Barbara Dane/Hot Jazz, Cool Blues & Hard-Hitting Songs

Barbara Dane/Hot Jazz, Cool Blues & Hard-Hitting Songs
1950年代 アメリカ
『違いが分からない男のブルース・レビュー27』

 ブルースの新規開拓を目的とした連載だったこの企画も27回目。ネタにするべきブルース・シンガーを探すのがそろそろ難しくなってきた感じです。今回取り上げるバーバラ・デインは、タイトルからも分かる通り、フォーク、ブルース、ジャズ・ヴォーカルと多岐に渡って活躍している人物。純然たるブルース・シンガーと言えませんが、ご容赦ください。

 1927年デトロイト生まれ。音楽に関わり始めたのは高校時代の頃。1940年代のデトロイトは経済発展が目覚ましく、且つ労働組合による運動も活発化。人種平等と労働者の権利を求めるデモに、バーバラ・デインも参加することとなります。デモの一環として同世代(10代)の若者たちと共にバンドを結成。パフォーマンスを披露することで、地元の音楽プロモーターからの関心を集めました。ただ、この時点ではプロモーターからの誘いは断り、工場の正門や組合のホールで歌うことを楽しんでいたとのこと。
newport_wide-0af3283582f7376c75cf898cd24e214ae691ce39-s900-c85.jpg

 1949年にサンフランシスコへ移住。これを機に両親ら家族を養うために、ラジオやテレビでトラッドや流行歌を歌う音楽活動を開始します。1950年代、時代の流行に合わせてブルースの古典やジャズのスタンダードを独自の解釈で披露。彼女が主に活躍していたエンバカデロにあるクラブから評判が広がっていき、ジョージ・ルイスやキッド・オーリーのようなニューオーリンズのジャズミュージシャンや、トルコ・マーフィー、バート・ベールズ、ボブ・ミルケーといった地元のミュージシャンと交流。その他、メンフィス・スリム、ウィリー・ディクソン、マディ・ウォーターズ、クララ・ワード、ママ・ヤンシー、ウェス・モンゴメリー等、様々なミュージシャンと交流。フォーク、ブルース、ジャズとジャンルを超えた活動を見せ、1980年代までアルバムを発表しました。その後は社会活動を行うことに専念しています。2018年現在、90歳。

 今回、聴いたアルバムは2枚組のベスト盤。38曲も収録している充実の内容。前述した共演メンバーの他、ライトニング・ホプキンスやチャンバー・ブラザーズ、ドク・ワトソン、ピート・シーガーとの共演も収録しています。バーバラの歌声はパワフルで泥臭い。なるほど、こんな歌声で平等や権利を歌われたら、励まされることだろう。

Barbara Dane & Lightnin' Hopkins - I'm Going Back, Baby (Back Behind The Sun)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカブルース違いが分からない男のブルース・レビュー

Dream Wife/Dream Wife

Dream Wife/Dream Wife
2018年 イギリス
『新人らしい溌剌としたパンクポップ』

 ブライトン出身の女性3人 (Rakel Mjöll、Bella、Alice)で構成された、ロンドンを拠点に活動するパンクポップバンド、ドリーム・ワイフのファースト・アルバム。2015年に結成されており、翌2016年に4曲入りEPを制作。ライブ・ツアー、SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)など音楽フェスへの参加を経て、本デビュー・アルバムのリリースへと漕ぎつけました。ここまで、順風満帆な活動ぶりと言えます。尚、バンドはトリオ編成ですが、サポートにドラム奏者をつけています。
20171129181629.jpg

 透明感のある高音と瞬発力を感じるシャウトを武器にしたヴォーカルは華があります。切れ味の鋭いバンド・アンサンブルは若いパンク・バンドらしからぬ、どっしりとした力強さを感じます。サポートを入れているとは言え、ほぼ最小限度の編成であるため、適度な隙間があるのもポイント。パンクポップと名乗っているだけに、楽曲はとにかくポップ。海外ではパット・ベネターを引き合いに出しているところもあり。ロックンロールを基盤としたシンプルなナンバーが並んでおり、そのポップさ、溌剌とした魅力は確かにパット・ベネターに通じるものがあります。生き生きと音楽を楽しんでいる姿が感じられる、という意味で鮮度も抜群。ライブを見たいと思わせるアルバム。

Somebody
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

The Magic Gang/ The Magic Gang

The Magic Gang/ The Magic Gang
2018年 イギリス
『完成度の高いオールド・スクール』

 各種音楽メディアにてガンガンに取り上げられている、ザ・マジック・ギャングのデビュー作。実は僕も聴いていました。相当に出遅れつつ、紹介したいと思います。

 ブライトンを拠点に活動する4人組グループ。僕自身もオアシスやクーラ・シェイカーを思い出したのですが、巷でも90年代インディー・ロックからの影響を投影させた音楽性が注目を集めており、「オールド・スクールなロマン派」と呼ばれているそうです。90年代はもうオールド・スクールだったのか!
600x600bb-2.jpg

↑やる気のない感じがかっこいいじゃん、ってやつだと思う。

 ほぼ音楽性については語ってしまった感もありますが、もう少しだけ。ドカドカのドラムを擁した骨太のリズム隊、ジャラジャラしたギター、エコー、コーラスを纏った爽やかなヴォーカルといったバンド・アンサンブル。ビートルズやデヴィッド・ボウイ、トロッグス等々の遺伝子を感じさせるブリティッシュな楽曲群をスマートに演奏しています。

 2013年からEPなどを経て、経験を重ねてきたからなのか、すっきりと整理された音になっており、新人らしいフレッシュさに欠けるところもあり。反面、マイルドさは随一。聴き馴染みは良いです。例えば、フェスで偶然出会った音楽好きにもアピールする即効性があり。フェスは行ったことないけれども。もう少し我を出してほしい。英国ロックの新人だけに期待大。

Getting Along
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

RAVEL:MA MERE L’OYE/VALSES NOBLES ET SENTIMENTALES/CLUYTENS

RAVEL:MA MERE L’OYE/VALSES NOBLES ET SENTIMENTALES/CLUYTENS
ラヴェル/バレエ音楽「マ・メール・ロワ」(全曲)高雅にして感傷的なワルツ
アンドレ・クリュイタンス指揮/パリ音楽院管弦楽団
1963年 フランス
『ラヴェルで春らんまん』

 今月のクラシックはラヴェルのバレエ音楽を選びました。個人的にはラヴェル作品に触れるのは今回で3度目。優雅なラヴェルの音楽があれば、さすがの我が家にも華やかな春が来ていると実感できるというものです。※この記事は3月に書いていました。
505.jpg

 ラヴェルについて:  モーリス・ラヴェルは1875年、スイス人の父、バスク人の母を持ち、フランスのバスク地方に生まれました。父親の影響で音楽を習い始め、やがて名門であるパリ音楽院へと進学。1898年(23歳)には大きな演奏会に出場し、ここで作曲家デビューを果たします。その後、1900年よりラヴェルはローマ大賞(留学試験)へ応募、奨学金を経て、更にクラシックを学ばんとするも、5回の挑戦で全て落選することに。(審査に不正があったとのこと)その後、第一次大戦と母の死を経て、作曲家としての意欲を失っていくラヴェル。不安定な中で名曲「ボレロ」を生み出すも、1927年頃より言語や記憶の障害に悩まされることになります。そのまま作曲家としての活動が思うように出来ぬまま、1937年に亡くなりました。

 「マ・メール・ロワ」について 1908年作曲。時期的にはローマ賞の落選後、一次大戦前の頃に作られたものです。フランスのおとぎ話を題材にした楽曲。元々は友人の子供達のために書いたピアノ曲で、それをバレエ音楽へと編曲したものです。緻密な楽曲構成と優雅なメロディーというラヴェルの二大要素を盛り込んだ素晴らしい曲。子供用らしく30分弱で次々に場面転換されるスピード感も見事。

 指揮、演奏は華やかさ、気高さを強調するスタイルで、ラヴェルの音楽との相性は抜群。緻密な音の重なりも存分に楽しめます。
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ フランスクラシック

双六亭/双六亭

双六亭/双六亭
2017年 日本
ほのぼのとしたライブが想像できるアルバム

 1993年から2000年代前半に活動していたグループ、セロファン。その中心人物、ニシイケタカシによる新しいグループ、双六亭のファースト・アルバムです。この間まで活動していたタマコウォルス(アルバムは2010年)のメンバー2人(鳥羽修、中原由貴)が引き続き参加しており、連続性を感じさせます。メンバーには上記3人の他、鈴木晶久(SSWとして活躍)、時光真一郎(ベース)の5人編成だと思います。正式なメンバー表記が公式HPにもありません。タマコウォルスの次のアルバムを楽しみにしていた時期もあったのですが、長い間、音信不通ですっかり忘れていたところ、偶然、このCDを発見したという状況です。
1007551349.jpg

 作曲の内訳は10曲中、4曲が鈴木晶久、6曲がニシイケタカシ。スライド・ギターが心地よい、カントリー調の日本語ロックをやっています。落語を題材にした歌詞があり、肩の力が抜けた軽やかな演奏が印象的。要所、要所で分厚いコーラスを披露するところもポイント。ブリンズレー・シュウォーツなどのパブ・ロックに通じる魅力があり。楽曲はカントリー、ブルースを下地にしつつ、キャッチーなメロディーを散りばめており親しみやすい。ほのぼのとしたライブが想像できるアルバムになっています。

双六亭「サイワイ」Live at shibuya guest
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ロック