Steven Tyler/We're All Somebody From Somewhere

Steven Tyler/We're All Somebody From Somewhere
2016年 アメリカ
『カントリーっぽさもあり』

 最新作の『Music from Another Dimension』発表後、現在は解散するかしないか、というところまで行ってしまっているエアロスミス。あのアルバムは買ったはずですがどういう内容だったか、覚えていません。そして今度はスティーヴン・タイラーによるカントリー・アルバムがリリースされました。
wereallsomebodyfromsomewhere__article-prose-260x.jpg
 今回のアルバムは本格カントリーと表現されることもあるようですが、それはありません。1曲目「My Own Worst Enemy」を聴いただけでも、感情移入たっぷりの歌は置いておくとしても、ゴスペル・ライクなコーラス、ハード・ロック的な泣きのブルース・ギターなど、カントリーとは異なる要素がたっぷりと含まれています。それでもスティーヴン・タイラーに純カントリーを期待している人はいないと思うので、問題は無いでしょう。
 アルバムの内容は、カントリー・ロック調の曲(一部、エアロスミスを想起させるインド風メロディーを導入した曲もあり)に、大仰なストリングスを取り込んだアレンジがされているものが大半。「Only Heaven」などエアロスミスとして発表されても違和感のない熱唱バラードも収録されており、往年のファンも納得出来そうです。
 『Music from Another Dimension』と比べると楽曲の質も(カントリーという枠もあってか)オーソドックス寄りで持ち直しています。ただ、スティーヴン・タイラーだけだと、直線的なヴォーカルゆえにアルバムの流れが単調に感じてしまいがち。やはりデズモンド・チャイルドのような優秀な外部ソングライターの起用こそが、彼ら(ソロ作なのにこんなことを書いてしまうのは反則)には必要だと感じてしまいました。カバーを2曲収録しており、1曲はジャニスの「Piece Of My Heart」。奔放な歌い回しで聴き応え十分です。もう1曲は「Janie's Got A Gun」のセルフカバー。こちらはヴァイオリンを入れてしっとりとした仕上がりです。この曲を含め、(上でも書きましたが)バラード・ナンバーは良質なものが多い印象。
これを機にカントリーって何だろう、と少し考えてみました。
それはともかく気軽に楽しめるアルバムだと思います。

Love Is Your Name
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカポップスロック

Karim Ouellet/Trente

Karim Ouellet/Trente
2016年 カナダ
『顔は脱いで演奏するスタイル』

 この狼男は愛嬌抜群。
ふわふわとしたファンタジックな音色、刻まれるのはレゲエのリズム。
盆踊りからフォーク、レゲエ、エレクトロ、ロックといった要素が混ざり合った、
アコースティック・ミュージックです。
聴けばたちまち、幻惑させられること必至。

 カリム・ウェレットはカナダ、ケベック州出身。ギター弾き語りSSWです。
2012年にデビューしており、本作で3枚目。
karim-ouellet-le-loup.jpg

ご覧の通り、狼男に扮してパフォーマンスを行っているのが、特徴の一つ。

また、彼はケベック州の公用語であるフランス語で歌っています。
既に発表された2枚のアルバムで、ジュノー賞へのノミネートも果たしているとのこと。

 上記したように、様々な要素が混ざり合った音楽性を持っています。
サウンドはデジタルで徹底的に管理されており、エフェクトやエコー、スクラッチなどを駆使。
それらが下地としてのアコースティック・サウンドと、スムーズに融合しており、
カラフルで幻想的な音楽が生まれています。
ギター弾き語りの他、ヴァイオリンやブラスを交えた楽曲もあり、アレンジは豊富。

 フランス語ならではの、字余りで歌われるレゲエのリズムは、なかなかに新鮮な個性。
フランスにも人気が飛び火しているとのことなので、今後の活躍が楽しみです。

Karim et Le Loup
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ カナダSSW

2016上半期総括 邦楽編

 昨日に続いて本日は2016年の上半期総括記事の邦楽編となります。
尚、昨日の記事と合わせて上半期のまとめは
年度総括(来年2月公開予定)の公開をもって削除されます。

 邦楽は徐々に聴く枚数が減りつつあるのが実情です。
特に新人で記事にするところまで行くアルバムがなかなか見つからない。
僕の好みが偏屈になってしまったのか。
寂しい気持ちはあるので後半はより新人調査に力を入れていきたいです。

この欄ではミニアルバムよりオリジナル・アルバムを優先して選んでいます。
カバー・アルバムやトリビュート作なども除外。
また上記したように、なるべく新しいミュージシャンを優先して紹介したいという趣旨もあり。

ご了承ください。

※タイトルからはレビュー記事に、
ジャケ画像から動画に飛びます。

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ

2016上半期総括 洋楽編

 皆さん、こんにちは。
いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。
今年(2016年)も夏がやってきましたね。
上半期の総括記事を公開する時期がやってきました。
(やってきて過ぎてしまいました。
ごめんなさい。)

 これまで紹介した新譜は全て聴いていただきたいナイスなものばかりですが、
その中でも特におすすめなものを6枚選びました。
これを元に下半期の新譜と合わせて
年間の総括(ベスト)記事を書くことになる訳です。

本日は洋楽編。
いつものようにタイトルからはレビュー記事に、
ジャケ画像から動画に飛びます。

 紹介したミュージシャンが多く、洋楽の6枚を選ぶのは大変でした。
新人、見知らぬ音楽との出会いが盛りだくさんで楽しませてもらった半年間。
ジャンルがばらけるように選んだつもりですが、
選考段階でハードロックとパンク、そしてジャズの代表を落としたことが
断腸の思いでありました。

 ここで選んでいないアルバムにもいいものが沢山ありますので
この記事をきっかけに色々覗いていただければ幸いです。
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ

HIGHWAY/HIGHWAY

HIGHWAY/HIGHWAY
1974年 イギリス
『フェイセスの地味な曲に通じる、っていうのは褒め言葉』
 一時期、遠ざかっていた英ロックのマイナー作品のコレクション。
最近、再び情熱に火が付き、(それでもお小遣いは少ないので)コツコツと買い集めています。
現在、この辺りにスポットを当ててくれている再発レーベルと言えば、やはりビッグ・ピンク。
(ヴィヴィッド配給)お世話になっております。
hqdefault.jpg

 今回、ご紹介するのはハイウェイというロック・グループ。
1974年に2枚のアルバムを残して解散しており、こちらはファースト・アルバムです。
一部ガイド本で名前を知っており、帯の「イギリスのアメリカ」という文句に惹かれて購入。

 フランキー・ミラーの『FULL HOUSE』にギタリストとして参加した、
レイ・ミーンネットが在籍していたグループとライナーには記述されています。
うーむ、そのアルバムは持っていますが、ギタリストにまで注意を払っておりませんでした。
また本作にはコチーズのメンバーが二人参加しているのもポイント。
セッション・プレイヤーとして名高いスティール・ギターの名手B.J.コールはともかくとして、
ミック・グラハムも一緒に参加するのは珍しい。

 コチーズ、フランキー・ミラーという名前を並べたうえで聴くと、かなり爽やかな印象。
掠れたヴォーカル、穏やかに転がるピアノ、わななくギターなどによって、
ブルース・ロックを奏でています。
スワンプからの影響はそこかしこに見られるものの、あまり埃っぽくはありません。
澄んだピアノの音色と力を抜いたヴォーカルがポイントなのでしょう。
フェイセスの地味な曲(失礼)に通じるうらぶれた感じがたまりません。

 レイ・ミーンネットのギターはメロウなメロディーをなぞっており、
ブルージーで哀愁味を漂わせています。

Silver City
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック