スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

ALICE COOPER/MUSCLE OF LOVE

ALICE COOPER/MUSCLE OF LOVE
1973年 アメリカ
『キメ曲こそ無いがさすが全盛期』
このアルバムはアリス・クーパーの7枚目のアルバムで、バンド名義での最終作です。

アリス・クーパーを後追いで聴いてきた自分ですが、このアルバムだけは縁が無く今回初めて聴きました。3枚目のアルバム『Love It To Death』から6枚目『Billion Dollar Babies』までを聴いたら、次は8枚目の『Welcome To My Nightmare』へと飛ばしてしまったという具合。自分がアリス・クーパーを集めていた90年代の地方のショップでは『MUSCLE OF LOVE』だけが品揃えされておらず、音楽誌でも情報を仕入れることが出来なかったという状況から、「地味なアルバムなのだろう。」と思っていました。
R-1220173-1324803586_jpeg.jpg

 今回も特殊ジャケですが、前作前々作と比べると地味な印象。自分は紙ジャケで購入しましたが、アナログだと輸入用ダンボールを模したこのジャケも映えるのかもしれません。これも前2枚から続いてきたことですが、明確なテーマ、コンセプトが無くなりました。また、バンド最終作ということを暗示するかのように、ブラス隊のヴォリュームが上がっているのも特徴。結果、演劇調の芝居がかった個性がより毒々しく放たれています。ライザ・ミネリ、ロニー・スペクター、ポインター・シスターズがゲストとして参加。これらのメンツを見ても方向性の狙い(ロック・バンドとは異なるショーを目指しているという)が感じ取れます。楽曲の出来は全盛期のものだけに素晴らしい。今回初めて気が付きましたが、1曲目「Big Apple Dreamin’(Hippo)」のリフは、イギリスのグラム・ロック・バンド、ナザレスが「Hair Of The Dog」(1975年)に引用しているようです。派手なキラーチューンはありません。予想通り、地味なアルバムではありましたが良作だと思います。

動画はありません。厳密にはあったのですが日本では検閲が掛けられていて見られないようです。んーー、日本国内でのyoutubeの管理が厳しくなっている気がします。それでいて音源はすぐ廃盤にして管理不足(利益出ないから仕方ないけれども)。ちょっとケチかな。
スポンサーサイト
関連するタグ アメリカHR/HMロック

Amber Mark/3:33am

Amber Mark/3:33am
2017年 アメリカ
『21世紀型エキゾチックソウル』

 ジャズ、ソウル、エレクトロといったジャンルを融合した新世代R&B。彼女の場合、インド音楽やゴスペル、ラテンの要素が加わっており、民族音楽色が濃いことが特徴です。スペーシーでありながら、とても土着的な聴き心地は新鮮。

 アンバー・マークは宅録型のシンガー・シングライター。マンハッタン在住。ジャマイカとドイツのハーフとして生まれ、現在23歳です。2016年からサウンドクラウド上で制作した音源を公開しており、スポティファイにてチャート上位に浮上。今回のデビューEPリリースへと繋がりました。
1500x1500.jpg

 自身の音楽性をR&Bトライバルと表明しており、民族色の強さを個性としています。太くクリーンな歌声による、爽やかなメロディーが民族色の強いリズムと絡み、カラフルなR&Bサウンドを生み出しています。ヴォーカルの加工、打ち込みも含めて、パソコン上でトラックを繋ぎ合わせたプログラミングが施されており、クリーンで洗練されたサウンドが印象的。鮮やかさは格別なのですが、トライバルを売りにするならばもう少し生々しさを残しておいても良かったかも。シャーデーとケイト・ブッシュを掛け合わせたような楽曲群は素晴らしい出来栄えで、全6曲のEPとしては大満足。次のフル・アルバムにも期待です。

amber-mark-2-1-810x524.jpg
Monsoon (Official Video) ft. Mia Mark

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカポップスソウル

Ayron Jones/Audio Paint Job

Ayron Jones/Audio Paint Job
2017年 アメリカ
『シアトルの伝説級プロデューサーが関わった大型新人』

 ディストーションを効かせたジミヘン風サイケ・ブルース・ギターに、こってり濃厚ソウルフル・ヴォーカルが被さるという夏には向かない暑苦しいファンク・ブルース。ノースウエスト流のヒップホップ要素を散りばめているのが彼らなりの個性。クーラーとかき氷をお供に聴いたら最高かも。

 シアトルを拠点として2013年より活動するロック・バンド、エイロン・ジョーンズ&ザ・ウェイ。Ayron Jones (Vocals, Guitar) Bob Lovelace (Bass) Ehssan Kirimi (Drums)のトリオ編成です。影響されたミュージシャン欄にはStevie Ray Vaughan, Ray Charles, Jimi Hendrix, Michael Jackson, Stevie Wonder, BB King, Jonny Lang, Joe Bonamassa,とう面々が挙がっています。ニルヴァーナとの仕事で知られるジャック・エンドイノや、マッド・シーズンをプロデュースしたバレット・マーティンが彼らをサポート。本デビュー作が完成しました。
Audio-Paint-Job-1024x1024.jpg

 スケールの大きなブルース・ギター、ソウルフルなヴォーカルはもちろんのこと、ドアーズのような渋いオルガンも素晴らしい。楽曲はブルース・ロックにヒップホップ的なアレンジを加えたもので、随所でスクラッチが入っています。スライ&ザ・ファミリー・ストーンにも通じるアンダーグラウンドな熱気を持った音楽。

Love is the Answer
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロック

ハンバートハンバート/家族行進曲

ハンバートハンバート/家族行進曲
2017年 日本
『眩しい、眩しすぎる。なんだこの光は!』

 長いこと、追いかけて来たグループであるハンバートハンバートの新作。企画盤『FOLK』は除外するとして通算9枚目のアルバムです。

 『むかしぼくはみじめだった』はカントリー路線を追求したアルバムでしたが、その一方で、このグループならではの厳かさ(おごそかさ)が表面に現れていたと思います。対して新作。まず収録曲のタイトルから申しますと、「がんばれ兄ちゃん」「あたたかな手」「ぼくも空へ」「おうちに帰りたい」「ひかり」「台所」等々、アットホーム。数曲以外は文字通りのアットホームな曲が並んでいます。何故だ?何故だ?そこでアルバムのタイトルが『家族行進曲』だからか!と気が付きました。当たり前なのですが、ハンバートハンバートの持つ優しさの部分が前に出る分、厳かさや毒はほぼ無くなっているのは寂しい。パーカッション、ペダルスティール、フィドルなどによる演奏は柔和でほのぼのとしており、リズムは緩やかです。これまでになくポップな音作りがされていると感じました。平和、幸せが歌われており、新しいファンにも受け入れやすそう。
f5948c9174b317.jpg

 ただ個人的には物足りません。もちろん、家族行進曲のテーマと僕の環境が相容れないから、ということはあります。(あります)しかし何より、僕はハンバートハンバートの不遇な環境での忍耐、毒を歌った曲が好きだったことが判明しました。これまでも本作に収録されているようなピースフルな曲はあったのですが、忍耐、毒のテーマと混ぜ合わされて提供されていたのでほのぼの出来たのです。これだけ幸せナンバーが固まって来られると、自分が長男だったことを思い出す「がんばれお兄ちゃん」を筆頭に、色々と精神的にダメージを追ってしまう次第。不遇ソングの名手、佐藤良成のメイン・ヴォーカルは本編にはありません。ボートラ的に置かれている、前作収録曲の「横顔しか知らない」の別バージョンが、自分にとってはオアシス。
 
 わたしには眩しすぎましたが、ハンバートハンバートの親しみやすい魅力が凝縮したアルバムです。自分の家族の場合に置き換えてしまうぐらい、丁寧な描写の歌詞も素晴らしい。

 リハビリにクニ河内の『僕の声が聞こえるかい』でも掛けようかな。

がんばれ兄ちゃん
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本フォークポップス

Deb Talan/Lucky Girl

Deb Talan/Lucky Girl
2017年 アメリカ 
『早口ヴォーカルと爽やかなキーボードの絡み合いが相性抜群』

 バンブーダンスで聴いたような乾いた音の小気味よいリズムと、アコギ、アコーディオン、ハーモニカなどによるアコースティック・アンサンブルによるトラッド由来のメロディーの組み合わせがキラキラとした幻想的な世界観を生み出しています。シンセサイザーや打ち込みも使っており、サウンドはカラフルです。
COLORfinalLuckyGIRLcover.jpg

 本作はマサチューセッツ州で活動するウィーピーズというフォーク・デュオの片割れ、デブ・タランのソロ・デビュー作。ウィーピーズは2001年にデビュー。これまでに5枚のアルバムをリリースしています。グループではオルガンやシンセの響きを利用したフォークをやっており、穏やかで柔らかなメロディーと男女混声のハーモニーが素晴らしい。
いくつかの曲を聴いただけですが、ソロでも同傾向の音楽をやっている模様。敢えて違いを挙げれば、リズムに躍動感がありポップ度が上がっている印象です。またヴォーカルに若干のエフェクトが掛かっており、且つ落ち着いた歌い口であることもポイント。高低を使い分けたクールな歌声は良く通っており魅力的です。カントリー度は低く、地味ながらしっかりポップな楽曲が揃っているので聴きやすい。
Deb_Talan_2017_Pic_1.jpg

Growing Up
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカフォーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。