Tennis/Yours Conditionally

Tennis/Yours Conditionally
2017年 アメリカ
『ソウル懐古のドリーム・ポップ』

 コロラド州デンバー出身の夫婦ポップ・デュオ、テニスによる4枚目のアルバム。60~70年代のソウル、ポップから幅広く影響を受けているとのこと。
 
 シンセサイザー、コーラスにエコーを掛けたアレンジと打ち込まれたビートが、ソウルフルなメロディーと同居しており、サイケデリックな雰囲気を醸し出しています。ファルセットが魅力的な女性ヴォーカルの存在感も十分。
Yours-Conditionally.jpg
ジャケもウッドストック系SSWがやりそうな感じに。

 ストリングスたっぷりのフィリー・ソウルをドリーム・ポップの手法で表現しています。ソウルの熱気、感情がデジタルのフィルターを通して無機質、クールさに変換されている。こう書いてしまうとネガティブな印象だけれども、ヒンヤリとしていながら気怠いソウルを感じることが出来て、新鮮。

In The Morning I'll Be Better
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカポップス

Timothy Seth Avett As Darling/IV

Timothy Seth Avett As Darling/IV
2017年 アメリカ
『ニック・ドレイク、ロン・セクスミスのラインを通っているフォークが好きなあなたに。』

 甘く切ないメロディーと軽妙な歌い口。田舎の家の軒先で演奏しているかのような、素朴で気安い佇まいはまるで70年代の日本語フォークの如し。この寂しいギターの音色は何だ!これはいいシンガー・ソングライターです。

 ティモシー・セス・エイベット。3人兄弟の末っ子として、ノースカロライナ州コンコードにて、1980年に生まれました。現在36歳。兄であるスコットと共に幼少期よりバンド演奏を始めています。兄のスコットがバンジョー、セスがギター、幼馴染のボブ・クロフォードがダブル・ベースという編成。2000年よりエイベット・ブラザーズと名乗って活動しており、その後、キーボード奏者のジョー・クォンを加えて現在は4人編成です。ブルーグラス、アメリカーナといった伝統音楽に根差したカントリー・ロックをやっています。→音源(youtube) 本国アメリカでは人気を獲得しており、日本語のページもちらほらと。実績を積んでいるグループです。初めて聴きましたがルーツに根差していながらも渋くなり過ぎず親しみやすい音楽で素晴らしい。さて、セスの話に戻ります。グループとして9枚のアルバムをリリースする傍らで、セスはソロ活動をしており、これまで3枚のアルバムをリリース。2005年のサード以来、ブランクが空いていましたがこの度12年振りの4作目がリリースされました。
seth_iv_cover_1000x1000.jpg
このジャケからするとフォークというよりも甘いピアノ・バラードが似合いそうですが・・・

 エイベット・ブラザーズと比べるとメロウで淋しげな表情が印象的な作風。ギター弾き語りを中心に、曲によってはバンド・セット、ヴァイオリンが入る曲もあり。もちろんアメリカ発の音楽なので、陰よりも朗らかさが先に立つ部分もありますが、総じて穏やかなことは確か。メロディーの質が素晴らしい。ニック・ドレイク、ロン・セクスミスのラインを通っているフォーク好きな音楽ファンには是非聴いてもらいたいです。まずは以下の曲をどうぞ。

should we move
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSWフォーク

Chastity Brown/Silhouette of Sirens

Chastity Brown/Silhouette of Sirens
2017年 アメリカ
『ゴスペル、アイルランド、ブルースが同居』

 アフロヘアの女性ミュージシャンが登場すると、ついついチェックしてしまう。やはり華やかで目立ちますから。そしてチャスティティー・ブラウンを見つけました。
1489016334591.jpg

 1982年、アイルランド人の母とアフリカ系アメリカ人ブルース・シンガーの父の間に生まれたチャスティティー。ニューハンプシャー州北部で生まれ、テネシー州ユニオンシティで育ち、現在はミネソタ州ミネアポリスを拠点に活動しています。幼い頃からアイルランド民謡やブリティッシュ・トラッド、フォークを聴きながら、同時に父の影響でブルースにも親しんだ彼女。礼拝堂でのゴスペル・コーラス隊の中でドラムとサックスを演奏して育ったそうです。多様な音楽経験と何度かの移住を経て、豊かなバックボーンが形成されているようです。彼女は影響を受けたものとして、ジェイムス・ボールドウィン、カーソン・マッカラーズという二人のアメリカ人作家を挙げています。2007年にアルバム・デビュー、本作で5枚目になります。現在はマイケル・キワンカ、ダー・ウィリアムズ、ラウル・ミドン、レオン・ラッセル等のライブ・ツアーをサポートするなど、知名度を獲得。ミネアポリスにてベスト・フォーク賞を受賞したことを始め、いくつかの音楽賞も受賞。名前が売れてきています。
ffchastity.jpg

 壮大で力強いゴスペル要素、図太いブルース・ロック、枯れたカントリー・ギターといった要素が同居。またシャッフル、ビート・ナンバーもいくつか収録されており、ブリティッシュ・ロックからの影響も感じさせるのがポイントです。哀愁を帯びたメロディー、パワフルな歌唱共に申し分なく伸び伸びとしたアメリカン・ロック作として楽しめました。

Carried Away
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSWポップスソウル

Bash & Pop/Anything Could Happen

Bash & Pop/Anything Could Happen
2017年 アメリカ
『力の抜け加減が絶妙な純真パンク・ロック』

 力の抜け加減が絶妙な純真パンク・ロック。新人とは思えない、と考えていたら実はベテランでした。

 中心人物はトミー・スティンソン。80年代にはミネソタ州ミネアポリスを拠点に活動するザ・リプレイスメンツのメンバーとして活動しています。初期オルタナティヴへと繋がるガレージ系のロック・バンドとして支持を得ていた彼らですが90年代初頭には解散。その後、トミーが始動させたのがバッシュ&ポップでした。このグループはアルバム1枚きり(1993年リリース)で活動を停止させてしまいますが、リプレイスメンツ譲りの哀愁メロディーを持った、ナイスなグループでした。その後、トミーはガンズ・アンド・ローゼズへ参加することに。そしてそんなアルバムもCD棚の奥の奥にしまわれていた2017年、突如再結成してリリースされたのが、このセカンド・アルバムです。
MI0004161483.jpg

 ダイナミックなサウンドは、まるで90年代のロックンロールがそのままパッケージされているよう。トミーを含め、すべてのメンバーがベテラン・ミュージシャンな為、落ち着き払った演奏が印象的。パンク特有のがむしゃらさは希薄ながら、ロックンロールならではの身軽さは存分に感じ取れます。
BASHTOP.jpg

On The Rocks
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロック

Entrance/Book Of Changes

Entrance/Book Of Changes
2017年 アメリカ
『土着的であり宇宙的』

 ピアノ、シンセ、ギターが溶け合うソフトなサイケデリック・サウンドに掠れた裏声が乗る。幻想的なストリングスもあり。爽快感十分。

 エントランスはガイ・ブレイクスリーによるソロ・ユニット。ガイはバルティモアを拠点とするグループ、The Convocation Of…のメンバーとして音楽活動をスタートしています。サイケデリックなハード・ロックを演奏していたバンドでしたが、2枚のアルバムを発表後、解散。その後、シカゴへ移り、エントランス名義を名乗ってソロ活動を開始。2003年のデビュー作以来、5枚のアルバムを発表しています。アメリカのカントリー、フォークをサイケデリックと掛け合わせる手法で、アシッド・フォークやネオアコのような作品を指向しているシンガーソングライターです。本作は6枚目のアルバム。
guyb.jpg

 掠れた裏声は時に朗々と響き、トラッド的。ギターのつま弾かれる様も素朴。アメリカン・ルーツは濃厚です。一方でシンセ、ストリングスが幻想的なサイケ要素を担っているわけですが、こちらはとても立体的。カントリー、トラッドの持つ田舎臭さをセンチメンタルな装飾で消しているのがポイントです。

 土着的でありながら宇宙も感じさせる音楽。アルコールでもトリップ出来そうです。

ENTRANCE - Always The Right Time (Official Audio)

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカフォークポップス