。レコメン(RIO)といってよい音楽性・・・・・・と思ったらレーベルはキュニフォームでした。ヨーロッパらしいダークで幻想的なサウンドを纏いつつ、様々な楽器を操る4人の距離が近づいたり、遠のいたりして、奥行きを感じさせるのが特徴です。曲によってはプログレっぽいドラマティックな展開を盛り込んでいるところもあり。
また彼らは今回のアルバムに合わせてクリップを制作しており、こちらの出来が素晴らしい。

How to Dice an Onion
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スイスジャズ