IVAN FISCHER/BRAHMS:HUNGARIAN DANCES

IVAN FISCHER/BRAHMS:HUNGARIAN DANCES
1998年 イタリア
『鬼軍曹、恐るべし』
 クラシックは少しずつ、曲毎の名演を集めています。
そんな中、ブラームスは本作で3枚目となります。
ブラームスの前回の記事はこちら
 それにしても本作のジャケは愉快。これはレコードでも映えそうです。
1998年でも素晴らしいジャケット・デザインはあるのだな、と感心しました。
41S8HRC9BGL.jpg

(本来は見開きジャケ)

ハンガリー舞曲集:ハンガリーのジプシー音楽をもとにピアノ用に編曲したもの。
もともとは、1853年にドイツ巡業中、
行動を共にしていたヴァイオリニストのレメーニが当時流行していた
ジプシー音楽に興味を抱いたのがきっかけとのことです。
民族音楽に新しい息吹を、という手法は今でも試みられるものですね。
この試みは大成功したのですが、その一方で民族音楽をもとにしたことが原因で、
作曲などの権利でかなりゴタゴタしました。
裁判も行われたとのこと。尚、本作に収録されているハンガリー舞曲集には、
ブラームスが編纂したものに加えて、ドヴォルザークが編曲したものなども加わっており、
時代を通じて内容が更新されていることが実感出来ます。

本作について:演奏はブタペスト祝祭管弦楽団。
録音当時はハンガリーを代表する新世代のオーケストラでした。
指揮者フィッシャーは解説を全曲分付けてくれており、
ハンガリー舞曲集に新しい解釈を加えようとしている意気が感じられます。

 残念ながらわたしは本作でハンガリー舞曲集に触れることになったので、
進化の具合が実感出来ませんでした。
こちらでは元々、ピアノ曲として発表されたものを管弦楽としてリアレンジされています。
起伏が激しくジプシー音楽としての勇壮さ、華麗さが実感出来る一方で、
ブラームスらしいセンチメンタルなメロディーも共存。
演奏はヴァイオリンのきびきびした調べが印象的です。
全体的に躍動するリズムが強調されており、
ビシバシ来るなぁ、と思っていたら指揮者のフィッシャーは鬼軍曹と呼ばれているのだそうで。納得。
改めてジャケを見るとこわい。
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ハンガリークラシック

Charles Munch:Orchestre de Paris/Hector Berlioz:Symphonie Fantastique,op.14a

Charles Munch:Orchestre de Paris/Hector Berlioz:Symphonie Fantastique,op.14a
1967年 フランス
『ロマン派流リベンジポルノはタチが悪い』
 
 幻想交響曲、というタイトルに惹かれて、その代表的な名盤とされる本作を購入してみました。
しかしながら、そのタイトルとは裏腹に愛憎うずまく内容だったようで・・・・・・。

○ベルリオーズについて
1803年、医者の跡継ぎ息子として生まれています。
幼いころより音楽が好きだった彼ですが家族の理解を得られず、
勉強する機会はありませんでした。
しかし医師になるべく勉強をしていた18歳のころ、
オペラに出会い再び音楽への思いが再燃。
音楽家の道を志すことになるという変わった経歴の持ち主。
もちろん、楽器を習った経歴もありませんでしたが、20代の間に音楽学校に入り
作曲の作法をマスター。
やがて、交響曲に於いて
物語性を重視した「標題音楽」というスタイルを確立した作曲家として名を残すこととなります。
この「標題音楽」というスタイルが1840年代にはとても斬新だったそうです。

○標題音楽と幻想交響曲について
物語性を重視、といいますが、彼の標題音楽は自身の恋愛事情が深く関わっているのが特徴です。
代表作とされている「幻想交響曲」の場合、
恋人の幻影を夢の中で追い求めて行くうちに、
彼女が死刑になり、魔女へと堕落していく様を目撃する男の話となっているわけですが。
これは、彼が熱を上げていた女優であるハリエット・スミスソンに振られた経験を元にしているそうです。
70年代のアメリカsswがやりそうな題材をオーケストラでやってしまうというところも凄いですが、
腹いせとは言え、自分の好きな女性を魔女にまでしてしまう大人げなさが素晴らしい。
ちなみに幻想交響曲は失恋後、アヘンを吸ってグルングルンしている時に見た映像だそうです。

○本作について
1967年当時、最もフランスで経験豊かであった指揮者ミュンシュは、
フランスのオーケストラの地位向上のため、パリ管弦楽団の指揮者として招聘されました。
そして最初に演奏された演目の一つが、ここに収められている幻想交響曲とのこと。

 とてもダイナミックなアンサンブルが印象に残る本作。
恋人の素晴らしさを描写した1,2楽章、
見捨てられる不安を描いた3楽章、
そしてアヘンを飲んで夢の中で恋人を断頭台へと追い立て、悪魔の饗宴の中へ落としていく4,5楽章。
そのセンセーショナルな音楽性のインパクトをストレートに楽しむことが出来ました。
特に後半部の狂乱振りは白熱しています。
そこからは「ベルリオーズ、大人げないな・・・・・。」という感想が出てきてしまう訳ですけれども。
後半のドロドロ具合の押しが強い分、旋律として際立った魅力が見出しにくいのは難点かもしれません。
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ フランスクラシック

VLADMIR HOROWITZ/SCHUMANN FAVORITE PIANO WORKS

VLADMIR HOROWITZ/SCHUMANN FAVORITE PIANO WORKS
ホロヴィッツ/シューマン:子供の情景/クライスレリアーナ 他
1963年 アメリカ
『あぁ、また子供に戻ってあんなことやこんなことをしたい』

 梅雨時だし、「トロイメライ」が聴きたいなぁ。などと思ったのですが、実は持っていないことに気が付きました。
シューマンの曲だということは知っていましたが、
全13曲からなるピアノ曲集『子供の情景』の一部だとは知りませんでした。
今回は名盤と名高い、ホロヴィッツによる63年録音盤をチョイス。

 子供の情景について。
 「あなたはときどき、子供みたい」
とガールフレンドのクララ(後にシューマンの妻)に言われたことを切っ掛けとして作ったのが、この作品集。
「子供最高!」と子供時代に戻れない大人からみた憧れを表現したとのことです。
これまではただ綺麗な曲だという認識しかなかった
「トロイメライ」にも夢想という意味があることも初めて知りました。

 ホロヴィッツについて
 全盛期の演奏はテクニック、表現力、共に最高という評価を受けているピアノニスト。
自分の場合、その全盛期が60年代から70年代前半にあたるため、
録音年代の古さゆえ今まで触れる機会がありませんでした。

 今回初めて聴きましたが、ホロヴィッツのピアノは凄いと感じました。
音の響きの調整力というか、きれいに透き通った音色にまず驚きます。
加えて忘れたころにやってくる轟音もインパクト大。
『子供の情景』はピアノ小曲集だけに次々にモチーフが変わり、飽きません。(1分未満の曲も4つあり)
曲自体は平易なものながら、センチメンタルなメロディーが素晴らしく、
「トロイメライ」から入っても問題なく楽しめるものだと思います。
難易度が高い曲ではないので、ホロヴィッツの超絶技巧を実感することは出来ませんでした。
しかしながら、透き通った音色の素晴らしさからその魅力のほどは存分に味わったと思います。
尚、このCDには『子供の情景』以外に、
クララに捧げたという『クライスレリアーナ』など全5作品の演奏が収められています。

子供の情景 1st-7th movements
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカクラシック

Rui Massena/Solo

Rui Massena/Solo
2015年2月 ポルトガル
『哀愁と清々しさに包まれるピアノソロ作』

 少し暖かくなってきた今日この頃に聴きたい、清々しいピアノ・アルバムをご紹介。
いざレビューを書かん!としたところ、
どうやらポルトガル語の情報しかない状況。
毎度のことながら自動翻訳を駆使しながら手探りで書いていきましょう。

 ルイ・マセナは1972年生まれ、ポルトガル北部の湾岸都市、ポルト出身の指揮者です。
早くからクラシック音楽に傾倒していた彼は、
リスボンにあるスーペリア·ナショナル·アカデミーという学校で、
マエストロであるジャン・マルク・バーフィンに師事。
クラスのオーケストラを指揮するなど活躍しました。
その後、作曲家、指揮者、ピアニストとして活動している彼は、
ブラジルの芸術科学アカデミーから文化勲章を(国境を越えて)授与されたことを始め、
数々の賞を受賞。世界的な音楽家として知名度を高めています。
rui-massena.jpg


 クラシックの指揮者として知られる彼ですが、
フットワークは軽くヒップホップ、ソウル、ポップ・ミュージック等様々な音楽を好んで聴いており、
それら大衆音楽との融和を図った音楽も発表しています。
またルイ・マセナは映画音楽も手掛けており、
今回リリースされたのはそんな素養が生かされたドラマティックなピアノ・ソロ作。
ピアノ・ソロ、それもクラシックとなれば、ついつい期待してしまうのが超絶技巧。
ですが本作にそこまでのものはありません。(普通にすごく巧いですけれども)
清々しいピアノの音色による、
哀愁がたっぷり込められた美しい楽曲群を堪能するアルバムとなっています。
静と動のふり幅が激しくダイナミック、
且つ各楽曲がほとんど3分台でまとめられているので、
飽きずにさっぱりと聴き進めていけます。
こめられた哀愁味はポルトガルのお家芸で少々大仰なところもありますが、
日本人にもジャスト・フィットすることでしょう。
「新潟の寒い朝、田んぼに降り立つ白鳥」みたいなイメージを描いてしまうほどに。
このように映像を想起させる音楽でもあります。

日本で言えば以前レビューしたhideyuki hashimotoの世界観と共通するものを感じました。

※次回更新は4月9日となります。

「D-Day」

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ポルトガルピアノクラシック

BRUNO WALTER,Conductor /SCHUBERT:SYMPHONIES NO.5 & NO.7(8) “Unfinished”

SCHUBERT:SYMPHONIES NO.5 & NO.7(8) “Unfinished”
BRUNO WALTER,Conductor
1960年 アメリカ
『シューベルト第三の交響曲はとっても爽やか』

 シューベルトの交響曲は『未完成』、『グレート』と聴いており、
それに続く三曲目の交響曲として「第5番」を選んでみました。
この曲は初期の最高傑作と呼ばれているものです。

「第5番」について。
この曲は、シューベルトが音楽家として活動する最初の年である1816年に作られたもの。
ハトヴィヒが指揮する私設オーケストラの編成に合わせて作曲されており、
管楽器のいくつかとティンパニが省略されています。
モーツァルトの影響を受けた柔和で美しいメロディが特徴。

 指揮者ワルターについて。
1876年ベルリン生まれ。1894年にデビューして以来、
ウィーン・フィルなど一流のオーケストラで活躍していた人物。
1947年にユダヤ人迫害を逃れてアメリカに渡り、戦後も指揮者として活躍を続けました。
ロマンティックなメロディを強調するタイプの指揮者として知られており、
シューベルトの「第5番」とは相性抜群と言えます。

 本作は日本のソニーが独自企画として
ブルーノ・ワルターの晩年の録音を再編集したシリーズの一つです。
第8番「未完成」とのカップリングとなっており、
「第5番」をコロンビア交響楽団、「未完成」をニューヨーク・フィルが演奏。

 「第5番」は初めて聴きましたが、とても爽やかな曲。
躍動する第一楽章からのどかな風景を描く第二楽章、
気品溢れる優雅な第三楽章、大団円の第四楽章と、どこをとっても清涼感たっぷり。
休日に早起きできた時、聴きたい交響曲です。

 「第5番」「未完成」共にアメリカの交響楽団が演奏している本作。
しかし聴いていても全く違和感なし。
たっぷりと情緒を含んだ丁寧な演奏で、とても楽しめました。
「第5番」入門としてチョイスした、自分の期待通りのアルバムでした。

「第5番」

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカクラシック