Elise LeGrow/Playing Chess

Elise LeGrow/Playing Chess
2018年 カナダ
『チェスやっています。』

 青い写真がブルーノートを想起させます。カナダ、トロント出身のジャズ・ヴォーカリスト、シンガーソングライターであるエリス・ルグロウのデビュー・アルバムをご紹介。
elise.jpg

 彼女は1987年、6月生まれの30歳。フェイスブックのお薦めミュージシャンの欄には、Janelle Monae; Adele; Amy Winehouse; Ray Lamontagne; Martha Reeves & the Vandellas; Bill Withers;Nina Simone; Dinah Washington と記されており、新旧織り交ぜつつ、ブラック・ミュージックに造詣が深いことを伺わせます。なお、ビル・ウィザーズのカバー動画がありましたので参考までにどうぞ。2009年、地元であるNXNE音楽祭に出場することになり(詳しい経緯を探せませんでした)、それを切っ掛けとしてカナダのSony/ATV Music Publishingとの契約に成功。2012年にデビュー・シングルとして「No Good Woman」を発表。トップ10に13週残るヒットとなりました。2016年にはアメリカのレーベル、S-Curve/BMGとも契約し、デビュー・アルバムの制作を開始。2年を経て発表されたのが本作となります。

 タイトルから「チェスを楽しむ為の音楽」という意味かな、と思っていたのですが、これはチェス違いでした。ブルースの名門レーベル、チェスの楽曲をカバーしたアルバムとのこと。「チェスの曲、やっています。」でしたね。シンガーソングライターのデビュー作で、いきなりカバー・アルバムとは、意表を突かれました。

 メインのプロデューサーにはスティーヴ・グリーンバーグが起用されています。デュラン・デュランやベティ・ライト、最近ではダイアン・バーチのセカンド(これは賛否両論作ですが)での仕事で知られている人物。ハンソンやジョナス・ブラザーズなど、多くのミュージシャンを見出したことでも有名です。他、マイク・マンジーニ(ex.エクストリーム)とベティ・ライト(60年代から活動するソウル・シンガー)の二人が、プロデューサーとして名を連ねています。近年はこの3人で組んで仕事をしているようです。
主なゲストとして、ルーツよりクエストラブ(パーカッション)とキャプテン・カーク・ダグラス(ギター)、そしてダップ・キングスがセッションに参加。豪華メンツです。

 情感たっぷりで、伸び伸びとした歌い振りが素晴らしい。支えるのは、シャカポコとしたリズム(突き抜けるようなドラム)に、軽やかなピアノが印象的なバンド演奏。楽曲に合わせてファンキーにも、ムーディにも対応しています。全曲カバーということで、アレンジにも注目したいところですが、正直なところ、数曲しか原曲を覚えていない有様なのでじっくり聴き比べていこうと思います。ただ、原曲の雰囲気を残しつつ、ダイナミックに仕上げている印象。エリス・ルグロウの色気ムンムンの歌い方にハマりつつも、こんなにいい曲があるのか、と改めて思い知らされました。かっこいい。

 elise7.jpg

 収録曲目は以下の通りです。(尚、10曲目はエタ・ジェイムスの曲)試しにスポティファイなどで聴くときの参考にして、オリジナルと比べて楽しんでください。でも、これは買いです!待っていれば日本盤も出るでしょう。

1. Who Do You Love Written-By – Ellas McDaniel
2. Hold On Written-By – J. L. Webber, Leonard Caston
3. You Never Can Tell Written-By – Chuck Berry
4. Over The Mountain, Across The Sea Written-By – Rex Garvin
5. Searching For My Love Written-By – Bobby Moore
6. Long Lonely Nights Written-By – Bernice Davis, Douglas Henderson , Lee Andrews, Mimi Uniman
7. Going Back Where I Belong Written-By – Bob Geddins
8. Rescue Me Written-By – Carl Smith (2), Raynard Miner
9. You Can't Judge A Book By The Cover / You Can't Catch Me Written-By – Chuck Berry, Willie Dixon
10. Can't Shake It
11. Sincerely Written-By – Alan Freed, Harvey Fuqua

Who Do You Love (Live Video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ カナダジャズソウルブルース

The Dirty Nil/Minimum R&B

The Dirty Nil/Minimum R&B
2017年 カナダ
『うねるグルーヴとディストーション。猛烈パンク』

 ディストーションてんこ盛りで暴れまわる野蛮なパンクが存分に聴けるアルバムです。

 ダーディ・ニルはカナダ、モントリオールで活動するオルタナティヴ・パンク・バンド。オルタナティヴ・パンクという音楽には今回初めて遭遇しました。ディストーションやグルーヴのうねりが90年代オルタナティヴ・ロックからの影響を感じさせており、なるほどと理解出来ました。メンバーは3人。2006年にバンドを結成したものの永らくアルバムをリリースすることが出来ず、シングルを細々とリリースし続けてきたそうです。2016年、遂に初のオリジナル作を発表。本作はデビュー作に伴うツアーを経て、リリースされたシングルB面及び未発表曲集となります。
dirtynil_4.jpg

 ひたすらシンプルにうねるヘヴィーな楽曲が続きます。パンクではありますが疾走する曲はあまりなく、ミドル・テンポで推してくるので腹に効きます。若さゆえの勢い、ロックへの憧れが詰まっており、満足。全力でバンドを楽しんでいる姿に好感が持てます。もっと元気を出さねば、と思わされたり。
dirtynil_3.jpg

Fuckin' Up Young (Official Video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ カナダロック

Fleece/Voyager

Fleece/Voyager
2017年カナダ
『どんよりスペーシーなプログレ・サウンドに爽やかコーラスが舞う』

 ピンク・フロイドや中期ビートルズを想起させるファンタジックでスペーシーなサイケ・サウンドが特徴。変拍子を多用するプログレッシヴな音楽性は、クラシック・ロック・ファンにも受け入れられそうなもの。
fleece-voyager.jpg

 カナダのモントリオールで2014年に結成されたロック・グループ、フリース。シンセサイザーとキーボードによる鍵盤二人体制の5人組です。本作は2ndアルバム。サイケデリック、ジャズ、グランジをブレンドしたロック・サウンド、と自身のページでは標榜しています。映像を想起させる幻想的なキーボードの絡み合ったサウンドも特徴で、先に挙げたようにピンク・フロイドやイエス、キング・クリムゾンなど、プログレッシヴ・ロックからの影響が伺えます。ベース、ドラム共に乾いており、エレクトロのような無機質さが印象的。このリズム隊のおかげで複雑なメロディーが続いても全くブレない芯が通っています。透明感のある高音ヴォーカル、厚みのある爽やかなコーラス・ワーク共に見事。強固なバンド・アンサンブルにより、重厚なプログレッシヴ・ロックを楽しむことが出来ます。重厚さから来る重々しさの他に、内省的な暗さが全編から漂うこともポイント。

Fleece.jpg

 一方で美しく柔らかいメロディーが散りばめられた楽曲ながら、難解な展開が祟ってあまり頭に入ってこないのはマイナス・ポイント。

Fix It Together
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ カナダロック

Monkey House/Left

Monkey House/Left
2016年 
『まったり、とろけていく』

 金澤寿和氏監修のLight Mellowシリーズから日本盤がリリースされたモンキー・ハウスの新作。

 モンキー・ハウスはスティーリー・ダン研究の第一人者、ドン・ブライトハウプト(カナダ、トロント出身)によるプロジェクト・グループです。1992年に活動を開始して以来、3枚のアルバムを発表しており、本作は4枚目となります。
dbreithaupt.jpg

 スティーリー・ダンは一通り聴いており、AORもそこそこ好き、という自分ですが、今回はべた褒めのアルバム評に興味を惹かれ、購入した次第です。
4538182628959_cov_320.jpg

 参加しているスタジオ・ミュージシャンはジェイ・グレイドン(G)、エリオット・ランドール(G)、ドリュー・ジング(G)、マイケル・レオンハート(Tr)、ダニー・マッキャスリン(Sax)など。

 自分は本作から入門したのですが、スティーリー・ダンよりもドナルド・フェイゲンのソロに近い印象を受けました。
哀愁味のあるダンディなヴォーカル、滑らかなギター・ソロ、上品なコーラス、ブラス、キーボードによる洗練されたメロウなAORが全編で堪能できます。メロディーの充実ぶりも素晴らしい。絶賛されるのも納得の完成度です。

It's Already Dark In New York
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ カナダポップスSSW

Karim Ouellet/Trente

Karim Ouellet/Trente
2016年 カナダ
『顔は脱いで演奏するスタイル』

 この狼男は愛嬌抜群。
ふわふわとしたファンタジックな音色、刻まれるのはレゲエのリズム。
盆踊りからフォーク、レゲエ、エレクトロ、ロックといった要素が混ざり合った、
アコースティック・ミュージックです。
聴けばたちまち、幻惑させられること必至。

 カリム・ウェレットはカナダ、ケベック州出身。ギター弾き語りSSWです。
2012年にデビューしており、本作で3枚目。
karim-ouellet-le-loup.jpg

ご覧の通り、狼男に扮してパフォーマンスを行っているのが、特徴の一つ。

また、彼はケベック州の公用語であるフランス語で歌っています。
既に発表された2枚のアルバムで、ジュノー賞へのノミネートも果たしているとのこと。

 上記したように、様々な要素が混ざり合った音楽性を持っています。
サウンドはデジタルで徹底的に管理されており、エフェクトやエコー、スクラッチなどを駆使。
それらが下地としてのアコースティック・サウンドと、スムーズに融合しており、
カラフルで幻想的な音楽が生まれています。
ギター弾き語りの他、ヴァイオリンやブラスを交えた楽曲もあり、アレンジは豊富。

 フランス語ならではの、字余りで歌われるレゲエのリズムは、なかなかに新鮮な個性。
フランスにも人気が飛び火しているとのことなので、今後の活躍が楽しみです。

Karim et Le Loup
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ カナダSSW