Orango/The Mules Of Nana

Orango/The Mules Of Nana
2017年 ノルウェー
『こんな北欧ロックンロールがあってもいい』

 一時期、隆盛を誇っていた(1990年代後半から2000年代前半まで)北欧ロックンロール系グループはルーツの一つにパンクがあり、疾走感のあるバンド・サウンドが特徴でした。そして2017年、再びロックンロール愛を叫ぶグループがノルウェーから登場。埃っぽくブルージー。レイドバックしていて土臭さ満点。ルーツはレイナード・スキナードとZZトップという新しい(?)北欧ロックンロール・バンドです。
a2224624630_10.jpg

 ノルウェーのオスロを拠点に活動するオランゴ(オラウータンのこと)は2004年に結成されました。4人編成のグループです。学生時代より地元のフェスや学園祭などを精力的に回ることにより、知名度を獲得。ノルウェーで最もハイエナジーなロックンロールを演奏するバンドとして知られているとのこと。2010年にアルバム・デビューを果たしており、本作で6枚目となります。

 フェイスブックのリスペクト欄にはレイナード・スキナード、ZZトップのみならず、マウンテンやCSN&Y、ツェッペリン、フリートウッド・マック(ただしピーター・グリーン期)といった硬派なメンツが並んでいます。
0008662350_10.jpg

 実際、彼らの音楽はレイドバックなハード・ロック・サウンドが特徴。隙間を空けたゆったりとした空気感、ずっしりとしたヘヴィネスは本場ゆずり。しかもCSN&Y(ピリピリしている方のCSN)やマウンテン譲りと思われる叙情的なコーラス・パートもあり、アメリカのストーナー勢が陥りがちな一本調子な展開とは無縁。全編、飽きずに聴きとおせました。演奏もさすが6枚目のアルバムだけのことはあり、達者。本家アメリカン・ハードなみの迫力を味わえます。

Give Me A Hundred
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ノルウェーHR/HM

Michael Chapman/50

Michael Chapman/50
2017年 イギリス
『祝デビュー50年』

 ロイ・ハーパーやジョン・マーティンのアシスタントを経て1967年にデビュー。以来、サイケデリックなフォーク、フォーク・ロックを探究しているSSW、マイケル・チャップマン。

 自分は初期のハーヴェスト~中期のデッカといった70年代中期までの地味なSSW時代のアルバムを愛聴しております。サイケデリックな味つけがされていながらポップで聴きやすい。そして枯れた歌声が渋い魅力を放っています。
69981b39.jpg
 そんなマイケル・チャップマンが2017年にもアルバムを出していました。手元の資料で調べたところ、恐らく通算37枚目のアルバムだと思います。ただ自主製作盤やライブ盤も多いので、前後ということでご容赦ください。タイトルの50は、デビュー50年ということでしょう。
MCMAN.jpg
このおじいちゃん、かっこいい!

全10曲。概ね5分台で曲がまとめられています。原点回帰ということなのでしょうか、ギター弾き語りによるシンプルなサイケデリック・フォークをやっています。歌声は元々枯れていたのであまり変わっていない印象ですが、晩年期のレナード・コーエンのような凄みがあり。また、サイケデリックなギターとキーボードの絡み合いはスペーシーでスケールが大きいのも特徴です。マイク・オールドフィールドやピンク・フロイドのような空間演出を感じることが出来ます。かっこいいアルバムです。
76歳となったマイケル・チャップマン。若い時代にアシッドな文化に心身どっぷり漬かっていたであろう彼ですが、長生きしてアルバムを出してくれると嬉しい。

That Time Of Night

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスフォーク

Billie Marten/Writing of Blues and Yellows

Billie Marten/Writing of Blues and Yellows
2016年 イギリス
『2016年度の注目新人フォーク歌手』

 可憐でセンチメンタル、それでいて落ち着いた歌唱と清々しいピアノが魅力的。ノースヨークシャー州リポン出身の女性シンガーソングライターによるデビュー作をご紹介。
Billie-Marten-Writing-of-Blues-and-Yellows-Deluxe-2016.jpg

 デビュー前からサウス・バイ・サウス・ウエストでのパフォーマンスなどで人気を集め、2016年度の注目新人と期待されていた彼女。日本でも既に多くの音楽ファンが取り上げています。僕自身もアルバム発売を楽しみにしていました。
マッシヴ・アタックやポーティス・ヘッドを始めとするブリストル・サウンドを彷彿とさせる、耽美的なポスト・ロック・サウンドが特徴で、ドラマティックな音作りがされています。
 
 しかしベースにあるのは、ジョニ・ミッチェルの『BLUE』辺りの音楽性に感化された70年代英フォークでしょう。例えばシェラ・マクドナルドやジュリエット・ローソンのようなミュージシャンが近い気がします。ジャジーな要素を吸収した英フォークです。
デラックス・エディションにはデモ音源が収録されており、そちらではギター弾き語りによる素朴なパフォーマンスを聴くことが出来ます。その音源からも生粋の英フォークから影響を受けたことが伺えました。
Billie-Marten.jpg

 エコー、ストリングスを中心とするサウンド・プロデュースは所々、ちょっと大げさに感じるところがあり。前述したデモ音源を聴いた後では尚更俗っぽく感じてしまいます。ただオーバー・プロデュース気味な部分を差し引いても、彼女自身の魅力は十分伝わります。マズ・オコナーと共に英フォークの女神として、シーンを引っ張っていってくれれば、と思います。

Billie Marten Lionhearted (Acoustic Video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスフォーク

Ultimate Painting/Dusk

Ultimate Painting/Dusk
2016年 イギリス
『どんより地味渋サイケが最高』

 UKインディ・ポップ・グループのサード・アルバム。私は2015年にリリースされたセカンドで彼らを知りました。(過去記事はこちら。)前作では英米折衷のサイケ・ポップをやっておりましたが、今回はどうでしょうか。ジャケが70年代の英SSW(キース・クリスマスのジュークボックスのやつに似ているかも)っぽくていいです。
Ultimate-Painting-Dusk.jpg

 虚ろな歌唱、ぐるぐると低音で侘しい旋律をリフレインするギターが主役。「ブライアン・ジョーンズに捧げる歌」が2曲目に登場することが象徴的なように、サイケデリックな浮遊感はそのまま。ただし、前作よりどんよりとした暗さが強調されており非常に英国的です。田園風景のようなほのぼのとした空気感は希薄。60年代後期に於ける英サイケの雰囲気をスマートに導入しているところが素晴らしい。
53-atxxl.jpg

 溌剌とした部分が影を潜めている分、地味ですが出来は間違いなく前作より上。英ロック好き、特に英サイケ・ポップ(ムーヴとかトゥモロウとか初期ファミリーとか)を好んで聴いている皆様にはぜひおすすめしたいアルバムです。

Monday Morning, Somewhere Central
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

Lady Wray/Queen Alone

Lady Wray/Queen Alone
2016年 アメリカ
『ベテラン・ソウル・シンガーの再デビュー作』

 溌剌とした可愛い声から硬派なディープ・ボイスまで、堂々たる歌い振り。また素晴らしいソウル・シンガーを発見したか!?と思いきや、彼女は1998年からシンガーとして活動していたベテランでした。
lady-wray-585.png

 1998年からニコール・レイとしてソウル歌手として活動していていたレディ・レイ。しかしながら、地道な活動の中で成功を掴むことはならず、近年はリリースから遠ざかっていたそうです。ヴィンテージ・ソウルが盛り上がる中、心機一転、改名をして再デビュー作となりました。


 70年代ソウルへのリスペクトが詰まった音楽性で、ヴィンテージ・ソウルを追いかけているファンにとっては馴染み深い内容となっています。プロデュースをしているレオン・ミッシェルズを始め、制作メンバーには、現在のソウル・シーンを盛り上げた切っ掛けとなったダップ・トーン・レーベル由来の人材が集合しているとのことで、納得の仕上がりです。ベテランとは思えない瑞々しいヴォーカルの素晴らしさと、それを支えるシンプルな楽曲と演奏ですんなり聴けてしまいます。ライブ感が伝わる録音の素晴らしさもポイント。

Do It Again
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウル