Heads Hands & Feet/ Heads Hands & Feet

Heads Hands & Feet/ Heads Hands & Feet
1971年 イギリス
『沼に片足を』

 マッスル・ショールズ・スタジオ誕生から2年を経た1971年。イギリスにもじわじわと浸透してきたスワンプ・サウンド、その洗礼を受けたミュージシャン達。彼らが生み出すことになるブリティッシュ・スワンプの作品群、その最初期にあたるグループがヘッズ・ハンズ&フィートです。

 今日、エリック・クラプトンのツアー・ギタリストとしても知られるアルバート・リー、チャス&デイヴとして活躍することになるチャス・ホッジズなど、当時から腕利きのセッション・プレイヤーとして知られていたメンバー達が結成したグループ、ヘッズ・ハンズ&フィート。そのデビュー作です。
001e85f9_medium.jpg

 先に書いたように彼らはスワンプからの影響を色濃く反映した音楽性を持っていますが、前身グループではサイケ・ポップをやっていたりと基本的に流行に敏感であり、一山当てたいという野心が分かりやすいグループです。本作でもブルース、R&Bというスワンプ要素だけでなく、フォーク、カントリー、ジャズ・ロックなどの要素が混在。まさにファーストらしい取っ散らかり具合ですが、アメリカ南部へのリスペクトという筋は通っています。歌唱、演奏共に申し分なく、アメリカ憧憬の奥から侘しさが滲み出るイギリス出身グループならではの音楽が楽しめるアルバム。

 永らく、音質の悪いシー・フォー・マイルズ盤で我慢して来た本作ですが、2016年にSHM-CDにて再発されています。

Country Boy
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

Bombadil/Fences

Bombadil/Fences
2017年 アメリカ
『キャット・スティーヴンスのような陽光メロディー』

 ノースカロライナ州で活動するフォーク・トリオ、ボンバディルの6枚目。前作もレビューしています。またメンバーが加わったようで今回はトリオでの制作です。今回のアルバムを聴いてみて、アメリカの東海岸に位置するノースカロライナならではの爽やかで抜けの良い音楽性を感じ取ることが出来ました。また、ノースカロライナは、フォーク、トラッドが古くから根付いている土地柄でもあり、ボンバディルのような音楽が生まれるのも必然なのでしょう。
MI0004180089.jpg

 三人による穏やかな歌声とコーラス、アコギ、キーボードなど多重録音を駆使した、カラフルなフォーク。前作はほのぼのとしたのどかさが印象的でしたが、こちらはよりわいわいがやがやとした楽しさが強調されているような気がします。(まぁ一人増えましたからね)英米折衷のメロディーの魅力は相変わらずで、英フォーク・ファンにも楽しめる内容。全ての曲が3分台に抑えられており、テンポの良さもポイントです。
0011_bombadil_dla_2016-1024x683.jpg

I Could Make You So Happy
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスフォーク

Alasdair Roberts/Pangs

Alasdair Roberts/Pangs
2017年 イギリス
『蘇える中世イギリスの幻想風景』

 正統派のフォーク・ロック。オルガン、ピアノ、フィドル、エレキギター、フルート等が奏でるトラッドに根差した荒涼としたメロディーは、まるでフェアポート・コンヴェンション(男所帯)を彷彿とさせます。
Alasdair-Roberts-redwood-photography-2.jpg

 スコットランド出身のシンガー・ソングライター、アラスディア・ロバーツ。カランダーという町で育ち、現在はグラスゴーを拠点として音楽活動をしています。2001年からCDのリリースを開始しており、ラフ・トレードやドラッグ・シティといったレーベルより9枚の作品を発表。本作は10枚目のアルバムとなります。ヴァセリンズやジェフリー・ルイスの作品を手掛けている若手のエンジニア、ジュリー・マクラーノンが録音を担当。
large_8865a331-fea4-486e-9213-f1a992a64558.jpg

 2017年ならではのクリアな音質ですが、やっていることは70年代英フォークの回顧。程よく枯れたヴォーカルと土臭い楽曲群は相性抜群。新しさは全く見いだせないものの、フェアポート・コンヴェンションやトゥリーズが奏でていた中世イギリスの幻想風景を蘇らせており、魅力十分。既にベテランの域に達するミュージシャンですが、全く知りませんでした。

An Altar in the Glade
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスSSWフォーク

DAVE KELLY/DAVE KELLY

DAVE KELLY/DAVE KELLY
1971年 イギリス
『枯れたブルース・ギターと渋いヴォーカルが炸裂』

 ザ・ブルース・バンドのリーダーであり、ジョン・ダマー・ブルース・バンドのギタリストとして活躍していたデイヴ・ケリーがジョン・ダマー・ブルース・バンド脱退後に発表したセカンド・ソロ。前作のレビューはこちら
32166703.jpg

 セッション・メンバーにはジョアン・ケリー、セッション集団ランプルスティルトスキン、そしてピーター・グリーンが変名で参加しているとのこと。その他、デイヴ・ケリーのブルース仲間と、ジャズ系プレイヤーも参加しています。

 相変わらず当時24歳とは思えない、枯れたブルース・ギターと渋いヴォーカルが炸裂しています。今回のソロ作はバンド録音がされており、前作よりも聴きやすい印象。ロックがカラフルで多様化していた1971年という時代を反映して、ブルース・ロックのみならずフォーク・ロック、ファンクにも挑戦しており、バラエティー豊かな楽曲群となっています。色々と手を出しているとは言え、どれも後追いで聴いてみると伝統的なものばかり。セッション・プレイヤー達の時にシリアス、時に熱狂的な演奏もあり、ジョン・ダマー・ブルース・バンドから続けて聴いても違和感なく楽しめるアルバムだと思います。「朝日のあたる家」のようなハードボイルドなブルース「The Fields Of Night」ではピアノが幻想的に舞っており印象的。このような細やかなアレンジも聴きどころ。

Green Winter
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスブルースロック

ANDY BOWN/GONE TO MY HEAD

ANDY BOWN/GONE TO MY HEAD
1972年 イギリス(アメリカ原盤)
『バラードがいい』

 以前レビューしたジューダス・ジャンプにも参加していたアンディ・ボウンのファースト・ソロ作です。いわゆる「明るいエロ」路線のジャケで本作のことは覚えていて、CD化されたのを機に聴いてみました。
andybownhead.jpg

 本作で、アンディ・ボウンはヴォーカルとアコギを担当。若干、パワー不足ですが、若干しゃがれた男前な歌声を披露しています。バックのメンツはなかなか豪華。まずギターにピーター・フランプトン。ドラムにミッキー・ウォーラー、ピアノにジミー・ホロヴィッツ、バック・ヴォーカルにレスリー・ダンカンというラインナップ。

 バンド・スタイルの曲とSSWタイプの曲が混在している中途半端な内容ながら、各楽曲はなかなかに聴かせてくれます。一部、アレンジを盛り過ぎている感じの曲があるのが玉にきず。英SSW作品をコレクションしているのであれば、後悔しないであろう好作品です。

The Mourning Leaves

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスSSW