FC2ブログ

LAWRENCE/LIVING ROOM

LAWRENCE/LIVING ROOM
2018年 アメリカ
『来日公演を見逃していたことは平成最後の痛恨事』

 以前、こちらでも紹介していたローレンスですが、セカンド・アルバムがリリースされました。前々から来日してほしいな、と願っていたグループですが、2019年1月にブルーノート東京で初来日公演を行っていた模様。情報収集が不足していたことを悔やむばかり。今回、リリースされたセカンドは国内盤もリリースされており、初来日も実現。彼らの勢いを感じることが出来てうれしいです。
15_0109_02.jpg

 クライドとグレイシーによるローレンス兄妹によるユニット、ローレンス。ヴィンテージ・ソウルの流れを汲むグループで、特にモータウン、ニューソウル系の甘く爽やかなソウル・チューンを得意としています。

 タイトルこそ『LIVING ROOM』と付けられていますが、メンバー8人の大所帯。管楽器3人、ドラム、ベース、ギターの6人にヴォーカル&鍵盤のクライド、ヴォーカルのグレイシーという編成です。これに楽曲によってゲスト・ミュージシャンが参加。

 基本的には前作同様にスティーヴィー・ワンダーを彷彿とさせる甘くポップなソウルが楽しめます。8人のミュージシャンによる分厚いアンサンブルは強力。ジャクソン5へのリスペクトが溢れ出てしまっている楽曲(「Whoever You Are」「Limbo」)がある辺りも前作同様です。

よりカッチリしたプロデュースが為されており、スムーズな聴き心地。

グレイシーのヴォーカルの比重が上がっているところもポイント。パワフルな歌唱で幅が広がっています。

新機軸としては、12曲目「Last Song」辺りがダイナミックなアメリカン・バラード調で印象的。90年代のエアロスミスを彷彿とさせる、ブラス隊とコーラスの煽りがコテコテで強烈です。

60~70年代のソウル・クラシックをカバーしたyoutube動画を数々発表しているローレンス。現状、それらを超える名曲は生まれていないのが残念な所ですが、着実に近づいている感じがします。ソウル・ファンのみならず、70年代中盤までのロック、ポップスが好きな方には是非聴いてほしい一枚。

Make A Move
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウル

VINTAGE TROUBLE/CHAPTER II-EP1

VINTAGE TROUBLE/CHAPTER II-EP1
2018年 アメリカ
『次のライブはムーディな時間が増えそう』

 来週(2019年4/15)には来日ライブに行く予定であるヴィンテージ・トラブル。ここ数年はライブ活動を中心にしており、音源の発表はデジタルでのシングルのみという状況でした。今回の来日では同時に新作のリリースもアナウンスされていたので「それならば」と再びチケットを取ってしまいました。毎度毎度、ズブズブとハマってしまっているようです。
61BihUFx9qL__SX355_.jpg

 さて新作の内容について。今回はEPとのことで5曲の新曲をバンド・サウンドとアコースティック・サウンドで収録。2枚組となっています。買う前から分かっていたことですが、この物量では物足りません。飢えは満たされない、というのが正直な所。

 中身は、かなりキャッチーな仕上がり。ダンサフル且つオーセンティックなロック曲③④辺りは、ザ・アメリカン・ロックという感じで、これまでとは一線を画す雰囲気です。もちろん彼らならではの黒さは健在ですが、洗練の度合いを増しており、完全にニュー・ソウル仕様。英ロック的なファースト、落ち着いたセカンド、と来て次は跳ねたロック作を期待していたのですが、どうやらそこには当分、戻らなそうな雰囲気です。

帯には「ステージのスピリットをスタジオの環境にシームレスに変換することを目指したのだ」とあるのですが、あの凄まじい圧力と本作のスッキリとしたクリーンなサウンドでは比べ物になりません。ただ、これらの楽曲がライブで、どのように変貌するのだろう、と考えると期待は膨らみます。来日記念盤としての役割は十分果たしている内容。

例えば、新曲を8曲くらい用意して、ライブ会場で披露。それをライブ盤として発売すれば、それが最高傑作になるのではないでしょうか。いや、新曲じゃなくてもいいから、ライブ盤が欲しい。

Do Me Right
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウルロック

ROSIE/BETTER LATE THAN NEVER

ROSIE/BETTER LATE THAN NEVER
1976年 アメリカ
『ゴールデンポップスを想起させるコーラスで一味違うAORに』

 AOR CITY1000シリーズより1枚ご紹介。去年の8月にリリースされていた再発盤ですが、最近やっと聴くことが出来ました。(1年寝かせてしまった)シュリンクが掛かったCDが棚にあると「まだお楽しみが残っている。」という気分になるのですが、ほどほどにしないといけません。AOR CITYは最新リマスター盤での廉価再発企画で、1000円+税でAORの名盤をコレクション出来るという素晴らしいもの。ただし予算の関係上、歌詞カードが付かないのは痛いところです。私自身、、AORはまだまだ十分な知識が無い状況なので助かりました。
XAT-1245289578.jpg

 今回のロージーは完全にジャケで選びました。女性3人組かな、と思っていたのですが、左に居る方はデヴィッド・ラズリーという男性でした。彼がシンガーソングライターとして中心的な役割を果たしつつ、更に二人の女性を加えたヴォーカル・トリオがロージーということになります。アレンジャーとして、マイケル・ゼイガー、チャーリー・カレロ、ビー・ウィー・エリスの3人を迎えているとのこと。(すみません、勉強不足につき誰も知りません)収録曲はブッカーT.ジョーンズの曲を1曲カバーしている他は、デヴィッド・ラズリーと女性メンバーによる共作曲で占められています。

 デヴィッド・ラズリーはソウルに影響を受けた作曲家で、本作では1970年代後半ならではのスウィート・ソウル系の楽曲を多く収録しています。デヴィッド・ラズリーのジェントリーな歌声はもちろんのこと、アカペラの経験もあるという彼らトリオの鮮やかなコーラス・ワークが合わさることで、鮮やかさが増幅。ハキハキしたバンド・サウンド、アレンジも洗練されていて文句無し。さすがの名盤です。

LONDON BLUES
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカAOR

Hatchet/Dying to Exist

Hatchet/Dying to Exist
2018年 アメリカ
『ライブが見たくなってくる懐古スラッシュのツワモノ』

 ベイエリア・スラッシュが好きだった。ほどほどに、といった程度で。テスタメントやエクソダス、ヒーゼン、フォビドゥンなどの有名バンドで首を振っていた思い出が唐突に蘇った。

 サンフランシスコ近郊育ち、現在はカルフォルニアを拠点に活動しているスラッシュ・メタル・バンド、ハチェットの4枚目。メンバーの面々はベイエリア・スラッシュからの影響を強く受けたとのことです。
591a0b2eefc567be887323e58b49a386.png

 ザクザクカクカクとした尖ったギターリフ、金切り声のヴォーカル、マシンガンのように前のめりのリズム隊、野太いコーラス、目まぐるしく変化していく曲調とベイエリア・スラッシュのお手本のような音楽をやっています。途中でドラマティックな泣きのギター・ソロが入ったりして、静パートを挟み込む冷静さもポイント。ひたすら「教え」を守っている印象があり、個性という点では食い足りませんが、求めているファンにとっては期待通りのサウンドでしょう。80年代から90年代に掛けて、西新宿のメタル専門店でスラッシュ・メタルの知られざる名作を求めて、有象無象の輸入盤に手を出していたマニアならば、絶対に気に入るはず。

Silent Genocide
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカHR/HM

The Interrupters/Fight the Good Fight

The Interrupters/Fight the Good Fight
2018年 アメリカ
『ストレートなスカ・パンク』

 カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動するスカ・パンク・グループ、インタラプターズのサード・アルバム。これまでのアルバム同様、今回もRANCIDのティム・アームストロングがプロデュースを担当しています。

 女性ヴォーカル、エイミー・インタラプターをフロントに据えた4人組。2011年に結成して以来、メンバー不動で活動を続けており、2010年代のスカ・パンク・グループを代表する存在となっています。
71xVXNIPQ6L__SX355_.jpg

 レゲエのリズムを取り入れた、キャッチーでノリの良いパンク・サウンドはRANCIDの流れを汲んだもの。折り重なるコーラス、乾いたドラムが印象的なアンサンブルは、切れ味が鋭く、無条件でテンションを上げてくれます。エイミーのダミ声ヴォーカルがカッコよく、アップ・テンポの楽曲にハマっているのもポイント。2分台の楽曲が大半を占めており、一気に駆け抜けるような構成も気持ちいい。

Title Holder
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロック