Procol Harum/Novum

Procol Harum/Novum
2017年 イギリス
『ファーストのジャケ・オマージュとは裏腹に骨太な内容』

 新作のジャケット・デザインはファースト・アルバムのイラストを参考にしたとのことで、原点回帰の匂いがプンプンします。安直だなぁ、と思いつつもこういう仕掛けをされると聴いてみたくなります。
procol_novum.jpg

 プロコルハルムは、オルガンを軸としたクラシカルなロック・サウンドが特徴の英ロック・グループ。1960年代に結成、ロック黄金期となる1970年代にいくつかの名盤を残しています。邦題「青い影」で知られる代表曲「A Whiter Shade Of Pale」は日本でも人気があり、それが収録されているのが本作のオマージュ元となったファースト・アルバム(1968年発表)でした。またユーミンが初期に影響を受けていたことに言及しており、2012年にはジョイント・ツアーによる来日が実現しています。
Procol-Harum.jpg

 近年のプロコルハルムの事情については疎いのですが、2003年に発表したアルバム「Wells On Fire」以来、14年振りのアルバムとのこと。オリジナル・メンバーはヴォーカル兼ピアノ奏者のゲイリー・ブルッカーのみで、ジミヘン・フォロワーのギタリストとして知られるロビン・トロワーや、初期作品でオルガンを弾いていたマシュー・フィッシャーなどの黄金期メンバーが不参加です。オルガン奏者にはジョシュ・フィリップスが加入しており、グループの特徴であるツイン・キーボード体制は維持されています。ロビン・トロワーの代わりとなるギタリストには、70年代、ジャズ・ロック・グループIFに参加していたジェフ・ホワイトソーンが起用。尚、目玉としてクリームの諸作で知られる作詞家、ピート・ブラウンが全面的に参加しています。

 本作の音楽性について。クラシック由来の荘厳な雰囲気とブルース・ロックが混ざり合った個性がファーストの魅力だとすれば、それは再現出来ていません。最大の要因はオルガンでしょう。各曲のイントロではクラシカルな味わいを演出しておきながらすぐ引っ込んでしまうのは物足りません。ほのぼのとしたパブ・ロック的なブルース、ロックンロール・ナンバーが多く、『A Salty Dog』や『Home』を彷彿とさせる作風。ジャケットから受ける印象とは異なるものの渋いブリティッシュ・ロックが楽しめるアルバムです。骨太で泥臭いバンド・サウンドはおじいちゃんバンドとは思えないパワフルさ。そして、塩辛い歌声に変貌したゲイリー・ブルッカーのヴォーカルが表情豊かで素晴らしい。

 また、質の高い楽曲群が揃っていることもポイント。黄金期を支えた主要ソングライターの二人が去っている状況で期待値が下がっていたのでうれしい驚きでした。さすが、ソロとしてのキャリアも長いゲイリー・ブルッカー。見直しました。
Soldier
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

Albert Lee/Hiding

Albert Lee/Hiding
1979年 イギリス
『カントリー愛全開のほのぼのアルバム』

 1978年、エリック・クラプトンのバンド・メンバーとして迎えられたギタリスト、アルバート・リーが、その翌年に発表した初のソロ作。
img_0.jpg
 
作品は、プロデューサーであるブライアン・エイバーンのつてでエミルー・ハリスのバンド・メンバー(ホット・バンド)が集結したアメリカ録音、古巣であるヘッズ・ハンズ&フィートのメンバーをバックにしたイギリス録音からなっています。

 バンド時代は自作曲に拘っていた彼ですが、ここではカバー曲も多く採用。チャス&デイヴの提供曲、エミルー・ハリスの作曲パートナー、ロドニー・クロウェルの提供曲の他、ルーヴィン・ブラザーズ、ダイアー・ストレイツなどのナンバーが収録されています。

 早弾きギタリストでもあるアルバート・リー。もちろん流麗なブルース・ギターを堪能出来るのですが、どちらかと言えば、ゆったりとしたリズムに程よく枯れた歌声が乗るレイドバックな味わいが特徴です。

 エミルー・ハリスの艶やかなハーモニー、軽快な演奏が楽しめる良いアルバム。2016年に再発されています。

Billy Tyler
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

THERAPY/ONE NIGHT STAND

THERAPY/ONE NIGHT STAND
1973年 イギリス
『英フォークをコレクションしているマニア向けのアルバム』

 本日は1970年より活動を開始したフォーク・グループ、セラピーのセカンド・アルバムをご紹介。前作のレビューはこちら。前回のアルバムではプロデューサーにコリン・コールドウェルが付いていたり、12の星座をテーマとしたコンセプト・アルバムだったり、と話題満載でした。しかし本作はメンバーが一人抜けデュオ体制となり、加えてレーベルもドロップ。自主制作盤です。そしてA面がカバー曲、B面がトラッド曲というオリジナル曲無しという構成。地味すぎる・・・・・・更に自分に対して小西勝氏の解説文の一節「オリジナル曲を切り捨てたのはちょっと残念」の文字が精神ダメージを与えてきます。
therapy-one-night-stand-mini-lp-cd.jpg

 デュオとなった彼らですが、ゲストでリズム隊が参加しています。A面はジョニ・ミッチェル「Carey」「Big Yellow Taxi」、メラニー「Brand New Key」、ジャズ・スタンダード「Twelfth Street Rag」、ダンカン・ブラウン「Journey」、ビートルズ「Honey Pie」、イアン&シルヴィア「Someday Soon」というラインナップ。自主盤とは言え、適度な緊張感のある演奏で、音質も申し分ありません。女性ヴォーカルの凛々しい歌声も細やかなピッキングを披露するギターも素晴らしい。トラッド・サイドでの優しい演奏も心地よいです。素朴なフォーク・グループ作品という趣。英フォークをコレクションしているマニア向けのアルバムです。

動画はありません
関連するタグ イギリスフォーク

THERAPY/ALMANAC

THERAPY/ALMANAC
1971年 イギリス
『優雅なブリティッシュ・フォーク』

 誰にでも、絶対いつか聴くぞ!と思っているレア盤が何枚かあると思います。僕にとってのそのうちの一枚だったセラピーのファースト・アルバムが遂にCD化されました。やっぱりBIG PINKは凄い!

 黄昏時の岩壁に腰を掛けるメンバー3人、セラピーのバンド・ロゴ。12星座をテーマにしたオリジナル曲で構成された内容。ゲスト
にはペンタングルのリズム隊が参加。これがCD化されていなかったのですから、聴いてみたくもなります。
RY160623-BP-01.jpg

 セラピーはあまり知られていないフォーク・グループ。ジャケ写の通り、女性一人、男性二人のトリオ。デイヴ・シャノンとサム・ブラッケンによるラグタイム・バンドへ、女性シンガー、フィオナ・シンプソンが加入した経緯で結成されたそうです。楽曲は全てフィオナ・シンプソンによるオリジナル。

 解説ではジョニ・ミッチェルからの影響が強い、と触れられていますが、確かにサード辺りまでの穏やかでフォーキーなジョニ・ミッチェルを彷彿とさせる曲を書いています。弦楽四重奏を加えた、優雅なブリティッシュ・フォークが全編で楽しめる好盤。期待通りです。

今回はYOUTUBE動画がありませんでした。
関連するタグ イギリスフォーク

Brian Eno/Reflection

Brian Eno/Reflection
2017年 イギリス
『来月の家計を練るときはこれを聴こう』

 ブライアン・イーノの新作を聴きました。熟考する時間の為の音楽ということでこのタイトルが付けられたそうです。特定の場所、目的に対して作られる環境音楽(アンビエント)であり、『Music For Airport』など初期の作品群に通じるものとなりました。目的の為の邪魔をしない音楽ですね。
eno-11_15_2016.jpg

 全1曲(54分)で構成されているので1度再生したら、あとはぼーっと聴くだけ。シンセサイザーが折り重なって、風鈴のようなさりげなさで旋律を奏でています。

 ブライアン・イーノがアンビエントを始めた時点の個性をもう一度練り直しているので、素晴らしい出来です。往年の作品と比べて奥行きがより感じられる印象。熟考する時間の為の音楽ではありますが、これ以上書くことは無し。長く愛用出来るアルバムです。

※1曲なので動画も全編収録という太っ腹仕様。

Reflection
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリス環境音楽