FC2ブログ

J.S.バッハ 管弦楽組曲第2・3番 ブランデンブルク協奏曲第5番 リヒター指揮 ミュンヘン・バッハ管弦楽団

J.S.バッハ 管弦楽組曲第2・3番 ブランデンブルク協奏曲第5番
リヒター指揮 ミュンヘン・バッハ管弦楽団
1960年代 ドイツ
『バッハはおめでたい』

 バッハの管弦楽組曲を聴こう、ということで名演と名高い本作を選択しました。素晴らしい内容が保証されているのにも関わらず、1000円という低価格がうれしい。
UCCG-5031_xXj_extralarge_jpg.png

 通常、作曲家や指揮者についての紹介記事を交えますが、今回はバッハ、リヒター共にお馴染みの大物と言えるので省略致します。管弦楽組曲第2・3番の感想について書いていきたいと思います。

●管弦楽組曲第2番
全7曲の構成。フルートのソロパート、及びチェンバロの導入が特色とのこと。弦楽合奏による壮麗なメロディーと、フルート独奏によるほのぼのとした優しいメロディーの対比が鮮やかです。華やかさと軽やかさが同居するスタイルはバッハの王道と言えるものでしょう。結婚式の待合室にいるかのような錯覚に陥る、エレガントさ。年末の大掃除の際には、この曲をBGMにしようか。

●管弦楽組曲第3番
 ピアノ・アレンジで生まれ変わった「G線上のアリア」の原型である第2曲「エア」を含んでいる有名組曲。トランペット3菅、ティンパニなど、第2番と比べると分厚いオーケストラが楽しめます。正直に言うと、第2番を聴き終えた後、第3番の序曲でドカンと派手にやられた時には、「俺は今お腹いっぱいだ!」と胃もたれを実感していました。バッハの序曲は派手さが命だから、仕方ありません。それを救ったのはやはり第2曲「エア」の美しい弦楽合奏の調べ。先ほどは、本作を年末の大掃除のBGMに、などと申しましたが、この曲が流れて来た時には中断して、冷蔵庫から羊羹を出して来るビジョンが浮かびました。この曲以降は、軽やかな楽曲が最終の5曲目まで続きます。

管弦楽組曲第2番 リヒター指揮 1961年
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ドイツクラシック

ピエール・モントゥー指揮/ フランク:交響曲二短調&ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ

ピエール・モントゥー指揮/ フランク:交響曲二短調&ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ
1959年&1961年録音 フランス
『フランス音楽の父はベルギー育ち』

1.セザール・フランクについて
1822年生まれ。ベルギー出身の作曲家、オルガン奏者。ピアノの名手であった父に教えを受け、やがて1837年パリ音楽院へ留学。音楽院は中退に終わるが、ピアニスト兼音楽教師として生計を立てる。1858年には聖クロチルド教会のオルガン奏者となり、後進の指導(ドビュッシーなど)に当たった。フランクはベルギー出身であった為、フランス音楽史のルーツとは異なるドイツ・ロマン派(バッハなど)からの影響を受けた音楽を生み出していた。その為、彼の音楽は死後まで評価されることが無かった。
 フランスへの憧れを持って移住したものの、ルーツの違いから差別され馴染むことが出来なかったフランク。晩年にはフランス人へ帰化(留学時にも帰化手続きをしたが成人までの時限付きのものだった)したとのこと。
27179-1_original.jpg

2.交響曲ニ短調について
 フランクの唯一の交響曲。晩年に当たる教会オルガン奏者時代に書いたもの。パリ音楽院の教授になっていた彼は、病気の為、音楽家を引退し療養していた弟子にこの曲を捧げた。3楽章から成っており、3つの主題が幾度も繰り返し登場する循環形式と呼ばれる構造を持っている。わずかな転調を次々に行うことによって、盛り上がっていくところがポイント。

3.本作について
 1907年にデビューしたフランス指揮者モントゥーの晩年(1964年没)の演奏。重厚なこの曲を、強弱のメリハリを付けて指揮しています。微妙な変化をしつつ繰り返されるフレーズにより、クライマックスまで登りつめていく構成を存分に楽しむことが出来ました。

※同時に収録されているストラヴィンスキー:ペトルーシュカについては、割愛します。

147103__440_440_0.jpg
SICC-1862 定価1000+税 安い! 2015年発売ですがまだ在庫あるようです。



Franck - Symphony in d minor - Chicago / Monteux
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ フランスクラシック

RAVEL:MA MERE L’OYE/VALSES NOBLES ET SENTIMENTALES/CLUYTENS

RAVEL:MA MERE L’OYE/VALSES NOBLES ET SENTIMENTALES/CLUYTENS
ラヴェル/バレエ音楽「マ・メール・ロワ」(全曲)高雅にして感傷的なワルツ
アンドレ・クリュイタンス指揮/パリ音楽院管弦楽団
1963年 フランス
『ラヴェルで春らんまん』

 今月のクラシックはラヴェルのバレエ音楽を選びました。個人的にはラヴェル作品に触れるのは今回で3度目。優雅なラヴェルの音楽があれば、さすがの我が家にも華やかな春が来ていると実感できるというものです。※この記事は3月に書いていました。
505.jpg

 ラヴェルについて:  モーリス・ラヴェルは1875年、スイス人の父、バスク人の母を持ち、フランスのバスク地方に生まれました。父親の影響で音楽を習い始め、やがて名門であるパリ音楽院へと進学。1898年(23歳)には大きな演奏会に出場し、ここで作曲家デビューを果たします。その後、1900年よりラヴェルはローマ大賞(留学試験)へ応募、奨学金を経て、更にクラシックを学ばんとするも、5回の挑戦で全て落選することに。(審査に不正があったとのこと)その後、第一次大戦と母の死を経て、作曲家としての意欲を失っていくラヴェル。不安定な中で名曲「ボレロ」を生み出すも、1927年頃より言語や記憶の障害に悩まされることになります。そのまま作曲家としての活動が思うように出来ぬまま、1937年に亡くなりました。

 「マ・メール・ロワ」について 1908年作曲。時期的にはローマ賞の落選後、一次大戦前の頃に作られたものです。フランスのおとぎ話を題材にした楽曲。元々は友人の子供達のために書いたピアノ曲で、それをバレエ音楽へと編曲したものです。緻密な楽曲構成と優雅なメロディーというラヴェルの二大要素を盛り込んだ素晴らしい曲。子供用らしく30分弱で次々に場面転換されるスピード感も見事。

 指揮、演奏は華やかさ、気高さを強調するスタイルで、ラヴェルの音楽との相性は抜群。緻密な音の重なりも存分に楽しめます。
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ フランスクラシック

Casals Trio:Beethoven Piano Trio No.7 Archduke/Schubert:Piano Trio No.1

Casals Trio:Beethoven Piano Trio No.7 Archduke/Schubert:Piano Trio No.1
カザルス・トリオ/ベートーヴェン:大公トリオ
1926~1928年 フランス(録音:ロンドン)
『お正月にピッタリの優雅な室内楽』

 年始に聴いていたクラシックをご紹介。帯には「史上最高の名トリオ、カザルス・トリオの代表作。」の文字。初めて聴きましたが、お正月にピッタリの優雅な室内楽でうれしかったです。
XAT-1245596338.jpg

●カザルス・トリオについて。
ピアノ:アルフレッド・コルトー
ヴァイオリン:ジャック・ティボー
チェロ:パブロ・カザルス
上記3人によるトリオ。1905年、パリを拠点に活動していた若手演奏家3人により、結成されました。初期には三重奏を通じて切磋琢磨していた彼らですが、それぞれが頭角を現すに伴い、トリオとしての活動は減少。本作が録音された1920年代後半には年に数回というペースでしか活動していなかったとのこと。もちろん、演奏家としての腕は上がっており、より素晴らしい演奏を披露してくれています。

●ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調「大公」作品97 について。
 ベートーヴェンが1811年に作曲した曲。「大公」はベートーヴェンと親交が深かったルドルフ大公のこと。優雅で幸福、そして清々しいメロディーが溢れた曲です。ベートーヴェンのイメージではあまり無い、柔和な魅力が楽しめました。

●アルバムについて。
 1920年代の作品。今から98年前の録音なので、ところどころプチプチのノイズが入っています。また籠っている感じもあり。最新技術ハイサンプリング・レコーディング・システムをもってしても覆せないハンデを感じました。ただ、そこを味と割り切れれば、晴れやかな三重奏を存分に楽しめます。餅が2個入ったお雑煮を食べて、このCDを聴いているとやがて横になり、午睡を貪ることになるでしょう。

Cortot, Thibaud, Casals - Beethoven Archduke, Trio Op.97 in B flat Major
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスクラシック

BARTOK:CONCERTO FOR ORCHESTRA & MUISC FOR STRINGS,PARCUSSION AND CELESTA etc./FRITZ REINER:CHICAGO SYMPHONY ORCHESTRA

BARTOK:CONCERTO FOR ORCHESTRA & MUISC FOR STRINGS,PARCUSSION AND CELESTA etc./FRITZ REINER:CHICAGO SYMPHONY ORCHESTRA
1955&1958年 アメリカ
『失った故郷を思う曲』
 久しぶりのクラシックCDレビュー。今日はバルトークを学ぼうと思います。以下、解説などを参考に書いたものです。

●バルトーク・ベーラについて
1881年生まれ。ハンガリーで育った彼ですが、1940年にアメリカへ亡命しています。そのきっかけは1931年のこと。イタリアの指揮者、トスカニーニはボローニャでファシスト党賛歌の演奏を拒否して、暴徒から殴打される事件が起こりました。トスカニーニはこれにより国外追放。トスカニーニに触発されたバルトークは、ドイツでの演奏を拒否するなど反ナチスの思想を行動で示しました。結果としてヨーロッパでは生きづらくなり、身の安全も確保できなくなった彼は母の死を機としてアメリカへ亡命したのでありました。亡命先のアメリカでは音楽活動が思うようにいかず、ライフワークであった民族音楽の研究により没頭するように。しかし同じベルギー出身の指揮者フリッツ・ライナーが支援したことにより復活。1944年には民族音楽の研究をクラシックへと転化させた「管弦楽のための協奏曲」という傑作を生みだしたのでした。バルトークはその翌年、1945年に亡くなっています。ナチズムに勇気をもって抵抗した結果、自身の故郷を追われ、作曲家としての評価も失ってしまったバルトークですが、最後に作曲家として活躍することが出来て良かった。

●アルバムについて
先述したハンガリーのライナーが指揮したアルバム。彼は指揮棒を最小限の動きで細かく振るベスト・ポケット・ビート〈チョッキのポケット式のビート〉というスタイルで知られています。抑揚のメリハリ、爆発力が特徴。録音当時となる1950年代半ばは、彼にとって世界的な名声を得ていた全盛期。バルトークの名演として知られるアルバムです。
71E3BJEfG3L__SL1500_.jpg

管弦楽のための協奏曲
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカクラシック