Grady Tate/After the Long Drive Home

Grady Tate/After the Long Drive Home
1970年 アメリカ
『ジャズ・ヴォーカルかソウルか、は置いておいて』
 
 昨年に当たる2017年10月に亡くなられたジャズ・ドラマーにしてヴォーカリストでもあるグラディ・テイト。自分は全く聴いたことが無かった、と思っていたら何故かジャズのGのところから『After the Long Drive Home』の紙ジャケを発見。あれ?いつだ。いつ買ったのだろうか。ともあれ、この機会にじっくり聴いてみよう。
R-2303733-1433202476-7707_jpeg.jpg

 グラディ・テイトは1932年ノースカロライナ州ダーナム生まれ。1963年にニューヨークへと移住。ヴァーヴ・レーベルでのジミー・スミスやウェス・モンゴメリのアルバムなど、多くの作品にドラマーとして参加しました。1960年代後半のジャズは、オルガン・ジャズやフュージョン、ソウル・ジャズなど洗練の時代を迎えていた時代。グラディ・テイトはグルーヴを保つことに集中する職人気質のスタイルで、多くのジャズ・プレイヤーから支持されていたとのこと。特にクインシー・ジョーンズの諸作品での演奏によって彼の名前は知れ渡りました。元々、ジャズ・ドラマーとして活動していた彼ですが、名歌手ペギー・リーのセッションに参加した際、彼女より特に勧められてヴォーカルを録音。これをきっかけとして、ジャズ・ドラマー兼ヴォーカリストとして活動することになります。

 『After the Long Drive Home』はソロ2作目に当たるアルバム。ハロルド・ホィーラーがプロデュース(アレンジと指揮)を担当しています。冒頭、ハロルド・ホィーラーによる牧歌的なオーケストラのテーマが入り、意表を突くスタート。2曲目(タイトル曲)からは、渋く辛口のディープ・ソウルなヴォーカルが炸裂。流麗なエレピ、ストリングスも相まって、王道ソウルにしか聴こえない音楽性。そんな中、軽やかに跳ね、グルーヴするドラムとベースだけは確かにジャズ。ヴァン・マッコイやランディ・ニューマンの楽曲を取り上げており、都会的なソウル・ジャズが楽しめるアルバムです。

After The Long Drive Home
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカジャズソウル

Shilpa Ray/ Door Girl

Shilpa Ray/ Door Girl
2017年 アメリカ
『ニューヨークの伝統、繋がる』

 やさぐれた女性ヴォーカルのロックンロール、という取っつきやすさに加えて、レゲエやヒップホップ、ニューウェイヴも取り込んだ多彩なバックグラウンドも持っているミュージシャン。
a3252093012_10.jpg

 シルパ・レイはニューヨーク、ブルックリン出身のSSW。幼少期、教会のゴスペルに触れることが音楽との出会いとなります。また自宅にあったハーモニウム(インドのオルガン)も、長い間彼女の遊び道具であったとのこと。ニック・ケイヴ・&・バッド・シーズの音楽を知ることで、パンク、ロックンロールの世界に魅了されていく彼女は、2004年にパンク・ロック・バンドShilpa Ray and her Happy Hookersを結成。数枚のアルバムを発表しています。バンドは2011年に活動停止となり、ここから新たなバック・バンドを編成してシルパ・レイ自身のソロ活動を開始。2015年にファースト『Last Year's Savage』を発表、本作はそれに続くセカンド・アルバムとなります。尚、彼女は影響を受けたミュージシャンとして、Nick Cave and the Bad Seeds, Warren Ellis, Jon Spencer Blues Explosion, Sharon Van Etten, Man Man, Nicole Atkins, Acid Mothers Templeといったメンツをリストに挙げています。

 古き良きニューヨーク・パンクの流れを汲む音楽性です。暗く寂しいメロディーと衝動的なビートが同居したスタイルは正しく王道。一方で先述したように、レゲエやヒップホップの要素を取り込んだ楽曲もあり、まるでポリスを彷彿とさせる部分もあり。抑揚をつけたヴォーカルは見事。ふくよかな声質。またハーモニウムを随所で活用しているのも特徴で、儚げな残響が美しいです。

Shilpa Ray "Morning Terrors Nights Of Dread
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロックSSW

Curtis Harding/Face Your Fear

Curtis Harding/Face Your Fear
2017年 アメリカ
『どんよりソウル満喫』

 2014年にデビューした自作自演歌手。本作はセカンド・アルバムとなります。

 シンセサイザー、ストリングスを取り入れた、映画のサントラの如く視覚に訴えるニュー・ソウル・サウンドはカーティス・メイフィールドを彷彿とさせます。一方で熱を抑えた内省的な作風も印象的で、その辺りはダニー・ハサウェイ的だと感じました。
消え入りそうな繊細な味わいを持つ裏声が特徴。艶めかしさ抜群で、ノスタルジックなストリングス・アレンジとの相性もいいです。
831.jpg

曲に関してはニュー・ソウルをベースとした60年代ソウル由来の伝統を引き継いだものが多く、そこに現代的なロックやエレクトロといった要素を加えています。鉄琴やエコーによるサイケデリック感覚もアクセントとして印象的。「Tighten up」のパロディーと思しき「Need Your Love」もあり。残念な点としては、各曲2~3分で纏められているので、スムーズに聴くことが出来る一方で、突出したキラーチューンが見当たらないところ。

Till The End
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウル

Caitlyn Smith/Starfire

Caitlyn Smith/Starfire
2018年 アメリカ
『王道アメリカン・ロックを得意とする女性SSW』

 ナッシュビルを拠点に活動する作曲家による、本人名義のデビュー作。宣伝文によると、これまでガース・ブルックス、ジョン・レジェンド、メーガン・トレイナー、ジェイムス・ベイ、ドリー・パートンなどに楽曲を提供して来たとのこと。
3c94b3f9f5b16ec16742769daad33f1a_960x960x1.jpg

 鍵盤入りのバンド演奏による、大陸的なスケールを感じさせるアメリカン・ロックという印象。楽曲はボン・ジョヴィなどを彷彿とさせる、ダイナミックでドラマティックなメロディーが特徴です。とにかくエモーショナルに迫ってきます。カッチリとした分厚いアレンジが施されているのもポイント。キャッチーな楽曲が揃っている当たりは、さすが職業ソングライター。彼女自身の歌声も、パワフルで伸びやか、よく通るもので魅力的。1曲目を聴いた時にはありがちだな、と思っていましたが、オーソドックスながら芯の太さを感じさせる音楽性で聴き通した次第。デビュー作とは思えないほど、ゴテゴテしているアレンジだけはちょっと考えものであります。

Starfire

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロック

Vulfpeck/Mr Finish Line

Vulfpeck/Mr Finish Line
2017年 アメリカ
『楽しさ更にアップ』

 卓越したテクニックに裏打ちされたグルーヴ感と、サービス精神溢れるポップなメロディーを併せ持つ、一級のファンク・グループ、ヴルフペック。当ブログでは前作、前々作でヴァルフペックと表記しておりましたが、どうやら今作では日本語ページでヴルフペックと紹介されている模様。サクッと日和りました。ヴァルフペックでもヴルフペックでも、どっちでもいいのですが、毎回メディアに取り上げられている割には、ガツンと人気が上がっているようにも感じられないのがもどかしい。
268x0wbb.jpg

 今回のアルバムはサード・アルバム。ファーストセカンドのレビューもしているので宜しければ読んでください。ここまで年1枚のハイペースなリリース・ペースを保っています。

 今回のアルバムでは全曲でフューチャリング表記が付いているのが特徴。様々なミュージシャンとセッションすることで、バラエティの豊かさを演出しています。ファンクとミニマル・サウンドの融合ということで、ミニマル・ファンクを標榜していた彼らですが、かなりファンク度が後退している印象。緻密なアレンジと多幸感溢れるポップネスに磨きをかけており、ポップスのアルバムとして大変楽しく聴けるアルバムとなっています。多彩なゲストについては、あまり知らないミュージシャンが多くコメントが出来ないのが残念であります。そんな中去年レビューしたテオ・カッツマンの名前にはほっこりしました。その他、デヴィッド・T・ウォーカーも参加しています。シンセサイザーのキラキラ度は最高潮。そろそろブレイクするぞ、とここからのアルバムでずっと言い続ける!

Mr. Finish Line (feat. Christine Hucal & Theo Katzman)

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカポップスソウル